兵庫 県 高校 野球 結果。 高校野球 夏季兵庫県大会の出場校決まる|20年夏季県大会|兵庫の高校野球|神戸新聞NEXT

兵庫県高野連、代替大会実施も甲子園球場使用せず 他都道府県の高校に配慮「使えない」/野球/デイリースポーツ online

兵庫 県 高校 野球 結果

兵庫県高校野球連盟は15日、新型コロナウイルスの影響で中止になった全国高校野球選手権兵庫大会に代わる独自大会「夏季兵庫県高校野球大会」(神戸新聞社など後援)の開催要項を発表した。 授業優先のため日程が限られ、ベスト8が出そろった時点で打ち切り、準々決勝以降は行わないことを正式に表明した。 7月18日から8月7日まで県内14球場を使用して行われ、7月中の開催は土日、祝日に限り、会期は延長されない。 加盟162校のうち、現時点の出場辞退は部員不足による1校のみで、ほとんどのチームの出場を見込んでいるという。 昨夏の兵庫大会の出場校は全国5番目の多さで、県高野連は日程確保に苦慮。 福留和年理事長は「(代替大会の検討は)『せいぜい1ゲームかな』というところからスタートした。 最後(決勝)まではできないが、3年間の取り組みの成果を発揮してもらいたい」と理解を求めた。 4回戦までは5地区17ブロックに分かれる。 内訳は阪神4、神戸4、播淡4、西播3、但丹2。 但丹のみ地区代表決定戦を行い、16強が再抽選して5回戦を戦う。 ベンチ入りは昨年同様20人だが、3年生の多い学校に配慮して試合ごとの選手変更を認める。 ただし、一度外れた選手の再登録は認めない。 タイブレーク制は延長十回から適用する。 試合は無観客で行い、ベンチ外の選手や3年生の保護者のみ入場できる。 チームには大会初戦2週間前からの全員の行動記録を残すよう求めるという。 感染者が発生したチームは参加できず、感染の拡大状況によって、県高野連は「大会自体が中止になることもあり得る」としている。 (山本哲志).

次の

広報

兵庫 県 高校 野球 結果

兵庫県高校野球連盟は15日、新型コロナウイルスの影響で中止になった全国高校野球選手権兵庫大会に代わる独自大会「夏季兵庫県高校野球大会」(神戸新聞社など後援)の開催要項を発表した。 授業優先のため日程が限られ、ベスト8が出そろった時点で打ち切り、準々決勝以降は行わないことを正式に表明した。 7月18日から8月7日まで県内14球場を使用して行われ、7月中の開催は土日、祝日に限り、会期は延長されない。 加盟162校のうち、現時点の出場辞退は部員不足による1校のみで、ほとんどのチームの出場を見込んでいるという。 昨夏の兵庫大会の出場校は全国5番目の多さで、県高野連は日程確保に苦慮。 福留和年理事長は「(代替大会の検討は)『せいぜい1ゲームかな』というところからスタートした。 最後(決勝)まではできないが、3年間の取り組みの成果を発揮してもらいたい」と理解を求めた。 4回戦までは5地区17ブロックに分かれる。 内訳は阪神4、神戸4、播淡4、西播3、但丹2。 但丹のみ地区代表決定戦を行い、16強が再抽選して5回戦を戦う。 ベンチ入りは昨年同様20人だが、3年生の多い学校に配慮して試合ごとの選手変更を認める。 ただし、一度外れた選手の再登録は認めない。 タイブレーク制は延長十回から適用する。 試合は無観客で行い、ベンチ外の選手や3年生の保護者のみ入場できる。 チームには大会初戦2週間前からの全員の行動記録を残すよう求めるという。 感染者が発生したチームは参加できず、感染の拡大状況によって、県高野連は「大会自体が中止になることもあり得る」としている。 (山本哲志).

次の

兵庫県高野連、代替大会実施も甲子園球場使用せず 他都道府県の高校に配慮「使えない」/野球/デイリースポーツ online

兵庫 県 高校 野球 結果

概要 [ ] 兵庫県高等学校野球連盟加盟校で争われる。 組み合わせ抽選の時に1から16のブロックに分かれて試合を行い、5回戦、準々決勝、準決勝で再抽選がある。 春季県大会でベスト16に残った学校はシード校として各ブロックに割り振られ、シード校同士は5回戦まで対戦しないよう配慮される。 また、春季県大会の優勝校と準優勝校は、決勝まで対戦しないよう配慮される。 記念大会における東西の境界線について [ ] 、、、、、、、の地域を「東兵庫」、その他の市町の地域を「西兵庫」としている。 地理的な枠組みとは必ずしも一致せず、例えば神戸市よりも東に位置するやが「西兵庫」となっている。 歴史 [ ]• (第1回) - 「全国中等学校優勝野球兵庫大会」としてスタート。 単独開催としては唯一第1回から歴史を重ねている。 初代表校は。 (第27回) - 戦時体制による交通制限実施のため予選で中止となる。 (第30回) - 学制改革により「全国高等学校野球選手権兵庫大会」と改称。 高等学校としての初代表は。 (第80回) - 記念大会により兵庫県を東西に2分割(東兵庫大会・西兵庫大会)して開催。 (第90回) - 記念大会により兵庫県を東西に2分割(東兵庫大会・西兵庫大会)して開催。 (第100回) - 記念大会により兵庫県を東西に2分割(東兵庫大会・西兵庫大会)して開催。 使用球場 [ ] 現在 [ ]• (通称:明石トーカロ球場。 メインスタジアム)• (通称:ウインク球場。 - 2011年・2014年 - )• (通称:ベイコム球場)• (通称:ほっともっとフィールド神戸。 決勝戦で使用することもある)• (通称:G7 STADIUM KOBE。 2011年 - )• (通称:淡路球場)• (通称:アメニスキッピースタジアム。 2008年 - 2013年・2015年 - )• (豊岡市立豊岡総合スポーツセンター野球場) 過去 [ ]• (2004年を最後に使用されていない)• (通称:春日スタジアム、2014年を最後に使用されていない) 大会結果 [ ] 兵庫代表校の選手権大会戦績については「 」を参照 年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考 全国大会成績 1915年() 7 3x - 2 関西学院中 初戦敗退 1916年() 8 16 - 2 神戸商 初戦敗退 1917年() 関西学院中 14 - 4 御影師範 準優勝 1918年() 関西学院中 3 - 2 神戸商 (中止) 1919年() 8 - 3 神戸商 優勝 1920年() 関西学院中 8 - 2 神港商 優勝 1921年() 神戸一中 2 - 1 甲陽中 初戦敗退 1922年() 1 - 0 第一神港商 準優勝 1923年() 4 - 3 姫路中 優勝 1924年() 12 - 0 甲陽中 ベスト8 1925年() 第一神港商 10 - 1 神戸二中 ベスト4 1926年() 第一神港商 2 - 1 関西学院中 2回戦 1927年() 第一神港商 8 - 3 甲陽中 初戦敗退 1928年() 甲陽中 4 - 3 神戸二中 ベスト8 1929年() 関西学院中 7 - 4 神戸一中 初戦敗退 1930年() 甲陽中 3 - 0 明石中 初戦敗退 1931年() 第一神港商 3 - 0 育英商 初戦敗退 1932年() 3 - 0 甲陽中 ベスト4 1933年() 明石中 3 - 0 育英商 ベスト4 1934年() 神戸一中 2x - 1 明石中 延長20回 初戦敗退 1935年() 6 - 1 明石中 準優勝 1936年() 育英商 7 - 1 明石中 ベスト4 1937年() 2 - 1 甲陽中 ベスト4 1938年() 甲陽中 4 - 1 滝川中 ベスト4 1939年() 関西学院中 3 - 0 明石中 2回戦 1940年() 3 - 0 甲陽中 初戦敗退 1941年() (中止) 1946年() 4 - 0 関西学院中 初戦敗退 1947年() 神戸一中 7 - 6 三田中 初戦敗退 1948年() 芦屋 5 - 3 神戸二 初戦敗退 1949年() 芦屋 9 - 0 尼崎工 ベスト8 1950年() 明石 6 - 2 兵庫工 初戦敗退 1951年() 芦屋 2 - 0 育英 ベスト8 1952年() 芦屋 8 - 1 育英 優勝 1953年() 芦屋 13 - 3 育英 初戦敗退 1954年() 滝川 2 - 0 赤穂 初戦敗退 1955年() 4 - 2 明石 初戦敗退 1956年() 2x - 1 洲本 初戦敗退 1957年() 育英 2 - 1 県尼崎 初戦敗退 1958年() 4 - 0 報徳学園 3回戦 1959年() 滝川 2 - 0 育英 初戦敗退 1960年() 明石 1 - 0 育英 ベスト8 1961年() 2 - 0 県尼崎 ベスト8 1962年() 滝川 6 - 0 柏原 2回戦 1963年() 6 - 5 姫路南 初戦敗退 1964年() 滝川 1 - 0 育英 2回戦 1965年() 報徳学園 1x - 0 育英 ベスト8 1966年() 報徳学園 5 - 2 洲本 ベスト4 1967年() 報徳学園 4 - 0 三田 2回戦 1968年() 市神港 1 - 0 尼崎西 初戦敗退 1969年() 3 - 0 尼崎西 初戦敗退 1970年() 滝川 9 - 2 洲本 ベスト8 1971年() 報徳学園 17 - 1 山崎 2回戦 1972年() 東洋大姫路 4 - 2 市神港 延長15回 2回戦 1973年() 東洋大姫路 4 - 3 滝川 初戦敗退 1974年() 東洋大姫路 11 - 2 加古川西 3回戦 1975年() 3 - 1 津名 初戦敗退 1976年() 市神港 6 - 0 東洋大姫路 3回戦 1977年() 東洋大姫路 3 - 0 市尼崎 優勝 1978年() 報徳学園 3 - 2 洲本 ベスト8 1979年() 1 - 0 市尼崎 2回戦 1980年() 滝川 4 - 2 報徳学園 3回戦 1981年() 報徳学園 5 - 1 東洋大姫路 優勝 1982年() 東洋大姫路 10 - 0 市川 ベスト4 1983年() 8 - 0 洲本 3回戦 1984年() 明石 3 - 2 村野工 延長11回 2回戦 1985年() 東洋大姫路 2 - 1 報徳学園 3回戦 1986年() 東洋大姫路 8x - 7 滝川二 延長10回 ベスト8 1987年() 明石 4 - 1 高砂 初戦敗退 1988年() 7 - 4 東洋大姫路 2回戦 1989年() 11 - 1 神港学園 3回戦 1990年() 育英 9 - 8 東洋大姫路 初戦敗退 1991年() 5 - 3 神港学園 初戦敗退 1992年() 7 - 4 滝川二 3回戦 1993年() 育英 1 - 0 姫路工 優勝 1994年() 2 - 0 飾磨 初戦敗退 1995年() 5 - 2 神戸弘陵 初戦敗退 1996年() 神港学園 15 - 3 育英 初戦敗退 1997年() 報徳学園 9x - 6 神港学園 2回戦 1998年() 東77 報徳学園 18 - 3 仁川学院 初戦敗退 西89 東洋大姫路 3 - 2 姫路工 初戦敗退 1999年() 滝川二 19 - 0 市川 ベスト8 2000年() 育英 11 - 0 関西学院 ベスト4 2001年() 167 東洋大姫路 4 - 2 姫路工 3回戦 2002年() 169 報徳学園 5 - 0 神戸国際大付 初戦敗退 2003年() 170 神港学園 2 - 1 東洋大姫路 延長10回 初戦敗退 2004年() 168 報徳学園 12 - 8 市尼崎 初戦敗退 2005年() 166 姫路工 3 - 2 神戸国際大付 初戦敗退 2006年() 163 東洋大姫路 5x - 4 神港学園 ベスト8 2007年() 163 報徳学園 10 - 6 神戸国際大付 初戦敗退 2008年() 東74 報徳学園 2x - 1 神戸弘陵 延長12回 ベスト8 西89 5 - 2 洲本 初戦敗退 2009年() 164 関西学院 4 - 1 育英 2回戦 2010年() 161 報徳学園 4 - 0 市川 ベスト4 2011年() 161 東洋大姫路 2 - 2 加古川北 延長15回 ベスト8 6 - 0 再試合 2012年() 161 滝川二 6 - 2 加古川北 2回戦 2013年() 162 3x - 2 東洋大姫路 2回戦 2014年() 162 11 - 1 三田松聖 初戦敗退 2015年() 162 滝川二 8 - 2 明石商 2回戦 2016年() 162 市尼崎 3 - 2 明石商 初戦敗退 2017年() 162 神戸国際大付 4 - 0 明石商 3回戦 2018年() 東72 報徳学園 2 - 0 市尼崎 ベスト8 西90 6 - 3 姫路工 初戦敗退 2019年() 161 明石商 4 - 1 神戸国際大付 ベスト4 放送体制 [ ]• では、まで3回戦から中継していたが徐々に縮小され、ごろよりまで準決勝・決勝を、より決勝のみ(うち2008年との記念大会は西兵庫大会・東兵庫大会とも)生中継している。 2019年はバーチャル高校野球向けに準決勝が配信された。 総合テレビで決勝を兵庫県内向け(2012年から2015年までは準決勝・決勝、2011年までの決勝は近畿2府4県向け、2015年の決勝は総合で国会中継が行われEテレ(2012年以降も放送対象地域は、近畿2府4県向け)で放送された)で送っている。 またFM放送でも県内向けに準決勝を放送している(2015年までは5回戦・準々決勝、ただし2011・2012年は5回戦の放送なし)。 2008年は東兵庫・西兵庫大会の準決勝・決勝を放送、2012年は準決勝、2015年は準決勝・決勝開催日に総合で国会中継を行ったため、代わりにFMで放送した。 のCATV局では、開会式と東播磨地区12校の試合を中継(高砂球場の試合は生中継)する。 またBAN-BANラジオ(局、テレビと同時放送)でも生中継される。 では、姫路球場から、姫路・太子・佐用地区の高校が出場する試合を生中継。 2010年より、宍粟・上郡地区の試合と姫路球場開催の最終日に行われる準々決勝2試合も生中継される。 姫路球場の改修に伴い2012年は中継対象を高砂球場、2013年は明石球場に変更。 2016年は準決勝2試合も中継。 で決勝(2009年以前は準決勝・決勝、2011年は引き分け再試合の放送なし)を放送。 の一時期、でも放送されたことがあった。 脚注 [ ].

次の