ミニチュア ダックス スムース。 ★ミニチュアダックス★スムース♪人気のブリーダー大公開!!

ミニチュアダックスフント・スムース

ミニチュア ダックス スムース

ミニチュアダックスフンドの基本データ ミニチュアダックスフンドの大きさ 体高13~15cm ミニチュアダックスフンドの体重 4~5Kg 平均寿命 12~15年 原産国 ドイツ ミニチュアダックスフンドは肥満になりやすい犬種です。 そのため、子犬の頃からの体重管理が重要となります。 一部ではありますが、子犬の体重推移を見ていきましょう。 生後2~3ヶ月 2kg前後 生後6ヶ月 4kg前後 生後9~10ヶ月 4. もし体重の増減が激しい場合は、病院で診てもらうことをおすすめします。 ミニチュアダックスフンドの歴史 ミニチュアダックスフンドはドイツ原産の犬種です。 元々アナグマの狩猟犬として活躍していた「ダックスフンド」を小型化し、ウサギや小動物などを狩るために作り出されました。 ミニチュアダックスフンドは、ダックスフンドとスムースタイプのテリア種を掛け合わせて作出されたため、当時はスムースコートしかいませんでした。 しかし、その後ワイヤーヘアのテリア種やスパニエルと交配したことにより、ワイヤーコートとロングコートの個体が誕生しました。 現在日本では、ロングコートのミニチュアダックスフンドが主流になりつつあります。 ミニチュアダックスフンドの性格 ミニチュアダックスフンドはとても甘えん坊な性格をしており、初対面の人にも愛想よく接することができます。 また、いつも元気いっぱいで家族の中ではムードメーカー的役割を担ってくれるでしょう。 しかし、ときに頑固で気が強い一面を覗かせることも。 ここでは、そんなミニチュアダックスフンドの性格に迫ります。 一般的なミニチュアダックスの性格とは? ミニチュアダックスフンドは、 人懐こくて甘えん坊な性格をしています。 飼い主や家族に甘えるのはもちろん、初めて会う人にも体をすり寄せて甘えます。 その反面、 寂しがり屋な性格をしているため、たくさん構って愛情を注ぎましょう。 また、ミニチュアダックスフンドはフレンドリーな犬種です。 人や動物に関係なく、仲良くできます。 さらに、 好奇心旺盛な性格をしているため、どんな相手に対しても興味を持って接するでしょう。 ただ、ミニチュアダックスフンドは 頑固で怖いもの知らずでもあります。 そのため、しつけを行っていないと知らない相手に吠えたり、攻撃的になったりすることも。 そうならないよう、早い段階からしつけをしましょう。 ミニチュアダックスフンドは 利口で忠誠心の強い犬種ですので、しつけは比較的スムーズに行えます。 ミニチュアダックスフンドは被毛によって性格が変わるって本当? ミニチュアダックスフンドの被毛には、スムース・ロング・ワイヤーの3種類があります。 基本的な性格は一緒ですが、少しずつ違う部分がありますので、ご紹介します。 スムースコート photo by 一番明るくて元気な性格をしています。 とても活発で、遊ぶことが大好きです。 また、とてもフレンドリーで、どんな相手とも仲良くなれます。 飼い主に対しては忠実で、しっかりと指示を聞いてくれます。 ロングコート photo by ロングコートにはスパニエル系の血が流れているため、穏やかで甘えん坊な性格が強く出ています。 また、ミニチュアダックスの中では最も温厚だと言われています。 ただ、神経質な面があるため、初めて会う人には警戒心を抱きます。 ワイヤーコート photo by ワイヤーコートにはテリア種の性格が強く現れているため、頑固で独立心が強いです。 飼い主に対しては従順ですが、知らない相手に対しては激しく吠えることもあります。 ただ、慣れてくるとフレンドリーで陽気な一面を見せてくれます。 ミニチュアダックスフンドは飼いやすい?注意点や飼い方を紹介 ミニチュアダックスフンドは人懐こい上に利口なため、比較的飼いやすいと言われています。 しかし、昔の名残から穴掘りをする癖があったり、いたずら好きな性格があったりしますので、住環境には工夫が必要です。 また、好奇心旺盛な犬種ですので、散歩や運動は欠かせません。 そのほか、注意したいポイントなどをご紹介します。 ミニチュアダックスフンドの飼い方とは 人が大好きな犬種ですので、室内飼いが望ましいです。 ただ、室内で飼育する際はいくつかの点に注意しなければいけません。 まず、室内はミニチュアダックスフンドにいたずらをされないように工夫しましょう。 この犬種には昔の名残で穴掘りをする習性がありますので、ボロボロにされて困るものは収納しておいてください。 加えて、いたずらされがちな留守番前には運動時間を設け、体力を消費させることが重要です。 こうすることで、いたずらすることなく静かに寝て過ごしてくれます。 また、椎間板を痛めやすいため、床にはカーペットを敷いてください。 フローリングのままだと足が滑り、膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニアにかかりやすくなります。 食欲も旺盛なので、体重管理をしっかり行うことも大切です。 小柄だけど体力はある!散歩や運動量は? ミニチュアダックスフンドは小柄ながら体力がある犬種です。 そのため、毎日の散歩や運動が欠かせません。 また、毎日運動時間を設けることで、ストレス発散になったり、無駄吠えやいたずらを減らしたりできます。 散歩や運動時間は、1日1時間が目安です。 ただ、1時間ずっと動き続けると腰に負担がかかってしまいますので、2~3回に分けてください。 また、椎間板ヘルニアを防ぐためにも激しい運動は控えましょう。 ミニチュアダックスフンドのしつけについて ミニチュアダックスフンドは利口な犬種ですが、甘やかすと自分本位のわがままな子になってしまいます。 そのため、子犬の頃から飼い主がリーダーであることを教え込みましょう。 しつけの際はメリハリのある態度を意識し、「褒める」「叱る」をきちんと行いましょう。 ミニチュアダックスフンドは人が好きな犬種ですので、基本的には褒める割合を多めに取ることが理想です。 また、叱る際は毅然とした態度を取り、犬自身に悪いことだと自覚させる叱り方をしましょう。 トイレのしつけ トイレのしつけ方法には様々な手段がありますが、その中でも子犬が排泄するタイミングを見計らってトイレへ誘導する方法がおすすめです。 基本的に子犬は寝起きや食事後に排泄を行いますので、ソワソワし始めたらトイレへ誘導しましょう。 ペットシーツの上で排泄ができたら、たくさん褒めてあげてください。 失敗してしまった場合は、何も言わずに排泄物を片付けましょう。 叱ってしまうと隠れて排泄するようになりますので、注意が必要です。 吠え癖のしつけ ミニチュアダックスは無駄吠えの多い犬種です。 そのため、子犬の頃から吠え癖のしつけを行いましょう。 犬が吠えるのには様々な理由がありますが、ミニチュアダックスの場合は警戒からくる吠えが多いようです。 そのため、来客時やチャイムが鳴ったときに吠えてしまう傾向にあります。 もし吠えてしまったときは、こちらに注目させてから「いけない」「ダメ」などの言葉で叱りましょう。 そして、言葉を聞いて吠えやめることができたら、しっかりと褒めてあげます。 これを繰り返し、吠えるのはいけないことだと学習させてください。 噛み癖のしつけ ミニチュアダックスフンドは生後2~3ヶ月頃になると甘噛みを始めます。 この甘噛みを許していると、後に噛み癖へと繋がってしまうため、すぐに止めさせましょう。 ミニチュアダックスフンドは「シザーズバイト」といって、歯がハサミのような噛み合わせになっているため、本気で噛まれると危険です。 噛み癖の対処法としては、歯が当たった瞬間に「痛い!」と大声で叫ぶ方法が有効的です。 また、遊んでいる最中に噛まれた場合は遊びを一旦中断し、噛むのは悪いことだと理解させましょう。 ミニチュアダックスフンドは抜け毛が多い?カットは不要? photo by ミニチュアダックスは抜け毛が多い犬種で知られており、特にロングコートはこまめなお手入れが必要です。 また、この犬種の被毛は3種類ありますので、それぞれに合ったケアを行いましょう。 ここでは、そんなミニチュアダックスフンドの被毛についてご紹介します。 バリエーション豊富!ミニチュアダックスフンドの毛色 ミニチュアダックスフンドの毛色は、非常にバリエーション豊富です。 人気色から珍しい色まで、なんと100種類を超える毛色があるとされています。 下記は一例です。 チョコレート• クリーム• ブラック&タン• レッド• ダップル• ブリンドル• ブルー 中でも単色のクリームやレッド、ブラックをベースにポイントで褐色が入るブラック&タンは人気が高いようです。 そのほか、虎のような模様を持つブリンドルや、まだら模様のダップル、希少価値の高いブルーやホワイトも存在しています。 このような豊富な毛色も、ミニチュアダックスフンドの魅力の1つです。 ミニチュアダックスフンドは抜け毛が多い犬種 ミニチュアダックスフンドは抜け毛が多い犬種ですが、被毛のタイプによって抜ける毛の量が異なります。 中でもロングコートは抜け毛が多く、こまめなブラッシングが必要です。 反対にスムースコートはミニチュアダックスの中でも抜け毛が少なく、お手入れは比較的楽です。 とは言え、どのタイプも換毛期になると大量の抜け毛が発生します。 そのため、春と秋にやってくる換毛期にはこまめにブラッシングをし、抜け毛対策を行いましょう。 ブラッシングとシャンプーで抜け毛対策を! 抜け毛の多い犬種ですので、ブラッシングは毎日行いましょう。 ただ、ブラッシングの方法は被毛のタイプによって異なるため、それぞれに合った方法でお手入れしてください。 スムースコート 毛が短いスムースコートは、獣毛ブラシやラバーブラシを使ってお手入れしましょう。 毛が絡まったり、毛玉ができたりすることはありませんので、ブラッシングは最も楽です。 ワイヤーコート ワイヤーコートは獣毛ブラシもしくはスリッカーブラシを使ってブラッシングしましょう。 また、ワイヤーコート特有のゴワゴワとした被毛を保つため、「プラッキング」と呼ばれる特殊なトリミング法を用いることもあります。 ロングコート ロングコートは、ピンブラシもしくはスリッカーブラシでブラッシングしてください。 毛がもつれやすいため、丁寧にとかしましょう。 また、ミニチュアダックスフンドは匂いの少ない犬種ではありますが、抜け毛対策として月に1度シャンプーを行ってください。 ミニチュアダックスフンドにトリミングやカットは必要? ミニチュアダックスフンドはトリミングが不要な犬種です。 そのため、ワイヤー・スムース・ロング、どのタイプであっても定期的にカットする必要はありません。 ただ、ロングコートの場合、お腹の毛が地面にすれて汚れたり、しっぽの毛が排泄時に汚れたりすることがあります。 そのため、汚れやすい部分のみカットする方もいるようです。 ただ、バリカンを使ってカットしてしまうと毛質が変わったり、毛色が薄くなったりすることがありますので、カットの際は注意が必要です。 ミニチュアダックスフンドのお手入れ 抜け毛対策のブラッシングやシャンプー以外にも、歯磨きや爪切りなど定期的に行ってほしいお手入れがいくつかあります。 そのため、ミニチュアダックスフンドをお迎えしたら、ここでご紹介するお手入れも忘れずに行いましょう。 涙やけに注意!目の手入れ ミニチュアダックスフンドのような小型犬は「涙やけ」に注意が必要です。 特にクリームやホワイトなどの毛色は涙やけが目立ちやすいため、普段から目の周りを清潔に保ってあげましょう。 目の周りのお手入れをする際は、濡らしたコットンや涙やけ専用シートを使って汚れを拭き取ってください。 なお、こまめにお手入れしているにも関わらず、涙が多い場合は何かしらの病気にかかっている恐れがあります。 できるだけ早めに動物病院へ連れて行きましょう。 月に1回は爪切りを! ミニチュアダックスフンドは散歩や運動が好きな犬種ですので、爪が地面に当たって自然に削れていきます。 ただ、ミニチュアダックスフンドは爪の成長が早いため、月に1度は爪切りしてあげましょう。 爪切りの際は「ギロチンタイプ」を使用し、少しずつ切り進めてください。 特に黒爪の場合、神経や血管が見えないため、切りすぎないように注意しなければいけません。 自分で切ることが不安な方は、獣医師やトリマーに依頼すると良いでしょう。 また、無理やり爪切りを行うと嫌いになってしまいますので、徐々に慣れさせることが大切です。 歯周病予防にもなる歯磨き 口臭や歯石を防止するため、歯磨きは毎日行いましょう。 ただ、子犬のうちは歯磨きに慣れていませんので、週に1度くらいの頻度で行うことをおすすめします。 歯磨きを行う際は、犬用歯ブラシや歯磨きシートなどを使ってください。 このとき、ミニチュアダックスフンドを抱っこして、リラックスした状態にすることが大切です。 また、ミニチュアダックスフンドはマズルが長いため、奥が磨きづらくなっています。 磨き残しがあると口臭の原因にもなりますので、長さがある人間用歯ブラシを使って磨くと良いでしょう。 垂れ耳には欠かせない耳掃除 ミニチュアダックスフンドは他の犬種に比べると耳が大きくて垂れているため、汚れが溜まりやすくなっています。 この汚れは外耳炎や耳のトラブルに繋がる原因となりますので、週に1度は耳掃除を行いましょう。 耳掃除を行う際は、まず専用のイヤークリーナーを耳の中に数滴垂らします。 その後、耳の付け根を持ってクチュクチュとマッサージします。 そうすると汚れが浮き出てきますので、コットンで拭き取りましょう。 肛門腺絞りは定期的に! ミニチュアダックスフンドの肛門腺絞りは3~4ヶ月に1度でも大丈夫だと言われています。 しかし、中には溜まりやすい子もいるため、シャンプーと同じタイミングで行うことをおすすめします。 肛門腺は肛門の4時と8時の方向にありますので、そこに親指と人差し指を当てて絞り出しましょう。 このとき、下から上に向かって押すと上手く肛門腺を絞ることができます。 ただ、お尻はデリケートな部分ですので、触られることを嫌がる子もいます。 そのため、いきなり肛門腺絞りを行わず、まずは触られることに慣れる練習から行いましょう。 ミニチュアダックスフンドが注意したい10の病気 photo by ミニチュアダックスフンドは、よく嘔吐します。 その多くは、空腹やストレスなど病気にまったく関係ないことが原因となっています。 しかし、病気の症状として現れる場合もあるため、注意が必要です。 ここでは、ミニチュアダックスフンドが注意したい10の病気をご紹介します。 短足犬種は要注意!「椎間板ヘルニア」 椎間板ヘルニアとは、椎間板の一部が突出することによって脊髄が圧迫され、様々な神経症状を引き起こす病気です。 発症すると動くのを嫌がる、抱き上げると痛そうな声をあげる、後ろ足のふらつきなどが見られます。 老化で起こることもありますが、過度な運動や外部からの刺激が原因となる場合もあります。 そのため、激しい運動はさせない、床を滑りにくい材質にするなど、配慮しましょう。 治療としては、軽度な場合は運動制限をしつつ、消火剤の投与やレーザー治療を行い、改善が見られない場合や重症例では外科的治療を行います。 足が変形する恐れもある!「膝蓋骨脱臼」 後ろ足にある膝のお皿(膝蓋骨)が正しい位置から外れた状態を「膝蓋骨脱臼」と呼びます。 症状は4つのグレードで表され、軽いものであれば日常生活に支障はありません。 ただ、症状が最も重いとされるグレード4になると足が変形してしまいます。 発症の原因には、先天性のものと後天性のものがあります。 後者の場合は、普段から体重管理を徹底して肥満体型にしない、関節に負担をかけないよう床にカーペットを敷くなどの配慮で予防できると言われています。 治療は症状のグレードによって変わってきますが、鎮痛剤やレーザー治療、外科手術などが一般的です。 最終的には失明してしまう「白内障」「進行性網膜萎縮」 白内障 水晶体の一部もしくは全体が白く濁る病気を白内障と言います。 濁りが強くなるにつれて視力は低下し、最終的には失明してしまいます。 白内障の多くは加齢とともに引き起こされます。 そのため、愛犬がシニア期に入ったら定期的に目をチェックすることが大切です。 治療法は病気の進行を遅らせる点眼薬の処方、もしくは水晶体に人工レンズを入れる外科手術が挙げられます。 発症すると視力が低下し、暗がりでぶつかる、動きが鈍くなるなどの行動が見られるようになります。 進行性網膜萎縮症は遺伝子が変異することで起こる病気ですので、予防法はありません。 発症した場合は点眼薬や内服薬、レーザー治療などを使って症状の悪化を防ぎます。 犬がかかりやすい病気のひとつでもあり、発見が遅れると慢性化しやすくなります。 発症すると痒みや痛みが生じるため、首を振る、後ろ足で掻くなどの仕草が頻繁に見られるようになります。 外耳炎の原因は湿気や異物、細菌、体質など様々なものがありますが、いずれにせよ耳を清潔に保つことで予防できると言われています。 原因によって異なりますが、治療としては一般的に汚れがひどい場合には清浄を行い、そのあとに点耳薬などを使用します。 早期発見が大切!「副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)」 副腎皮質機能亢進症とは、副腎皮質ホルモンが過剰分泌されることで多飲多尿や腹部膨張、脱毛、異常な食欲などの症状が引き起こされる病気です。 発症の原因には3パターンあると言われていますが、多くの場合は「下垂体」と呼ばれる部分に異常が生じることによって発症するようです。 予防法はないため、早期発見が重要となります。 治療は飼い主の希望や状態によって異なりますが、投薬治療で進める内科的治療もしくは副腎や腫瘍を取り出す外科的治療を行います。 発症すると生涯治療が必要になる「甲状腺機能低下症」 甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌が減少してしまう病気です。 これにより、動きが鈍くなる、低体温、脱毛、皮膚の色素沈着などの症状が現れます。 発症の原因は、免疫介在性(体内の免疫システムが自らの甲状腺を破壊してしまう)もしくは遺伝性によるものなどが考えられています。 現段階では予防法がないため、早期発見が大切になります。 甲状腺機能低下症にかかってしまった場合は、甲状腺ホルモン薬を投与して治療を進めます。 皮膚に異常が起こる「パターン脱毛症」「アレルギー性皮膚炎」 パターン脱毛症 パターン脱毛症とは、鼻先や耳あたり、頭部などに脱毛が発生する病気です。 炎症はありませんが、脱毛箇所が黒ずみます。 この病気は発症の原因が不明なため、予防法はありません。 治療には「メラトニン」というホルモンを使用するのですが、個体によって反応に差があるようです。 また、症状は脱毛のみなので、治療を行わないこともあります。 アレルギー性皮膚炎 アレルギーを起こす原因物質と接触することによって皮膚に異常が起こる病気です。 発症すると耳や脇などに痒みが生じ、体をしきりに舐めたり噛んだりする仕草が見られるようになります。 アレルギーを引き起こす原因が「ノミ」であれば、ノミを駆除することでアレルギー性皮膚炎を予防できます。 しかし、それ以外の要因が関与している場合は体質的な問題ですので、予防が難しくなってきます。 そのため、毎日体をチェックして早期発見に努めましょう。 命を落とすこともある「急性肝炎」 肝細胞が何かしらの原因で炎症を起こし、様々な症状を引き起こす病気です。 食欲不振や嘔吐、下痢などの症状が現れ、最悪の場合は命を落とすこともあります。 発症の原因はウイルスや細菌、遺伝などが挙げられます。 予防法はないため、定期的に健康診断を行って早期発見に努めましょう。 治療は原因によって異なるため、まずは発症の原因を探ることから始まります。 その後、強肝剤の投与やビタミンの補給などの治療を行っていきます。 ミニチュアダックスフンドのミックス犬は? ミニチュアダックスフンドには数種類のミックス犬がいます。 ここでは3種ミックス犬について、性格や特徴などをご紹介します。 ダップー ダップーは日本で大人気の「」を掛け合わせた犬種です。 親となる犬種はどちらもフレンドリーで従順な性格をしているため、飼育しやすいでしょう。 容姿は個体によって変化しますが、どちらかというとトイプードル寄りの子が多いようです。 マルックス マルプーは真っ白な被毛が魅力の「」を掛け合わせた犬種です。 穏やかな子が多いため、子どもがいる家庭でも安心して飼育できるでしょう。 また、体はマルチーズのような小柄な子が多い傾向にあります。 コッカークス コッカークスは「」を掛け合わせた犬種です。 スタイルはミニチュアダックスフンドのような胴長短足ですが、やや大きい中型犬サイズになっています。 性格は寛容で知能が高いため、飼育しやすいでしょう。 また、他にも子犬がいる環境で生まれ育っているため、社会性が身に付いた状態で迎えやすくなります。 さらに、基本的なしつけを受けていたり、適切な血統管理がなされていたりするケースが多いです。 子犬の購入後も分からないことがあれば質問しやすくなり、安心してサポートを受けられます。 ミニチュアダックスフンドの子犬をブリーダーからお迎えしたい方は、こちらのボタンから最新情報をチェック!優良ブリーダー情報も詳しく掲載しています。

次の

ミニチュアダックスフンドはロング・スムース・ワイヤーの3種!性格や飼い方は?

ミニチュア ダックス スムース

元々、血を見ると見境がなくなるほど強気なダックスは3種の毛質により性格に差があります(交配してきた犬種が違うため)。 スムース(短く、真っすぐな被毛)はスタンダードを小型化したものでかなり気が強い性格です。 ワイアー(大部分は荒くて短い被毛で、長いまゆ毛・顎ひげを持つ)はピンシャー種を交配して作ったため、あまり友好的とは言えません。 1番人気のロング(長く、わずかにウェーブがかった被毛)はスパニエルを交配して作ったために人懐っこく、ユーモラスな一面を持ち合わせています。 小さいお子様のいる家庭には友好的なロングがお勧め。 甘えっ子で子犬時期に夜鳴きをしつけるのに時間がかかりますが、他は良く覚えます。 ミニチュアダックスフンド(スムース)は小型犬ですが、元は猟犬だったので十分な運動量が必要です。 胴長短足の体型はユーモラスでかわいいですが、背骨に負担をかけるので階段の上り下りを控え、肥満にならないように注意しましょう。 被毛はどのタイプもある程度抜けますが、ワイアーはダブルコート(二重)になっています。 また、耳が垂れているので耳掃除を定期的に行いましょう。 ダックスの場合、毛質が違うタイプとの交配は好ましくありませんが、スタンダード、ミニチュア、カニンヘンの違う大きさの犬の交配は認められています。

次の

★ミニチュアダックス★スムース♪人気のブリーダー大公開!!

ミニチュア ダックス スムース

ミニチュアダックスの性格 狩猟犬として改良されたダックスフンドは、勇敢で好奇心旺盛な性格。 そのため、ミニチュアダックスも穴を掘る、獲物を追いかける、ニオイを嗅ぐなどハンティング気質が色濃く残っています。 毛質によっても性格が異なり、スムースは頑固で負けず嫌い、ロングは明るく友好的、ワイヤーは協調性に富んだ性格が多いのが特徴です。 ミニチュアダックスの特徴 ドイツ語で「アナグマ犬」という意味を持つ、ダックスフンド。 その名の通り、巣穴にいるアナグマを狩る狩猟犬として、胴長短足に改良されました。 胸が発達していて、筋肉質で引き締まった体型をしているのも特徴的です。 顔立ちは面長でマズルが長く、アーモンドアイや垂れ耳もチャームポイント。 活発な犬種なので、十分に散歩や遊びの時間を設けてあげましょう。 ダックスフンドの中でも、最も多く飼われているのがミニチュアダックスです。 日本でミニチュアダックスはトイプードル、チワワに次ぐ人気犬種となっています。 ミニチュアダックスの歴史 ダックスフンドは歴史が古く、その起源は定かではありませんが、16世紀にはドイツでスタンダードのダックスフンドがアナグマの狩猟犬として活躍していたようです。 19世紀以降、イタチやウサギなどを狩るためにスタンダードより小型のミニチュアダックスが誕生しました。 1988年に創立した「Deutscher Teckelklub」がダックスフンドの繁殖に尽力し、厳しい基準を設けたことで、現在のミニチュアダックスの礎を築きました。

次の