精密機器 転職。 精密機器業界年収ランキング(1位~52位) 年収 給料 給与

精密機器メーカーへの転職

精密機器 転職

こんにちは、犬山と申します。 今回は 精密機器メーカーの生産管理からアパレル業界の営業へと転職した方の体験談を記載します。 彼の就活に関する話や 生産管理という職種の仕事内容がいったいどういう仕事なのか どういう転職理由でアパレル業界の営業になったのかといった点まで記載します。 理系学部卒で就職へ 彼は理系の大学生でしたが、大学院に進むことは考えておらず学部卒で就職することを考えていました。 学部卒でも推薦を使用することができたので、推薦を使用して精密機器メーカーに就職しました。 なぜ精密機器メーカーに就職したかと言いますと、精密機器メーカーは 企業が企業に商売を行なうBtoB系のメーカーだからということです。 BtoBならば、 将来安定! ホワイトまったり! などと考えていたのですね。。。 就活生や世間一般ではそういう風に考えられがちですからね。。。 生産管理部門に配属される 彼の会社は技術職でもジョブマッチング制度などはなく、技術総合職として採用されたのちに、入社してから配属される部門が決定されるようになっていました。 彼は学部卒ではないため、研究職や設計・開発ではなく、生産管理部門に配属されました。 彼は理系ですが、文系でも生産管理部門に配属する企業は多いとのことですね。 彼自体、研究職には向いていないと思っていたので、それ自体は納得していたようでした。 基本的な仕事の流れは次の通りです。 月単位で「どの部品をいくつ納品できるようにしてください」と営業から連絡がきます。 それに沿って1日単位で、どれくらいの工程を完成させて、何個の部品を完成させるか計算していきます。 そして完成した日単位の計画数でラインを動かしてくださいと現場に指示するのが役目です。 ただ、このように単純ではありません。 するともちろん、無理な要望や報告をしなければならないことにもなってしまい、 現場や営業から文句を言われることが多々あります。 それを伝えるのが生産管理の仕事なのですが、伝えることが 彼にとってはとてもツラくてツラくてたまらなかったそうです。。 IoT化による将来性への不安 彼が生産管理として働く上で将来への不安もありました。 また生産管理の仕事として、完成した部品の数を管理するというものもありました。 これもIoT化によって簡単に管理できてしまうようになってしまうんですね。 こうなってくると彼はこんな不安を抱えるようになりました。 「あれ?将来大丈夫かな??」 完全になくなるということはないものの、部門の人の数は減ってしまうのではないかと思ったらしいです。 転職活動を決意 ・現場と営業との板挟みによるストレス ・IoT化による将来への不安 この2つから彼は転職を決意することとなります。 しかも彼は製品をより、使用してもらうお客様に近いところで働きたいと考え、 営業で働きたいと思うようになりました。 実際、彼が転職エージェントから聞いた話では 生産管理から営業というのは珍しくない話らしいです。 現場との調整能力や管理能力、生産管理で培ったものは営業でも活かすことのできるスキルなんですよね。 その中でも彼は アパレル業界に転職しました。 実際、彼は営業へと転職した今も元気に働いていますよ。 やはり仕事には合う合わないがありますから転職というのも一つの手段として考えておくことは大事です。 彼が使用した転職エージェントを紹介します。 適性診断やキャリアカウンセリングを行なってくれます。 自分の今いる会社で本当にいいのか??と疑問に思っている方は一度エージェントに話を聞いてもらってはいかがでしょうか? もちろん大手だからこそ、求人数も多く、大手企業の求人も多く見られます。 パソナキャリア は大手総合職に就職したい方におすすめの転職エージェントです。 パソナキャリアもサポートが手厚いです。 アドバイザーがついてくれて、はじめての転職について不安がある方や今の会社への不満などをカウンセリングを行なってくれるんですよね。 またいざ転職となると、履歴書添削・面接対策もやってくれます。 この記事を読んだ方は以下の記事もオススメです。

次の

精密機器メーカーへの転職

精密機器 転職

こんにちは、犬山と申します。 今回は 精密機器メーカーの生産管理からアパレル業界の営業へと転職した方の体験談を記載します。 彼の就活に関する話や 生産管理という職種の仕事内容がいったいどういう仕事なのか どういう転職理由でアパレル業界の営業になったのかといった点まで記載します。 理系学部卒で就職へ 彼は理系の大学生でしたが、大学院に進むことは考えておらず学部卒で就職することを考えていました。 学部卒でも推薦を使用することができたので、推薦を使用して精密機器メーカーに就職しました。 なぜ精密機器メーカーに就職したかと言いますと、精密機器メーカーは 企業が企業に商売を行なうBtoB系のメーカーだからということです。 BtoBならば、 将来安定! ホワイトまったり! などと考えていたのですね。。。 就活生や世間一般ではそういう風に考えられがちですからね。。。 生産管理部門に配属される 彼の会社は技術職でもジョブマッチング制度などはなく、技術総合職として採用されたのちに、入社してから配属される部門が決定されるようになっていました。 彼は学部卒ではないため、研究職や設計・開発ではなく、生産管理部門に配属されました。 彼は理系ですが、文系でも生産管理部門に配属する企業は多いとのことですね。 彼自体、研究職には向いていないと思っていたので、それ自体は納得していたようでした。 基本的な仕事の流れは次の通りです。 月単位で「どの部品をいくつ納品できるようにしてください」と営業から連絡がきます。 それに沿って1日単位で、どれくらいの工程を完成させて、何個の部品を完成させるか計算していきます。 そして完成した日単位の計画数でラインを動かしてくださいと現場に指示するのが役目です。 ただ、このように単純ではありません。 するともちろん、無理な要望や報告をしなければならないことにもなってしまい、 現場や営業から文句を言われることが多々あります。 それを伝えるのが生産管理の仕事なのですが、伝えることが 彼にとってはとてもツラくてツラくてたまらなかったそうです。。 IoT化による将来性への不安 彼が生産管理として働く上で将来への不安もありました。 また生産管理の仕事として、完成した部品の数を管理するというものもありました。 これもIoT化によって簡単に管理できてしまうようになってしまうんですね。 こうなってくると彼はこんな不安を抱えるようになりました。 「あれ?将来大丈夫かな??」 完全になくなるということはないものの、部門の人の数は減ってしまうのではないかと思ったらしいです。 転職活動を決意 ・現場と営業との板挟みによるストレス ・IoT化による将来への不安 この2つから彼は転職を決意することとなります。 しかも彼は製品をより、使用してもらうお客様に近いところで働きたいと考え、 営業で働きたいと思うようになりました。 実際、彼が転職エージェントから聞いた話では 生産管理から営業というのは珍しくない話らしいです。 現場との調整能力や管理能力、生産管理で培ったものは営業でも活かすことのできるスキルなんですよね。 その中でも彼は アパレル業界に転職しました。 実際、彼は営業へと転職した今も元気に働いていますよ。 やはり仕事には合う合わないがありますから転職というのも一つの手段として考えておくことは大事です。 彼が使用した転職エージェントを紹介します。 適性診断やキャリアカウンセリングを行なってくれます。 自分の今いる会社で本当にいいのか??と疑問に思っている方は一度エージェントに話を聞いてもらってはいかがでしょうか? もちろん大手だからこそ、求人数も多く、大手企業の求人も多く見られます。 パソナキャリア は大手総合職に就職したい方におすすめの転職エージェントです。 パソナキャリアもサポートが手厚いです。 アドバイザーがついてくれて、はじめての転職について不安がある方や今の会社への不満などをカウンセリングを行なってくれるんですよね。 またいざ転職となると、履歴書添削・面接対策もやってくれます。 この記事を読んだ方は以下の記事もオススメです。

次の

評価・検査(精密機器・医療機器)の転職・求人情報なら、【エンジャパン】のエン転職

精密機器 転職

志望動機の考え方 を目指す人の多くは、やはり「ものづくり」に携わりたいという強い思いが根底にあるようです。 精密機器は最先端かつ高度な技術を用いるものも多く、またさまざまな産業の場で使われる機器がたくさんあることから、「自分たちにしかできないものづくりの技術を駆使して社会に貢献していきたい」「世の中をより豊かにしていきたい」という思いが、志望動機につながっているケースは多いようです。 なお、精密機器メーカーでは、 やエンジニアなど技術系職種として活躍する人の比率が高くなっていますが、お客さまと直に接する営業職を志望する場合には、「製品の魅力を世の中に伝えていきたい」という思いが、精密機器メーカーを目指すきっかけになってくるようです。 ただし、精密機器メーカーといっても、会社によって扱う製品の種類や品目はまったく異なってくるため、その点をよく研究したうえで志望動機につなげていく必要があるでしょう。 面接のポイント 大手の精密機器メーカーは、新卒採用における募集人数は一回あたり数十名~100名以上と大きな数にのぼってきます。 志望者の数も多いため、最初はエントリーシートによる書類選考が行われるのが選考の一般的な流れです。 文字だけで、どれだけ志望動機や、自己PRに熱を込められるかが勝負となってくるでしょう。 書類選考を突破すれば、その後は筆記テストや面接試験などが行われますが、面接は内定が出るまでにグループ・個人問わず数回行われることが多く、最終的な合否の大きな判断材料となってきます。 面接で重視されるのは、やはり精密機器メーカーに入りたいという思いの部分です。 「ものづくり」を行う製造業のなかでも、「なぜ精密機器業界なのか」を明確にすると同時に、業界研究を行って精密機器業界の立ち位置や現状を確認しておきましょう。 また、志望先企業の事業内容や製品の特徴、ビジョンなどまで理解しておくことが重要です。

次の