北斗天昇狙い目。 北斗の拳天昇|天井恩恵 期待値 ハイエナ狙い目

北斗の拳天昇 やめどきまとめ|有利区間継続後は即ヤメ厳禁パターンあり

北斗天昇狙い目

通常A以外のモードの振り分けがどれぐらいあるのかわかりませんが、天井振り分けがある以上、200G・400G・600G付近でも多少当選率はアップするかなと思います。 とはいえ、不確定要素が多いので、現段階ではそこをゾーン狙いするのは危険ですね。 どのモードでも400Gがチャンスとなっているので、その手前から天井狙いをしていくのがいいのかなと思います。 奇数回目の激闘ボーナス後は有利区間を引き継ぐので、その場合は次回激闘ボーナスまで追ったほうがいいと思います。 有利区間はATでリセットされるので、真天昇ラッシュ後は奇数回でも即ヤメでOKです。 世紀末ポイント・昇舞魂 画面右の世紀末ポイントが1000ptになるとCZ「世紀末ゾーン」に突入するので、1000pt間近の場合は貯まるまで追ったほうがいいですね。 また、レア役成立時や規定ポイント獲得で画面左の昇舞魂を獲得することがあり、この昇舞魂が多いほど激闘ボーナス当選時のAT突入率が優遇されるので、多く獲得している場合は激闘ボーナス当選時まで追ったほうがいいかもしれません。 ステージによる示唆 ステージ 示唆 地下通路 CZ前兆示唆 荒野 七星チャージ突入率UP 昇舞魂獲得率UP ステージで状態を示唆していて、• 地下通路ステージはCZ「断末魔ゾーン」前兆示唆• 荒野ステージは七星チャージ突入率・昇舞魂獲得率が大幅アップ となっているので、少し様子を見たほうがいいですね。 天候変化による示唆 天候が雨や雪などに変化することがあり、その場合は通常B以上濃厚(=600G以内の当選濃厚)となるので、状況によっては追ったほうがいいかもしれません。 8 調査中 97. 2 99. 1 100. 5 105. 7 110. 4 114. また、本機はATのみで増やすタイプとなっているので、目押しが出来なくても遊技上は問題ないですね。 設定変更・リセット 設定変更 電源ON・OFF 天井 リセット 引き継ぐ.

次の

【北斗の拳 天昇】天井期待値・ゾーン・設定狙い・やめどき・勝ち方・攻略

北斗天昇狙い目

パチスロ北斗の拳天昇がついにホールに導入されました。 6号機では初の北斗シリーズで、リゼロ一強の現在の6号機市場にどう影響を与えるか気になる機種でもあります。 導入されてまだ日が浅い為、まだ完全な解析情報等が出回っていないものの、既に2chや攻略系サイトには有利区間のリセットタイミングや狙い目などの情報が出回っているようです。 今回の記事では、 北斗の拳天昇における有利区間と狙い目について、ホールのデータを基に、私自身の視点で分析した内容を具体的に見ていきたいと思います。 有利区間のリセットタイミング 現在出回っている情報だと、有利区間のリセットタイミングは以下となっております。 ・設定変更後 ・RUSH終了後 ・有利区間リセット後の激闘ボーナス2回目敗北後 上記3つの条件が有利区間のリセットタイミングとされているそうですが、実際のホールのデータを見て検証してみます。 この履歴データを分析するとこんな感じでしょうか。 分析した結果を見てみると、有利区間のリセットタイミングは、「設定変更後」「RUSH終了後」「有利区間リセット後の激闘ボーナス2回目敗北後」で間違いなさそうです。 有利区間通常ゲーム数合計 北斗の拳天昇では4つのモードがあることは既に公表されています。 これを基に、有利区間通常ゲーム数の合計を考察すると、 「1000GがMAX」となるのが読み取れます。 先ほどの履歴データ分析を見てみても、激闘ボーナス1回目と激闘ボーナス2回目の当たりゲーム数の合計は、1000以内に収まっています。 北斗の拳天昇は純増が約6. 3枚なので、最大2400枚を出す為には約400GのAT区間が必要で、バッファ区間100Gを考慮すると、 有利区間通常の最大は1000Gに設計されるのは必然となってくるでしょう。 裏を返すと、 通常時を1000G回せば2回の激闘ボーナスが当たることになります。 以下に当たり方のパターンを挙げてみます。 灰色になっている部分のパターンは基本的には選択されないかと思われます。 また、激闘ボーナス1回目と激闘ボーナス2回目の有利区間通常ゲーム数合計が1000を超えるパターンも選択されないでしょう。 こうやってみると、 モード移行 当たり のパターンは7つしかないのが分かります。 まとめ 北斗の拳天昇の有利区間を考察すると、かなりシンプルなモード移行となっており、狙い目は以下となるでしょう。 」は必ず確認してから狙うと良いでしょう。 単純に、前回600Gで当たっているから・・・という履歴チェックをしないで打つと、「実は有利区間リセット後の激闘ボーナス2回目の当たりが600Gだった」ってこともあり得ますので。

次の

北斗の拳 天昇【スロット新台】スペック・設定判別・解析攻略まとめ

北斗天昇狙い目

パチスロ北斗の拳天昇がついにホールに導入されました。 6号機では初の北斗シリーズで、リゼロ一強の現在の6号機市場にどう影響を与えるか気になる機種でもあります。 導入されてまだ日が浅い為、まだ完全な解析情報等が出回っていないものの、既に2chや攻略系サイトには有利区間のリセットタイミングや狙い目などの情報が出回っているようです。 今回の記事では、 北斗の拳天昇における有利区間と狙い目について、ホールのデータを基に、私自身の視点で分析した内容を具体的に見ていきたいと思います。 有利区間のリセットタイミング 現在出回っている情報だと、有利区間のリセットタイミングは以下となっております。 ・設定変更後 ・RUSH終了後 ・有利区間リセット後の激闘ボーナス2回目敗北後 上記3つの条件が有利区間のリセットタイミングとされているそうですが、実際のホールのデータを見て検証してみます。 この履歴データを分析するとこんな感じでしょうか。 分析した結果を見てみると、有利区間のリセットタイミングは、「設定変更後」「RUSH終了後」「有利区間リセット後の激闘ボーナス2回目敗北後」で間違いなさそうです。 有利区間通常ゲーム数合計 北斗の拳天昇では4つのモードがあることは既に公表されています。 これを基に、有利区間通常ゲーム数の合計を考察すると、 「1000GがMAX」となるのが読み取れます。 先ほどの履歴データ分析を見てみても、激闘ボーナス1回目と激闘ボーナス2回目の当たりゲーム数の合計は、1000以内に収まっています。 北斗の拳天昇は純増が約6. 3枚なので、最大2400枚を出す為には約400GのAT区間が必要で、バッファ区間100Gを考慮すると、 有利区間通常の最大は1000Gに設計されるのは必然となってくるでしょう。 裏を返すと、 通常時を1000G回せば2回の激闘ボーナスが当たることになります。 以下に当たり方のパターンを挙げてみます。 灰色になっている部分のパターンは基本的には選択されないかと思われます。 また、激闘ボーナス1回目と激闘ボーナス2回目の有利区間通常ゲーム数合計が1000を超えるパターンも選択されないでしょう。 こうやってみると、 モード移行 当たり のパターンは7つしかないのが分かります。 まとめ 北斗の拳天昇の有利区間を考察すると、かなりシンプルなモード移行となっており、狙い目は以下となるでしょう。 」は必ず確認してから狙うと良いでしょう。 単純に、前回600Gで当たっているから・・・という履歴チェックをしないで打つと、「実は有利区間リセット後の激闘ボーナス2回目の当たりが600Gだった」ってこともあり得ますので。

次の