妊娠 高血圧 症 対策。 予防したい! 妊娠高血圧症候群|プレママ食手帖|野菜のチカラをもっと知る|JAグループ

妊婦の血圧と妊娠高血圧症候群について知っておきたいこと

妊娠 高血圧 症 対策

妊娠中の女性の体は、さまざまな面で普段とは大きく様変わりします。 体調にも、妊娠中特有の変化が起こります。 たとえばつわりがはじまったり、下痢や便秘になりやすくなったり、おなかが大きくなり重くなったせいで慢性的な腰痛に悩まされたりといったものも、妊娠時に特有の体調不良の例です。 そのなかに、「妊娠高血圧症候群」と呼ばれる症状もあります。 以前は妊娠中毒症とも呼ばれた病気で、母体はもちろんおなかのなかの胎児への悪影響がある場合もあるため、あまく見ずにしっかり対処しなければいけない病気です。 今回は妊娠高血圧症候群について、その原因や症状をはじめ、どのような治療が必要かなどについてご紹介します。 妊娠高血圧症候群とは? 妊娠高血圧症候群とは、その名前のとおり、妊娠中になんらかの原因で起こった高血圧のせいで、尿たんぱくや血管障害、臓器障害などの病気を発症する疾患です。 以前は「妊娠中毒症」という名前でも知られていました。 妊娠高血圧症候群はその発症時期によってふたつの型に分けられており、妊娠20週から32週未満の時期に発症するものは「早発型」、妊娠32週以降に発症したものは「遅発型」と呼ばれています。 より症状が重くなる傾向にあるのは、妊娠20週から32週の間に発症する「早発型」のほうです。 症状が重くなると、母体にもおなかのなかのこどもにもいのちの危険のある、注意すべき病気です。 胎児への影響は、高血圧による血液の流れの悪さによって起こります。 妊娠後期、胎児の成長にともなって必要な血液量が増え、母体の血液量は妊娠前とくらべるとおよそ1. 5倍にもなります。 しかし、妊娠高血圧症候群になると血行が悪くなり、血液をとおして胎児に送るべき酸素や栄養が不足してしまいます。 その結果、「胎児発育不全」「胎児機能不全」が発生する場合があります。 また、低酸素症で脳に悪影響が及ぶことさえあるのです。 発症する確率は、妊婦全体のなかのおよそ3%から7%です。 発症する確率はあまり高くないですが、発症する原因がまだはっきり解明されていないため、誰もが気をつけなくてはいけません。 しかし、いくつかの危険因子は発見されています。 年齢が15歳以下、もしくは40歳以上の場合。 BMIが25以上の肥満体型の場合。 もともと高血圧、甲状腺機能障害、糖尿病などを患っている場合。 母親が妊娠高血圧症候群を発症した経験がある場合。 初めての妊娠の場合。 多胎妊娠、胞状奇胎がある場合。 これらの要因を抱えている場合、妊娠高血圧症候群を発症する確率はより高いものとなります。 こころあたりがある場合には、はじめからある程度対策を考えておくべきでしょう。 妊娠高血圧症候群の主な症状 妊娠高血圧症候群を発症すると、体にはさまざまな症状があらわれます。 高血圧になるのはもちろん、頭痛やめまい、倦怠感などが頻繁に起こるようになります。 妊娠の経過にともない血圧がさらに上がると、尿タンパクが出るようにもなります。 また、より気が付きやすい自覚症状としては体のむくみがあげられます。 ですが、むくみは妊娠高血圧症候群にかかっていなくても、妊婦には起こりやすい体の変化です。 あくまでむくみは変化のひとつとして認識するにとどめ、先ほど挙げたようなより特徴的な変化が起きていないかどうか注意しましょう。 より重症化すると、症状もより重くなります。 命に関わることもある子癇発作や、もともと正常な位置にあった胎盤が、胎児の出産前に子宮の内壁から剥がれて多量の出血を起こす「常位胎盤早期剥離」などが起きやすくなる上、脳出血や肺水腫、肝機能や腎機能の衰えや障害といった、妊婦以外の人にも高血圧によって引き起こされる症状が同時に起こる場合もあります。 気になる症状がある場合には血圧をはかってみるようにして、早期発見ができるよう普段から注意しておきましょう。 妊娠高血圧症候群の治療法とは? 妊娠高血圧症候群を根本的に治療しようとすれば、妊娠をやめることしかありません。 つまり、予定日から多少早くてもおなかの中の赤ちゃんを帝王切開で取り出してしまうのが根本的な妊娠高血圧症候群の治療なのです。 しかし、妊娠34週以下のうちに発症してしまったときには、ほとんどの場合でおなかの中の赤ちゃんがまだ未熟で、取り出すことができません。 母体、そして胎児に深刻な悪影響が起こる直前まで妊娠を継続させ、どのタイミングで分娩するのがベストかを考えなければいけないのです。 すぐにあかちゃんを取り出せない場合、もしくはさほど緊急性のない軽症の妊娠高血圧症候群だった場合には、基本的には食事療法で高血圧を解消していきます。 妊娠高血圧症候群の治療のみならず普通の高血圧の治療にも重要なことですが、高血圧の原因ともいえる塩分の摂取はなるべく控えるようにします。 カロリーについても、自信のBMI値に合う食事量を意識して、一日分を三回に分けて食べるようにします。 食事療法にくわえ、血圧を下げる降圧薬や子癇発作を予防するための硫酸マグネシウムなどを投与することも、なるべく長く妊娠を続けるためには重要なことです。

次の

【医師監修】妊娠娠高血圧症候群|産後も続く?症状と原因・食事や治療など|cozre[コズレ]子育てマガジン

妊娠 高血圧 症 対策

妊娠高血圧症候群は妊娠中に治ることはありませんが、出産後しばらくすると症状が改善します。 妊娠高血圧症候群になる原因とは 原因については様々な研究が進んでいますが結論が出ていません。 最近の研究では、母体から胎児に酸素や栄養を補給する胎盤がうまくできないため、胎盤で様々な物質が異常に作られ、全身の血管に作用し病気を引き起こすのではないかと言われています。 妊娠高血圧症候群と塩分 過度にカロリーや塩分をとりすぎると妊娠高血圧になりやすくなりますが、直接的な原因とはいえません。 極端なカロリー制限や減塩はかえって危険なので控えましょう。 1日当たり10g以上の塩分を取らない様に気を付けることが大切になります。 重症化すると重篤な合併症を引き起こす可能性があります。 溶血( Hemolysis)肝酵素上昇( Ele-vated Liver enzymes)血小板減少( Low Platelets)を主徴とする症候群のことをいいます。 主に妊娠後期に発症し、分娩前が70%、残り30%は分娩後48時間に発症します。 高血圧か蛋白尿から始まり、半数以上で全身浮腫が認められます。 治療を行わないと血液が固まりにくくなったり、全身の臓器に障害が起こり重篤な状態になる可能性があります。 症状としては、上腹部に痛みが発します。 夜間に起こる頻度が高いです。 急激な体重増加や蛋白尿が認められた場合、経過観察の頻度を増やし、速やかに血液検査をするなどして、早期に発見がすることが大切になります。 胎児への影響 妊娠高血圧症候群が発症すると子宮や胎盤で血流が滞りがちになり、胎児が栄養不足や酸素不足になる可能性があります。 ・胎児発育遅延 ・胎児発育不全 ・常位胎盤早期剝離 ・胎児胎盤機能不全 ・胎児仮死 ・胎児死亡 妊娠高血圧症候群が発症した場合、胎児の様子を確認する測定や検査が行われます。 超音波による胎児計測や尿中と血中のホルモン測定による胎児胎盤機能検査、分娩監視装置におる胎児心拍連続監視になります。 妊娠高血圧症候群になりやすい人 ・多胎妊娠 ・高血圧 ・腎臓病 ・糖尿病 ・肥満 ・高齢妊娠 ・初産婦 ・甲状腺機能異常 ・家族に高血圧の人がいる ・以前に妊娠高血圧症候群になったことがある妊婦 妊娠高血圧症候群の治療方法 安静と 食事療法 (症状によっては降圧薬や鎮静剤などの薬物療法を行う場合があります。 ) 妊娠高血圧症候群と診断され自宅安静を指示されたら、なるべく横になるようにして無理をしない生活を過ごしましょう。 食事療法としては、減塩・高たんぱく・低カロリーを心がけ、脂質や糖分にも気をつけましょう。 自宅で安静にすることが難しい場合や重症の場合は入院が必要になります。 妊娠高血圧症候群対策 ・早期発見早期治療のため、定期的に診察や検査を受ける。 ・栄養バランスの整った食事がとれるように食事管理をする。 (減塩、低カロリー、高たんぱくの食事を心がける) ・体重管理(急激に体重が増加しないように気を付ける) ・安静と休養をしっかりとり、リラックスできる時間と十分な睡眠時間をとる。 ・過労や過度なストレスを避ける。 妊娠高血圧症候群の出産 母体や胎児の安全の為自然分娩(経腟分娩)ではなく帝王切開分娩になる可能性が高くなります。 また、母体や胎児に危険性があると判断された場合は、正期産を待たずに帝王切開術で娩出します。 血圧のコントロールができていて胎児の状態も良く子宮口が十分に柔らかくなっている場合は、分娩を誘発し経腟分娩をすることも可能ですが、経腟分娩を試みても母体や胎児の状態により緊急帝王切開術に切り替わることもありますので、担当医師と相談し進めていくことをおすすめします。

次の

【助産師監修】妊娠高血圧症候群(妊娠中毒)の症状は?予防や対策する方法はあるの?

妊娠 高血圧 症 対策

症状 妊娠高血圧症候群のおもな症状は、高血圧・たんぱく尿・むくみです。 これまで高血圧を指摘されたことのない人が、妊娠20週~産後12週の間に高血圧になることを「妊娠高血圧症候群」といいます。 高血圧とは、 ・収縮期血圧(最高血圧)140mmHg ・拡張期血圧(最低血圧)90mmHg 以上を指します。 高血圧に加え、尿たんぱくが一日あたり0. 3g出ている場合は、妊娠高血圧腎症といいます。 むくみは尿たんぱくが出ている結果起こる症状です。 なお、もともと高血圧症がある人が妊娠した場合は「高血圧合併妊娠」といって、妊娠高血圧症候群とは区別しています。 このような人も妊娠高血圧症候群になる可能性はあり、その時は「加重型妊娠高血圧症候群」と呼びます。 常位胎盤早期剥離 胎盤の位置には問題がないのに、赤ちゃんがまだ生まれていないうちに胎盤が剥がれることをいいます。 胎盤が剥がれてしまっては、赤ちゃんは酸素を取り込むことができません。 そのため赤ちゃんの死亡率は30~50%ととても高いです。 お母さんもかなり出血するので、血を固める成分が使い果たされ、血が止まらなくなることがあります。 妊婦さんの死亡率も5~10%と、決して低くありません。 全妊婦さんの0. 5~1%に起こりますが、妊娠高血圧症候群の人はそうでない人に比べ、常位胎盤早期剥離になりやすいことがわかっています。 おなかがカチカチになり、強い痛みがあらわれます。 陣痛と違うのは、痛みに波がないことです。 薬物療法 食事療法を行い、安静にしても血圧が上がってくる場合は血圧を下げる薬(降圧薬)を使用します。 ただし、降圧薬はあくまで対症療法にすぎません。 赤ちゃんがおなかの中で大きくなるのを1日でも待つための時間稼ぎと思っていただけたらいいと思います。 まずは少量の飲み薬から試していき、徐々に量を増やしていきます。 あまり効果が見られない場合は点滴に変更します。 さらに、降圧薬だけでなく子癇を予防する薬を点滴することもあります。 実は妊婦さんが飲める降圧薬は限られています。 高血圧症に対してひろく一般に処方されている降圧薬の多くは、羊水が減る、ひどい場合は胎児死亡に至るなど、重篤な悪影響を赤ちゃんに及ぼすことがわかっています。

次の