ぼく ら の ウォー ゲーム。 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!

エジソンズ・ゲーム : 作品情報

ぼく ら の ウォー ゲーム

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! 監督 脚本 原案 出演者 音楽 主題歌 「作品No. 2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム! 〜」 制作会社 配給 公開 上映時間 40分 製作国 言語 興行収入 21億6600万円 前作 『』 次作 『』 『 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! 』 DIGIMON ADVENTURE CHILDREN'S WAR GAME! はに東映アニメフェアの1作として上映された。 上映時間40分。 興行収入21. 6億円。 監督はと同じく。 東映アニメーションの初のフルデジタル劇場映画。 同時上映は『』。 概要・特徴 [ ] 前作と共にその完成度の高さから高い評価と支持を受けた。 東映アニメフェア作品としては極めて異例の大人向け劇場版解説本『DIGIMON MOVIE BOOK』 内容は1作目と本作がセット が当時発売された。 には絵コンテ集『デジモンアドベンチャー 絵コンテ細田守 ANIMESTYLE ARCHIVE 』が発売される。 レギュラーキャラ8人のうち、メインで活躍するのは太一、ヤマト、光子郎、タケルの4人に絞られている。 これは「40分で不可分なく見せ場を用意できるのは4人が限度」という構成上の都合である。 また、、、空間の3つを主に舞台にしている。 「」が発射されてから劇中に出る10分のカウントダウンはほぼリアルタイムでの進行となる。 ・井ノ上京の初登場作。 続編のTVシリーズ『』のストーリーにも密接にリンクしており、『02』27話では本作の出来事が回想される。 第2話〜第3話では、本作をオマージュしたストーリーが展開される。 本作の日付は劇中に出る刺身の製造日からであり、一般的ではないがとなっている。 また、この日はこの映画の公開初日である。 公開の『』は本作の続編となる。 本作のエンディングテーマ『作品No. 2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム! 〜』のフルサイズは公開当時リリースされた8cmシングルにしか収録されておらず サウンドトラックには劇中サイズしか収録されていない 、長年フルサイズ音源の入手は困難となっていたが2014年発売のアルバム『デジモンムービーソングコレクション』にて14年ぶりにフルサイズでの収録がされた。 後に細田が監督を務めた『』は本作をストーリーラインの原型としており、類似点が指摘されている。 TV版とキャラクターの作画が異なる。 同様、作曲の「」が流れている。 ネット配信 [ ] で期間限定で無料配信される。 企画の経緯 [ ] 当初はを舞台にし、ゲストキャラと太一2人が旅するロードムービーを考えていたが上映時間が40分しかなかったため、逆に部屋から出ないインターネットを舞台にするアイデアを採用した。 実際に主人公の太一は家の外には一切出ないまま、世界の危機を救っている。 また当時、社会問題化していた「はデジモンの仕業だったということにすれば子供にも身近に感じてもらえる」という意図もあったが、2000年だけの作品になり普遍性が無くなるということで没になっている。 ストーリー [ ] デジタルワールドから子供達が帰ってきて数か月経ったの春休み。 突如ネットに出現したデジタマから生まれた新種デジモンは、ネットに繋がるのデータを食い荒らし、様々な機関を暴走させながら急速に進化。 世界を混乱に陥らせる謎の新種デジモンを止めるため、事態に気づいた太一、光子郎の二人は選ばれし子供達を集め、再び戦いへと乗り出すことになる。 凄まじい食欲を持ち、ネット上のバグが寄り集まって出来たデジタマからわずかな期間で成熟期以外の全ての進化をした。 「遊び」で世界を危機に陥らす、かなり性質の悪いデジモン。 デジタマから幼年期1で「クラモン」、幼年期2で「ツメモン」、成長期で「ケラモン」、完全体で「インフェルモン」となる。 本作では登場しないが、ケラモンが進化すると成熟期「クリサリモン」となる。 また、劇中では究極体の「」を含めてこれらの名称は一切使われなかった。 オメガモン とが合体した究極体デジモン。 左腕がウォーグレイモン、右腕がメタルガルルモンとなっており、劇中ではグレイソードでディアボロモンの攻撃を全て跳ね返し、ガルルキャノンでディアボロモンの大群を一瞬で殲滅するなど一騎当千の活躍を見せた。 2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム! 監督 -• 脚本 -• キャラクターデザイン -• 作画監督 - 、• 美術監督 - 田村せいき• 音楽 - 受賞歴 [ ]• 第18回優秀銀賞 出典 [ ].

次の

デジモンアドベンチャー

ぼく ら の ウォー ゲーム

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! 監督 脚本 原案 出演者 音楽 主題歌 「作品No. 2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム! 〜」 制作会社 配給 公開 上映時間 40分 製作国 言語 興行収入 21億6600万円 前作 『』 次作 『』 『 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! 』 DIGIMON ADVENTURE CHILDREN'S WAR GAME! はに東映アニメフェアの1作として上映された。 上映時間40分。 興行収入21. 6億円。 監督はと同じく。 東映アニメーションの初のフルデジタル劇場映画。 同時上映は『』。 概要・特徴 [ ] 前作と共にその完成度の高さから高い評価と支持を受けた。 東映アニメフェア作品としては極めて異例の大人向け劇場版解説本『DIGIMON MOVIE BOOK』 内容は1作目と本作がセット が当時発売された。 には絵コンテ集『デジモンアドベンチャー 絵コンテ細田守 ANIMESTYLE ARCHIVE 』が発売される。 レギュラーキャラ8人のうち、メインで活躍するのは太一、ヤマト、光子郎、タケルの4人に絞られている。 これは「40分で不可分なく見せ場を用意できるのは4人が限度」という構成上の都合である。 また、、、空間の3つを主に舞台にしている。 「」が発射されてから劇中に出る10分のカウントダウンはほぼリアルタイムでの進行となる。 ・井ノ上京の初登場作。 続編のTVシリーズ『』のストーリーにも密接にリンクしており、『02』27話では本作の出来事が回想される。 第2話〜第3話では、本作をオマージュしたストーリーが展開される。 本作の日付は劇中に出る刺身の製造日からであり、一般的ではないがとなっている。 また、この日はこの映画の公開初日である。 公開の『』は本作の続編となる。 本作のエンディングテーマ『作品No. 2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム! 〜』のフルサイズは公開当時リリースされた8cmシングルにしか収録されておらず サウンドトラックには劇中サイズしか収録されていない 、長年フルサイズ音源の入手は困難となっていたが2014年発売のアルバム『デジモンムービーソングコレクション』にて14年ぶりにフルサイズでの収録がされた。 後に細田が監督を務めた『』は本作をストーリーラインの原型としており、類似点が指摘されている。 TV版とキャラクターの作画が異なる。 同様、作曲の「」が流れている。 ネット配信 [ ] で期間限定で無料配信される。 企画の経緯 [ ] 当初はを舞台にし、ゲストキャラと太一2人が旅するロードムービーを考えていたが上映時間が40分しかなかったため、逆に部屋から出ないインターネットを舞台にするアイデアを採用した。 実際に主人公の太一は家の外には一切出ないまま、世界の危機を救っている。 また当時、社会問題化していた「はデジモンの仕業だったということにすれば子供にも身近に感じてもらえる」という意図もあったが、2000年だけの作品になり普遍性が無くなるということで没になっている。 ストーリー [ ] デジタルワールドから子供達が帰ってきて数か月経ったの春休み。 突如ネットに出現したデジタマから生まれた新種デジモンは、ネットに繋がるのデータを食い荒らし、様々な機関を暴走させながら急速に進化。 世界を混乱に陥らせる謎の新種デジモンを止めるため、事態に気づいた太一、光子郎の二人は選ばれし子供達を集め、再び戦いへと乗り出すことになる。 凄まじい食欲を持ち、ネット上のバグが寄り集まって出来たデジタマからわずかな期間で成熟期以外の全ての進化をした。 「遊び」で世界を危機に陥らす、かなり性質の悪いデジモン。 デジタマから幼年期1で「クラモン」、幼年期2で「ツメモン」、成長期で「ケラモン」、完全体で「インフェルモン」となる。 本作では登場しないが、ケラモンが進化すると成熟期「クリサリモン」となる。 また、劇中では究極体の「」を含めてこれらの名称は一切使われなかった。 オメガモン とが合体した究極体デジモン。 左腕がウォーグレイモン、右腕がメタルガルルモンとなっており、劇中ではグレイソードでディアボロモンの攻撃を全て跳ね返し、ガルルキャノンでディアボロモンの大群を一瞬で殲滅するなど一騎当千の活躍を見せた。 2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム! 監督 -• 脚本 -• キャラクターデザイン -• 作画監督 - 、• 美術監督 - 田村せいき• 音楽 - 受賞歴 [ ]• 第18回優秀銀賞 出典 [ ].

次の

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!

ぼく ら の ウォー ゲーム

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! 監督 脚本 原案 出演者 音楽 主題歌 「作品No. 2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム! 〜」 制作会社 配給 公開 上映時間 40分 製作国 言語 興行収入 21億6600万円 前作 『』 次作 『』 『 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム! 』 DIGIMON ADVENTURE CHILDREN'S WAR GAME! はに東映アニメフェアの1作として上映された。 上映時間40分。 興行収入21. 6億円。 監督はと同じく。 東映アニメーションの初のフルデジタル劇場映画。 同時上映は『』。 概要・特徴 [ ] 前作と共にその完成度の高さから高い評価と支持を受けた。 東映アニメフェア作品としては極めて異例の大人向け劇場版解説本『DIGIMON MOVIE BOOK』 内容は1作目と本作がセット が当時発売された。 には絵コンテ集『デジモンアドベンチャー 絵コンテ細田守 ANIMESTYLE ARCHIVE 』が発売される。 レギュラーキャラ8人のうち、メインで活躍するのは太一、ヤマト、光子郎、タケルの4人に絞られている。 これは「40分で不可分なく見せ場を用意できるのは4人が限度」という構成上の都合である。 また、、、空間の3つを主に舞台にしている。 「」が発射されてから劇中に出る10分のカウントダウンはほぼリアルタイムでの進行となる。 ・井ノ上京の初登場作。 続編のTVシリーズ『』のストーリーにも密接にリンクしており、『02』27話では本作の出来事が回想される。 第2話〜第3話では、本作をオマージュしたストーリーが展開される。 本作の日付は劇中に出る刺身の製造日からであり、一般的ではないがとなっている。 また、この日はこの映画の公開初日である。 公開の『』は本作の続編となる。 本作のエンディングテーマ『作品No. 2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム! 〜』のフルサイズは公開当時リリースされた8cmシングルにしか収録されておらず サウンドトラックには劇中サイズしか収録されていない 、長年フルサイズ音源の入手は困難となっていたが2014年発売のアルバム『デジモンムービーソングコレクション』にて14年ぶりにフルサイズでの収録がされた。 後に細田が監督を務めた『』は本作をストーリーラインの原型としており、類似点が指摘されている。 TV版とキャラクターの作画が異なる。 同様、作曲の「」が流れている。 ネット配信 [ ] で期間限定で無料配信される。 企画の経緯 [ ] 当初はを舞台にし、ゲストキャラと太一2人が旅するロードムービーを考えていたが上映時間が40分しかなかったため、逆に部屋から出ないインターネットを舞台にするアイデアを採用した。 実際に主人公の太一は家の外には一切出ないまま、世界の危機を救っている。 また当時、社会問題化していた「はデジモンの仕業だったということにすれば子供にも身近に感じてもらえる」という意図もあったが、2000年だけの作品になり普遍性が無くなるということで没になっている。 ストーリー [ ] デジタルワールドから子供達が帰ってきて数か月経ったの春休み。 突如ネットに出現したデジタマから生まれた新種デジモンは、ネットに繋がるのデータを食い荒らし、様々な機関を暴走させながら急速に進化。 世界を混乱に陥らせる謎の新種デジモンを止めるため、事態に気づいた太一、光子郎の二人は選ばれし子供達を集め、再び戦いへと乗り出すことになる。 凄まじい食欲を持ち、ネット上のバグが寄り集まって出来たデジタマからわずかな期間で成熟期以外の全ての進化をした。 「遊び」で世界を危機に陥らす、かなり性質の悪いデジモン。 デジタマから幼年期1で「クラモン」、幼年期2で「ツメモン」、成長期で「ケラモン」、完全体で「インフェルモン」となる。 本作では登場しないが、ケラモンが進化すると成熟期「クリサリモン」となる。 また、劇中では究極体の「」を含めてこれらの名称は一切使われなかった。 オメガモン とが合体した究極体デジモン。 左腕がウォーグレイモン、右腕がメタルガルルモンとなっており、劇中ではグレイソードでディアボロモンの攻撃を全て跳ね返し、ガルルキャノンでディアボロモンの大群を一瞬で殲滅するなど一騎当千の活躍を見せた。 2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム! 監督 -• 脚本 -• キャラクターデザイン -• 作画監督 - 、• 美術監督 - 田村せいき• 音楽 - 受賞歴 [ ]• 第18回優秀銀賞 出典 [ ].

次の