ナビゲーション アプリ。 モバイルアプリにおけるナビゲーションUIのデザインパターン

トヨタ、ナビゲーションアプリ「TCスマホナビ」の無料提供を開始、災害時に備え独自の交通情報を常時掲載

ナビゲーション アプリ

ハイカー、マウンテンバイカー、登山者、トレイルランナー、ジオキャッシャーなど、すべての アウトドア愛好家のための究極のナビゲーションアプリケーション。 Locus Map Proは、世界中の探検家、旅行者、救助隊などの 専門家によっても広く使用されています。 Locus Map Proは真の多機能性と柔軟性を提供します:• オンラインおよびオフラインのルーティングサービスをサポートする高度な ナビゲーション機能• 前例のない プレミアムオンラインマップとオフラインマップ• マップポートフォリオ:• 最初の3つのLoMapsの無料ダウンロード 最高の世界地図出版社の詳細な ハイキングマップとサイクリングマップ:• Ordnance Survey(Explorer、Landranger)の イギリス• BackRoadマップブックによる カナダ• IGNフランスの デンマーク by Kortforsyningen、 フランスによるSwissTopo、 ベルギーによるIGNベルギーの スイス CNIGマップで Map5. nl、 スロベニア by PZS Maps、 スペインによるLMI Atlas Map、 NetherlandsKompass、Outdooractive - 夏と冬の地図、Basemap. MAP、SQLite、TAR、MBT、GEMF、Orux、RMA形式、および独自のOpenStreetMapまたはマップテーマの 外部マップのサポート 機能: ナビゲーションとガイダンス• ある地点(地図上またはコンパス)または通知付きルートに沿って誘導する トラックとルート• マルチプロファイルトラック録音• チャートと統計• ルートプランニング• さまざまな形式(KML、KMZ、GPX... カスタマイズ可能な自転車コンピュータダッシュボード ポイント• 独自のデータベースの作成 - 注文、検索、並べ替え• OSM POI マップツール• オーバーレイ、キャリブレーション、オフセットのマップ• さまざまな外部マップ形式と座標系のサポート• ジオタグ付き写真、OSMノートを視覚化する 検索• オンラインとオフラインのアドレス• OSM POI、地名、ウィキペディア ジオキャッシング Geocaching4Locusアドオン経由でジオキャッシュをダウンロードする• オフラインおよびオンラインログ• ウェイポイント、PocketQuery、追跡可能物、スポイラーのサポート• グラフィックと計算ツール ライブトラッキング• リアルタイムでの場所のプライベートまたはパブリック共有 さらに• このアプリはDevice Administrator権限を使用します。 Locus Map Proは高度にカスタマイズ可能です。 すべてはユーザーのニーズに合わせて設定できます。 locusmap. locusmap. locusmap. Using 3. 2, it takes huge time to caputure GPS while other applications like google map are quickly done here in Tokyo. The config chg worked as I was expecting. Thanks. excellent! I recently found overlapping display of raster and vector maps is extremely usefull for my use of your app. This happened when I used the app two versions earlier than current. Could you manage to incorporate this function in a future version? Thanks. オフラインで使えるのが良い。 評価の要求が強過ぎ、• 結構使える! 使いやすいし見やすい• このアプリ凄く良い! 林道バイクで使ってます! Goooood!

次の

MapFan

ナビゲーション アプリ

iPhoneやiPadはiOSのアクセシビリティ機能の一つであるボイスオーバー VoiceOver をオンにすることで、音声読み上げさせながら使うことができます。 画面の見えないユーザーのために開発された機能ですが、逆にいうと、画面をわざわざ見なくても操作できるわけです。 特有のジェスチャーを覚える必要があります。 このブログでは、関連情報や、ボイスオーバーで操作できるアプリについての話題を発信しています。 ボイスオーバーのジェスチャーについて、テキストデータを公開しています。 また、ジェスチャーの一覧やキーボードショートカットをまとめたエクセルファイルも公開しています。 lighthouse. 声でやり取りできるスマートスピーカー、AIアシスタントは視覚障害ユーザにとっては都合のよい製品でありサービスです。 Amazon Alexa、Googleアシスタント、LINE Clovaなどについてもブログで紹介しています。 seesaa. 5のVoiceOver環境で読み上げ操作を確認しています。 使用しているアプリのバージョンは1. 9です。 GPSを利用したナビゲーションアプリはいくつもリリースされていますが、衛星からの電波が届かない屋内でのナビゲーションはまだまだ実験中というのが現状です。 屋内ナビゲーションを実現するためには、ビーコンやQRコードを事前に設置するなどの準備が必要になります。 このClewアプリではiOSのARKit機能を利用しており、物理的な装置を用意することなく使えるというのが大きな特徴です。 iOS 11. 3以降のOS、iPhone 6S以上の端末が推奨されていますが、iPhoneのモデルによっては利用できる機能に違いが生じるかもしれません。 目次 はじまり• iPhoneの背面カメラを自分の進む方向に向けて、出発点から終着点まで歩いていく。 記録したルートを歩いていくと、Clewアプリからは進む方向や階段の上り下りなどのヒントをもらえるので、それを参考にしながら終着点に向かいます。 ルートの片道だけを登録しておけば、行き帰りのどちらでも利用できるようになっています。 想定されている利用シーンは、 レストランや劇場などの屋内エリア。 座席から出入口やトイレまでのルートを作成しておくことで、見えない人でも自力で行き来できるようになります。 病院や学校などの施設内でも役に立つことでしょう。 ルートの記録には、視覚障害ユーザ自身が行うこともできますし、見えている人といっしょに歩きながら作成するのもよいわけです。 また、作成したルートのデータは共有機能で他のユーザに渡すこともできます。 VoiceOverがオフの環境でも利用できます。 屋外のルートを記録して利用することもできますが、ルートを記録した時点とは車や歩行者の映り込みなど、大きな違いが生じているかもしれないので、確実性は低くなる恐れがあります。 ナビゲーション機能を利用して歩くときには、安全面に十分配慮してください。 また、アプリの指示に頼りすぎず、自分の感覚を大切にすることも必要です。 上から、• ・options ボタン 設定、ヘルプ、フィードバックなどのメニュー• ・Save a route ボタン ルートを記録して保存する• ・Record a single use route ボタン 一度利用のルートを記録、保存はしない• 次のボタン類が表示されます。 ・Options ボタン オプションメニュー• ・Clew Home Screen ホームスクリーンを表示• ・Enter text to help you remember this Anchor Point ボタン アンカーポイントの名前をテキストで入力• ・Record audio to help you remember this Anchor Point ボタン アンカーポイントの名前を音声メモする• ・Start alignment countdown ボタン カウントダウンして調整を開始 まずは出発地点をアンカーポイントとして登録します。 このアンカーポイントにはテキストか音声メモで名前を付けておくことができますが、必須ではありません。 では、実際にルートを記録してみましょう。 アンカーポイントに名前を付ける場合は、記録を開始する前に済ませておいてください。 出発地点をアンカーポイントとして登録するには、iPhone本体を水平に、画面を上に向けて持ちます。 壁などの目印があれば、iPhoneの上側面を壁に押し付けて、記録するとより確実なようです。 「Start alignment countdown ボタン」を実行します。 5, 4, 3, 2, 1, 0とカウントダウンされて、アンカーポイントが記録されたことがアナウンスされます。 「Anchor point saved. You are now recording a route. iPhone本体を縦に持ち、画面は自分の側に向けます。 背面カメラは進行方向に向いています。 そして、記録したいルートを歩いていきます。 週着地点に到達したら、 「Stop recording」ボタンを実行します。 アンカーポイントにはテキストか音声メモで名前を付けることができますが、必須ではありません。 終着地点をアンカーポイントとして登録するには、iPhone本体を水平に、画面を上に向けて持ちます。 壁などの目印があれば、iPhoneの上側面を壁に押し付けて、記録するとより確実なようです。 「Start alignment countdown ボタン」を実行します。 5, 4, 3, 2, 1, 0とカウントダウンされて、アンカーポイントが記録されたことがアナウンスされます。 「Anchor point saved. You may now name your route. テキストフィールドにルートの名前をタイプします。 日本語でタイプすると保存できないので、半角英語でタイプする必要があります。 「Save a route」ボタンを実行すると保存完了です。 次の画面では、 「Clew Home Screen」ボタンを実行して、ホームスクリーンに戻りましょう。 もし今記録したルートを終着地点から出発地点にバックしてみたい場合は、 「Start navigation」ボタンを実行することで、ナビゲーションが始まります。 保存したルートが一覧表示されます。 それぞれのルートは新しい順に、名前と作成日時が表示されています。 利用したいルートの名前の箇所を実行します。 利用するルートによるナビゲーションは、出発地点から週着地点の方向か、あるいはその逆の向きかを選びます。 「Start to End」ボタン 「End to Start」ボタン• 登録したアンカーポイントで位置の調整をします。 登録したときと同じように、iPhone本体を水平に、画面を上に向けて持ちます。 壁などの目印があれば、iPhoneの上側面を壁に押し付けて調整すると、より確実なようです。 「Start alignment countdown ボタン」を実行します。 5, 4, 3, 2, 1, 0とカウントダウンされて、アンカーポイントが確認されたことがアナウンスされて、ナビゲーションが始まります。 効果音や音声によるアナウンスを聞きながら終着地点に向かって歩きます。 iPhone本体を縦に持ち、画面は自分の側に向けます。 進むべき方向にiPhoneの背面カメラが向いていると、「チッ チッ チッ」というヤモリの鳴き声のような効果音が聞こえます。 「Turn around」 くるりと回って 「Turn left」 左へ曲がって 「Slight right」 少し右へ 「Proceed downstairs」 下り会談へ などのアナウンスをヒントに歩きます。 アナウンスを手動で確認するには、 「Get Directions」ボタンを実行します。 また、途中で終了するには、 「Stop navigation」ボタンを実行します。 終着地点に到達すると、 「Good」ボタンと「Bad」ボタンが表示されます。 これはナビゲーションの制度を評価するもので、どちらかのボタンを実行します。 画面はホームスクリーンに戻ります。 ルートの名前の箇所で、1本指の上スワイプか下スワイプを行います。 「Delete」という読み上げを確認したら、1本指でダブルタップします。 これで削除されます。 「Share」という読み上げを確認したら、1本指でダブルタップします。 すると、共有メニューが表示されます。 たとえば、メールで共有すると、"crd"という拡張子のファイルを添付して送信することになります。 データを取り込むには、 受け取った人がClewアプリをインストールしておくことが必要になります。 受信メールを開いて、添付ファイルの個所を実行し、次の画面で 「共有」ボタンを実行します。 メニューの中から 「Clewにコピー」を実行することで、Clewアプリに取り込まれ、 「Saved routes list」の中で確認することができます。 ホームスクリーンで、 「Record a single use route」ボタンを実行します。 この場所が出発地点となり、ルートの記録が始まります。 終着地点まで歩いていき、 「Stop recording」ボタンを実行します。 「Start navigation」ボタンを実行すると、 終着地点から出発地点までのナビゲーションが始まります。 ゴールとなる出発地点に到達すると、 「Good」ボタンと「Bad」ボタンが表示されます。 どちらかのボタンを実行して、ホームスクリーンに戻ります。 各種設定メニューが表示されます。 「Distance Unit」では、 距離の単位をフィートにするかメートルにするか。 フィードバックの方法を選択することができます。 Sound 効果音 Voice 音声 Haptic 振動 それぞれをオン・オフ切り替えできます。

次の

ナビゲーション ウインドウとは

ナビゲーション アプリ

登録スポット お気に入りの場所を登録しておけば、すばやく目的地に設定できます。 満空情報 駐車場の満空情報を地図上に表示できるので駐車場をスムーズに探せます。 駐車位置を保存 駐車位置を保存できるので、広い駐車場で自分の車まで迷うこともありません。 通信量を節約 一度表示した地図は保存されるため、よく通る道は通信量を節約しながら案内されます。 トンネル内も案内 電波の届きづらいトンネルの中でも、独自のシステムで案内を継続します。 音声操作 「ねえ、Yahoo! 」と声をかければ、あなたのさまざまな要望にお答えします。 専用リモコン 専用のハンドルリモコンを使えば、ハンドルから手を離さずに操作できます。 スマートフォンカーナビを 超えた体験をあなたへ• スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です。 「App Store」ボタンを押すと(外部サイト)が起動します。 Yahoo! 詳細は(外部サイト)をご確認ください。 Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPad、iTunes、Apple CarPlayは、 米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc. の商標です。 App Storeは、Apple Inc. のサービスマークです。 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2020 Apple Inc. All rights reserved. アプリケーションはAndroidでご利用いただけます。 Android、Androidロゴ、Google PlayおよびGoogle Playロゴは、Google LLCの商標です。 - - Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の