デス トルーパー。 ダースベイダーがデストルーパーを一掃したという話が妙に納得(ローグワンネタバレ注意)

デス・トルーパーとは (デストルーパーとは) [単語記事]

デス トルーパー

デストルーパーのスキルレベル別の強さ スキルレベル別の強さは、同スキルレベル帯の中で比べた時の強さを表しています。 スキルレベル1のデストルーパー スキルレベル1のデストルーパーは、 必要ツム数が多く、消去数もすくないので、あまり使えません。 スキルレベル3のデストルーパー スキルレベル3のデストルーパーは スキルの消去数が増え、タイムボムミッションやボム消去ミッションで使えるようになります。 しかし、スキルマにしても決して消去数は少ないので、スコアやコイン稼ぎには使えません。 プレイヤーによって個人差がありますので、あくまでも目安程度にご覧ください。 少ない時 多い時 平均 SL. 1 500コイン 600コイン 500コイン SL. 2 600コイン 700コイン 600コイン SL. スキルマの状態で、一箇所につき7〜13個のツムを消すことができます。 スキル発動後もツムが積もる! デストルーパーのスキルは、スキル発動後もツムが降り積もります。 ツムを積もらせてからスキル発動する手間がないため、効率よくスキル発動することができます。 必要ツム数が多い デストルーパーは、必要ツム数が20個と多いため、少し扱いづらいツムです。 デストルーパーを使う際は、マイツムを優先的に消すこととスキルゲージ連打が求められます。 デストルーパーのスキルの使い方 スキルゲージが溜まったら即発動! デストルーパーで高得点を取るなら、スキルゲージが溜まった直後にスキル発動するのがコツです。 デストルーパーはスキル発動後でもツムが動くため、 ツムが積もりきってからスキル発動する必要がありません。 すぐに発動しても損をしないため、効率よくツムを消して得点を加算することができます。 フィーバータイム中に1回以上スキル発動 デストルーパーは、得点が3倍になるフィーバータイムに、スキルを1回以上発動するとより高得点をとることができます。 最低でも1回、できれば2回スキル発動できるようにしましょう。 掲示板 コミュニティ• ハート交換掲示板• 最新イベント攻略情報• 6月の新ツム評価• ランキング スコアランキング• コイン稼ぎランキング• その他のランキング• ツム一覧 入手方法別ツム一覧• その他• ぬりえミッション ぬりえ攻略一覧• ビンゴカード攻略 ビンゴ攻略一覧• ミッションに役立つツム• よくある質問(Q&A) まずはこれを読もう!• ハートについて• プレイの基本とコツ• コイン稼ぎ• ツムの育成• アイテムについて• ボムについて• チェーンについて• プレイヤー情報・経験値(Exp)• イベント・ガチャ関連• バグ・不具合• エラーコード•

次の

ダースベイダーがデストルーパーを一掃したという話が妙に納得(ローグワンネタバレ注意)

デス トルーパー

マイツムを消しつつスキルをためる• スキルがたまったら即発動• フィーバー中に1回はスキル発動してスコアを稼ぐ• フィーバー終了までにスキルを再度ためなおすか、フィーバー中にボムを作って温存しておく• フィーバー終了直後にスキルを使うもしくはでフィーバーゲージを満タンにする• マイツムを消しつつスキルをためる• フィーバー終了までにスキルをためきるか、フィーバー中にボムを作って温存しておく• フィーバー終了直後にスキルを使うもしくはでフィーバーゲージを満タンにする• マイツムを優先的に消してスキルをためる• スキルを発動してタイムボムを狙う• フィーバー終了直後にスキルを使うもしくはでフィーバーゲージを満タンにする• どれでもいいので1種類のツムを残してそれ以外のツムをどんどん消していく• 消しにくくなったら、ボタンを使ってツムの位置を変えていらないツムを更に消していく• マイツムを消しつつスキルをためる• スキルがたまったら即発動• フィーバー中に1回はスキル発動してスコアを稼ぐ• フィーバー終了までにスキルを再度ためなおすか、フィーバー中にボムを作って温存しておく• フィーバー終了直後にスキルを使うもしくはでフィーバーゲージを満タンにする• ツムが落ちきっていない状態でスキル発動すると、消去数が激減してしまう可能性も。 フィーバー中にスキルを使ってスコアを稼ぎましょう。 これを行うことでマイツムが次のゲージに持ち越されるため、短いスパンでスキルを発動できるようになります。

次の

デス・トルーパー

デス トルーパー

のデス・スター・トルーパー 訓練を終えた新しいデス・スター・トルーパーたちはそれぞれが多彩な能力を有しており、このバトル・ステーション全体における戦闘任務と非戦闘任務の両方を含めた、幅広い役割をこなせる兵士たちとなった。 さらにこの訓練には高度な戦闘技術の習得だけでなく、独自の判断で行動するための訓練も含まれていたのである。 最終的に、デス・スター・トルーパーは帝国宇宙軍とターキン個人に忠誠を向けるようになり、これはがに忠誠を向けているのとは対照的だった。 また、彼らに与えられた高度な訓練は、通常の兵士たちが多数配置されたステーション内において、デス・スター・トルーパーが司令階層に置かれることを意味していた。 そのため彼らは、拘留ブロックの警備、の制御、のの操作などの、支援的な任務に就いていることが多かった。 この新しい地位を確固たるものとするため、デス・スター・トルーパーには新しい力の象徴となる独自のが与えられていた。 だが、でが破壊されると、この制服は全艦隊における他のたちにも広がっていったのだった。 制服と装備 デス・スター・トルーパーは後方が下がった黒いヘルメットを着用していた。 だが、後にこの制服はの他の部隊にも同様に浸透していくことになる。 また、彼らは通常の携帯用武器を装備しておらず、多くの兵士たちが非武装だった。 ただし、、、がを救出したときにを警備していたデス・スター・トルーパーたちは、とで武装していた。 有名なデス・スター・トルーパー• 登場エピソード• 外部リンク•

次の