健康診断 義務。 会社の健康診断は義務!検査内容と注意事項について:「自測自健(じそくじけん)」のススメ:朝日新聞デジタル

会社の健康診断は義務なのか 健康診断の基本情報を解説

健康診断 義務

当然、戦後まもない結核による病欠者や社内蔓延を防ぐためにレントゲンが入っているのですが。 この11項目で基本的な社員のコンディションを判断して、就業判定を実施するわけです。 定期健康診断の項目は省略ができる!? そんな中、定期健康診断の項目を省略できるのか、しなくて良い検査なんてあるのかと健診センターのパッケージを見ていると人事は思うわけです。 法律では、「医師が必要でないと認めるときは省略することができる」となっております。 従ってこの文字通り受け取れば、一定の基準を満たしたものであれば、最低限の定期健康診断の項目で就業判定が実施できるというわけです。 ただし35歳では全部受ける必要が出てきます。 誰が35歳で誰が違うのかということを 管理するのが面倒なので、一般的には実施してしまいます。 健診を効率化したいということの中でのものです。 企業側もコスト負担が減り、社員も嫌な採血を実施しなくて済みます。 えっ? それじゃやっぱり省略して良いのか… 機械的に年齢で定期健康診断項目を省略してはダメ! えっ?さっきは、省略してよいって言ったじゃん!って思うかもしれませんが、上の表をしっかりと見てみましょう。 ここです!! さらに拡大しますと… そうなんです。 「医師が必要でないと認める」とは、自覚症状などを「総合的に判断」しなさいと。 総合的に判断した結果、必要ないということであれば、定期健康診断のいくつかの項目については省略出来ますよということなのです。 そして次の文章が決定的です。 「 年齢等により機械的に決定されるものではない」ということですね!!! また最近では、肥満や若年の糖尿が多いこと、さらに会社の過重性やどの検査を受けてどの検査を受けないということを 社員ごとに判断する管理コストを考えれば、基本的には全項目を実施した方がよいでしょう。

次の

定期健康診断に関する法令

健康診断 義務

会社の健康診断は義務 「労働安全衛生法」によって決められている健康診断 会社が定期的に健康診断を受けるよう指示するのは、余計なお世話ではありません。 「労働安全衛生法」という法律で、会社は従業員に対して医師による健康診断を実施しなければならないと決められています。 一般的な会社では、従業員には入社時の健康診断と、年一回の「定期健康診断」を受けさせなければならないと決められています。 なお、特定業務従事者といって、一定の有害な仕事環境で仕事に従事する人がいる会社にはさらに別のルールがあります。 健康診断の対象となる従業員 労働安全衛生法でいう健康診断の対象者は、「期間の定めなし」としている従業員で、いわゆる正社員と「労働時間が正社員の4分の3以上」になるパート社員やアルバイトです。 パート社員、アルバイトの場合、1年以上の契約をしていることが前提となります。 健康診断の料金負担と受診時間 従業員は受診料を負担しない 健康診断を従業員に受けさせることが会社の義務なので、 それにかかる料金は会社の負担となります。 従業員が負担する必要はありません。 もちろん、健康診断の検査項目は決められているのでその範囲内での会社負担となります。 しかし、健康診断の結果、再検査が必要となり二次検診を受ける場合の費用負担義務は会社にはありません。 再検査の通知までが会社の義務で、再検査は従業員の自己責任となります。 健康診断は勤務時間中に実施 会社に健康診断の実施義務があるのと同じ理由で、いつ実施するかということについては勤務中が基本です。 したがって、働いている時間に受診できるように、健康診断の受診日程がセットされます。 会社内で医師や健診設備をセットして実施する場合も、契約している医療機関に従業員が出向いて受診する場合も同様です。 自らの勤務時間中が基本なので、その間、会社側から給与の支払いはあるということになります。 健康診断に関する記事はこちらもおすすめです。 会社の健康診断は拒否できない 労働安全衛生法で、会社に従業員の健康診断を義務付けているのは、従業員が安全に働けるように配慮したものです。 費用も時間も会社負担で実施するのため、受診を拒むことは業務命令違反となり、拒否することはできません。 受診の日時・場所の調整は可能 会社が指定した日時や場所に対し、日程調整ができないために拒否したり無視したりすることはできません。 しかし、事情を申し入れることで代替日時や受診方法を相談することは可能です。 たとえば、健康診断の実施期間中や場所にやむを得ない事情が発生し、どうしても受診できない場合などは事前に会社に申し出て調整をすることをおススメします。 ただし、面倒だとか健康には自信があるなどといった理由での拒否は問題外です。 人間ドックを健康診断の代わりにしたい 自分の健康管理上、個人的に人間ドック等の受診実績(予定)がある場合、これは健康診断の代わりになるのかという疑問があります。 人間ドックを受けた(受ける)時期が合えば可能 人間ドックは会社の健康診断の受診項目をクリアしている場合がほとんどなので大丈夫です。 ただし、注意しなければならないのは人間ドックを受けた(受ける予定)時期です。 会社の健康診断は前述のように1年に1度と義務付けられているため、人間ドックを受けた時期、あるいは受ける予定の時期が会社の年度内かどうかがポイントです。 仮に、昨年受けた人間ドックの結果を、昨年も今年も健康診断の代わりに使うのは不可能です。 1年に1回の原則に反することになってしまいます。 「特定の人間ドック」の項目の注意 トータルの人間ドックの項目は健康診断をクリアできますが、 肺ドックや肝臓ドックといった特定の部位を中心に実施する人間ドックは検査項目が限定される場合が多いです。 したがって、会社の健康診断の項目をすべてクリアしているかどうかの確認が必要です。 人間ドックの費用負担は一部自己負担 健康診断は会社負担というものの、高額な人間ドックの受診料をすべて会社が負担してくれるかというとそれは無理があります。 会社ごとに運用が異なりますが、一般的には会社の健康診断にかかる項目分のみを会社負担とします。 残りは本人負担になるよう運営される場合が多いです。

次の

健康診断は会社の義務?【弁護士が解説】

健康診断 義務

起業して事業が軌道に乗って拡大して行くと、それに合わせ従業員を雇っていきますが、事業者として、従業員に健康診断を受診させる義務が有るのをご存知でしょうか。 従業員が1人でもいる場合は、個人事業や中小企業でも、規模の大小に関係なく健康診断を受診させなければなりません。 義務を怠ると罰金を課せられます。 その為、今回は人を雇ったら実施しなければならない、健康診断についてご紹介していきます。 健康診断とは 健康診断については、 労働安全衛生法 で「事業者は、労働者に対し、厚生労働省令で定めるところにより、医師による健康診断を行なわなければならない。 」 と決まっています。 健康診断の実施は従業員何名以上等、会社の規模で決まるものではなく、小さな会社でも人を雇えば、健康診断を受けさせる義務が発生します。 反対に労働者とっては、事業者が行なう健康診断を受けなければならない義務が有ります。 1.受診の対象者とは 受診の対象者ですが、下記のように決まっています。 常時使用する労働者• パートやアルバイトも条件を満たせば対象となります。 パートタイム労働者は、1週間の所定労働時間が当該事業場の同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間の4分の3以上であれば、「常時使用する労働者」に該当します。 2.実施する健康診断とその時期と回数 いつ実施すれば良いのでしょうか。 下記は「一般的な健康診断」の例ですが、実は実施する時期と回数は決まっています。 その他に「特殊健康診断」、「臨時健康診断」、「深夜業従事者の自発的健康診断」等が有ります。 雇い入れ時(雇入時健康診断) 常時使用する労働者(パートも含む)を雇入れる直前又は直後に健康診断を実施します。 常時使用する労働者の条件は、期間の定めのない契約により使用される者で、労働時間が通常の労働者の労働時間の4分の3以上である者をいいます。 1年以内に一回(定期健康診断) 常時使用する労働者に対して、1年以内ごとに1回、定期的に健康診断を実施します。 特定業務従事者の健康診断 深夜業、有害な環境で働く労働者に対し、配置替えの際及び6ヶ月以内ごとに1回、定期に、一般項目について医師による健康診断を行わなければなりません。 この場合は、胸部エックス線検査、喀痰検査については、1年以内ごとに1回、定期に行えば良いです。 海外派遣従業員の健康診断 従業員を海外に6ヶ月以上派遣するとき、6ヶ月以上派遣した従業員を国内に戻す時に実施します。 項目は医師が必要と認める項目で、定期健康診断項目のみでなく、腹部画像検査、血液中の尿酸量の検査、B型肝炎ウイルス抗体検査、ABO式・Rh式血液型検査、糞便塗抹検査があります。 3.労働者が自分で決めた医療機関で受診しても良い 労働者が、事業者の指定した医療機関以外で健康診断を受けて、その結果の書面を事業者に提出してもよいです。 4.費用負担はどこがするか 法律で決まっているため、健康診断の費用については、事業者が負担することになっています。 5.検診結果に異常が有った場合 事業者は、健康診断の結果、異常があると診断された労働者に対し、健康の為の措置について、医師の意見を受けなければなりません。 6.健康診断結果を保管する義務が有る 事業者は、健康診断の結果を健康診断個人票を作成して、5年間保管しなければなりません。 7.受診結果を報告する義務が有る 常時50人以上の労働者を使用している事業者は、労働基準監督署に健康診断の結果を報告する義務があります。 8.健康診断を実施しなかったら罰金に 実施報告書の人数と、実際に受診すべき人数が合わない場合、労基署から勧告や指導が入る可能性があります。 また、社員に健康診断を受診させる義務を果たしていないとみなされると、事業者は50万円以下の罰金に処されます。 9.検査項目の例 実際の一般健康診断の項目例ですが、下記の通りです。 今回は従業員の健康診断についてご紹介しました。 従業員が1人でもいる場合は、必ず健康診断を受診させなければなりません。 義務を怠ると罰金を課せられますので、忘れずに必ず受診させましょう。

次の