クローム リモート デスクトップ 接続 できない。 Chromeのリモートデスクトップ接続ができない時の対処法

【Windows10】chromeリモートデスクトップを設置した経緯

クローム リモート デスクトップ 接続 できない

Chromeを起動します。 のページにアクセスします。 画面中央に表示される「使ってみる」をクリックします。 Googleアカウントでログインします。 下部にある「リモートアクセスの設定」をクリックします。 Chromeストアが開くので「Chrome Remote Desktop」をインストールします。 「接続時に使うPIN」を入力します。 Googleアカウントに「リモートのデバイス」として登録されます。 以上でリモートデスクトップの設定は完了です。 設定が完了したら別のPCからアクセスできるようになります。 リモートアクセスの手順 リモートデスクトップ接続を行うには、クライアントPCで次の手順で操作します。 Chromeが起動している場合は終了します。 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「appwiz. cpl」と入力して「OK」をクリックします。 一覧から「GoogleChrome」を右クリックて「アンインストール」を選択します。 画面の表示に従ってアンインストールを実行します。 アンインストールが完了したら、再度「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。 「Google」フォルダを開きます。 「Chrome」フォルダを右クリックして「削除」を選択します。 削除の確認がでたら「はい」をクリックします。 以上で、Chromeを完全にアンインストールすることができます。 アンインストールが完了したら、の公式ページからインストーラーをダウンロードして、再インストールして下さい。 再インストール後、リモートデスクトップが接続できないか確認します。 対処7: 接続する側とされる側で同じGoogleアカウントにログインする Chromeリモートデスクトップを利用するためには、接続する側とされる側で同じGoogleアカウントにログインする必要があります。 「リモートのデバイス」の一覧にリモート先のPCが表示されない場合、別のアカウントでログインしていることが考えられます。 接続される側のPCで紐付けしたGoogleアカウントでログインできているか確認して下さい。 別アカウントの場合でリモート接続したい場合は、再度の手順で再設定を行って下さい。 対処8: ハードウェア アクセラレーションを無効にする リモート接続時にエラーが出ずに画面が映らない場合は、Chromeのハードウェア アクセラレーション機能をオフにすることで改善する可能性があります。 次の手順で、リモート接続側のChromeのハードウェア アクセラレーションをオフにします。 関連: セキュリティソフトを無効にして接続できた場合は、セキュリティソフトが原因であると判断できます。 Chromeのリモートデスクトップの通信をファイアウォールで許可するように設定します。 今回は、Windows標準のWindowsセキュリティで許可設定する手順を紹介します。 許可の設定は、アプリかポートで設定を行って下さい。 方法1: リモートデスクトップのアプリを許可する Windowsのファイアウォールで、Chromeリモートデスクトップのアプリを許可設定するには、次の手順で操作します。 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。 「システムとセキュリティ」をクリックします。 左ペインで「Windowsセキュリティ」を選択して「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。 左ペインで「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。 「ファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。 「設定の変更」をクリックします。 「リモートアシスタント」の「プライベート」「パブリック」にチェックが入っているか確認します。 「別のアプリの許可」をクリックします。 パスで「参照」をクリックします。 次のフォルダへ移動します。 一番新しい数字のバージョンのフォルダを開きます。 例:「79. 3945. 10」など• 次のexeファイル選択して「開く」をクリックします。 exe」• exe」• exe」も追加してみて下さい。 「追加」をクリックします。 「プライベート」「パブリック」のチェックを入れて「OK」をクリックします。 Windowsセキュリティ以外の場合は、プロトコルと通信方向の設定が必要なケースがあります。 その場合は、加えて次のように設定して下さい。 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。 「システムとセキュリティ」をクリックします。 左ペインで「Windowsセキュリティ」を選択して「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。 左ペインで「ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。 「詳細設定」をクリックします。 ユーザーアカウント制御がでたら「はい」をクリックして下さい。 「受信の規則」をクリックします。 「新しい規則」をクリックします。 「ポート」にチェックを入れて次に進みます。 「TCP」にチェックを入れます。 特定のローカルポートの入力欄に「443,5222」と入力して次に進みます。 「接続を許可する」にチェックをつけて次に進みます。 「プライベート」「パブリック」にチェックをつけて次に進みます。 「名前」「説明」を任意で入力して「完了」をクリックします。 対処10: ルーターのファイアウォールも確認する ここまでの設定で解決しない場合、ルーターのファイアウォール機能がリモートデスクトップの通信を遮断しているケースが考えられます。 ルータ設定を確認して、Chromeリモートデスクトップで利用するポートの開放を設定してみて下さい。 ルーターで開放すべきポートは次の通りです。

次の

【簡単】Chromeリモートデスクトップの使い方から接続方法まで

クローム リモート デスクトップ 接続 できない

リモートデスクトップ接続で社内のPCを利用する リモートデスクトップで社内のPCに接続すれば、出社しているのと同様の環境で仕事ができる。 社内のリソースへのアクセスも可能だ。 新型肺炎の流行によって、在宅勤務によるリモートワーク/テレワークが強いられているのではないだろうか。 その際、社内のネットワークにVPNで接続し、普段利用しているPCにリモートデスクトップでサインインできれば、社内にいるのと同じように仕事ができる。 ただ、普段からリモートワークを行っていないと、いろいろと戸惑うこともあるだろう。 そこで本稿では、Tech TIPSの中からリモートデスクトップに関連するものを紹介する。 リモートデスクトップを使う リモートデスクトップを利用するには、事前に接続先となる社内のWindows 10を設定しておく必要がある。 リモートデスクトップは、Windows 10 Homeではサポートされていないので、Windows 10 Homeを社内で利用している場合は、後述の「Chromeリモートデスクトップ」などを検討してほしい。 接続先(社内)のPCでリモートデスクトップ接続を有効にする Windows 10でリモートデスクトップを有効にするには、[コントロールパネル]の[システム]を開き、左ペインで[リモートの設定]を選択、[システムのプロパティ]画面の[リモート]タブが開いたら、「リモートデスクトップ」欄の「このコンピューターへのリモート接続を許可する」を選択すればよい。 詳細は、Tech TIPS「」を参照してほしい。 リモートデスクトップ接続を有効にする(2) [システムのプロパティ]画面の[リモート]タブが開くので、「リモートデスクトップ」欄の「このコンピューターへのリモート接続を許可する」を選択する。 また「ネットワークレベル認証で〜]というチェックボックスは、チェックを入れてオンにしておく。 VPNを設定する また、自宅などから社内のPCにリモートデスクトップで接続するには、VPNで社内のネットワークに接続しておく必要がある。 Windows 10でVPN接続を設定する方法の詳細は、Tech TIPS「」を参照してほしいが、[Windowsの設定]アプリの[ネットワークとインターネット]画面を開き、左ペインで[VPN]を選択、右ペインの[VPN接続を追加する]をクリックして行う。 VPNの設定項目は、事前に社内のネットワーク管理者に確認しておくこと。 VPNを設定する(2) VPNの設定画面が開くので、ここで社内のVPNサーバの情報やユーザー名などを入力する。 VPNの設定情報は、社内の管理者に確認しておく。 リモートデスクトップで接続する VPNで接続したら、[スタート]メニューの[Windowsアクセサリ]の下にある[リモートデスクトップ接続]を選択する(接続元はWindows 10 Homeでも対応している)。 [リモートデスクトップ接続]ダイアログが開くので、ここの「コンピューター」に接続先となる社内のPC名を入力して[接続]ボタンをクリックする。 ユーザー名などが異なる場合は、左下の[オプションの表示]をクリックして、[全般]タブを開き、ユーザー名を変更すればよい。 また、[画面]タブで画面解像度や画面の色数が設定できる。 リモートデスクトップで接続する(4) リモートデスクトップ接続を終了する場合は、リモートデスクトップ画面内のWindows OSの[スタート]メニューの[電源]ボタンをクリックして、[切断]を選択する。 Microsoft Storeアプリ版の「Microsoftリモートデスクトップ」アプリを利用したい場合は、Tech TIPS「」を参照してほしい。 また、複数の接続先があるような場合には、Tech TIPS「」を参考にデスクトップにショートカットなどを用意しておくと便利だ。 Chromeリモートデスクトップで使おう 接続先(社内)のPCがWindows 10 Homeであったり、VPN接続が用意できなかったりする場合、「Google Chrome」のChromeアプリを利用した「Chromeリモートデスクトップ」を使うという方法がある。 ただし、事前に社内規定などを確認し、管理者に利用の可否を確認しておいた方がよい。 Chromeリモートデスクトップの使い方は簡単で、接続先のPCにGoogle Chromeをインストールし、ChromeアプリとしてChromeリモートデスクトップを追加すればよい(Chromeリモートデスクトップの詳細な設定方法については、Google Chrome完全ガイド「」参照のこと)。 接続先と接続元(自宅など)で同じGoogleアカウントでログインすることで、Chromeリモートデスクトップによるリモート接続が行える。 接続元には特別なクライアントソフトウェアが不要で、Google ChromeやMicrosoft Edge、Mozilla FirefoxといったWebブラウザでよい。

次の

Chrome リモート デスクトップ接続がうまくできない場合の解決策

クローム リモート デスクトップ 接続 できない

在宅勤務はChromeRemoteDesktop 今回は 在宅勤務を始めるにあたり、特別な機材を必要とせず会社のパソコンを自宅から遠隔操作できるグーグルクロームの【 Chromeリモートデスクトップ】をご紹介いたします。 Chromeリモートデスクトップとは Chromeリモートデスクトップとは、Google Chromeの拡張機能の一つです。 社内のパソコンにGoogle Chromeをインストールし、自宅のパソコンにもGoogle Chromeがインストールされていて以下の設定を施すことにより、会社のパソコンを自宅から遠隔操作できます。 スマートフォンやタブレット用のアプリもありますので、誰でもどこでもインターネットを介して、会社にあるパソコンの遠隔操作が可能です。 Chromeリモートデスクトップで必要条件• Googleアカウント gmail等のIDとパスワード)を持っている• Google Chromeが会社のホスト側と自宅のリモート側の両方に必要• ホスト側(会社)のパソコンが電源が入っていること 【設定】 Chromeリモートデスクトップ~ホストの会社側~• パソコンで Chrome を開く• アドレスバーに と入力しEnter• リモート アクセスの設定画面でダウンロードボタンをクリック• ダウンロードサイトがポップアップするので「Chromeに追加」をクリック• 「拡張機能を追加」をクリック• 「同意してインストール」をクリック• パソコンの名前を求められるので、任意の名前を入力し「次へ」をクリック• PINコードを求められるので、6桁の数値を任意で入力し「起動」をクリック• 完了です ただし一定時間にわたってパソコンを操作していないと、自動的にスリープし、休止状態となります。 会社のパソコンがスリープしてしまうと、自宅からのCromeリモートデスクトップができなくなるため、電源とスリープの設定をあらかじめ変更しておきましょう。 [スリープ]の項目にある時間を[なし]に設定 【設定】 Chromeリモートデスクトップ~リモートの自宅側~• パソコンで Chrome を開く• アドレスバーに と入力しEnter• [アクセス] をクリックして、リモート アクセスするパソコンをクリック• PINコードを入力しEnter• 完了です。 【設定】 Chromeリモートデスクトップ~スマホでリモート~ この作業は任意です。 スマートフォンやタブレット用のアプリもありますので、誰でもどこでもインターネットを介して、会社にあるパソコンの遠隔操作が可能です。 App StoreもしくはGoogle Playストアで「Chrome リモートデスクトップ」を検索し、インストール• 「Chrome リモートデスクトップ」を開き、「ログイン」をタップ• ホストの会社のパソコンで設定したGoogleアカウントでログイン• リモート可能なパソコンが表示されるのでタップ• PINコードを入力しタップ• 完了です。 【設定の注意点】 Chromeリモートデスクトップ 1.会社側で設定完了し終わったら、目の前で接続テストしよう 設定完了したことで安心してはなりません。 自宅に帰って設定しても「つながらない」ということが起きる可能性があります。 そんな失敗をしないために、目の前で接続テストをして確実なものに致しましょう。 自宅のパソコンがノートパソコンであれば、会社に持参してテストは容易かもしれませんが、デスクトップパソコンの場合は困りますね。 その場合は、スマートフォンやタブレット用のアプリでテストを行いましょう。 2.会社のパソコンのスリープ設定を見直そう 一定時間にわたってパソコンを操作していないと、自動的にスリープし、休止状態となります。 会社のパソコンがスリープしてしまうと、自宅からのCromeリモートデスクトップができなくなるため、電源とスリープの設定をあらかじめ変更しておきましょう。 Chromeリモートデスクトップではわかりにくいので画像をご覧ください。 つまり、便利なのですが情報漏洩のリスクは残ったままであることをご認識ください。 物理的に【漏れないように制御する仕組み】と【動画でパソコン作業が見える】ことにご興味がある方は、【ベステレワーク】をご検討ください。 在宅勤務のテレワークシステムでベステレワークが選ばれる理由• 物理的に情報漏洩しないように制御されている• 遠隔から制御の設定変更が可能• パソコンが自動的に録画されており、作業内容が見える• まるで会社にいるように、Chat(チャット)やノートの共有ができる• 自宅にある既存環境を崩さない• ソフトもハードも回線(インフラ)も手配ができるベストプランナー合同会社が運営• ベストプランナー合同会社にはITコーディネータの国家資格取得者が在籍している• 助成金や補助金のノウハウが豊富で、申請の支援もしている ベステレワークの6つの特徴 1.ブラウザは、指定したアドレスのみに制御 ブラウザは制御されており、基本的には使えないように制御されています。 そのうえで、『ご指定のURLだけは自宅でも利用できないと困る』ものをご指定頂き、解放させて頂いております。 2.ソフトウェアは、指定したアプリのみ起動 ソフトウェアは制御されており、基本的には使えないように制御されています。 そのうえで、『ご指定のアプリだけは自宅でも利用できないと困る』ものをご指定頂き、解放させて頂いております。 3.USB等のデバイスは使用不可 USB等のデバイスは制御されており、基本的には使えないように制御されています。 どうしてもの場合は、ご相談の上決定いたします。 4.動画やグラフで見える化された仕組み ベステレワークで利用するパソコンは自動的に録画されており、管理者の方のパソコンで録画データを閲覧することが出来ます。 グラフ化されますので、作業内容が変わった部分や、時間を選択して必要な部分だけ絞り込むことが可能です。 5.チャットやノートの共有で円滑なコミュニケーション ベステレワークで利用するパソコンには【専用のChatアプリ】と【専用のノートアプリ】がインストールされています。 ライブでつながりますので管理者の方と円滑なコミュニケーションが期待できます。 6.既存環境を崩さない追加されるシステム 基本的には自宅でご利用中のパソコンではなく、専用のパソコンをご用意いたします。 (既存パソコンをテレワーク化したい場合はご相談頂けます) Wifiやネットワーク環境を変えずに既存環境を尊重致します。 ITの観点から補助金やテレワーク助成金の獲得支援をしています 埼玉県さいたま市で「ITコーディネーター」の資格を持ち、経済産業省の「スマートSMEサポーター」の認定を頂いているベストプランナー合同会社は、働き方改革と生産性向上の両立をITで叶えるため、 在宅勤務のテレワークに関する 補助金や助成金の支援・ご相談を承っております。 代表的な補助金・助成金(ものづくり補助金・IT導入補助金・小規模事業者持続化補助金・キャリアアップ助成金・時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)・小規模事業場産業医活動助成金)は、すべて自社で獲得させて頂きました。 獲得した企業だけが得られる経験をもとに、在宅勤務のテレワークを成功させるため、ご一緒に考え支援させて頂きます。 社内環境(組織体制)を整備する過程で訪れる『課題』を明確にし、皆が幸せになれる自動化の仕組みを目指します。 そのうえで自動化を阻む問題課題は『IT』を取り入れることで解決を図ります。 ITやテレワークはあくまでも目標を達成させるためのツールであり手段だと考えています。 在宅勤務のテレワークで必要なITツールはリモートメンテナンスが可能 埼玉県さいたま市岩槻区で在宅勤務のテレワークで必要なITツールを提供しているベストプランナー合同会社は、お客様には本来の仕事に従事して頂きたいので、できるだけ低価格な料金設定にチャレンジしております。 埼玉県・東京都を中心に、千葉県・神奈川県・栃木県・茨城県は交通費無料でお伺いしております。 テレワークで必要なITツールは、リモートメンテナンスでの対応が可能です。 テレワークで利用しているパソコンがインターネットに接続されており、提供しているリモートメンテナンスソフトをクリック頂ければ、その都度変わる『パスワード』を開示頂くことで、お客様のパソコンを弊社メンテナンススタッフが代わりに操作させて頂きます。 (PC保守サポート) 迅速かつ丁寧に対応致しますので、【自宅へ出勤のベステレワーク】へお気軽にご相談ください。 自宅へ出勤!漏れずに見える化されたテレワークの問い合わせ•

次の