光回線 制限。 ドコモ光の回線速度測定方法!使い過ぎると速度制限され速度が低下する?

フレッツ光のデータ通信量無制限プランとは?他社料金と比較!

光回線 制限

4~2. 8kbpsでした。 4Gの通信速度は下りで最大1Gbpsと言われていますので、その差は約40万倍。 4Gでもだいぶ高速化されていることがわかると思います。 ただし、これはあくまで理論値。 実効速度はさまざまな環境的要因によって左右されます。 例えばサービス発表時にで登場し、年々その速度の上限をアップさせているドコモの「PREMIUM 4G」。 総務省が定めた「実効速度に関するガイドライン(略称)」基づいて2019年10月~12月に計測された公式発表によると、受信時(下り)の実効速度は最大値430Mbps、 一般的な下り通信速度は168~299Mbpsと報告されています。 対する 5Gの理論上の最高通信速度は下りで10Gbpsと、4Gの理論値の10倍。 将来的には4Gの20倍にあたる20Gbpsにまで上がるとも言われています。 ただ当面は10Gbpsの半分以下の通信速度で、エリアを都市部に限定したサービス提供となる模様。 実効速度は今のところ未知数ですが、基地局への同時接続可能な端末数は4Gの10倍に、遅延速度は4Gの10分の1に短縮されており、ゆくゆくは、どこで接続しても安定的な無線通信が可能になると期待が寄せられています。 これだけ速ければ、ゲームなどのコンテンツやOSのダウンロードにもストレスを感じることはありませんよね。 一方、光回線の速度は、NTT東日本やNTT西日本が提供するフレッツ光回線で最大1Gbps。 実効速度は理論値の5分の1ほどですが、グラフィカルなゲームを楽しむほか、話題の4K・8K放送を観るには十分すぎるほどの速度です。 また、 次世代通信方式「IPv6接続」サービスを選ぶことで、地域や時間帯の影響を受けることなく快適かつ安定的な通信が可能に。 説明のため、ドコモやソフトバンク、auなど大手キャリアの5Gサービスに関するプラン概要を比較してみます。 注目してほしいのが 「データ容量」。 4G同様、 必ずしも無制限ではありません。 ドコモでは、キャンペーン中に限りデータ量無制限ですが、基本は100GBが上限。 auではデータ容量無制限プランが用意されていますが、テザリングや国際ローミングなどについてはプランごとに1カ月あたりの上限が。 用途不問で使い放題ではありません。 なお、紹介した各社の5Gサービスは代表的なもので、それぞれ条件や内容が異なるプランがいくつかありますので、各社の公式サイトでご確認ください。 ・ ・ ・ データ容量に上限があるということは、4G同様、 超過時は通信制限が発生。 たとえばドコモの通信制限時は上下共に3Mbps。 auは「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限致します」、ソフトバンクは「時間帯により速度制限あり」と記載されています。 そうなるとデータ通信量、速度制限といった要素から自宅でも外出先でも快適な利用には、固定回線で通信量の上限がない光回線との併用が、現状の5Gサービスでも有効だと考えられます。 たとえば多数同時接続に強いとされる5Gは、ホームIoT環境構築に活躍すると言われていますが、通信を利用するには5G対応スマホなどの端末が必要。 5G対応モバイルWi-Fiルーターの発売も予定されていますが、現状では自宅にある家電は5G対応スマホのテザリング機能でインターネットにつなぐことになります。 先ほどの各キャリアプランを見てもらうとわかりますが、データ通信量が無制限で使えないケースも。 せっかくエアコンや電子レンジなどIoT家電をそろえても、データ通信量の制限を気にするあまりスマホやパソコンのネット利用にも影響が……なんて事態にもなりかねません。 また電波の特徴として高い周波数であるほど、まっすぐに進む性質(直進性)が強くなり、その結果、ビルをはじめとする障害物に遮られ、遠くまで届きにくい傾向があります。 そのため屋内などでは、電波が障害物の影響を受けやすくなると考えられます。 これらは5Gのデメリットとも言えますが、光回線なら屋内でも通信品質は安定していますし、データ通信量に制限があったり速度制限を課されたりなどといったことは基本的に起きません。 重要なのは、光回線と5Gは異なる特徴を持った通信手段であるということ。 5Gの通信速度に目がいきがちですが、利用環境や場所、時間帯などの要素を考慮すると、光回線の方が適しているケースも多々あります。 光回線と5Gは互いの弱点を補い合う存在。 現行の4Gでもそうですが、5Gが普及しても、光回線との併用は有効な手段として残っていくと考えられます。 いつでも、どこでも快適な通信環境を望むのであれば「」などの光回線との共存を検討してみてください。 人気記事.

次の

ドコモ光は通信速度制限なし!しかしプロバイダによっては制限されることも!?

光回線 制限

目次 この記事でわかること• auひかりには速度制限がある 固定回線サービスは基本的に使い放題というイメージが強いかと思いますが、実はauひかりには速度制限が存在するのです。 詳しく見ていきましょう。 1日30GB以上のアップロードで速度制限の対象に auひかりの速度制限(帯域制限)の条件は少々特殊で、 1日で30GB以上のアップロードを行うことで、制限の対象です。 これは下り通信、つまり、動画、ウェブサイトなどの閲覧やダウンロードを行う際に、一定以上の通信量が発生します。 しかし、 auひかりの場合はアップロードが対象ですので、この様な通信は対象になりません。 動画サイトに動画をアップロードしたり、メールでファイルを送ったりする際の通信容量が対象になるので、一般的なネットサーフィンなどでは、まず速度制限がかかることはありません。 1日だけでは制限はかからない 1日あたり30GB以上の上り通信 アップロード で速度制限の対象になってしまうわけですが、1日だけ超過しても制限が掛からないというところもポイントです。 auひかりにおいて速度制限の対象となるのは下記の様な場合です。 ・1週間以内の期間で3日以上30GBを超過アップロードする 一般的に画像をメールにアップロードして送信する場合は2MB程度の容量ですので、1000MB=1GBと考えると、1日に30GBというのがいかに膨大なデータ量である事がイメージできるかと思います。 しかもそれを週に3日以上行う事が条件となると、通常の使用状況で速度制限になる事は考えづらいでしょう。 auひかりの速度制限について ここまでは速度制限になってしまう原因についての解説をしてきましたが、次に、速度制限がかかるとどのような状態になるのかについて、実際にauひかりに問い合わせて得られた回答も交えながら解説します。 通信速度が最大3Mbpsに低速化 auひかりの速度制限の対象になってしまうと、上りの通信速度が最大3Mbpsに制限されてしまいます。 例えば、LINEやメール送信での速度目安は200Kbpsなので、日常使用する分には支障がないことがわかります。 さらに写真を送信する程度では問題なく使える速度です。 ただし最大3Mbpsなので、利用環境によっては速度が遅くなる場合もあります。 また大容量の動画ファイルを送信するには、十分な速度ではなく時間がかかるため、日頃から動画送信をする方はストレスを感じてしまうでしょう。 では制限がかかった場合、解除されるまでの期間について紹介していきます。 速度制限は約3週間継続 auひかりで一度速度制限の対象になってしまいますと、3週間ほど、速度制限の状態が継続する方が多いようです。 具体的な期間について問い合わせを行ってみたところ、auひかりから次の様な回答を得ることができました。 帯域制限につきましては、おおよそ3週間の制限期間となっております。 しかし、実際にはぴったり3週間とならず、数日ずれる場合などもございます。 より具体的な解除期間につきましては、お客様へ開示、案内をさせていただくことができませんので、ご了承ください。 数日のずれはあるものの、多くのブログやSNSで報告されている通り、速度制限がかかった状態は3週間程度継続するようです。 制限がかかっているかどうか確認する方法 スマートフォンのデータ通信制限などの場合は、制限が掛かった段階でメールなどの通知が来ますが、auひかりの速度制限の場合、その様なものはありません、どの様に速度制限について確認すればいいのか、こちらもauひかりに問い合わせを行ってみました。 回答は以下のとおりです。 帯域制限にかかりますと、auひかりにおける大量データ送信に関する見直しのお願いという書面を別途送らせてします。 また、帯域制限がかかった状態のご確認につきましては、お客様ご自身にてご確認いただくことができません。 書面での通知ということですので、速度制限が始まったタイミングをリアルタイムに把握したり、こちらから照会を行って確認する方法は存在しないようです。 現状では通信が遅いと感じても、書面が届くのを待つ以外、速度制限がかかっていることを確認する方法はないようです。 auひかりの速度制限に引っかかるケース それでは、どの様な使い方をしたらauひかりは通信制限がかかってしまうのか、具体的なケースを見てみましょう。 映像関係の仕事などで利用している 一般的なユーザーが見る映像データとは違い、映像関係の仕事をしている人が扱う映像データは、解像度の高さから格段に通信量が大きくなります。 そのため、 仕事で映像データを送信することが多い方は30GBを越えてしまう事も多くなります。 同様に、音楽関係のデータもかなりの容量ですので、映像クリエイターやミュージシャンの方などは特に注意が必要と言えます。 また、最近ですとYouTuberなどの動画サイトで活動されている方も映像データを頻繁にアップロードしますので、30GBアップロード制限にかかってしまう可能性があります。 auひかりにももともとは上記のような方のために、上り無制限の法人向けプランが存在していたのですが、2016年に廃止されました。 そのため、映像データや音楽データを頻繁にやり取りしないといけない方、動画アップロードを頻繁に行う方は、auひかりではなく、別のインターネットサービスを利用する事をオススメします。 ファイル共有ソフトを利用している dropbox、Torrentなどのファイル共有ソフト、またはファイル便などのファイル共有サイトの利用も大量の通信量を使用する場合が多くなります。 アップロードするファイルの容量を把握しておいて、なるべく通信制限にかからないように利用しましょう。 どうしても大量にアップロードしなければならない場合には、仕事で使う場合と同様、別サービスを検討する必要があります。 パソコンがウイルスに感染している パソコンのウイルス感染は一番厄介なケースです。 パソコンがウイルスに感染すると、自分の知らないところで大量のデータ送信が行われてしまいう場合があります。 あっという間に速度制限がかかってしまいますし、何よりも、セキュリティの観点からも非常に危険な状態です。 ウイルス対策ソフトはしっかり導入して、ご自身のパソコンを守るように心掛けましょう。 無線LANで大量のデバイスに接続している 無線LANを利用している場合、スマートフォンやノートパソコン、タブレットやゲーム機器など、大量のデバイスにまとめて接続ができますてしまいます。 そのため、 気付かないうちにたくさん使ってしまっていたという現象が起こりやすく、auひかりの速度制限にひっかかってしまう場合があります。 auひかりの速度制限は一定期間解除できない スマートフォンなどで速度制限がかかった場合には、追加の通信容量を購入し、制限を解除できますが、残念ながらauひかりにはその様な従量課金サービスは存在しません。 速度制限がかかってしまったら、約3週間の制限期間が過ぎるのを、待つしかありません。 速度制限に引っかかる場合、他社サービスへの乗り換えを検討 速度制限の対象になってしまいますと、おおよそ3週間の間、上りの通信が低速化してしまうわけですが、データのやり取りができないと仕事上困るという人も多くいます。 先述のとおり、auひかりの法人向けサービスは2016年で終了してしまっていますので、頻繁に速度制限が起こってしまったり、速度制限が起こると困るという場合は、他社サービスへの乗り換えを検討する必要があるでしょう。 例えばソフトバンク光などは、同じく1Gbpsの高速通信が可能で、アップロードによる速度制限もないインターネットサービスです。 速度制限はありませんが、速度が遅くなるタイミングがあります。 下記の記事で詳しく説明していますので、ソフトバンク光の契約を考えている方は参考にしてみてください。 関連記事: 無線LANには利用制限をかけることができる 無線LAN大量のデバイスを同時に接続していると、それだけで速度制限のリスクが高まるわけですが、auひかりには無線LANをデバイスごとに制限できるサービスがあります。 曜日や時間帯ごとに利用制限の設定を行うことができ、例を挙げますと、土日だけスマートフォンを接続可能にしたり、夜の時間帯だけゲーム機の接続を可能にする事も可能で、余分な通信をカットする事ができます。 一時的に許可・制限する事もできますので、スケジュール設定で設定した曜日や時間帯以外でも接続を許可する事もできます。 無線LAN利用制限に関しては、auひかりのオプションではありますが、無料で利用が可能ですので、無線LANに接続するデバイスの数が多く、それぞれの通信量が気になるという方にオススメです! auひかりの速度制限まとめ auひかりの速度制限について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。 まず第一に、auひかりの速度制限については、大容量のファイル送信を日常的に行う場合にリスクが高まるという事がわかりました。 ちなみにauひかりの速度制限の条件である30GBを1週間のうちの3日以上というのは、数あるインターネットサービスの中でも良心的な方で、中には10GB未満で速度制限を設けているサービスもあります。 利用者自身で解除する方法がなく、約3週間の制限期間を待たないといけないのは少々もどかしいですが、制限が掛かる条件が上り通信 アップロード の使用超過ですので、ダウンロードが基本になる一般的なインターネット利用の場合、速度制限の対象になることはまずないでしょう。 一部の利用者がデータ通信を独占するのではなく、利用者全員が公平にインターネットを楽しむために速度制限というシステムが成立しているだけの話ですので、スマートフォンなどのように通信制限にならないように計算して使わないと…と考えるほど大袈裟なものではないので、基本的には安心して良いかと思います。

次の

OCN光に通信量制限・速度制限はあるの?完全に無制限?

光回線 制限

うわー、マジか…! 制限で遅くなっちゃった… ダメな使い方例、3つ目は『 Torrentなどでファイル共有』です。 また、ネットワークを占有することで他のユーザーの迷惑になると判断された場合は、上限容量に達していなくても警告されたり、制限をかけられる可能性もあるでしょう。 普通の使い方をしてれば、まず制限はかからない ここまで、eo光に速度制限を食らう使い方例を解説しましたが、実際問題、ネットサーフィンをしたり動画を長時間見たりするような 『 普通の使い方』なら、まず制限がかかるようなことはないでしょう。 仮に1ギガコースの通信量上限5TBをで使い切るなら、こんな感じになります。 まとめ:eo光は帯域制限あり? このページでは、eo光の速度制限について解説しました。 eo光の速度制限は、契約コースごとに定められた通信上限量を3ヶ月連続で超えた場合に実施される可能性があり、万が一制限がかかった場合は帯域制限がかかり遅くなります。 上限量は、普通に使う分には超えることはありません。 eo光がおそらく注視するのは『 他のユーザーに迷惑になるか?』という点です。 ネットワークを占有して他の人の速度が遅くなるほど迷惑になるような使い方をしている場合は、速度制限をかける可能性は高くなるでしょう。 最近では、大容量データを取り扱う機会が増えており、「 YouTubeに毎日動画をアップしてたら制限がかかった…」というようなケースもあるため、少しでも心当たりがある人はeo光のマイページで通信量をどれくらい使っているかこまめにチェックしておくのをオススメします。

次の