看護師 向いてない。 看護師向いてない

看護師向いてない

看護師 向いてない

「看護師向いてない…」と感じるのは皆同じ!体験談と対処法まとめ 看護師として働く人なら誰でも「自分は看護師向いてない」と感じる瞬間がありますが、 経験年数や職場によって「向いてない」と感じるケースは様々です。 看護師が「自分は看護師向いてない」と感じるケースについて、年次や職場ごとの体験談と対処法をまとめました。 「なんで看護師目指したの?」 1日の最後の振り返りでダメ出しを散々受けた後に聞かれた 「自分は看護師向いてないかもしれない……」って今まで感じたことない絶望感を味わってる1年目の私に聞く?泣 — じじ男 NS0930km 正直看護師に向いてないと思う 1年目だけどそんなに器用に動けないし同じこと言われてる 技術も進歩してないし影で言われるこっちが辛い 日に日に弱くなってる 看護師に憧れてたはずだけどこんな仕事だったっけ仕事のギャップ感じて前に進めてない — さっち trachaan26 まだ採血もやってないしラインとれないし皮下注射もインスリンしかできないしケアも自立してない項目多いし、どう考えても使えない看護師だからどこにも転職できないつらい — 水玉 nurseooooo まだ採血もやってないしラインとれないし皮下注射もインスリンしかできないしケアも自立してない項目多いし、どう考えても使えない看護師だからどこにも転職できないつらい — 水玉 nurseooooo 看護学校で習った知識や技術が、実際の現場では一切通用しないことがわかり、就職前に抱いていた仕事のイメージと、現実のギャップに悩まされているようです。 特に 自分が思っていた以上に仕事ができないと実感し、「看護師向いてない」「看護師としてやっていく自信がない」「自分は使えない、役に立っていない」と感じている人が多いです。 新人も立派な戦力です。 要求されるレベルを達成できないと、先輩に「あなたは看護師に向いていない」「使えない」と言われ、思い悩む人も多くいます。 2年目を迎えた看護師の体験談も紹介します。 職人みたいに先輩がやったことを見て次からはやって?みたいな感じなのにできなかったら仕事ができないって言われるしなんの評価もくれないし私はなんの自信もないまま2年目を迎え今どの看護技術でも自信を持ってできます!っていうものほとんどない。 なにも自信ないし看護師向いてないと思い始めた — ちかげ ThausandJing 新人看護師のつらい経験を乗り越えて2年目を迎えた看護師でも、自分が看護師に向いてないと感じる瞬間は、仕事がうまくこなせなかった時が一番多いです。 2年目までは、 自分の看護技術に自信が持てず、周りからの評価も得られないことで、自分の看護師としての適性に疑問を持つケースが大半です。 今でも失敗あるし、注意されるけど、やっぱり人と関わりたいからね!上司は嫌いだけど — なつめ nanami2728 3年目の看護師は新人の教育担当を任されることもあるほどですが、まだ自分が看護師に向いてないと感じる人は 仕事でミスを繰り返して、自分に自信がないタイプが多いです。 3年目は異動で担当病棟が変わるタイミングが多いです。 これまでの経験が通用せず、新人時代のようにミスを繰り返して、再び自分の適性に疑問を持つケースもあります。 キャリア4年目の看護師の声 4年目になるけどなんもできてないというかなにやってきたんだろうって感じ。 疲れた。 病院辞めたいな…。 キャリア4年目でも自分の仕事に自信がないのは、看護師としての適性の問題だけでなく、いまの 職場環境が自分の性格に合っていない可能性が高いです。 でも、看護師なった先にまた取れる資格があるって事は、答えは無いんやろうなと思う。 4年目、5年目になると、具体的に転職を考え始める人が増えてきます。 実は私看護学校通っていて、今実習真っ只中なんです。 今日は自分が勉強不足すぎて悔しかった。 前からずっと看護師向いてないって思ってたけど今まで以上に思いました。 ただ言葉にしないと私は消えてしまいそうな気がしたので、書いただけですw — まなみ z3orrJ1FxR4huNk 看護師向いてないよなあってつくづく思う。 なんで看護学校入ったんだろう。 実習で患者と向き合うと、自分の勉強不足や看護師の仕事の大変さをを痛感します。 思い描いていた看護師のイメージと現実とのギャップを感じ、「自分は看護師に向いてないのでは?」と悩むのです。 看護師も看護学生も向いてないからほんまに辞めたい、なりたい看護師像とか結局自分は「将来の安定の為に資格欲しい」っていう単純な考えで看護学校入学したわけやから周りのみんなみたいにどんな看護師なりたいとかどこで働きたいとかないから余計看護の勉強が嫌。 勉強する度看護が嫌いになる — 牡丹 uprma1 看護師を目指す看護学生にの中は「人の役に立ちたい」との動機を持つ学生だけでなく、「 自分の将来を安定させたい」と考えて看護師資格を取得する人も多いです。 看護師資格取得を第一に考えている看護学生は、他の看護学生に比べて モチベーションに差が生じやすく、意識と成績の落差から自分に看護師の適性が無いと感じる人も多数います。 最初に、急性期病棟で働く看護師が看護師向いてないと感じるケースを、Twitterから引用します。 外科のターミナルと関わるのが本当に苦手 あたしにはまだ無理 わがままな患者に優しく出来ない 痛みや倦怠感で辛いからわがままになったり感情ぶつけられるのが自分は無理。 そもそも急性期なのにそういう患者がいるのが理解できない。 ほんと看護師向いてないわ。 急性期病棟には深刻な怪我や病気で一刻を争う患者がいる一方、要望の多い患者もいます。 患者の気持ちを聞き取る コミュニケーション能力がないと気苦労が多いようです。 これ以外にも、急性期病棟特有の勤務体系が合わないと感じて、自分は急性期病棟の看護師に向いてないと感じるケースが見られます。 夜勤2連続はさすがに眠い。 20代の頃は昼起きて夜出勤して朝方まで仕事ってサイクルも出来てたしとにかく若かったし。 不規則勤務だわ激務だわ患者や上司へのストレスはすごいわでそりゃ看護師死ぬなぁっておもった。 急性期病院向いてないかもしれん — てちゃ おたま 1228Pop ・前も後も残業なんて当たり前 ・体調不良になりました。 残業が多いとの声も多く、 心身にかかるストレスや勤務超過で体調を崩し、急性期病棟の看護師は向いてないと感じている人が多く見られます。 153Nana 友達のお陰でなんとか慢性期を乗り越えようとしてるけど……😭 自分の性格本当に看護師向いてないと思う日々。 何とか自分を変えなきゃ。 — おしゃこ oshako0703 慢性期病棟や療養型病棟は、急変の恐れは少ないものの症状が長引く長期入院の患者を受け入れるため、必然的に患者とじっくり向き合う時間が多くなります。 人の世話を焼くのが好きだったり、人の気持ちに寄り添える性格の看護師が慢性期病棟には向いています。 人と向き合うのに疲れたり、苦手だったりする性格の看護師は、患者とのコミュニケーションに自信がないと感じ、慢性期病棟の看護師には向いてないと感じるようです。 このほか、慢性期病棟特有の環境が自分には合わないと感じる看護師も多くいます。 瞬発力無いから急性期には向いてないし、計画性や忍耐力とか持久力も足りないから慢性期も向いてないし、心配りも足りないから終末期にも向いてなさそう。 ってかそもそも体力無いんだよ私。 全然看護師向いてない。 おわた。 慢性期病棟は長期の看護計画が求められるため、 計画性や持久力に欠けているタイプは、慢性期病棟の看護師には向いてないとの声が多数です。 病棟は看護師の責任重すぎるからクリニックに行ったのに、クリニックのが看護師がすることが多すぎて責任重すぎる😭そもそもあたしは看護師に向いてない。 人数が多い大規模病院では看護師の役割分担や同僚との連携・カバー体制がありますが、クリニックでは看護師1人の担当する業務量が増えます。 専門病棟の勤務が長すぎる看護師や、効率よく多様な業務に対応できない看護師は、ジェネラリストを求めるクリニックの看護師は向いていないと感じています。 これ以外にも、 小規模で閉鎖的な職場環境が合わないと感じる人もいます。 やっぱり良くも悪くもクリニックの閉鎖的な環境なんやな。 周りの人達はいい人ばっかりだけど やっぱり病棟が向いてないな〜 クリニックで働きたい — ひな hinami3223 私多分ICUに向いてないんだと思う、でも複数人見る病棟にも向いてないから、この先看護師続けててこの病院無理だと思ったら患者の少ないクリニックとか小さい病院で勤務しようと思う — 虚無 UtsuEveryday 今の病院での初夜勤が近づくたびに本当に夜勤嫌いだなぁって思う。 夜勤って毎回命削られてる感あるのは私だけなのかな。 夜勤やらないでそれなりの給料頂いてシフト制ってなったらやっぱりクリニックになるのかなぁ。。 クリニック看護師さんのお話聞きたすぎる。。 病棟看護師向いてないかなぁ — らいすふぃーるど ha9maigenmai1 特に、夜勤業務で生活リズムが不規則になり、心身ともに負担やストレスを感じている人は、病棟看護師に向いてないと強く思い、クリニックへの転職を考えるケースが多いです。 あなたは看護師に本当に向いてない?診断する方法は? 実際に看護師として働くなかで、「自分は看護師向いていない」と思っているあなたは、 本当に看護師に向いてないのでしょうか? 自分が看護師に向いていないと思う理由は、 経験年数や職場によって様々です。 では、自分が看護師に本当に向いているのか、向いてないのか、診断する方法はあるのでしょうか? 転職サイト大手のマイナビが運営するには、自分がどういうタイプの看護師か自己診断する「お悩み看護師の職場発見診断」があります。 「お悩み看護師の職場発見診断」では、7つの簡単な質問から、 自分が本来どういうタイプの看護師なのかを診断できます。 性格や思考、行動パターンや強みなど、自分では気づかなかった性格や能力がわかるので、自分がいまの職場に向いているかを判断する参考にしてください。 看護師の性格の特徴を分類すると? 看護師に向いている性格について、マイナビ看護師の「お悩み看護師の職場発見診断」を参考に、 看護師の性格の特徴を分類します。 「お悩み看護師の職場発見診断」によると、看護師の性格の特徴は9パターンに分類されます。 性格の特徴は主に次の通りです。 性格のタイプ 主な性格の特徴 理想主義者 真面目で責任感が強い 献身家 人の世話を焼くのが好き 目標達成者 効率よくてきぱきと行動できる 芸術家気質 人の気持ちに寄り添うことができる 研究者型 客観的にものごとを分析する 安全重視型 協調性やコミュニケーション能力が高い 楽天家 何事も前向きに捉える 挑戦者 意志が強く、体力的にも精神的にもタフ 平和主義者 温厚で落ち着きがあり、場を和ませる 性格のタイプによって、自分に適した職場も異なります。 いまの職場で看護師に向いてないと感じても、上記の性格分類のどれか一つに自分が当てはまれば、あなたに向いている職場が必ずあります。 適職診断ではおすすめの職場もわかる! 適職診断を行うと、自分の性格に合ったおすすめの職場もわかります。 先に紹介したマイナビ看護師の「お悩み看護師の職場発見診断」では、性格タイプ別の職場も示しています。 例えば、真面目で責任感が強い「理想主義者」や効率よく行動できる「目標達成者」、協調性やコミュニケーション能力が高い「安全重視型」は、外来看護師に向いてる人です。 外来看護師には、患者対応の多さから、緊急時の的確な対応や正確さ、処置スピード、医師との密なコミュニケーションが求められます。 このため、ルールを遵守し、協調性が高く、てきぱきと行動できる人に向いています。 そのほか、困っている人に進んで手を差し伸べ、人の世話の焼くのが好きな「献身家」タイプなどは、患者とじっくり向き合う透析看護師や緩和ケア看護師に向いてる人です。 看護師向いてないと悩む人がすべきこと 自分が思うように仕事ができない、職場環境がつらいなどの理由で「自分は看護師向いてない」と悩む人は数多くいます。 ここでは、看護師に向いてないと悩んだ人が取るべき対処法を解説します。 「辞めてよかった」と感じるケースが多数!看護師が辛いなら辞めても大丈夫 自分が看護師に向いてないと感じても、簡単に辞めてもいいものか迷ってはいませんか? 実際は「辞めてよかった」と感じるケースが多数です。 Twitterには次の体験談が上がっています。 看護師として悩んでいる1年目の皆様へ。 私は1年目の時から仕事ができないと言われて2年目で「看護師向いてないよ?」と先輩に言われて3年目で転職しましたが、次の病院では普通に働けたし急性期でも普通に働けました。 つまり環境で人は変わる。 頑張って看護学校を卒業し、国家試験に合格してようやくつかんだ看護師の資格です。 もしいまの職場で看護師を続けるのがつらいなら、思い切って辞めても大丈夫です。 違う職場へ転職して「辞めてよかった」と感じている人は大勢います。 看護師に向いてないと悩んでいるのであれば、 新しい環境でスタートを切ることをおすすめします。 ただし、辞める前に転職活動をスタートさせることが重要 看護師に向いてないと毎日悩みながら仕事を続けるくらいなら、思い切って辞めるのも選択肢の一つです。 ただし、退職してから転職活動を始めるのではなく、 いまの職場を辞める前から転職活動をスタートさせることが重要です。 とはいえ、看護師は普段の仕事が忙しく、心身ともに疲れた状態で転職活動に時間を割く余裕はなかなかありません。 いまの職場で働きながら転職活動をするなら、まずは 転職エージェントに相談することをおすすめします。 転職エージェントへ相談すると次のメリットがあります。 自分の希望に沿った求人を探してくれる• 好条件の非公開求人を多数抱えている• 求人応募から面接の日程調整まで代行してくれる• 履歴書の書き方や面接対策のサポートが充実している• 一人で不安な時は面接に同行してくれる 転職エージェントは、あなたの味方になって、最適な求人を紹介してくれます。 転職のプロとして、書類添削や面接対策のサポートも充実しているので、 初めての転職に不安を覚える人でも安心して転職活動を進められます。 本記事では、看護師の転職に特化した転職エージェントをいくつか紹介します。 ) 看護ルーは、看護師の転職に特化した転職エージェントです。 人材サービス事業を展開する株式会社クリックが運営しています。 看護ルーの転職支援サービスに登録すれば、 無料で様々なサービスを利用できます。 自分は看護師に向いてないと悩む人にはコンサルタントが相談に乗り、本当に転職が必要かどうかも含めて、的確な転職のアドバイスをします。 このほか、仕事の悩みを解決できる求人先の紹介や、応募手続、面接日程の調整、面接対策、給料交渉まで親身に対応します。 看護ルーには公開求人が常時50,000件以上、非公開求人も多数抱えているので、看護師の適性に悩んでいる人にも、最適な職場が見つかります。 転職支援サービス以外にも、看護知識や動画でわかる看護技術、用語辞典、看護師国家試験の過去問掲載など、 看護師にとって必要な情報を網羅したポータルサイトになっています。 特に、自分は看護師に向いてないと悩む新人看護師や、2年目、3年目の看護師、看護学生が集まるお悩み掲示板は、同年代の看護師と交流できる場所として人気です。 看護師特化の転職エージェントの中で トップクラスの求人数を誇ります。 看護のお仕事に登録されている施設数は12万件を超え、非公開求人も多数抱えています。 利用者からは「友だちに勧めたいランキングNo. 1」の転職エージェントにも選ばれています。 看護のお仕事の特徴は、 キャリアアドバイザーの徹底した情報収集にあります。 キャリアアドバイザーが実際に施設に足を運んで情報を収集し、看護のお仕事を利用して転職した看護師にも聞き取りをするなど、職場環境を細かくリサーチしています。 自分は看護師に向いてないと悩む人は、職場環境や人間関係に問題を抱えている場合が多いので、事前の徹底したリサーチのおかげで安心して求人に応募できます。 ほかにも、面接の日程調整、面接対策のアドバイス、給料などの条件交渉など、初めての転職に不安を抱える人のために、転職支援のサポート体制も充実しています。 看護師求人では国内最大級のサイトの一つです。 マイナビ看護師には常時40,000件以上の公開求人が掲載され、独自の非公開求人も数多く抱えています。 マイナビ看護師は、看護師専任の キャリアアドバイザーのサポート力に定評があります。 職場環境や仕事内容、人間関係に悩みを持ち、自分は看護師に向いてないと感じている人には、キャリアアドバイザーが転職のプロとして親身に相談に乗ってくれます。 悩みを解決するために転職が本当に必要であれば、希望に沿った求人を紹介し、面接日程の調整や応募書類の添削、面接対策、面接の同行などのサポートをします。 紹介する求人の職場環境も丁寧にリサーチしているので、職場の雰囲気やイメージなど、自分が納得したうえで応募できます。 求人情報以外にも、転職や復職ノウハウのまとめ、看護国家試験の過去問掲載、看護師の給与事情、職場発見診断、職場インタビュー記事などのコンテンツが充実しています。 看護師向いてない、自信がない…と感じるならまずは相談を 夢を叶えて看護師になったものの、理想と現実のギャップに悩み、「看護師に向いてない」と自分に適性がないと落ち込む看護師は数多くいます。 自分が看護師に向いてない、看護師の仕事に自信がないと感じるなら、 まずは転職エージェントに相談してください。 本記事でも紹介したマイナビ看護師の「お悩み看護師の職場発見診断」のように、転職エージェントの適性判断を活用すれば、自分に合った職場も見つかります。 転職で環境を変え、充実した日々を過ごしている看護師はたくさんいます。 転職エージェントは非公開求人も含めた数多くの求人を抱えているので、あなたの希望や適性に合った職場は必ず見つかります。 せっかく得た看護師の仕事を捨ててしまう前に、 まずは転職エージェントにいまの仕事や職場の悩みを相談しましょう。

次の

【看護師】向いてない人&向いてる人の特徴!4つの乗り越え方

看護師 向いてない

辞めたい理由• 人間関係に疲れた• 業務が大変なのに年収が低い• 自分の理想と違う• 休みが少ない、有給が取れない• 夜勤は苦手だけど拒否できない• しょうもないナースコールが多すぎで、耐えられなくイライラする• 子育てと両立ができない 人間関係に疲れた 病棟看護師が、グループ化しやすいです。 同じグループじゃない同僚に対して、噂、悪口を言ったり、無視したり・・・ 都合で辞めには辞められなく、ストレスを抱えつつ我慢している方が多くいます。 中にはうつになったり、適応障害になったり・・・ 業務の支障が出ているのに、主任や師長が注意してくれない・・・ 業務が大変なのに年収が低い 看護師不足の中、一人当たりの業務量が本当に多いです。 病棟ナースの仕事内容についてこちらの記事をご参考にしてください 日勤の時は走り回り、夜勤は忙しくて仮眠ができない、こんなに業務が大変なのに、それと相応の給料がもらえない時って、なんのために働いているのがわからなくなりますし、頑張れない気持ちがいっぱいいっぱいになっちゃいますよね。 自分の理想と違う 病院の運営方法、医師の治療方針、看護部が求める目標、三つの中に二つが合わない場合、苦しいですね。 自分の中は全力を尽くしたのに、それでも上の人にいろいろ言われる・・・いくら頑張っても、認めてくれない・・・達成感を味わうことができず、もちろんやりがいも感じにくくなります。 自分の理想の看護ができなく、患者のためにもなってなく、看護師になる初心と全然違う・・・ 休みが少ない、有給が取れない 普段は激務なのに、公休が少なく有給も取れない、そして流されてしまう・・・ 私が前に経験したブラック病院は人手が常に不足してて、毎月公休の数は土日祝日の数で少なくないですが、いつも定数通りにくれません。 そして、公休がどんどん溜まってて、中に200日も溜まっているスタッフがいました。 何かあるとき、溜まった公休からの消化のため有給は流されました。 こんな理不尽なことがあるなんで信じられません... 夜勤は苦手だけど拒否できない 病棟看護師といえば、日勤と夜勤勤務ですよね。 夜勤が好きな人がいれば、嫌いな人もいます。 でも、思う通りにならないのは普通ですよね。 「生活が不規則になるからしんどい」、「夜勤の勤務時間が長いから辛い」、「少人数での急変対応は怖い」などの理由は、ほとんど通じない所が多いです。 しょうもないナースコールが多すぎで、耐えられなくイライラする 寂しいコール、話したいコール、踏みまぐるセンサーコール・・・病棟看護師が必ず誰でも経験します。 (苦笑) 想像だけでイライラ・・・ 子育てと両立ができない ママ看護師の場合、病棟特に一般や急性期病棟では、子育てしながらの勤務はしづらいですね。 これは、私も経験したことです。 子供の急なお熱でお迎えに行かないといけない時、みんなが残業で残っている時、出勤人数が少ない日...やっぱり帰りずらいですね。 また、病棟看護師って本当に体力が要ります、体も頭もフル回転で激務を終わった後の子育てはスーパーママじゃないとできないと思います。 これはわたしが回復期リハビリ病棟に異動した理由です。 体力がない• 「人間」を相手にするのは苦手• 真面目過ぎる、優しすぎる• 物事を深刻に考え込んでしまう• 激務の病棟にはママ看護師が向いていない 体力がない 病棟看護師の業務のなか、移乗や搬送、体位変換、おむつ交換、そして20時間近くの夜勤・・・ある程度体力がないと、ほとんどの人が潰されて、倒れてしまいますね。 体力に自信がない人は、クリニックや個人病院を進めです。 「人間」を相手にするのは苦手 病棟看護師は患者との触れ合いは深くて多いです。 患者にとって、より暖かい看護とお世話をして欲しいため、もしこういうのは苦手だったら不向きかなと思います。 逆に外来のほうが良いかもしれません。 患者とのコミュニケーションは淡々と終わっても大丈夫ですから。 真面目過ぎる、優しすぎる 病棟業務が複雑で忙しい、真面目過ぎると、仕事の進みは遅いため要領が悪いと思われます。 一方、優しすぎると、急になくなってしまう患者の死亡と向き合うのは大変です。 家族の前は泣けない、同僚の前は泣く場合じゃない!結局どういう気持ちで仕事をしていけばいいかわからなくなり、自分もしんどいですし、仕事に対するモチベーションもなくなります。 物事を深刻に考え込んでしまう 病棟看護師はある程度、サバサバしないとやっていけません。 前に言った通りに、人の命に関わるとのプレッシャーがくるし、患者の急変や死亡に直面することは少なくないです。 小さい事にくよくよして考えこんちゃうと、持たないです。 「心残りがありすぎると、前向きに乗り越えないでしょう」とよく言われます。 激務の病棟にはママ看護師が向いていない 激務の病棟に、子供がもっているママ看護師がほとんどいないです。 よっぽど周りの協力がないと両立が困難だと思います。 保育園から発熱の連絡、残業ができない時、正月やゴールデンウイークに休みが多く欲しい時、やっぱり出産したら、みんな激務の病棟は辞めてしまいますね。 私の経験 私も「病棟には向いていない、辞めたい!」と、昔思ったことがあります。 毎日悩んで悩んで、うつになりそうでした。 でも違う病院に転職後そういう悩みが一切なくて、同じ病棟看護師として働いてたがやりがい満々の毎日でした! 看護師が働き口がたくさんあります、環境が変わったら悩みが解消されるケースが多いです。 自分に否定的になりすぎず、自分に合う職場が必ず見つかります。 どうか一人で悩まずにいてくださいね。 もしよければここで、辛い本音を吐き出したらどうでしょうか?一人心にため込むよりはマシだと思います。 コメントをお待ちしております。

次の

【看護師】向いてない人&向いてる人の特徴!4つの乗り越え方

看護師 向いてない

責任に耐えられない(精神的に不調を起こしやすい) 看護師の仕事内容は薬液を直接体に注入したり、内服をさせたり 相手の体に直接影響があるためその責任は重いです。 一度たりとも間違えられないし、間違えても言い訳しにくい、自分を責めやすい仕事です。 また、24時間患者を観察していなくてはいけません。 緊張の連続です。 そして予測のできない急変や転倒などの事故にも責任をおわなければなりません。 もともと緊張に弱い人は、相当なストレスになることは間違いないでしょう。 体力に自信がない 日勤は激務です。 患者の状態観察、介助、こちらのタイミングお構いなしでやってくる医師の診療補助。 日勤が終わるまでトイレに行くの忘れてたなんて日もあるくらいです。 そして夜勤。 それぞれの病院によりますが長い二勤交代制だと 夕方5時ころから翌朝9時まで一睡もせず16時間ぶっ通しで働き続けます。 途中仮眠をとれる保証はありません。 わたしは1か月夜勤のみの勤務をしたことがあるのですが それまで数年風邪をひいていなかったのに風邪をひきました。 夏だったんですが、夜勤続きで体力を消耗していたんでしょう。 トイレを忘れるほどの激務、睡眠不足、不規則な生活リズム。 あなたが看護師ならわかると思います。 睡眠不足が健康にどれだけ悪影響があるかを。 体力がないと厳しいでしょう。 血液や汚物が苦手 看護師の業務には採血をはじめとした「体液」をあつかう仕事があります。 ドレーン類の浸出液と血液が混じったものや、尿カテーテルの尿破棄。 整形では創処置も多いです。 骨が見えてたり、肉が腐ってたりします。 もちろん自力でトイレへ行けない人も多いので、排せつ物の処理もします。 わたしは便や血液は平気ですが、痰がだめです。 あの独特なにおいについ、おえっとなってしまいます。 なのでサクション(一時的吸引法)が1番苦手です。 とはいえ頻繁にそういったものをあつかうので、苦手な人はつらいです。 コミュニケーションが苦手、協調性がない 1つの病棟で何人もの看護師がチームとなって働いています。 報告・連絡・相談は看護師の基本です。 各勤務の終わりに申し送り、報告をします。 医師やその他コ・メディカルと患者の状態を正確に連絡をとり合います。 わからないことはすぐに相談して解決をめざします。 放っておくと後々問題になりかねません。 なのでそれなりのコミュニケーション能力が必要です。 また、看護師はチームで動いているので、まとまりのある動きを求められます。 例えば一斉に体位変換をしているとき、1人だけ情報収集をしていると 体位変換の時間が長引いてしまいます。 すると業務時間のバランスが崩れ、チーム全体の仕事が回らなくなってくる。 ということもありますので、周囲の動きを察知してそれに合わせられる能力も必要です。 そもそも成長する気がない そもそも看護師になったのはお金のため。 ただの職業として働いているのだけなので、できるだけ楽をしたい。 という考えの人ももちろんいます。 わたしもどちらかといえばそうです。 なにも悪いとは思いません。 が、 看護師は他人の命を預かっています。 日々勉強し、より安全で確実な看護を提供し続けなければいけません。 さらに言えば患者から医療費を払ってもらい、そのお金で給料をもらっているのです。 その対価として、勉強して医療を提供することはわたしたちの責任なのです。 看護師はみんな勉強しています。 ある程度自己学習ができない人は目立ってしまうでしょう。 ここまでが向いてないと悩む理由です。 転職すべき理由に続きます。 性格や特徴は生まれ持ったものや育ってきた環境が関係していますので 変えることはできますが相当の努力が必要です。 そしてもともと苦手なもの(血液や排せつ物など)を克服することは難しいです。 もちろんこれらを克服することは素晴らしいことですが 時間がかかることが予想されますし労力も必要です。 職場内の人間関係が悪い 看護師は女性社会です。 女性だからということはありませんが 真実かどうかもわからない噂話。 なぜか明らかな敵意を持ってきつく当たってくる人。 大勢でいるときは親切だが2人きりになると豹変する人。 いじめ。 これは実際に看護師をしてきて、見たり聞いたりしてきたものです。 とくに年下、若い人ほど嫌な思いをしているのではないでしょうか。 こういう人と一緒にいると心理学的に同調してしまい 自分も同じような人間になってしまう可能性があります。 いじめる側が時間が経つにつれ いつの間にかいじめる側になっているのは 同調の心理が働いているためです。 同じような人間にはなりたくないと思う人とは 距離を置くのが1番です。 しかし仕事となるとそうはいきません。 申し送りなど、どうしても話さなくてはいけない場面もあります。 百歩譲っていじめられる側にも勉強不足など原因があったとしましょう。 しかしわたしたちはそもそも看護師です。 いじめや嫌がらせをする理由は一つもありません。 培ってきた知識や技術を駆使すれば きちんとした指導や 共に働くチームの一員として頑張っていこうと寄り添った姿勢ができるはずです。 なので、 看護師なのに陰口やいじめをする人ってもう看護師じゃないですね。 そんなこともわからない 恥ずかしい人なんです。 ですがそういった人が残念ながら多いように感じます。 働く場所によって働く人も違います。 そんな人たちが多くいる場所で長く働く必要はないと私は思います。 人員不足が原因で忙しい 人員が確保されていれば仕事が分担され、忙しさは改善されます。 看護師全体の需要は高まり続け、2025年には少なく見積もっても6万人足りないと厚生労働省が予測しています。 職場によって当たりはずれがあるといった感じです。 休みがすくない、夜勤が多いなどの理由から体力が持たない それぞれの病院で年間休日は決まっています。 夜勤回数も人がたくさんいる職場であれば調整可能です。 病院によって委員会や看護研究などで時間外拘束が多い病院もあるので注意が必要です。 委員会も研究は実際の労働時間外で行われることがおおく 時間外手当などもらえない病院がほとんどです。 委員会や看護研究などは私立や国公立、大学病院といった 比較的規模のおおきい病院がさかんに行っている場合が多いです。 わたしも看護研究メンバーに選ばれたことが何度かありますが 半年近い時間をけずられたのでものすごい苦痛でした。 しかし看護研究は病院によって全くありませんし、委員会もかんたんなものだったりします。 ちなみに今のわたしの勤務している病院は 看護研究もありませんし、委員会も管理職のみで運営してるのでノンストレスです。 年間休日も120日をこえる超ホワイト病院です。 給料が安くやりがいが感じられない お金がやりがい!そんな人もいて当然です。 わたしです。 人間関係• 人員不足• 忙しさ• 年間休日の数• 夜勤の多さ• 給料 これらが原因で悩んでいることがほとんどじゃないですか? この項目は転職をしない限り改善しません。 人間関係はその人が辞めなければ改善しませんし 人間関係が悪いならば新人もすぐに辞めていくでしょう。 人員不足は病院によります。 忙しさもその病棟の科によるところが大きいです。 年間休日、夜勤の数、給料はそもそも病院で決まっているので 病院を変えるしかないです。 看護師は昇給がほとんどないので年収の高いところに転職するしかありません。 「職場環境はすぐに変えられる」 面倒だと思っていたらいつまでもそのままです。 さらに転職がおすすめな理由が次です。 日本の看護師は資格更新に試験があるわけではないので 一度看護師資格を取得すれば一生ものです。 今後さら慢性的な看護師不足となるため、看護師の転職は余裕です。 求められてます。 2025年まで看護師不足は明らか 上でも書きましたが看護師不足は確定です。 看護師が足りていない、ということは転職時にワガママもとおりやすいということです。 なぜなら病院の職員構成の大部分を占めるわたしたち看護師が一定数いなければ 病院も診療報酬がもらえない。 看護師のマンパワーがなければ病院が成り立たない。 つまり一定数雇わざるを得ないからです。 【 重要 】 転職サイトが充実している【重要 】 転職サイト、たくさんあります。 看護師の場合ほとんどが転職エージェントです。 転職サイトというのはただ転職情報を閲覧するだけのものですが 看護師の場合は担当がついて、履歴書の作成から面接、 就職するまでをサポートしてくれるので 転職エージェントというかたちになります。 看護師は国家資格という専門性 + 職員不足 + 離職率も高いです。 給料も平均年収より高いため転職サイトのマージン(取り分)も高いことが予想できます。 なので転職させると彼ら(転職エージェント)は儲かるんです。 どのくらい儲かるかというと、転職させると私たちの年収の20-30%くらい病院からもらえます。 たとえば転職した人の年収が400万だとすると20%で80万、30%で120万円です。 1人120万はすごいですね。 なので必死で転職させようとしてきます。 1人の転職でこのくらいもらえるので わたしたちが無料で転職サポートしてもらえるのも納得です。 病院にとってはお金がかかるかもしれませんが わたしたちは無料で しかもメリットがたくさんあるので ぜひ転職サイトを活用しましょう。 【 転職エージェント活用ポイント! 】 そのときはしかたないですね。 大丈夫です。 このくらい余裕をもって返しましょう。 あせって決めてもいいことありません。 ゆっくり自分の求める理想の職場を探しましょう。 条件を伝えてエージェントに情報収集をしてもらう こちらの条件を伝えなくてもエージェントは次々に案件を持ってきます。 エージェントがおススメしてくる案件は エージェントにとって好都合なものだと思ってください。 エージェントは転職させないと報酬が発生しないので できるだけ高収入で人手不足が激しい案件を持ってきます。 転職させやすいからです。 相手も「仕事でやっている」ということを忘れないでください。 自分の望む年間休日や、給与、研究発表があるかどうかなど しっかり確認しましょう。 条件を病院と直接交渉してもらう(とくに給料交渉は絶対) わたしは上に書いた方法で 転職エージェントをとおしてガンガン給与交渉してもらいました。 おかげで年収も年間休日も確実に上がりました。 月8万円くらい上乗せしてもらえた職場もありましたね。 実は基本給も固定じゃなくて働いてる人によって違うんですよ。 知ってました? 給料交渉に関しては こんな強気で言えない。 という人もいらっしゃると思いますが 私たちの年収が上がればエージェントの取り分も増えるので お互いにメリットしかありません。 意外と頑張ってやってくれます。 「いいところがあればすぐに転職を考える」と伝えておく 当たり前ですが転職をすぐする気がない人に エージェントは気合を入れて営業しません。 お金になりませんから。 ということは持ってくる情報もすぐ転職を考えている人の後になりやすいです。 情報収集が目的でも「いいところがあればすぐに動きたい」 と伝えましょう。 実際転職したくなるような案件を持ってきてくれるかもしれません。 以上の点を踏まえて転職エージェントを活用してみよう 複数のサイトから情報収集するのが一番効率が良いです 登録は 完全無料。 それぞれ非公開求人(好条件な求人)というのを抱えています 登録して普段から情報を貯めておきましょう(理想の求人はいつでるかわからない) それぞれ強みのある転職エージェントを載せておきます。 知らないものがあればぜひチェックを。 これ以外にもたくさんあります。 (看護師応援プロジェクト 最大35万円 )• (8万件の求人、転職 祝い金最大40万円 )• (我らが 看護協会運営の無料職業紹介事業) 看護協会費数年前から払ってません、ごめんなさい笑• (20代転職支援特化、転職 祝い金最大10万円)• ( 地域最大級 :北海道、兵庫、広島、岡山、福岡)• ( 国内最大級求人件数 12万件、転職祝い金あり)• (2015年楽天リサーチNo1の支持率、関西・関東・東海に強い)• (全国対応、24時間電話対応OK) わたしも利用してました、使いやすい、オススメ。 ほんとたくさんありますね これだけ書きましたがわたしは転職サイトの関係者ではありません。 なのではっきり言いますが 転職エージェントの話は話半分くらいに聞いておきましょう。 なぜなら 彼らは 「 転職させること」が目的なので、転職した後の私たちのことはあまり考えていません。 転職後すぐにやめられるとマージンが入らない場合があるので その期間はなんとか辞められないようサポートしてくれると思いますが。 良い条件を言うだけ言って、転職を促している可能性があります。 実際私の友人は交通費がでるはずなのにでなかった(その転職サイトに相談したらお金もらえたらしい)とか 就職後夜勤するつもりが夜勤者がいすぎて出来ない など条件と違うことがあったようです。 ですが基本的に自己責任なのでしっかりと確認をしましょう。 年収や年間休日は数字で提示されるのでしっかり確認しましょう。 ちなみにわたしは転職する際は3社くらいを同時進行させて 「あっちのサイトはこんな条件でした」など普通に言います。 あんまりこういうこと言ったら転職エージェントに怒られますね。 介護福祉施設• 治験コーディネーター• MR(製薬会社の営業)• 学校や幼稚園の看護師• 産業看護師(企業看護師)• 献血ルームや人間ドック施設• ツアーナース(旅行に同行する添乗ナース)• イベントナース(コンサート会場などにいるナース) など 給料がいいのは病棟で夜勤をする勤務がやはりいいのだとか。 企業ナースは倍率が高いですが、夜勤なしでも好待遇。 なにより 一般企業の方との出会いがあります。 オススメ。 最後に 以上、わたしが転職すべきと思った理由でした。 参考になったでしょうか。 個人的な意見ですが、わたしは体や精神を壊してまで働く必要は 全くないと思います。 ですが働かないと生活していけないのが現実です。 ならばこの 転職しやすい状況の今、自分に合った職場を見つけよう! というのが今回の記事で伝えたいことです。 看護師にこだわる必要すらわたしはないと思いますが、実際給料がいいので わたしは他職種にはいきませんでした。 しかし、年間休日が多く残業もほとんどない病院に転職し 今後のために副業ブログを始めることができました。

次の