ズーム フライ 3 耐久 性。 Nike Zoom Fly3(ズームフライ3)の走り方がなんとなく分かったのでレビュー

ナイキ「ズームフライ3」レビュー!市民ランナー向けのレースシューズを検証!

ズーム フライ 3 耐久 性

ズームフライ3 が優れている点 フィット感 事前にお店でフィッティングしていたのでサイズは問題なし。 ズームフライシリーズを初代、2代目 フライニット と履いてきて、最もフィット感に優れているなと感じました。 シューレースを締めると、足全体が包まれるようにフィットします。 この感覚は新鮮で、普通はヒモによる締め付けは局所的にキツく感じるのですが、このシューズは足のアーチ全体を気持ちよく締め付けてくれて快適そのものです。 シューズと足が一体化したようで、リアクト素材のクッショニングやカーボンプレートの反発性も性能を発揮しやすくなっていると感じます。 特にフロント側のアウトソールはパターンが深くなっていて、濡れた路面でもあまり不安を感じません。 反発性 2作目のズームフライ フライニットと同じく、ミッドソールはリアクト素材を用いていて、カーボンプレートも入っています。 ただ、フロント側の厚みが増したことにより、反発力とクッション性は向上しています。 ドロップ差も11mmから8mmと小さくなったことで、よりフォアフット、ミッドフット着地がしやすくなりました。 ドロップ差が小さいレーシングシューズとの併用にも適していますね。 そのためフライニットなどと比べて雨天でもシューズが重くなりにくくなっています。 前述のグリップ力も雨天対策として向上したポイントです。 デザイン 前作まではシンプルイズベストといいますか、ムダを削ぎ落としたミニマルなデザインが特徴的でした。 記録に対するストイックさと機能美を主張していましたが、、 ズームフライ3 はこれでもかというくらいデザインが凝っています。 直線的なラインは鳴りを潜め、さらにシェイプアップしたくびれの様な曲線が目立つ様になりました。 空気抵抗を減らす目的のカカトのとんがりも今までより鋭くなっています。 また、アキレス腱の付近は肌に触れない様に外側に開く様に剃っていて、靴擦れを起こしにくくなっています。 実際、私の場合は2作目フライニットを裸足で履いたときに靴擦れしましたが、3作目では裸足で履いても靴擦れしませんでした。 近未来感さえ漂うのに、機能性に裏付けられた、わざとらしさの無いフォルム。 走る前からテンションが上がりますね。 ズームフライ フライニットより劣っている点 重量増 前作、前々作と比べて20gほど重くなってしまいました。 もともと軽いシューズではなかったので、トレーニングからレースまで通して使用するには、少し検討の余地がありそうです。 価格 発売間もないこともあり、わりとお高いです。 同じくらいの値段か、もっと安いお値段でクッション性に優れてサブスリーも狙えるターサージャパンを入手できますね。 前作ズームフライ フライニットも1万円以下で入手できるようになってきましたので、それらのシューズとしっかり比較検討してから購入するのがコスパ的には良いでしょう。 反発を得るための接地角度がシビア 反発力を推進力に変えることが売りのシューズですが、誰もが簡単にその恩恵を受けられる訳ではなさそうです。 ドロップ差が小さくなっていることからも分かる通り、完全にビギナー用に作られたものではなく、ある程度走り込んでいてミッドフット寄りの着地がコントロール出来る人の方が性能を発揮させやすいと思います。 その理由は、ミッドソールに使われているリアクト素材と、カーボンプレートにあると思っています。 リアクトは、歩いているとジワリと柔らかく感じられるのですが、走ってみると意外と硬く、クイックな反発を返してきます。 また、シューズを手に持って、グイッと曲げようとしてもほとんど曲がらないことから分かる通り、カーボンプレートも非常に硬く、着地から反発までの時間を短くする要因となっています。 さらにズームフライ3になってからは、アッパーのフィット感も向上してますので、着地から反発までの間にシューズ側で「ためる」要素が少なくなっており、「点」での着地を期待する様なチューニングがされていると感じます。 もちろん踵着地でも十分楽しめるシューズですが、ミッドフット付近での性能発揮を期待して作られたのかなと思います。 ズームフライ3 の最適な使用方法 サブ4、サブ3. 5狙い ズバリ、サブ3. 5〜4狙いの方におススメです。 理由は、履きこなすにはある程度の走力があった方が良いということと、故障の予防を期待出来ることです。 サブ4レベルのランナーであれば、ミッドフットの接地を試すことも可能でしょうし、かといって180g前後のレースシューズでフルを走りきることは、まだ難しいかもしれません。 そのため、トレーニングから慣れ親しんだシューズでそのまま記録を狙いに行く、という使い方に合っているのではないかと思います。 トレーニング サブスリーランナーには用が無いシューズかというと、そんなこともありません。 トレーニング用としても真価を発揮してくれることでしょう。 理由はやはり反発性とドロップ差。 クイックな反応はポイント練習にも使えますし、ドロップ差が少ないため、レース用の本命シューズが薄底・軽量タイプの場合でも、特に接地感覚に違和感を感じることなく併用できるでしょう。 ズームフライ3 の間違った使い方 サブ3狙い サブ3を狙うフルのレースでズームフライ3を使うことはあまりおススメしません。 理由はやはり、250g前後という重さにあります。 サブ3を狙う本命シューズは、エネルギー効率の面からも200g前後が最適と思っていますが、ズームフライ3は完走するまでのエネルギーロスが大きすぎると思います。 言い換えれば、ズームフライ3でサブ3を達成できるランナーであれば、200g前後のシューズを使った方がよりサブ3達成の確率が上がるだろうと思います。 ズームフライ3でサブ3を狙うことに必然性があるとすれば、クッション性能でしょうか。 例えば故障しがちで、フルを最後まで走り切れるか心配があるけれど、サブ3はあきらめたくないといった場合には、ズームフライ3が出番となるかもしれません。 ただその場合でも、シューズの重量を考えて私ならターサージャパンもしくはズームフライ フライニットを選ぶだろうと思います。 10km以下のレースでの使用 10km以下のレースでズームフライ3を使う場合にも同じことが言えます。 フルに比べて、10km以下のレースは非常に速いペースとなりますので、250g前後のシューズを振り回すのはちょっと厳しいでしょう。 故障などの痛みが心配される場合でも、10kmのレースなら1時間以内で終わりますので、故障がでるかどうか、シューズへの依存度はフルに比べてかなり低くなります。 そのため、より軽量なシューズで臨んだ方が良い結果が期待できるでしょう。 トレイルでの使用 ズームフライ3の進化は、より厚底+グリップ性能向上+雨天への体制アップというワードでまとめられそうですが、こうなってくるとトレランへの適正が気になるところ。 しかしトレラン経験者の私としてはおススメしません。 理由は踵部分の左右の不安定感。 ロード用に設計されている細い踵のソールにより、芝生程度の不整地であっても左右にぐらついて不安定になっています。 トレラン用のシューズ、HOKAの初代スティンソンと比較してみると、横からのフォルムはそっくりなのでトレイルでも使えそうですが、踵は明らかに細すぎです。 踵部分にかけて、ロードには不要なソールを削ぐことで軽量化しているわけですが、その反面、不整地で使用すると常に捻挫のリスクを負うこととなります。 トレラン経験のある方ならわかると思いますが、山奥で捻挫などしようものなら最悪です。 片足だけを頼りに人里まで下りることになるわけですから。 3作目でアッパーのフィッティングはかなり向上していますが、それでも不整地をホームとするトレランシューズの安定感とは比較になりません。 あくまでロード用として、たまに芝生走で使う程度の使い方が吉でしょう。 まとめ いろいろ書きましたが、ひと事で言うととても良いシューズです。 初心者から上級者まで、ジョグからポイント練習・レースまでの範囲をカバーしつつ、故障も防いでくれるシューズはなかなか無いでしょう。 とりあえずおススメの1足は?と聞かれたら、以前はターサージャパンを進めてましたが、今は自信をもってズームフライ3をおススメします。 個人的には、自分にぴったり合っていたHOKAの初代スティンソンが生産されていない現在、代わりになるトレーニングシューズが見つかったので、かなり救われた感じがしています。 皆さんもズームフライ3をうまく使いこなして楽しいシーズンを過ごしてください。

次の

シューズアドバイザーが驚いたナイキのフライシリーズ3代目『ズームフライ3』

ズーム フライ 3 耐久 性

匠練ブースト・ターサージール6重量関連記事: アッパー素材 左:ズームフライニット 右:ズームフライ3 見た目で、もうだいぶ違う。 ニット素材から 新開発された ヴェイパーウィーブ素材になった。 ニット素材からの変更で雨対策が施されている。 ニット素材は雨を吸収して重くなる。 前作からの改善点として1番大きいところだと思う。 見た目は生春巻きのようだ。 下にもう一枚メッシュ素材があるのだが透けて見える。 ミッドソール リアクトフォームにカーボンファイバープレートが搭載されているのは前作のズームフライニットと同じである。 他の方の記事で、踵部で1mm、前足部で4mm厚みが増していて、ズームフライニットでは11mmあった前足部と踵部の差が、8mmに縮まったようである。 このあたりが、前作よりクセがなくなった要因だとわたしは思う。 前作ズームフライニットは歩くと前足部が「カクッ」となる。 この「カクッ」となる感じが、ズームフライ3では少ししか感じられない。 これにより、万人型のシューズになったと思われる。 カーボンファイバープレイ 出典元:NIKE公式サイト アウトソール ズームフライニット ズームフライ3 ズームフライニットは前足部と踵の5箇所に配置され、踵の縁はリアクトフォーム素材がむき出しだった。 ズームフライ3になり、踵の縁までラバー(黒)がしっかりついて耐久性が上がっている。 また、前足部も凸凹で溝がしっかりあり、グリップ力も上がった。 ズームフライ3構造 出典元:NIKE公式サイト 走行レビュー キロ5分半〜6分のペース サブ4前後あたり このペースで走ると前作より重さを感じる。 クセがなくなった分、これ以上の感想が出てこないのである。 キロ5分〜4分半のペース サブ3,5前後あたり このペースで走るとより前作より重さを感じる。 このスピードだと前作のズームフライニットは走ると「バフッ、バフッ」という足音がする。 ズームフライ3ではもう少し乾いた音で「パンっ、パンっ」という感じ。 キロ4分15秒〜4分のペース サブ3〜エガあたり キロ4分で1㎞走ってみた。 前作のフライニットはこのスピードになると足音がもっと短い音になる。 「コっ、コっ、コっ」みたいな。 ズームフライ3はあまり変わらない気がする。 重さも気になるところだが、やはりスピードの乗りが前作よりない気がする。 スピードの推進力が前作ズームフライニットの方があるとわたしは思う。 キロ3分40秒以上のペース わたしだとインターバル練習のスピード。 キロ4分で走った時同様に、スピードの乗りが前作よりない。 わたしの場合は、スピードの推進力は間違えなく、前作のズームフライニットの方が強いと結論付けられた。 VDOT53〜54ランナーの感想 前作ズームフライニットより、重さを感じる。 そしてクセがなくなった。 前述したように前作の歩くと前足部が「カクッ」となる感じがなくなった。 それがおそらくスピードの推進力になっていたのだとわたしは思っている。 他の方が表現していたのがズームフライニットは「なぜか速く走れる」。 これがなくなってしまったようにも思える。 しかし、より万人型のシューズに生まれ変わったともいえる。 そして、アッパー素材の変更により、前作の雨に弱いという部分も改善されている。 今回のモデルチェンジは一長一短である。 10㎞キロ4分くらいで走れるランナーであれば、わたしの個人的な意見としてはズームフライニットの方がスピードの推進力は高いと思う。 (以下、更新記事2020. 20) 「ズームフライ3」を200㎞ほど使った感想としては、フライニットと比べるとわずか 15g重くなっただけだが、かなり重さを感じる。 重さだけでなく、 「 スピードの推進力」もフライニットより劣る という結論付けをした。 よって現在はキロ4を切るような練習では積極的には使っていない。 一方、フライニットはうまく使いこなせてくれば、不思議と重さを感じなくなってくる。

次の

【比較レビュー】ズームフライ3とヴェイパーフライネクスト%のサイズ感や違いを履き比べ

ズーム フライ 3 耐久 性

匠練ブースト・ターサージール6重量関連記事: アッパー素材 左:ズームフライニット 右:ズームフライ3 見た目で、もうだいぶ違う。 ニット素材から 新開発された ヴェイパーウィーブ素材になった。 ニット素材からの変更で雨対策が施されている。 ニット素材は雨を吸収して重くなる。 前作からの改善点として1番大きいところだと思う。 見た目は生春巻きのようだ。 下にもう一枚メッシュ素材があるのだが透けて見える。 ミッドソール リアクトフォームにカーボンファイバープレートが搭載されているのは前作のズームフライニットと同じである。 他の方の記事で、踵部で1mm、前足部で4mm厚みが増していて、ズームフライニットでは11mmあった前足部と踵部の差が、8mmに縮まったようである。 このあたりが、前作よりクセがなくなった要因だとわたしは思う。 前作ズームフライニットは歩くと前足部が「カクッ」となる。 この「カクッ」となる感じが、ズームフライ3では少ししか感じられない。 これにより、万人型のシューズになったと思われる。 カーボンファイバープレイ 出典元:NIKE公式サイト アウトソール ズームフライニット ズームフライ3 ズームフライニットは前足部と踵の5箇所に配置され、踵の縁はリアクトフォーム素材がむき出しだった。 ズームフライ3になり、踵の縁までラバー(黒)がしっかりついて耐久性が上がっている。 また、前足部も凸凹で溝がしっかりあり、グリップ力も上がった。 ズームフライ3構造 出典元:NIKE公式サイト 走行レビュー キロ5分半〜6分のペース サブ4前後あたり このペースで走ると前作より重さを感じる。 クセがなくなった分、これ以上の感想が出てこないのである。 キロ5分〜4分半のペース サブ3,5前後あたり このペースで走るとより前作より重さを感じる。 このスピードだと前作のズームフライニットは走ると「バフッ、バフッ」という足音がする。 ズームフライ3ではもう少し乾いた音で「パンっ、パンっ」という感じ。 キロ4分15秒〜4分のペース サブ3〜エガあたり キロ4分で1㎞走ってみた。 前作のフライニットはこのスピードになると足音がもっと短い音になる。 「コっ、コっ、コっ」みたいな。 ズームフライ3はあまり変わらない気がする。 重さも気になるところだが、やはりスピードの乗りが前作よりない気がする。 スピードの推進力が前作ズームフライニットの方があるとわたしは思う。 キロ3分40秒以上のペース わたしだとインターバル練習のスピード。 キロ4分で走った時同様に、スピードの乗りが前作よりない。 わたしの場合は、スピードの推進力は間違えなく、前作のズームフライニットの方が強いと結論付けられた。 VDOT53〜54ランナーの感想 前作ズームフライニットより、重さを感じる。 そしてクセがなくなった。 前述したように前作の歩くと前足部が「カクッ」となる感じがなくなった。 それがおそらくスピードの推進力になっていたのだとわたしは思っている。 他の方が表現していたのがズームフライニットは「なぜか速く走れる」。 これがなくなってしまったようにも思える。 しかし、より万人型のシューズに生まれ変わったともいえる。 そして、アッパー素材の変更により、前作の雨に弱いという部分も改善されている。 今回のモデルチェンジは一長一短である。 10㎞キロ4分くらいで走れるランナーであれば、わたしの個人的な意見としてはズームフライニットの方がスピードの推進力は高いと思う。 (以下、更新記事2020. 20) 「ズームフライ3」を200㎞ほど使った感想としては、フライニットと比べるとわずか 15g重くなっただけだが、かなり重さを感じる。 重さだけでなく、 「 スピードの推進力」もフライニットより劣る という結論付けをした。 よって現在はキロ4を切るような練習では積極的には使っていない。 一方、フライニットはうまく使いこなせてくれば、不思議と重さを感じなくなってくる。

次の