ソフトバンクネット解約。 モデムなど接続機器のご返却先|お客様サポート|インターネット|ソフトバンク

インターネットの引越し方法は継続と解約どっちがいい?│注意点・乗り換え方法も解説

ソフトバンクネット解約

ソフトバンクの光回線インターネット「」の解約手続きについてまとめました。 これからSoftBank光を契約する方も、解約手続きや解約金についてチェックしておいてくださいね。 目次:• SoftBank光の解約金の仕組み を解約する際に、解約金は発生するのでしょうか?また、どのような仕組みになっているのでしょうか? を解約する理由は人それぞれ異なります。 「他社の光回線プランに乗り換えたい」「引越しに伴ってモバイルWi-Fiに切り替えようと思っている」などなど・・・。 そんな人のために、なるべく損失を抑えながらを解約する方法をご説明します。 まずは解約金の仕組みについて見ていきましょう。 の2年及び5年自動更新プランは、契約満了月以外に解約すると以下の解除料が発生します。 SoftBank光 — 契約解除料(税抜) プラン名 解除料 戸建て向けプラン 2年自動更新プラン 9,500円 5年自動更新プラン (「ソフトバンク光テレビ」の申し込みが必要) 15,000円 自動更新なしプラン - 集合住宅向けプラン 2年自動更新プラン 9,500円 自動更新なしプラン - では、いつ解約しても解除料がかからない「自動更新なしプラン」も選べます。 ですが、プランよりも月額料金が月々1,100円も高くなります。 を契約してから8ヵ月以内に解約するのであれば、「なしプラン」のほうが総合的に見て安くつきます。 契約期間が9ヵ月以上であれば、2年自動更新プランのほうが解除料を払ったとしても安くなります。 ですので、を新規契約するのであれば、ほとんどの場合は自動更新プランを選ぶのが正解といえるでしょう。 自動更新プランとは? SoftBank光に限らず、ほとんどの光インターネットプランは自動更新タイプになっています。 自動更新プランとは、たとえば2年自動更新であれば解約しない限り2年ごとに契約が自動的に更新されるプランのことです。 一定期間契約を継続する代わりに、月額料金の割引や工事費無料、キャッシュバックなどの特典が適用される場合が大半です。 SoftBank光の解約方法 の解約は、下記の「SoftBank 光 サポートセンター」にて電話で受け付けています一般電話、携帯・PHS、いずれからも電話がかけられます。 ただし、ソフトバンクと契約している電話番号、もしくは連絡先として登録している電話番号からかける必要があります。 SoftBank 光 サポートセンター 電話番号 (受付時間) 186-0800-111-2009(通話料無料) 10:00~19:00 解約を申し込んでも、すぐに解約が完了するわけではありません。 設備の撤去工事が必要かどうかなどによって解約完了日は変わってきますので、解約したい月には早めに手続きをするようにしましょう。 解約金を払わずにを解約するには SoftBank光を、解約金を払わないで解約するには次の3つの方法があります。 契約満了月に解約する• 自動更新なしプランを選ぶ• 現金キャッシュバックのある他社プランに乗り換える SoftBank光を契約満了月に解約する SoftBank光の2年自動更新プランは、契約成立した月から24ヵ月目が契約満了月になります。 その月に解約すれば、解除料はかかりません。 気を付けないといけないのは、 契約成立日は申込受付日とは違うということです。 たとえば申し込んだのが3月28日だったとして、契約が成立したのが4月2日であれば、契約1ヵ月目は4月となります。 契約初月を勘違いすると、契約満了月も間違ってしまいますので、必ず正しい契約満了月を確認するようにしましょう。 また、を契約満了月に解約したいのであれば、その月のなるべく初頭に解約手続きをするのがおすすめです。 光回線設備の撤去工事など手続きが必要になり、解約完了日がずれ込む場合があるからです。 最低でも、解約希望日の最低6営業日前までには解約申し込みをする必要があります。 SoftBank光の自動更新なしプランを選ぶ の自動更新なしプランであれば、いつ解約したとしても解除料は発生しません。 ただし、上でも触れたとおり月々の料金が高くなってしまいます。 近々引っ越す可能性がある場合など特別な事情がある人は、自動更新なしプランを選ぶといざという時に安心かもしれません。 現金キャッシュバックのある他社プランに乗り換える これは、 の解約金を、乗り換え先である他社の特典で補填するという方法です。 の2年自動更新プランの解除料は9,500円ですが、それを上回る金額の現金キャッシュバックがある光インターネットプランに乗り換えればいいわけです。 各社では、様々な特典やキャンペーンを実施しています。 それらをチェックした上で、の解約に進むのもありでしょう。 光コラボ事業者の一覧 プロバイダー名 特徴• OCN 光は、NTT系企業でインターネットシェアNo. 1です。 当然、知名度も実績もあります。 OCN光はおすすめ? - 口コミ・メリット・デメリットを調査• So-net は、光回線インターネットプロバイダーシェアNo. 2の会社です。 ソニー系企業で実績もあります。 So-net光コラボはおすすめ? - メリット・デメリットを調査• ぷらら光は、NTT系列のプロバイダーで実績もあり安心な光コラボです。 ぷらら光コラボはおすすめ? - メリット・デメリットを調査• docomo光は、携帯3大キャリアの一つ、NTTドコモの光回線コラボです。 スマホ、ケータイ、iPadなど利用で毎月500円から最大2000円まで割引 ドコモ光の特徴・申し込み方法• DMM光は、低価格がウリの光回線コラボの会社です。 (しばり)がなく、最低利用期間があるのみです。 DMM光コラボはおすすめ? - メリット・デメリットを調査• インターネット回線では珍しく、(しばり)も最低利用期間も解約金もありません。 excite光は、月額料金の安さに定評があります。 excite光の特徴・申し込み方法• 光コラボでは珍しく、(しばり)も最低利用期間も解約金もありません。 DTI 光は、通信速度に定評があります。 DTI 光はおすすめ? - 料金と特徴を調査 SoftBank光解約前の注意点 の解約時には、費用が思ったより高くついて面食らうことがあり得ます。 そのような事態を避けるために、前もって注意しておくべきことを見てみましょう。 光回線の工事費残債がないか確認しよう 転用ではなく新規でを契約した場合、光回線導入の工事費が発生しており、その工事費を分割で支払っているケースがあります。 通常、立会い工事の場合24,000円の工事費を24回分割で、月々1,000円ずつの支払いになっています。 そうすると、 2年以内にを解約した場合、工事費残金をすべて一括で支払わなくてはいけません。 契約解除料に加えて工事費残債が上乗せされると、支払いが高額になってしまいます。 そのため可能であれば、SoftBank光契約時にに申し込むのがおすすめです。 最近はもかなり定着しています。 引っ越しなどで地理的に制約をうける可能性のある方は、工事のいらないインターネット、という選択肢もあります ルータやモデム等機器は必ず返却しよう の解約に伴い、光BBユニットや電源アダプター、LANケーブル等のレンタル機器はソフトバンクに返却しないといけません。 これらの機器はソフトバンクの所有物なので、返却がないと損害額を請求されることがあります。 ソフトバンクは、 解約希望日から14日以内にこれらレンタル機器を返却することを定めていますので、忘れないようにしましょう。

次の

ソフトバンクエアー解約は電話のみ!違約金0円で損しない方法

ソフトバンクネット解約

3つだけ抑えればいいのね。 これも節約のためだから頑張らなきゃ。 解約月の料金に注意! まずは、契約解除月の料金に関してです。 SoftBankから乗り換え経験のあるほとんどの方が、契約解除月は余分にお金をとられ、損しているのではないかと思います。 SoftBankの契約解除月の料金の計算方法は非常にややこしく、 知識がないと損をしない方が難しいからです。 ということで、ここではそんな契約解除月の料金の考え方を誰でも理解できるよう、1つ1つ丁寧に説明していきます。 解約月はほとんど満額請求 まず、大前提として契約解除月は満額請求だと思ってください。 つまり、締め日を1日またいだだけでも、 満額の料金が発生するのです。 SoftBankには10日締め、20日締め、月末締めの3種類があり、どの締め日に属するかは人によって異なります。 しかし、どの締め日であったとしても、締め日を1日またいで解約しようが、締め日ギリギリまで使おうが利用料は満額請求されます。 ホワイトプランは2018年6月27日をもって、 新規受付が終了する旨が発表されています。 下記方法を使って、解約月の利用料を抑えようとお考えの方は6月27日までホワイトプランに変更することをお忘れなく! 唯一、契約解除月でも日割り計算があるのが、 ホワイトプランと、パケットし放題for 4GLTEです。 ホワイトプランは月額料金980円でソフトバンク同士の通話が無料になるプランです。 電話のプランの中では唯一日割り計算が適用されます。 パケットし放題for 4GLTEは2段階性のデータプランで、料金は2,000円〜6,200円となっています。 そして、下限額は日割り計算対象となります。 よく似たプランに、パケットし放題フラットfor 4GLTEがあり、こちらは日割り対象ではないので間違えないようにしましょう。 実は、このホワイトプランとパケットし放題for 4GLTEを駆使して、契約解除月の料金できるだけ安く抑えることが可能です。 詳しいやり方は、以下の専用の記事でご紹介していますので、合わせて参考にしてみてくださいね。 ウェブ使用料と一部オプション料金は日割り可能 月額300円のウェブ使用料と、一部のオプション料金は日割り可能です。 代表的なオプションの日割り可否は以下の通りです。 締め日ギリギリまで使って、解約する 以前は日割りのプランに変更して解約月の料金を安く抑える方法があったのですが、現在は日割り対象プランが無くなってしまったため、 締め日ギリギリまで使うしか方法がないんです。 あなたの締め日が、10日なら9日か10日、20日なら19日か20日、月末なら30日か31日あたりに解約が成立すれば、その月をめいいっぱい使ったことになりますから、ほとんど損することなく、乗り換えることが可能です。 ただ、ここで忘れちゃいけないのが、 乗り換え先の携帯会社の事情。 格安SIMの中には初月の月額料金が安かったり、無料になったりするものがあります。 ここでいう初月とは、利用開始日を含む月の月末までです。 となると、10日締めの方はともかく、20日締め、月末締めの方は、20日や30日に乗り換えるとその分、お得期間が短くなってしまいますよね。 すーちゃん SoftBankで契約しているスマホとタブレットでデータシェアが組まれていませんか? 確かにデータシェアを組むことによって、タブレットの料金はずいぶん安く抑えられるのですが、もしあなたがスマホだけをそのまま解約してしまった場合、 残されたタブレットは大変なことになります。 データシェアは、月額料金500円を支払うことによって、スマホで契約しているデータ量をタブレットでも使えるようになる仕組みです。 しかし親回線であるスマホが解約になると、タブレットは自動的に単体でデータを契約することになります。 その際にどのデータプランに変更になるかは、それぞれに契約によりますが、データシェア月額料金500円より高くなることは間違いありません。 せっかくスマホが安くなったのに、その分タブレットの料金が上がってしまったら悲しいですよね。 そうならないためにも、事前にタブレットのプランも確認・見直ししておきましょう。 softbank. これは、体組成計やフォトビジョンなどの副商材が原因のことが多々あります。 これらは最初の2年間はキャンペーン等で無料のことが多いですが、それを越えると料金が発生し、解約も更新期間内でないと解除料金が発生するのです。 スマホを解約する際は、自分が忘れてしまっている 副商材の契約が残っていないかきちんと確認しましょう。 光BBユニット• Wi-Fiマルチパック• ホワイト光電話、光電話(N)+BBフォン、又はBBフォンのみのどれか1つ 光BBユニットとは、SoftBankの白いルーターのことでSoftBank光を契約している方ならお家のどこかにあるかと思います。 Wi-Fiマルチパックは、単純に光BBユニットにWifiの機能をつけるオプションを指します。 最後のホワイト光電話や光電話(N)はお家にある固定電話のオプションです。 「家に固定電話なんてない!」という方はBBフォンという、手数料がかからず番号のみ発番されるオプションが付いているはずです。 この3つのオプションが付いていないと、おうち割は適用させることができません。 SoftBank光必須オプションに注意! さて、いよいよ本題に入っていこうと思います。 実は、落とし穴はこの必須オプションにあるのです。 必須オプションの特別価格は、おうち割ありきの価格! この必須オプションは月額料金540円です。 ただこの540円、 おうち割光セットありきの特別価格なんです。 必須オプションとお家割光セットはお互いに依存しています。 言い換えると、必須オプションがなければおうち割光セットを受けることができないし、おうち割光セットを受けていないと、必須オプションが特別価格にならないのです。 おうち割光セットはSoftBankのスマホの料金に適用される割引ですから、必須オプションの特別価格は、スマホの契約ありきの価格とも言えます。 SoftBankのスマホの契約がなくなると、必須オプションが合計1,637円に! ここで、あなたがスマホだけ乗り換え、SoftBank光はそのままにしたとします。 すると、 お家割光セットが適用されていたスマホの契約がなくなった必須オプションは、特別価格ではなくなり、通常価格の合計1,637円になってしまうのです。 softbank. そうすれば、スマホを解約してインターネットの月額料金が上がるどころか、 今まで必須オプション代として発生していた540円も節約できるからです。 ただし、必須オプションを解約すると光BBユニット(白いルーター)をSoftBankに返却しなければなりません。 そして、代わりになる別のルーターを用意する必要があります。 ルーター自体はアマゾンや家電量販店等で簡単に入手でき、長い目で見たらこちらの方がお得になります。 すーちゃん 光電話(N)からアナログ電話に戻すことは可能ですが、手続きがややこしい上、今度は電話代がNTTより別で発生してしまいます。 そこで、オススメしたいのが光電話(N)のみ継続利用する方法です。 そのためには、必須オプションは全て解約し 別途光電話(N)のオプションに単体加入する必要があります。 また、光電話(N)は必須オプションの中の1つ光BBユニット、もしくはNTTのホームゲートウェイという機器を使って電話をするものです。 必須オプションがなくなると、必然的に光BBユニットも無くなります(要返却のため)から、合わせてNTTのホームゲートウェイに加入する必要(ソフトバンクから追加可能)がありますね。 つまり、必須オプション(光BBユニット・WiFiマルチパック・光電話(N)+BBフォン)は外し、別途 まとめ:ソフトバンクからの乗り換えは余計なお金がかからないよう要注意! いかがでしたか。 SoftBankから乗り換えをする際の3つの注意点を1つ1つまとめてみました。 この辺りの情報は非常に複雑で分かりにくいですよね…。 私も精一杯シンプルに分かりやすく書いたつもりですが、「いやここがよく分からない!」という疑問点ありましたら、TwitterでもFacebookでもメールでもいつでもご連絡ください。 私に分かることであれば、精一杯力にならさせていただきます! こうやって見てみると、SoftBankがいかにユーザーを囲い込もうとしているかがよく分かりますよね。 いままで3つの大手携帯会社で市場を独占していたため、仕方ないのかもしれませんが、これからは 誰もが積極的に自分に合った携帯会社を選ぶ時代です。 当サイトでは、私一押しのLINEモバイルをご紹介させていただいていますので、ご興味のある方はLINEモバイルのや、も確認してみてくださいね! LINEモバイルなら、毎月の料金が SoftBankと比べ3,000〜5,000円ほど安くなること間違いなしですよ! こんにちは。 現状ソフトバンクで下記で利用中です。 僕の方のソフトバンクスマホはおかげさまで無事マイネオに変更できました!ありがとうございます! ですが、親の端末が少々ややこしい状況にあります、、 iPhone8、iPad mini4に加え、おうち割光セット 光BBユニット、WiFiマルチパック、BBフォン、光電話 N を契約しており、iPhone8は現在11年9ヵ月、ipadは2年9ヶ月です。 まず1点目ですが、この二つの端末の解約月が異なるので、iPhoneの方を先に解約してしまうとデータシェアプラスに加入しているためにipadの通信料が跳ねあがってしまうことが懸念されます。

次の

インターネットの引越し方法は継続と解約どっちがいい?│注意点・乗り換え方法も解説

ソフトバンクネット解約

・運転免許証 ・日本国パスポート ・マイナンバーカード ・身体障がい者手帳 ・療育手帳 ・精神障がい者手帳 ・健康保険証+補助書類 補助書類として利用可能なものは住民票記載事項証明書、公共料金領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料)または官公庁発行の印刷物、ソフトバンク発行の請求書や領収書です。 本人確認書類はコピー不可のため、必ず原本をお持ちください。 また、 解約する機種の本体とUSIMカードも必要です。 紛失・盗難などでUSIMカードが手元にない場合、窓口にてその旨をお伝えください。 都合により本人が出向けない場合には、 家族などの代理人が手続きをすることも可能です。 その際には委任状と、代理人の本人確認書類、契約者との関係が確認できる書類などが必要です。 委任状のフォーマットはからダウンロード可能です。 なお、 代理人が手続きに訪れる場合にも機種の本体とUSIMカードが必要なので、忘れないようにご注意ください。 またプランによっては契約更新月以外に解約する場合、契約解除料(違約金)が発生するので注意しましょう。 違約金が発生する場合の料金はいくら? 違約金はプランや契約タイプごとに異なります。 プランごとの料金をまとめていますのでまずは下表をご確認ください。 プラン名 契約タイプ 違約金 基本プラン(新) — 0円 通話基本プラン(旧) 2年契約 9,500円 2年契約 (フリープラン) 9,500円 2年契約なし 1ヶ月目に解約:9,500円 2ヶ月目に解約:7,250円 3ヶ月目に解約:5,000円 スマ放題/スマ放題ライト 専用2年契約 9,500円 専用2年契約 (フリープラン) 9,500円 2年契約なし 1ヶ月目に解約:9,500円 2ヶ月目に解約:7,250円 3ヶ月目に解約:5,000円 ホワイトプラン — 9,500円 標準プラン — 1ヶ月目に解約:9,500円 2ヶ月目に解約:7,250円 3ヶ月目に解約:5,000円 データバリューパック 2年割引 10,000円 年間割引 4,000円 スマート一括 2年契約 1ヶ月目 ~ 3ヶ月目に解約:24,500円 4ヶ月目 ~ 23ヶ月目に解約:9,500円 このように違約金は一律というわけではなく、契約プランや解約のタイミングによっても異なります。 まずはご自身の契約をご確認ください。 契約はMy SoftBankからご確認可能です。 なお、発生した違約金はその場で支払うのではなく、 最終の利用料金と合わせて請求されますのでご注意ください。 ソフトバンクを解約する際の注意点 続いては、ソフトバンクを解約する際に注意しておきたい4つのポイントについて解説します。 思わぬ出費が発生しないようにしっかりとご確認したうえで解約をご検討ください。 端末の残債は残る まず注意したいのが、端末の残債です。 スマホ本体の価格は毎月の利用料金と共に分割で請求されています。 解約のタイミングで端末本体料金の支払いが終わっていない場合、その端末の代金が残債として請求されます。 ソフトバンクを解約したからといって、端末代金の支払いがなくなるわけではありません。 残債の支払いは、分割と一括のどちらも選択可能となっています。 残債の有無はMy SoftBankから確認可能で、手順は以下の通りです。 タブレット・iPad単体での契約の場合、 データシェア活用時よりも利用料金が割高になってしまいます。 スマホとタブレット・iPadの両方を契約している場合には、スマホ単体を解約するのではなく、スマホとタブレット・iPadの両方を解約することをおすすめします。 有料コンテンツは自動解約されるとは限らない スマホで有料コンテンツを利用している場合は、スマホを解約しても有料コンテンツの契約が解除されないケースがあります。 この場合、まったく利用していないにも関わらず利用料金が発生することになってしまいます。 有料コンテンツを利用していて、今後は利用しないという場合には、スマホの解約前に、個別に解約手続きを済ませるようにしてください。 万が一解約を忘れていた場合には、それぞれのサービスに対し電話などで解約手続きをする必要が出てきます。 アカウントの情報などが手元になくなるため、大変な作業になりがちなので、スマホの解約前に済ませておきましょう。 なお、ソフトバンクオフィシャルのオプションとして発生している有料サービスに関しては、契約解除と共に自動解約されますのでご安心ください。 解約時の月額利用料金は基本的に日割り計算されない 解約月の月額料金ですが、「ホワイトプラン」や「パケットし放題 for 4GLTEプラン」など、一部のプランを除き、日割り計算は適用されません。 1ヶ月分が丸ごと請求されることになります。 解約タイミングによっては、スマホをほとんど使っていないにも関わらず月額料金を払うことになってしまいますので、タイミングを見計らって解約手続きを行いましょう。 なお、オプションの利用料金に関しては日割り計算が適用されるものもあります。 ソフトバンクを解約する前にやっておくべきこと 続いては ソフトバンクの解約前に済ませておきたい3つのポイントをご紹介します。 新しいキャリアで困ることのないように、事前に対処しておきましょう。 キャリアメールを別のメールアドレスへ変更する キャリアメール(~ i. softbank. jp)を使って友人や職場などに連絡をしていた人は、メールアドレスが変更になることを伝えておきましょう。 また、各種サービスのアカウントをキャリアメールのアドレスで登録している場合、解約前に設定の変更を済ませておく必要があります。 変更を忘れてしまうと、お知らせを受け取れなくなり、場合によっては利用できなくなることもあります。 LINEやアプリの引き継ぎ設定をする LINEやゲームアプリなどを利用している場合、データの引き継ぎ設定を済ませておきましょう。 引き継ぎがうまく行えなかった場合、今まで蓄積していたデータが消える可能性があります。 なお、LINEの引き継ぎ方法は以下の通りです。 以上で、引き継ぎ設定が可能となります。 なお、解約に伴い機種のOSを変更する場合には注意が必要です。 異なるOS間では以下が引き継げません。 ・トーク履歴 ・トークの背景 ・通知音 ・コイン残高とLINEポイント キャリアと共に機種のOSの変更も検討する場合、上記を理解したうえでご検討ください。 トークの履歴をどうしてもとっておきたいという場合は、テキストファイルでバックアップすると、テキストとして保存が可能です。 ゲームに関しては、アプリによって引き継ぎ方法が異なりますが、一般的には機種変更コードを発行し、新しい機種からそれを入力するという方法や、メールアドレスとの紐付けで情報を引き継ぐことが可能です。 詳細は各アプリのマニュアルをご確認ください。 LINEやアプリなど、大切なデータをしっかりと引き継げるよう、準備をしておくことが重要です。 ソフトバンクを解約すべきではないケース 続いては、ソフトバンクの解約をオススメできないケースについて解説します。 該当する場合にはポイントを踏まえて再度検討してみてください。 料金プランの見直しをしていない場合 ソフトバンクの解約を検討している理由が料金プランにある場合は、解約する前に料金プランの見直しを行ってみてください。 「ミニモンスター」プランは、データも通話も使用した分だけ料金が発生する仕組みになっています。 ほとんど利用しない人であれば、最安で1,980円~という格安スマホ並みの料金に抑えることが可能です。 そのほかにも、利用するスタイルに応じたプランが用意されています。 自分に適切なプランがわからないという人は、ソフトバンクショップに行けば、現在の利用状況を確認しながら相談にものってもらえます。 ソフトバンク独自のサービスを多く利用している場合 ソフトバンクは、 PayPayボーナスや 毎週金曜日のクーポン発行(スーパーフライデー)など、独自のサービスが充実しています。 これらのサービスを頻繁に利用している場合、ソフトバンクの利用を続けた方がトータル的にお得になるケースも多いです。 また、Yahoo! ショッピングを頻繁に利用している場合も、解約はあまりおすすめできません。 キャリア間でスマホの利用料金を比較することはもちろん大切なのですが、ライフスタイル全体を通したトータルの出費で考えることも重要です。 新しい機種を利用したい場合 新しい機種を使いたいという理由で解約を検討しているのであれば、ソフトバンクを続けた方がお得になるケースがあります。 機種変更では違約金は発生しませんし、下取りプログラムを利用すれば24ヶ月分の利用料金から最大で総額6万円が割引されますので、お得に最新機種を利用できますよ。 まとめ ソフトバンクの解約の手順から解約に必要なもの、解約のタイミングや、違約金などについてご紹介してきました。 ソフトバンクを解約するのであれば、違約金が発生しないよう、更新月のタイミングに合わせることが大きなポイントになります。 また、注意点としてご紹介したとおり、機種代金の残債がある場合など、解約後も支払いが続くケースがあります。 解約を検討する前に、残債の金額などを確認しておきましょう。 また、解約して他社に乗り換えたからといって必ずお得になるとは限りません。 契約内容の見直しを含めて、解約前にしっかりと比較・検討することがオススメです。 最新機種を使いたい場合も、下取りプログラムなどを上手に活用して、賢くお得に利用してください。

次の