メトクロプラミド。 プリンペランは食前に飲まないとダメ?

メトクロプラミド

メトクロプラミド

2種類の吐き気 吐き気には、 中枢性嘔吐と 末梢性嘔吐の2種類があります。 中枢性嘔吐は脳にある嘔吐中枢の刺激が原因で起こり、末梢性嘔吐は胃などの消化器官が直接刺激されることが原因で起こります。 中枢性嘔吐(脳の吐き気) 脳には吐き気を起こさせる 嘔吐中枢があります。 嘔吐中枢が刺激を受けると、刺激は神経を通って胃に伝わります。 そして、吐き気が起こりひどいと嘔吐します。 中枢性嘔吐の疑われる吐き気の種類は次のとおりです。 偏頭痛(片頭痛)• めまい• つわり• うつ・不安・不眠 末梢性嘔吐(日常の吐き気) 末梢性嘔吐は、胃などの 消化器官が直接刺激されて吐き気がおこります。 日常生活の中で起こる吐き気のほとんどは末梢性嘔吐で、吐き気と一緒に食欲不振、腹部膨満感、腹部不快感、腹痛、胸焼け・・・の症状が併発する場合多いです。 末梢性嘔吐が起こる原因• ストレス• 食べ過ぎ飲み過ぎ• 乗り物酔い 胃のアセチルコリンとドパミン受容体 プリンペランの作用機序の解説の前に、 アセチルコリン(ACh)と ドパミン受容体の解説をします。 アセチルコリンは、副交感神経が支配している神経伝達物質です。 アセチルコリンが胃の ムスカリンM受容体に結合すると、胃の運動が促進されます。 胃には ドパミンD2と呼ばれる受容体があります。 ドパミンD2受容体にドーパミン(ドパミン)が結合すると、アセチルコリンの放出が抑えられ、胃の運動が制限され吐き気を感じるようになります。 プリンペラン(メトクロプラミド) プリンペランの主成分は メトクロプラミドです。 プリンペラン(メトクロプラミド)の作用機序 プリンペラン(メトクロプラミド)は胃や脳のドパミンD2受容体をブロックして吐き気を抑えます。 【抗ドパミン作用】 プリンペランとナウゼリンの効果の違い プリンペランとよく比較される ナウゼリンは、どちらかというと 末梢性嘔吐により効果があります。 一方、プリンペランは中枢性嘔吐と末梢性嘔吐の 両方に効果があります。 ただ、中枢性嘔吐に選択的に効果を示す ノバミンにはおよびません。 ドパミンD2受容体をブロックしない、吐き気などに有効な プリンペランの種類 プリンペランは錠剤、シロップ、細粒、注射の4種類があります。 錠剤・注射は大人に、細粒・シロップは子供に使用します。 プリンペラン(メトクロプラミド)の効果 プリンペラン(メトクロプラミド)は、次の疾患における悪心(吐き気)・嘔吐・食欲不振・腹部膨満感などの消化器系症状に効果を示します。 ナウゼリンと比較するとプリンペラン(メトクロプラミド)は 守備範囲が広いです。 疾患名 効果 胃炎 84. 8% 胃・十二指腸潰瘍 91. 7% 胆道系 66. 9% 腎炎 85. 0% 尿毒症 78. 8% 小児習慣性嘔吐 神経性嘔吐など 82. 6% 小児胃腸炎 96. 3% 小児神経性食思不振 65. プリンペラン錠添付文書より 食前、食直前の用法で飲む薬は、それなりに理由があります。 プリンペラン(メトクロプラミド)は服用30分くらいから効果が現れ、 1時間前後で効果のピークを迎えます。 健康成人5例にメトクロプラミド20mgを経口投与した場合、消化管より速やかに吸収され約1時間後に最高血漿中濃度に達し、消失半減期4. 2時間 プリンペラン(メトクロプラミド)は食前(食事30分前)に飲むことで、食事中に効果のピークが表れるように設計された吐き気止め薬です。 プリンペラン(メトクロプラミド)を食後に飲んでいたら、効果が表れる時間を逃し、食事によって起こる吐き気に対して十分な効果を得られません。 プリンペラン(メトクロプラミド)を飲む理由は、吐き気、食欲不振、腹部膨満感、腹部不快感、胸焼け・・・。 でしたね。 プリンペラン(メトクロプラミド)の副作用 プリンペラン(メトクロプラミド)は、ナウゼリンと比較すると脳に入りやすい吐き気止め薬であるため、中枢神経系の副作用(錐体外路症状:パーキンソン病のような症状)にも気をつける必要があります。 ただ、プリンペラン(メトクロプラミド)が発売年は1965年で、使用成績調査などの副作用発現頻度が明確となる調査が実地されていないため不明です。 <参考:ナウゼリンの副作用頻度>• 副作用発現率は0. 錐体外路症状0. 4% 内分泌系副作用 (乳汁分泌、女性化乳房など) 0. 2% (副作用頻度は再審査終了時) まとめ• 吐き気には中枢性嘔吐と末梢性嘔吐の2種類があり、プリンペラン(メトクロプラミド)はその両方に効果がある• プリンペラン(メトクロプラミド)は、吐き気、食欲不振、腹部膨満感、腹部不快感、腹痛、胸焼けなどの胃の症状を抑える• プリンペラン(メトクロプラミド)は、ドパミンD2受容体を介してアセチルコリンの量を調整する吐き気止め薬• プリンペラン(メトクロプラミド)を食前に飲むと、食事中に効果のピークが表れる.

次の

吐き気止め薬プリンペラン(メトクロプラミド)の効果と副作用

メトクロプラミド

プリンペラン(一般名: メトクロプラミド)と ナウゼリン(一般名: ドンペリドン)。 どちらも同じ ドパミン受容体拮抗薬として処方頻度が高い薬剤かと思います。 プリンペラン(メトクロプラミド)とナウゼリン(ドンペリドン)の作用機序、それぞれの違い、注意点についてまとめてみました。 作用機序(上部消化管と延髄CTZのD2受容体拮抗) プリンペラン(メトクロプラミド)とナウゼリン(ドンペリドン)は 上部消化管や 延髄CTZの D 2受容体に対して拮抗的に作用します。 ドパミンがドパミンD 2受容体に結合することでアセチルコリンの遊離が抑制されるのですが、ナウゼリンやプリンペランは D 2受容体拮抗薬として位置づけられ アセチルコリンの遊離を促進させる働きがあります。 アセチルコリンの遊離を促進させることで 弱った胃腸の運動を高め、消化器機能の異常を改善します。 また延髄にある 化学受容器引き金帯・ CTZ(chemoreceptor trigger zone)にも働き、 抑吐作用も有します。 錐体外路症状の副作用(血液-脳関門の通過) ナウゼリン(ドンペリドン)とプリンペラン(メトクロプラミド)のどちらの添付文書にも、 「内分泌機能異常(プロラクチン値上昇)、錐体外路症状等の副作用があらわれることがある」と記載があります。 ナウゼリン(ドンペリドン)は血液-脳関門を通過しにくい薬剤ですが、 プリンペラン(メトクロプラミド)は血液-脳関門を通過しやすい薬剤なので特に注意が必要です。 D 2拮抗薬によって脳内のドパミンが減少することで、錐体外路障害(パーキソン様症状)がでるのはイメージしやすいかと思いますが、内分泌機能異常が起こる原因はプリンペランのインタビューフォームに記載されていましたので抜粋します。 本剤は視床下部に作用を有することから下垂体に影響を与え、プロラクチン抑制因子の分泌を抑制する。 これによりプロラクチン値が上昇し、内分泌機能異常による乳汁分泌等の副作用が発現する。 また卵胞刺激ホルモン放出ホルモン(FSH-RH)、黄体形成ホルモン放出ホルモン(LH-RH)の分泌が抑制されるため、性周期の変調や無月経をみることがある。 錘体外路症状については可逆的なものであることから、投与中止後正常に戻るものである。 本剤の使用に際してはこれらの副作用を意識し、有効性と安全性を考慮した上で使用することが必要である。 引用元 プリンペランインタビューフォーム またナウゼリン(ドンペリドン)は動物実験で骨格、内臓異常等の催奇形作用が報告されているため添付文書上では 妊婦には禁忌となっています。 メトクロプラミド・ドンペリドン違い・比較のまとめ 以上の内容について、最低限薬剤師が把握しておくポイントをピックアップしたいと思います。 ドンペリドン、メトクロプラミドはどちらも D 2受容体拮抗薬• 上部消化管に作用し 消化管運動を調節• 延髄CTZに作用し 制吐作用あり• メトクロプラミドは血液-脳関門を通過しやすい• ドンペリドンは妊婦には禁忌• つわりにはメトクロプラミド、授乳中にはドンペリドンが使用される傾向にある ナウゼリン、プリンペラン、どちらも長期処方には適してはないですが、転院された患者さんが以前の処方内容を長期に渡って処方され錐体外路障害が現れたケースも目にしたことがあります。 薬剤師が関与することで予想される副作用は防がなければいけません。 またドグマチール(スルピリド)やコントミン(クロルプリマジン)などの抗ドパミン作用がある薬剤との併用には慎重に経過チェックしていきましょう。 会社HP:• ブログ: 2006年 京都薬科大学 薬学部卒。 調剤併設ドラッグストアのスギ薬局に新卒で入社。 調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号 MBA を取得。 2013年4月、シナジーファルマ株式会社を設立。 2013年8月、薬剤師専門サイト「ファーマシスタ」をリリース。 「インターネットをつうじて薬学業界の発展と地域医療の活性化に貢献する」 というミッションのもと「薬剤師」と「ITベンチャー経営者」の二刀流で日々奮闘中。 1983年11月 岡山県倉敷中央病院で生まれ、水の都である愛媛県西条市で育つ。 大学より京都・大阪で14年間、沖縄Iターン特集立ち上げのため沖縄県で4年間暮らし、現在は福岡県民。 1歳の息子と妻の3人家族。 当面の目標は、 「息子の成長スピードに負けないこと」 座右の銘は、 「まくとぅそうけい なんくるないさ」 =「誠実に心をこめて努力をしていたら、なんとかなる!!」 記事作成のサイトポリシーについては この投稿者の最近の記事.

次の

メトクロプラミドとドンペリドンの作用機序・違い・調剤時の注意点【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

メトクロプラミド

フェノチアジン系薬剤 プロクロルペラジン クロルプロマジン チエチルペラジン 等 ブチロフェノン系薬剤 ハロペリドール等 ラウオルフィアアルカロイド薬剤 レセルピン等 ベンザミド系薬剤 スルピリド チアプリド 等 内分泌機能異常、錐体外路症状が発現しやすくなる。 本剤及びこれらの薬剤は抗ドパミン作用を有するため、併用により抗ドパミン作用が強くあらわれる。 ジギタリス剤 ジゴキシン ジギトキシン 等 ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐、食欲不振症状を不顕性化するおそれがある。 本剤の制吐作用による。 カルバマゼピン カルバマゼピンの中毒症状(眠気、悪心・嘔吐、眩暈等)があらわれることがある。 機序不明 抗コリン剤 アトロピン硫酸塩水和物 ブチルスコポラミン臭化物 等 相互に消化管における作用を減弱するおそれがある。 本剤は消化管運動を亢進するため、抗コリン剤の消化管運動抑制作用と拮抗する。 副作用 一般名 塩酸メトクロプラミド 一般名(欧名) Metoclopramide Hydrochloride 化学名 4-Amino-5-chloro-N- 2-diethylaminoethyl -2-methoxybenzamide dihydrochloride monohydrate 分子式 C 14H 22ClN 3O 2・2HCl・H 2O 分子量 390. 73 性状 塩酸メトクロプラミドは白色〜淡黄白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはないか、又はわずかにアミン臭があり、味は極めて苦い。 水、メタノール又はエタノール(95)に溶けやすく、アセトンに溶けにくく、クロロホルムに極めて溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。 KEGG DRUG 取扱い上の注意 改訂履歴 2015年11月 改訂 2016年10月 改訂(社名変更等に伴う改訂) 第6版 文献請求先 主要文献欄に記載の文献・社内資料は下記にご請求下さい。 武田テバファーマ株式会社 453-0801 名古屋市中村区太閤一丁目24番11号 0120-923-093 受付時間 9:00〜17:30(土日祝日・弊社休業日を除く) お問い合わせ先 主要文献欄に記載の文献・社内資料は下記にご請求下さい。

次の