凍結胚移植 出産日。 新鮮胚移植と凍結胚移植の妊娠成功率|胚移植法のメリット・デメリットを比較する

凍結胚移植

凍結胚移植 出産日

選択1 A. 新鮮胚移植? B. 凍結胚移植? 選択2 胚移植は… A. 4分割? B. 8分割? C. 胚盤胞? 選択3 胚移植数は… A. 1個? B. 2個? C. 2段階移植? 選択4 凍結融解胚移植の方法は… A. 自然周期移植? B. 低刺激移植? C. ホルモン補充(調整)移植? 選択5 SEET法は実施希望? 選択6 ヒアルロン酸胚移植用培養液は希望? 選択7 レーザーアシステッドハッチング実施? 新鮮胚移植と凍結胚移植の違い 新鮮胚移植 採卵の周期に胚移植を行う方法です。 妊娠率が凍結融解胚移植に比べて低く、卵巣の腫れ、卵巣による黄体機能不全、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を発症のリスクなどが有るためにお勧めしておりません。 凍結融解胚移植 採卵で得られた受精卵(胚)を胚盤胞まで培養し、凍結保存します。 胚移植日の朝に融解し、融解した胚を移植する方法です。 子宮環境を整えることができるため、妊娠率が高く、流産率が低いのが特徴です。 この3方法の違いは、胚移植の確実性の違いです。 自然排卵周期<低刺激周期<ホルモン調整周期の順に確実性が高いのが特徴です。 いずれの方法も妊娠率に差はありません。 また、胚移植予定日の1日~4日前に超音波による子宮内膜の計測か、採血によるプロゲステロン値の測定を行い着床環境に問題がない場合にのみ実施しますので最終的にこの時点で規定以下の場合は胚移植を実施しても妊娠する可能性は低いことから、移植をキャンセルします。 参考 当院の体外受精妊娠例における胚移植方法の割合はのSTEP5をご覧ください 自然移植31. 完全自然排卵周期の場合は排卵誘発剤を使用せず、自然に脳下垂体から分泌される内因性FSHホルモンによって卵胞が成長します。 卵胞がどの程度まで発育しているかをこの時期に超音波にて検査することで、排卵日の予想特定を行います。 もし、卵胞成長が遅い場合は採血を行いより正確に状態を把握します。 LHサージ誘起 生理12日目~13日目(排卵36~40時間前) 卵胞がこの時期まで順調に成長してくると、エストロゲン(E2 ホルモンの上昇に伴い、排卵を促すLHホルモンが急激に上昇します。 これをLHサージといい、この後に排卵がおこります。 自然にLHサージを起こす場合 この時期の来院は不要。 確実にLHサージを起こす場合 hCG注射か、点鼻薬(スプレキュア)を用いる。 詳細は参照。 排卵誘発を実施 生理5日目~14日目 経口薬の場合は服用開始後、超音波検査日まで来院の必要はありません。 来院が難しい場合は自己注射も可能です。 シクロフェニル(経口薬)• クロミフェン(経口薬)• アロマターゼ阻害剤(経口薬)• rFSH(ペンタイプ自己注射) 超音波検査 生理10日目~12日目• 卵胞が順調に(正しく)成長しているかを超音波で確認し排卵日を予想特定することでタイミング指導を行います。 超音波だけでは卵胞の成長が把握できない場合は採血検査によりエストロゲン(E2)を測定しより正確な排卵日を予測します。 LHサージ誘起 生理12日目~13日目(排卵36~40時間前) 卵胞の成長に伴い分泌されるエストロゲン(E2)の上昇により、排卵を促すLH(黄体形成ホルモン)が急激に上昇することをLHサージといいます。 このLHサージ後、排卵がおこります。 自然にLHサージを起こす場合 この時期の来院は不要。 確実にLHサージを起こす場合 hCG注射か、点鼻薬(スプレキュア)を用いる。 詳細は参照。 皮膚に直接貼って使用。 入浴後に貼り替え、2日間使用したら新しいものと交換。 生理開始14日目~中止の指示があるまで プロゲステロン膣坐薬 プロゲステロンを補充し着床を助けます。 冷蔵庫にて保存してください。 1日2回(朝・就寝前)「膣内」に注入します。 膣坐薬中にはプロゲステロンが222mgも含まれていますので使用時溶け残りがあっても心配いりません。

次の

【凍結胚移植】初めての胚移植の痛みは?当日の流れと胚盤胞移植の手術費用

凍結胚移植 出産日

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 体外受精や顕微授精では、受精卵を培養して子宮に戻す「胚移植」が行われます。 この胚移植の方法に「凍結胚移植」と「新鮮胚移植」の2つがあることを知っていますか?そこで今回は、「凍結胚移植」について、スケジュールや着床時期、妊娠する確率などについてご説明します。 凍結胚移植とは? 体外受精や顕微授精では、女性の体から卵子を取り出して体外で精子と受精させ、その受精卵(胚)を培養して子宮内に戻します。 これを「胚移植」といいます。 このとき、培養した受精卵を凍結保存しておき、適切なタイミングで解凍(融解)して子宮の中に入れるのが「凍結胚移植(凍結融解胚移植)」です。 一方、採卵した周期内で受精卵の培養から胚移植までを行うのが「新鮮胚移植」です。 関連記事 凍結胚移植のスケジュールは? 凍結胚移植は、最初に採卵を行い、次の周期かそれ以降の周期で、女性の体の状態を見ながら移植日を決めます。 排卵日に合わせて移植するため、生理周期が規則正しい人であれば、自然な排卵のタイミングにあわせて移植する「自然周期移植」を選ぶことも可能です。 ただし、生理周期が不規則で、正確な排卵日を特定するのが難しい、移植日を事前に決めたいという人であれば、ホルモン剤を使って人工的に排卵周期を調整したうえで「ホルモン補充周期移植」を行います。 自然周期でもホルモン補充周期でも、排卵予定日の1~4日前には超音波検査や血液検査で子宮内膜の状態をチェックして、妊娠しやすい環境が整っているかを判断してから胚移植を行います。 関連記事 凍結胚移植の着床時期は?移植後に体調は変化する? 胚の成長段階(グレード/上段のイラスト参照)にもよりますが、移植して約3~5日後には着床が始まります。 そして、移植から約2週間程度で、妊娠が成立したかどうかを確認できるようになります。 移植後に妊娠が成立すると、以下のような症状が見られることがあります。 微熱やだるさ• 下腹部の痛み• おりものの量や色の変化 ただし、こうした体調の変化は妊娠したら絶対に現れるわけではなく、程度には個人差もあるものなので、あくまで参考程度に考えてください。 凍結胚移植からまだ2週間経っていない段階で、何らかの体調が現れた場合、不妊治療の一環で服用するホルモン剤による副作用の可能性もあります。 不安なことがあれば、すぐに担当医に相談しましょう。 関連記事 凍結胚移植は妊娠率が高いの? 体外受精や顕微授精を行うときは、排卵誘発剤を使って卵巣を刺激し、複数の卵子を採卵して、受精卵を培養します。 せっかく受精卵を培養できたとしても、新鮮胚移植の場合、卵巣が腫れている、ホルモンバランスが乱れている、子宮内膜の厚さが足りないなど、女性の体が妊娠しにくい状態になっていると、妊娠につながらないこともあります。 一方、凍結胚移植であれば、受精卵を一旦凍結して、女性の体を妊娠しやすい状態に整えてから移植することができます。 そのため、1回の移植あたりの妊娠率は、新鮮胚移植と比べて高くなります。 胚移植の着床率(妊娠率)は、胚の状態や女性の年齢、病院の技術力などの条件で左右されます。

次の

凍結胚移植のスケジュールが知りたい!移植日はいつ?着床時期は?

凍結胚移植 出産日

最初の体外受精は、何もが順調 最初の体外受精は36歳3ヶ月の頃でした。 そして、初めての妊娠、そして無事に出産。 妊活クリニックに通い、一通りの検査が終わった時点で、自ら体外受精を希望し、初体外受精で妊娠。 あまりにも何もかがスムーズで妊活自体、あまり頑張ったという自覚がありません。 妊娠するまでも無駄がなくスムーズで、精神的に落ち込むこともありませんでした。 また妊娠後の経過も良かったので、出産まで、本当にスムーズでした。 この頃は、二人目もこんな感じで、体外受精でスイスイと思っていました。 まさか、不育症で、4回もの流産をし、妊活でこんなに苦労するとは、全く思っていない、お花畑ルンルン時期です。 予想外の自然妊娠。 しかし稽留流産 二人目妊娠は、予定外の自然妊娠でした。 結婚して1年で妊活しなかったので妊活クリニックを訪れた訳ですが、私は自然妊娠しづらいと思っていました。 なので出産後も、特に避妊していず、、、 二人目妊娠の時期として、夫婦ともに心の準備ができていなかったのが現状です。 その頃、第一子は10ヶ月。 すでに海外への引っ越しが決まっており、そのまま出産へ向かうとしたら、妊娠ハチカゲツでの飛行機移動です。 いきなり到着した海外で、妊娠後期の妊婦を受け入れる病院がすぐに見つかるかも不安でした。 ただ、この妊娠は、最初から経過が悪く、繋留流産となりました。 繋留流産判定後、一ヶ月待ち、自然流産します。 この時、流産はしたものの、初期流産はよくあることで、たまたま運が悪かった程度にしか思っていませんでした。 2回目の体外受精、最初から経過が悪め その後、海外引越前に、体外受精。 陽性となったものの、妊娠8週の時点で、心拍はちょっと弱め、かつすこーし小さめでした。 この時点で、過去の流産の体験からも、なんとなく嫌な予感。 結局、海外到着後12週頃に検査しましたが、繋留流産。 この時から、不育症を強く疑います。 その後、2回の自然妊娠。 妊活すると、わりとすぐ妊娠できていた その後、2回の自然妊娠をします。 いづれも、意識した妊活としてタイミング法を続けると、3ヶ月以内には妊娠。 いづれも初期流産してしまうものの、妊娠は自力でできると実感します。 3回目の流産後、不育症検査を行うが原因不明 3回目の流産した時点で、不育症を認識。 その後、子宮のチェック、血液検査をしますが、特にこれという理由は見つかりません。 スポンサーリンク 自然妊娠を狙うが、妊娠できない 4回目の流産後、妊娠しないことには何も始まらないと妊活を再会。 しかし、妊娠しません。 そして、生理のときの出血量がやけに少くなりました。 この年、40歳となり、一気に女性の身体としての衰えを感じました。 生理の血液量の急減からも女性ホルモン分泌が減少したのではと、勘ぐります。 妊活を半年過ぎた頃、日本帰省での体外受精を検討し始める 妊活も半年以上過ぎた頃、次の日本帰省で体外受精しようと考えます。 チケットを購入してから、実際の出発まで約7ヶ月ありました。 費用の面から、出発前の自然妊娠を願いましたが、やはり妊娠しないままの帰省となりました。 最後の流産からタイミング法を試して1年。 妊娠しなかっことになります。 本題!なぜ、2つの凍結胚を戻すことにしたのか? さて、ここからが本題。 なぜ、2つの凍結胚を戻す決意をしたか? 私が通っていたクリニックは、母体へのリスクの面から、複数を戻すことを積極的に勧める方針ではないクリニックに属すると思います。 日本到着後、体外受精を目的とした初めての検診の際、2つの凍結胚を戻す旨は、先生から勧められたのではなく、私から先生に希望を出しました。 これは、日本へ向けて出発前から夫とも話して、決めていたことでした。 理由>年齢を考え、1回で妊娠できる自信がない 今回、双子を授かりたいというより、母体の生理面での衰えを感じ、前回の体外受精のように一回で妊娠できる自信がなかったことが大きな理由です。 日本に住んでいたら、駄目なら、またチャレンジできますが、滞在期間が限られているので、私の体外受精移植のチャンスは一回だけです。 費用のことよりも、一回にかける成功率をあげたかったのです。 今回がだめな場合は、また一年後の帰省時期になります。 母体の年齢は、どんどんあがり、この一年の差が妊娠可能性に対して、大きな差にもなり得ます。 今回は2ヶ月の帰省でしたが、来年も2ヶ月帰省できる保証はありません。 それ故、一回の妊娠率を上げる必要があったのです。 現在の車は、5人乗りですが、小さめの車で、息子のジュニアシートの他、2つのベビーシートをつけると、大人がもう一人乗るスペースがありません。 つまり、双子が産まれた場合は、車を買い替える必要があります。 現在、プロジェクトの途中で、収入が入ってくるのは早くて1年先です。 車を買い替えるタイミングとしては、家庭の経済的に厳しいのが現実です。 ご存知の通り、双子出産は母子ともに健康への高いリスクがあります。 私は日本での検診で、子宮の一部に皮膚が薄い箇所が、あると指摘されました。 これまで、何度も子宮の検診がありましたが、指摘されたのは初めてでビックリしました。 先生に、子宮が薄いことへの影響を質問すると「子宮破裂の可能性がある」とのことでした。 双子の妊娠の場合、子宮には1人以上に負荷がかかります。 なので、この点がとても心配だったのです。 現時点での治療方法は、次の出産の時(帝王切開)、薄い部分を切り除いてもらうとのこと。 現時点で、すぐにできる治療はなく、このままの状態で体外受精に進むしかありません。 また、出産の時は、こういう子宮の状態だから「絶対に帝王切開にしてね」と先生に指導を受けました。 更に、私の場合は子宮破裂のリスクがあるので、通常以上に、更に早く取り出す必要があるかもしれない。 つまり、更に低体重で産まれる可能性があるかもと、心配だったのです。 私は、息子の治療で小児外科に通っている時期があったのですが、そこで何組かの通院中双子を目にする機会がありました。 そこでは、 成長がかなりゆっくりめの赤ちゃんや幼児を目にすることがあり、双子出産のリスクを目の当たりにした経験があります。 見かけた例で言うと、一人の子供は2歳ぐらいに見えるのですが、もう一人の子が生後半年ぐらいのやせ細った赤ちゃんの大きさで、酸素などの色々な管がついているケースなどです。 低体重で産まれると、脳や体の発達において、初期に多くの問題を抱えるケースが多いようです。 それ故、双子妊娠の可能性(低体重で出産する可能性)には、かなり挑む気持ちが高かったです。 結果的には、1人妊娠継続 2つの凍結胚を移植しましたが、結果的には2つとも着床。 しかし、1人がバニッシングツインで最初から小さく胎嚢だけで成長が止まってしまいました。 もう1人は、現在妊娠10週で継続しています。 この写真(妊娠5週6日)では、左の黒いのが、成長しなかったもう一人です。 右の三角ぽい胎嚢の中には、白っぽいリング卵黄嚢が見えています。 現在のエコー(最新は妊娠8週6日)でも、この片割れは残っていますが、この時からほとんど変化がなく中身のない袋の状態です。 バニッシングツインは自然に体内に吸収されるそうです。 「双子妊娠リスク」と「残りの人生、妊娠しない可能性」を比べての決断 2つの凍結胚を移植したのは、妊娠率を上げることが目的でしたが、結局、一人が妊娠継続していることに、正直、安堵しています。 そんなに不安なら、最初から2つ戻すなと思われる方もいらっしゃると思います。 ただ、先ほどの説明通り、年齢が年齢だけに、そして海外在住で、日本国内での体外受精チャンスは少ないので「双子妊娠リスク」と「残りの人生、妊娠しない可能性」を比べた時、「双子妊娠リスク」取ったのが、今回の決断です。 これが第一子を出産していなく、子供のいない状態かつ、41歳でしたら最初で最後の出産可能性になるので、双子妊娠は危険は承知でも心からウェルカムだったと思います。 ただ、健康上のリスクだけではなく、経済的なことも考えると第一子がすでにいる私の状況では、一人だけ妊娠継続して安心しています。 先ほど、チャイルドシートを2台追加できる車を持っていないと挙げましたが、それだけではなく、私たちは国際結婚で、日本とスペイン間を行き来します。 その時、5人家族だと飛行機で人並びで座れないなとも考えていたりもしました。 更には、毎年の帰省費用が高い、、、とも考えていました。 現在の妊娠経過 今日現在、妊娠10週5日です。 明日、2週間ぶりの検診があります。 私は、4回の流産をしている不育症なので、妊娠して安心ではなく、いつ成長が止まってしまうのか、毎日が不安です。 そして祈る気持ちでいっぱいです。

次の