ビットコイン 採掘。 【ビットコイン】マイニング(採掘)用のパソコンの作り方

ビットコインマイニング(採掘)とは?個人は報酬で利益が出せるの?

ビットコイン 採掘

暗号通貨(仮想通貨)ビットコインは、供給量が一定の水準に達した段階でマイニング(採掘)作業者に報酬として与えられる新たなコインの数が半分に減る「半減期」を近く迎える。 過去の半減期は大幅な価格上昇を招いたが、新型コロナウイルスの流行で今回は不確実性が高い。 半減期は、11年のビットコインの歴史で3回目となる。 近く到来すると幅広く予想されている。 ゲイン・キャピタルの市場リサーチ担当グローバル責任者、マット・ウェラー氏は「合理的な市場の観点からは、半減期への基本的な反応は現時点で十分に織り込まれているはずだ。 これ以上の予見可能なイベントは考えられないからだ」と述べた。 半減期はビットコインのインフレを抑えるための仕組みで、ほぼ4年ごと、採掘量にして21万ブロックごとに訪れる。 理論的には供給が減るため、価格は上昇する。 ビットコインの各プラットフォームによると、半減が必要な水準までは残り100ブロック程度の採掘が必要なだけとなっており、早ければ11日か12日に半減される可能性がある。 マイニング作業者に対し、報酬として与えられる新たなコインは現在、1ブロック当たり12. 5ビットコイン。 これが6. 25コインに半減される見通し。 半減期を意識した買いが入り、ビットコインの価格は年初から40%近く上昇し、安値からは85%余り上げている。 直近の価格 は8630ドル。 対照的に、ドル指数 は年初から3. 3%高にとどまっている。 ビットコインが最初の半減期を迎えたのは2012年11月で、報酬額は50コインから25コインに減少。 2回目は2016年7月で12. 5コインに減少した。 16年半ばから17年12月までに約2500%の大幅高 一方、トレーダーらによると、価格は12年終盤から14年までの期間に約1万%急騰し、16年半ばから最高値を記録した17年12月までの間に約2500%の大幅高を演じた。 暗号資産データ企業メッサーリのリサーチアナリスト、ライアン・ワトキンス氏は新型コロナ流行の経済への悪影響が、ビットコイン半減後の価格上昇を阻止する主な要因になり得ると予想。 一方、仮想通貨ディークレッド(Decred)共同創業者のジェイク・ヨコムピアット氏はウイルスの世界的流行(パンデミック)のさなかだからこそ、半減がビットコインや他の仮想通貨に好影響を与えると分析。 「パンデミックは極めてデフレ型のイベントで、経済活動はまさに激減するだろう。 ビットコインの半減は必然的にデフレ的な行為だ」とし、このような景気シナリオは仮想通貨にとっては強気材料だと語った。

次の

ビットコインの価値

ビットコイン 採掘

採掘 マイニング 採掘 マイニング 「採掘」とは自分のコンピュータに計算をさせてビットコインを入手する方法です。 具体的な意味はを参考にしてください 現在は、ビットコインのdifficulty 採掘難易度 が非常に高くなっており、数百万円レベルで投資しないと稼げないほどになっています。 その代り、アルトコイン ビットコイン以外の仮想通貨 の採掘ならば、利益を出すことも可能ではあるため、ここでは主にアルトコインを対象とします。 ビットコインが欲しい方は、採掘したアルトコインをビットコインに交換しましょう。 注:日本は電気代が世界の中でも非常に高いため、どのツールを用いても赤字となる可能性が高いです。 儲けを目的として採掘を始める際は、採算性をよく検討することをお勧めします。 なお採掘についてはすでに多くのサイトが解説しているため、ここではリンク集と簡単な補足説明にとどめさせていただきます 現在はアルトコインでも基本的に利益が出にくいので、国内のマイニングは廃れてしまっています。 そのため、他サイトでも情報が古い場合もありますので注意してください。 どのツールで掘るか? 採掘の道具には、主にCPU、GPU グラフィックボード 、FPGA 専用チップ 、ASIC 専用ハードウェア があります。 採掘速度:CPU<GPU<FPGA<ASIC 価格:CPU<GPU<FPGA<ASIC となっています。 FPGA、ASICなどの専用機器は、基本的に採掘時のアルゴリズム 計算方法 ごとに設計・開発されています。 BitcoinをはじめとするSHA-256、LitecoinをはじめとするScryptについてはFPGA、ASICがすでに販売され普及がはじまっています。 その他の代表的なアルゴリズムのものも一部ではFPGA、ASICの開発が進んでいるといわれているものがあります。 CPUまたはGPUで採掘を行いたい方は、SHA-256, Scrypt以外の暗号通貨を採掘するのが良いでしょう。 実際にどのハードウェアを使うと、どれくらいの採掘速度がでるのか?という情報には、以下のサイトなどが参考になります。 どのコインを掘るか? SHA-256コインはdifficultyが非常に高いため、ASICを使用しない限りお勧めできません。 その他のアルゴリズムのコインを選びましょう。 現在では、Scryptコインを採掘する場合も、GPUによる効率的な採掘は難しくなっています。 ASICの開発状況などは日々変わりますので、上のリンク先などから参照して各アルゴリズムのハッシュレート 採掘速度 や電気料金等を入力することで採掘効率を計算し、採掘前に採算性を検討しましょう GPU採掘による採算性が非常に悪い場合、すでにASICが開発されている可能性があります。 以下のように自動計算してくれるサイトもあります。 CPUによる採掘 コンピュータなら必ずある部分がCPUで、最も手軽に始めることできます。 しかし、演算量が少ないために効率としては悪くなります。 ノートPCなど性能が低いもので利益を出すことは不可能近いでしょう。 また、効率の良さを考えるならば、CPUでしか採掘できないコインを採掘するべきです。 実際に採掘したいときは「cpuminer」というソフトを主に使います。 使い方はすでに多くのサイトで解説されています。 公式のcpuminerはSHA-256とScrypt以外には対応していないので、それ以外のいわゆるCPUコインは独自のソフト ほとんどがcpuminerの改造版 を使う必要があります。 現在、BitcoinをはじめとするSHA-256コイン専用のものを中心にScryptのものも発売されています。 ただし、ASICは発売中止などになることが多くあり在庫状況が不安定なことと、大々的に発売されず情報が出にくい場合もあって、まとまった最新情報を掲載している場所がないため、現在リンクは未掲載としています。 クラウドによる採掘 クラウドマイニング 採掘能力を買ってクラウドにより採掘する、というも方法もあります。 電気代がかからないため、電気代の高い日本に向いている採掘方法といえます。 ただし、詐欺サイトが非常に多い上に、まともなサイトであったとしても赤字になる可能性も高いのでよく検討しましょう。 参考までに、以下の海外掲示板で詐欺かどうかの指標が7段階評価で掲載されています。 「ponzi」が詐欺で「legit」は本物という意味になります。 少なくとも「Rest:」の項目の中から選ぶと良いでしょう Obsolete or suspended:は閉鎖・停止中のサイトです。 その他クラウドマイニングについては日本でもブログ等で多数情報がでているため検索して参考にしてみてもよいと思われます。

次の

【ビットコイン】マイニング(採掘)用のパソコンの作り方

ビットコイン 採掘

採掘難易度の上昇はBTC価格上昇のサインと見れる?• マイナー増加はネットワークが向上するのでプラス材料• 10%を超える大幅な上昇は最高値の可能性も… 最近はビットコイン価格とセットでニュースになっているについて簡単に解説します。 採掘難易度(ディフィカルティー)とはマイニングの難しさのことで2週間に1度の周期で見直しが入ります。 今回は3月9日にこの採掘難易度が約7%上昇(採掘が難しくなった)ということが話題になりました。 採掘難易度の上昇はビットコイン価格の上昇と少なからずつながっていると分析している専門家もいることから BTC価格推理の一つの目安ともされています。 昨日は仮想通貨市場が大暴落してしまいましたが、採掘難易度が上昇したことがポジティブ材料と捉えて下げ止まりしたのかもしれません。 インド市場が注目されている• インド取引所の独自通貨は7日間で174%アップ ビットコインが急落している中、インド関連の通貨は国内出来高も増えて連日高騰しているようです。 バイナンスの子会社であるインドの取引所では独自通貨「WRX」が7日間で174%も上昇したとのこと。 また、米仮想通貨取引所のクラーケンでもインド市場に再び力を入れることも明かし、事業拡大に向けて準備をしていくようです。 インドは世界で2番目に人口が多い国です。 中国から仮想通貨が広まったように今後インドが仮想通貨普及の起爆剤になる可能性もあるかもしれませんね。

次の