宇都宮 線 グリーン 車。 宇都宮線のページ

普通列車グリーン車の利用|利用方法|Suica:JR東日本

宇都宮 線 グリーン 車

E231系「東海道・宇都宮・高崎・湘南新宿ラインほか」 2000年に宇都宮線・高崎線でデビューして以来、活躍の範囲を年々拡げ、何だかんだで2007年まで増備が続けられたのがこのE231系近郊型です。 現在は東海道線、湘南新宿ライン、宇都宮線、高崎線のほか、一部列車で両毛線の前橋まで顔を出したり、また横須賀線内のみで完結する列車としても充当されたりしています。 さらに、かつては御殿場線の山北まで運行されていたほか、定期列車では沼津まで、試運転では浜松まで入線実績があるなど、路線だけでなく会社の枠を超えて幅広い活躍実績があります。 写真は昼下がりの上野駅に停車するE231系。 これから高崎へ出発です。 宇都宮線での運用時の行先表示。 上野駅では高崎線との誤乗防止のためか、宇都宮線の行先表示は文字が緑色になっています。 手持ちを探していたら行先的に珍しいのが出てきたので掲載。 こちら、金曜の夜に横須賀線から新宿まで運行される湘南新宿ライン運用時の表示です。 現在、湘南新宿ラインは基本的に新宿止まりの列車はないため、かなり珍しい表示です。 グリーン車2階 さてグリーン車の様子です。 写真は2階席で、青系の座席がずらりと並ぶ光景になっています。 車内を反対側から見るとこんな感じ。 座席のモケットが暗めの色のためか、蛍光灯の照明ながら夜はそれなりに暗い雰囲気になります。 座席の様子。 「グリーン車」といってもあくまで普通列車なため、実際に座った感じは特急列車の普通席のような感じです。 とはいっても付帯設備は背面テーブル、カップホルダー、コートかけがあり、一見シンプルに見える座席ながら意外に設備は充実しています。 このタイプの座席はJR東日本の特急列車の普通席でよく見かけますが、JR東日本でいま流行りの座面スライド機構は省略されています。 また、気のせいかリクライニングの戻りが特急の普通席のそれに比べてやや早い感じもしました。 このあたりはコストカットだけでなく、折り返し時間をなるべく短くして運用の効率化を図るうえでの要請にも思えます。 カップホルダーの様子。 目立ちにくい設備ですが、背面テーブルのように目の前に大きく展開するほどのものではないので使い勝手は非常に良いです。 天井を見上げます。 車内のLED案内表示装置。 E231系近郊型の普通車は、2003年までの増備車が1段式のLED、2004年以降が2段式のLEDとなっていますが、このグリーン車は普通車のLEDの段数に関係なく2段式です。 グリーン車1階 変わってこちらが1階席の様子です。 2階席とは異なり、こちらは赤系の座席が展開しています。 車内を反対から見るとこんな感じです。 車端部の平屋席はこのような感じ。 普通車と接する部分は3列12名のみ、グリーン車同士で接する部分は2列8名のみの小さな空間です。 また、この区画にのみ荷棚があります。 大荷物の方はこちらを利用すると良いでしょう。 座席の様子。 座席は座席下中央にある支柱により支えられているため、E217系のグリーン席のように窓際の人だけ足元が狭くなるということはありません。 一般に普通列車のグリーン車の2階席は、あまり普段はグリーン車に乗らない人が来やすい傾向にあるように思います。 実際に何度かこのグリーン車に乗っていても、1階席は何かと静かな傾向にあります。 長い時間乗車してまったり過ごしたいという方には1階がおすすめです。 車端部の座席はこんな感じ。 テーブルは折り畳み式です。 座席肩部には、きのこのような形の手かけが備わります。 もっとも、人が座っている座席の手かけをつかむのはやや気がひける微妙な位置ではあります。 1階席は座席部分が一段上がるハイデッカー構造になっています。 足元の注意を促すため、段差部分は黄色くなっています。 1階席の天井の様子。 階下席のため、天井にやや圧迫感を感じるのは仕方ないのかもしれません。 1階席には付帯設備として読書灯も備わります。 変わってこちらが平屋部分の天井の様子。 照明のカバーが大きいためか、やけに明るく見えます。 グリーン車2階(登場直後) さて、こちらはE231系のグリーン車の登場当初、初期に製造された数編成にのみ設置されていた座席です。 パッと見では同じですが、座席肩部の手かけがないかわりに、その場所にレザーのような滑り止めシートがついているものになります。 座席の様子。 肩部部分以外は現行の座席と同一です。 E231系グリーン車の中でも中期〜後期に製造された車両は最初からキノコ型の手すりを設けていましたが、初期編成はこの座席を設置したまましばらく運用されていました。 しかし、仕様を統一するためなのか、近年 2009年ごろ?)キノコ型手すりがついた座席に換装(または肩部分だけ改造したのかは不明)されています。 車両概説 デビュー年:2000年 既に取替えの時期を迎えた103・113・115系などを置き換える目的で開発・製造。 E231系には、103系の置換用としての0番台と、113・115系置換用としての1000〜8000番台があり、通勤用・近郊型両方に対応できる性能を持っていることが最大の特徴と言える。 それぞれVVVFインバーダーは異なるものの、部品も極力共通化を図っている。 量産にあたり、1999年に試作車の209系950番台(10両)が落成し、総武線にて試運転を開始した。 この車両を使用して、使用機器などの検討を重ね、量産車は一部機器の変更を行ったうえで、2000年3月から、まず総武線にて量産車が運転を開始した。 尚、試作車編成は、一部機器の変更を行ったうえで、量産車と性能を揃え、総武線用のE231系900番台としてE231系に編入され、0番台車両と混じって活躍している。 続いて近郊型車両も同年6月より運転を開始し、基本性能、車体構造などは0番台と同様だが、寒冷地でも使用されることから半自動扉など耐寒構造を持ち合わせているのが特徴。 この近郊型車両は、緑とオレンジのいわゆる湘南色帯を巻き、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ラインで活躍しているほか、2004年10月から東海道線東京口でも走り始めている。 これに伴い、新たにグリーン車が新造された。 今後、東北縦貫線(通称:上野東京ライン)の開業に伴い、首都圏全域での運用が見込まれている。

次の

E231系近郊型 座席・車内・シート・座り心地・乗り心地

宇都宮 線 グリーン 車

宇都宮線も高崎線も真ん中あたりにグリーン車があって(無いのもある)ホームの乗り場近くで売ってる。 自動券売機と言ってもスイカがないとダメかも。 スイカを入れてお金を入れると記録してくれて、座席に座ったら天井(低い)の赤ランプにタッチすると青になってグリーン券購入済みとなる。 指定席ではなく空いていれば別の席の天井にタッチするだけ。 2階建てだから大人なら誰でもタッチできますよ。 2階は景色はいいけど背が高い分、揺れる。 1階は目線がホームギリギリだけどそんなに揺れない。 サービスはトイレと自動販売機くらいかな? アテンダントもランプの確認によく来ます。 主に10両か15両編成で5両目6両目あたりがグリーン車ですね。 良い旅をどうぞ。 Q 普通列車のグリーン券を事前に買っても、いざ乗り込んだら満席で座れないということがあります。 払い戻し制度があるようですが、グリーン券を買う目的は、混雑している普通の車両を避けて、ゆっくり座っていこう、と思うから買うのですね。 立つ位なら普通の車両でいいわけです。 当該区間の切符を買うということは契約的には、例えばA駅からB駅まで乗っていいですよ。 その代わりJRはその区間責任を持ってお客を運びますよ、ということだと思います。 グリーン券を買うことで、確実に座れるという約束をJRがしてくれると思うから買うのですが、だけど座れない。 しかも買って乗り込んでからでないと空席があるか分からない。 乗り込んでから空席を見つけたら余計に払わないといけない。 グリーン券を買うことの担保とは何でしょうか。 こんないびつな制度ってありますか? A ベストアンサー >当該区間の切符を買うということは契約的には、例えばA駅からB駅まで乗っていいですよ。 その代わりJRはその区間責任を持ってお客を運びますよ、ということだと思います。 その通りです。 これが『乗車券』の効力です。 >グリーン券を買うことで、確実に座れるという約束をJRがしてくれると思うから買うのですが、だけど座れない。 これは違います。 ちょっと誤解されているようですが、まず、普通列車のグリーン車には『指定席』 快速マリンライナー等 と『自由席』 湘南新宿ライン等 とがあります。 普通列車全列車が自由席なのではありません。 自由席では着席が保証されておらず、またグリーン車は車両の立入りにつきグリーン券が必要 これが『グリーン券を買うことの担保』 ですから、立席であってもグリーン券は必要です。 では、なぜ湘南新宿ライン等は指定席にしないのかということですが、指定席にした場合の混乱を避けるために自由席にしたということでしょう。 『指定席』ということは、列車・区間も指定されますから、現行の規定では乗り遅れた場合には無効となってしまいます。 また、列車1本遅らせる場合にも、変更手続が必要になってきます。 目的地を乗り越す場合にも、別の客が席を取っていれば、その席を譲らなければなりません。 このように、指定席は高密度・短い駅間距離で運転される通勤列車には合わないです。 自由席であれば列車は選びませんし、空いていなくても他車両より空いている車内で立つというニーズにも応えることができます。 そしてSuicaグリーン券も、まさに『自由席』だからこそ実現したといっても過言ではないでしょう。 本日の毎日新聞の本橋記者の記事 yahoo! のトップにも転載 も拝見しましたが、ちょっとズレている気がします。 会社負担も珍しくないため通勤客に売れているが、売れば売るほどグリーン車が混雑し着席が困難になるという問題点がある。 この点、枚数を限定する等の解決策は取られているのか。 グリーン車に転移する乗客数を考えてもある程度の増発等は必要なはずであるが、そうした措置は行われているのか。 といった点であるはずで、本橋記者の記事はうわべだけの批判にとどまり鋭い指摘を欠くもののように思われます。 mainichi-msn. html >当該区間の切符を買うということは契約的には、例えばA駅からB駅まで乗っていいですよ。 その代わりJRはその区間責任を持ってお客を運びますよ、ということだと思います。 その通りです。 これが『乗車券』の効力です。 >グリーン券を買うことで、確実に座れるという約束をJRがしてくれると思うから買うのですが、だけど座れない。 これは違います。 ちょっと誤解されているようですが、まず、普通列車のグリーン車には『指定席』 快速マリンライナー等 と『自由席』 湘南新宿ライン等 とがあ... Q 最近、駅構内にも沢山お店が出来ましたよね。 新宿駅や、池袋駅でJRには乗らないんだけど、JRの構内にあるお店で買い物がしたいなぁといつも思います。 こういうときはどうしたらいいのでしょうか? 以前スイカで入場して買い物後、改札を出ようと思ったら出られず駅員さんのお世話になり、しかもお金は返せませんと言われました。 でも、入場券も売ってないし・・・。 かといってスイカで入って、出るときにいちいち駅員さんの仕事を増やすのも嫌です。 お金はかかってもいいのですが、忙しそうな駅員さんの仕事を増やしたくないのです。 こういう場合はどうするのが正しいのでしょうか? 以前、人に聞いたら「駅員に買い物がしたいといえば、ノーチェックで入れるよ」と言われたのですが、出るときに不正乗車と間違われたらと思うと怖くて出来ません。 証拠もないですし・・・。 しかも、私が買い物をしている間に入れてくれた駅員さんと、別の駅員さんが入れ替わったらどうなるんだろうとか、色々考えてしまいます。 スイカで入らず、一番安い切符で入っても、出るときは有人改札出ないと出られませんし・・・。 今日、どうしても買い物に行きたいので、どなたかお知恵をお貸しください。 よろしくお願いします。 最近、駅構内にも沢山お店が出来ましたよね。 新宿駅や、池袋駅でJRには乗らないんだけど、JRの構内にあるお店で買い物がしたいなぁといつも思います。 こういうときはどうしたらいいのでしょうか? 以前スイカで入場して買い物後、改札を出ようと思ったら出られず駅員さんのお世話になり、しかもお金は返せませんと言われました。 でも、入場券も売ってないし・・・。 かといってスイカで入って、出るときにいちいち駅員さんの仕事を増やすのも嫌です。 お金はかかってもいいのですが、忙しそうな駅... jreast. html 「入場券としてはご利用になれません。 」と書かれていますので、エキナカだけの利用はできません。 blog. livedoor. jpg 自動券売機で「入場券(120円)」をお買い求めになって、切符に印字されている発売時刻から2時間以内に入・出場を済ませてください。 blog. livedoor. jpg これで、一般の自動改札口に購入した入場券を入れて通りましょう。 Q 閲覧ありがとうございます。 住民税について質問があります。 私は今まで住民税払ったことがないです。 30代後半まで。 今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、 世帯分離して国民健康保険に加入したのですが 住民税は発生するのでしょうか? 最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら 年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、 ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、 個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。 国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円 国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円 この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。 住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上 必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか? 私は年収200~230万位で 年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形 住民税は毎月払うのでしょうか? 毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで 年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど 自由になるお金減りすぎますよね。 あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・ 年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか? 月の収入で見ると 月給 180,000円 年金 -15,000円くらい 健康保険-16,000円くらい 所得税 -7000円くらい 住民税 -???円(仮に10,000円として)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 醜い数値が出ました。 ひとり暮らしをしたら 知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。 食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円 この時点ですでに9万円です。 残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・ 閲覧ありがとうございます。 住民税について質問があります。 私は今まで住民税払ったことがないです。 30代後半まで。 今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、 世帯分離して国民健康保険に加入したのですが 住民税は発生するのでしょうか? 最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら 年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、 ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、 個人差があり年間10万払ってる人と30万払... A ベストアンサー 年収210万円とした場合の住民税 住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。 なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。 なお、所得税は7000円も引かれません。 4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。 年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

次の

週2でグリーン車に乗ってわかったメリットとデメリット

宇都宮 線 グリーン 車

グリーン車に乗る方法 1、グリーン券の購入方法 グリーン車に乗るためには、 乗車券とは別にグリーン券を購入する必要があります。 グリーン券を購入するには、切符売り場の券売機か緑の窓口、または乗車ホームのグリーン車が停車する位置近くにある グリーン券販売機にて購入します。 ホームにある券売機はこのような機械です。 グリーン券には普通の切符のような磁気グリーン券とSuicaグリーン券の2つがあります。 なお、駅のホームで購入できるのはSuicaグリーン券のみです。 グリーン券料金表と購入方法 事前料金 平日 土日祝日 (ホリデー料金) 50キロまで 780円 580円 50キロ以上 1,000円 800 円 車内料金 上記金額に+260円 土日休日はホリデー料金となり、平日より200円安くなります。 グリーン車がどんなものか試しに利用するならお得な土休日に利用すると良いでしょう。 また、グリーン券は基本的にグリーン車に乗る前に購入しておくのが望ましいです。 グリーン車に乗ってからグリーン券を購入すると、 乗車前に購入するのと比べて260円割高となってしまうため、グリーン券は必ず乗車前に購入しておきましょう。 グリーン券の購入方法は、画面の行き先表示から 目的地を選択して降車駅を選びます。 途中で列車を乗り継ぐ場合でも 同じ方面の列車であればグリーン券を複数購入する必要はありません。 なお、当日購入したグリーン券の有効期限は当日1回限りなので注意してください。 2、グリーン車に乗って検札を受ける グリーン券を購入したら実際にグリーン車に乗ります。 グリーン車の車両がホームのどの位置に来るかは 車両の編成数によっても異なるので、駅の案内放送や電光掲示板等を参考にして並びましょう。 グリーン車に乗ると各座席の天井部分に 赤のランプが点灯している座席を探しましょう。 緑色のランプが光っているところは他の人が使用しているので、 赤のランプが点灯している座席に座ります。 Suicaグリーン券場合は、 グリーン券を購入したSuicaをその部分にタッチすることでランプが緑色になります。 Suicaグリーン券の場合にはそれで検札は完了です。 通常の磁気グリーン券(紙の切符)を購入した場合には、 グリーンアテンダントさんが検札に回って来るのでその時に磁気グリーン券を見せましょう。 ちなみに、グリーン車は1階席、2階席、平屋席の3つに分かれており、それぞれ快適性や特徴が異なります。 1階席(下の階の座席) 1階席は低い位置にあるために日差しが差し込むことが少なく、車内は若干暗い感じです。 そのためか、座席の上部には 読書灯が付いています。 車高が低いので外の景色を見ても遠くまで見ることはできませんが、地面に近い分、スピード感もあるのでその辺が好きな方はベストな位置です。 乗り心地としては2階席と大差はありませんが、車体の低い位置にあるため 走行中の騒音が若干気になります。 2階席 2階席は車両の車輪と連結部分から最も遠くに位置するため、 走行中の騒音は他の2つの座席と比べて小さいのが特徴です。 2階席なので景色が良く見えるのも魅力的であり、個人的に グリーン車に初めて乗るのであれば2階席に座ることをオススメします。 なお、その快適さからかグリーン車の中では比較的座席が埋まりやすい感じなので、2階席に座るのであれば早めに並んでおくと良いでしょう。 1階平屋席 平屋はグリーン車前後の連結部分に最も近いところに位置するため、1階席や2階席と比べて 走行中の騒音がうるさいです。 個人的にはあまりオススメできませんが、平屋席は階段を上り下りする必要がなく、 グリーン車の中では唯一網棚もついているのが特徴です。 そのため、 大きな荷物を持っている人、手荷物の多い人にオススメの座席と言えます。 もし旅行などで手荷物が多いようであれば、平屋席を利用しましょう。 3、目的地に到着したら降りる 目的地に到着したらグリーン車を降りましょう。 降りるときに手続きはなく、荷物を忘れないよう気を付けて電車から降りれば問題ないです。 ただ、間違えてグリーン車に乗っている時に乗り過ごしてしまうと、その分のグリーン料金を請求されることあります。 グリーン車に乗る際は乗り過ごさないように十分注意しましょう。 もし満席で座れなかったら 首都圏のグリーン車は時間帯によっては利用者が多く、 混雑時にはグリーン車でも座れないことが多々あります。 座れなかった場合には、アテンダントさんから 不使用証を貰い、最寄りの駅窓口にて払い戻しを行います。 不使用証を受け取っていれば手数料なしで払い戻しができるので、満席で座れなかった時は忘れずに不使用証を受け取りましょう。 具体的な払い戻し方法については以下の記事を参考にして頂ければと思います。 <関連記事>.

次の