コロナ の 時代 の 僕ら。 早川書房、イタリア人著者による後悔綴った『コロナの時代の僕ら』期間限定無料公開

イタリア人作家は「忘れたくない」と繰り返した 渦中で見つめた我々の愚かさ 「コロナの時代の僕ら」著者インタビュー(47NEWS)

コロナ の 時代 の 僕ら

コロナ時代の僕ら パオロ・ジョルダーノ 2020年2月29日から3月4日のコロナウイルスが感染拡大するイタリア、ローマ。 200万部のベストセラーと物理学博士号をもつ小説家、パオロ・ジョルダーノが、予定外の空白の時間の中で、感染症がもたらしたものを忘れないように記録した27のエッセイ。 作家は、トリノ大学で物理学を学んだ経歴をもち、 修士課程に在籍中に『素数たちの孤独』で 文壇デビューを果たしました。 日本語版では3月20日の文章 「コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと」 もあとがきとして掲載され、このあとがきが秀逸です。 地に足をつけたままで この文章を僕が書いている今日は、珍しい二月二十九日、うるう年の二〇二〇年の土曜日だ。 世界で確認された感染者数は八万五千人を超え、死者は三千人に迫っている。 現に今も、ジョンズ・ホプキンス大学がウェブで公開している世界の観戦状況を集計した地図を目の前の画面に開きっぱなしにしてある。 そして気づけば、予定外の空白の中にいた。 僕はこの空白の時間を使って文章を書くことにした。 時に執筆作業は重りとなって、僕らが地に足を着けたままでいられるよう、助けてくれるものだ。 でも別の動機もある。 この感染症がこちらに対して、僕ら人類の何を明らかにしつつあるのか、それを絶対に見逃したくないのだ。 コロナウイルス が過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと すべてが終わった時、本当に僕たちは以前とまったく同じ世界を再現したいのだろうか。 僕は忘れたくない。 ルールに服従した周囲の人々の姿を。 そしてそれを見た時の自分の驚きを。 病人のみならず、健康な者の世話までする人々の疲れを知らぬ献身を。 そして夕方になると窓辺で歌い、彼らに対する自らの支持を示していた者たちを。 僕は忘れたくない。 今回のパンデミックのそもそもの原因が秘密の軍事実験などではなく、自然と環境に対する人間の危うい接し方、森林破壊、僕らの軽率な消費行動にこそあることを。 僕は忘れたくない。 ・・・ 日本の現状 2020. 10 令和2年4月7日 7都府県に緊急事態宣言 令和 2 年4月7日に、新型コロナウイルス感染症対策本部長は法第 32 条第 1 項に基づき、緊急事態宣言を行った。 緊急事態措置を実施すべき期間は令和2年4月7日から令和2年5月6日 までの 29 日間であり、緊急事態措置を実施すべき区域は埼玉県、千葉県、 東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県及び福岡県とした。 首相官邸 チラシ 令和2年4月16日 緊急事態措置を全国に拡大 上記7都府県と同程度にまん延が進んでいる道府 県として北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府を緊急事態措 置を実施すべき区域に加えるとともに、それ以外の県においても都市部か らの人の移動等によりクラスターが各地で発生し、感染が拡大傾向に見ら れることなどから、人の移動を最小化する観点等より、全都道府県を緊急事態措置の対象とすることとした。 新型コロナウイルス感染症発生の状況に関する事実 我が国においては、令和2年1月 15 日に最初の感染者が確認された後、5月2日までに、合計 46 都道府県において合計 14,677 人の感染者、492 人の死亡者が確認されている。 令和2年5月4日 緊急事態措置を5月 31 日まで延長 令和 2 年 5 月4日、法第 32 条第 3 項に基づ き、引き続き全都道府県を緊急事態措置の対象とし、これらの区域におい て緊急事態措置を実施すべき期間を令和2年5月 31 日まで延長する。 なお、緊急事態措置を実施する必要がなくなったと認められるときは、 期間内であっても速やかに緊急事態を解除する。 東洋経済オンライン 新型コロナウイルス国内感染の状況 感じたこと・考えたこと ジャレド・ダイアモンド氏の『銃・病原菌・鉄』にもあるとおり、人類史において、病原菌は大きな役割を果たしてきました。 場合によっては、武器による制圧ではなく、病原菌の蔓延により、民族が滅びたり、あるいは人口が激減することは、何度も繰り返されてきました。 そのたびに、社会制度も大きく変わりました。 14世紀のペストにより、農奴解放が進み、16世紀の天然痘により、中南米の王国・帝国が崩壊し、19〜20世紀のコレラにより、公衆衛生が向上しました。 スペイン風邪は、第一次世界大戦の戦死者の4倍もの死者を出し、戦争終結を早めました。 この新型コロナウイルスによって、オンラインの活動、デジタルでの監視が拡大しています。 さらには、ウイルスの遺伝子解析結果の共有もリアルタイムで行われています。 また、マスクの着用も世界で一般的になっています。 生き延びるために、一律に給付金が支給され、さらに補助金、助成金、無利子での貸付などの施策が実施され、これはベーシックインカムの試金石となる可能性もあります。 「家にいることこそが社会のためになる Stay Home」と世界中一斉でメッセージされていることは、未曾有の状況です。 私たちが生かされていること、前線で献身的に働いてくださる方々、自発的に助け合いが起こっていることに感謝します。 そして、人類の騒ぎとは関係なく、季節は巡っていき、花は美しく咲き、緑が伸びていくことに何よりも癒されます。 ありがたいことです。 私もまた忘れないように、今日感じたこと、考えたことを書いておきました。

次の

後編:クライミングの今後

コロナ の 時代 の 僕ら

イメージ 対岸の火事と構えていた国々も、あっという間に渦中に引き込まれた新型コロナウイルス。 遠くに小さくトンネルの出口があり、元の生活への帰り道が見えているような、いないような今。 でも「すべてが終わった時、本当に僕たちは以前とまったく同じ世界を再現したいのだろうか」という問いを投げたのが、イタリアの人気作家、パオロ・ジョルダーノだ。 空いた時間、何を読もうか迷っているなら、お薦めの一冊が『コロナ時代の僕ら』(早川書房、1,430円)だ。 エッセイは2月29日、世界で確認された感染者数がまた8万5000人だったころに始まっているが、その考察はこれだけ状況が変わった今読んでも十分に有効だ。 感染症の拡大について「偶発事故でもなければ、単なる災いでもない」とし、感染症が「僕ら人類の何を明らかにしつつあるのか、それを絶対に見逃したくない」と、執筆の動機を語っている。 著者は、多くの感染者と死者を出したイタリアで、浮足立つことなく、冷静なまなざしで状況を見つめる。 物理学の博士号をもつ小説家であり、高校の頃はひたすら数式を整理して過ごしたという理系の頭脳が、感染者数が増加していく様子や予測可能な現象を、新聞記事が「懸念すべき」「劇的な」と表現する基準の歪曲が恐怖を生む、と分析している。 「僕は忘れたくない」を繰り返す詩的な著者あとがきは特に印象的だ。 中でも「今回のパンデミックそのものの原因が秘密の軍事実験などではなく、自然と環境に対する人間の危うい接し方、森林破壊、僕らの軽率な消費行動にこそあることを」という一文は、人間が自然環境に負荷をかけることで「解き放ってしまったもの」はなんなのか、じっくり振り返り自省するきっかけを与えてくれる。 この著者あとがきだけは、。 Text by coco.

次の

『コロナの時代の僕ら』が指し示す「過ぎたあと」の私たちの行方

コロナ の 時代 の 僕ら

僕が図を描き直したものを貼りますが、このマトリックスの右上に進むだろうということですね。 これはWithコロナの時代がもし完全に終わって、Afterコロナとなっても僕はある程度残り続けるだろうと思っています。 単に開疎化の結果便利なものが定着するというのもありますが、次なる新型ウイルスの脅威に備えるためにサービスの設計をある程度開疎ベースにしておくだろうと考えられるからです。 <開疎マトリックス> クライミングの現状 では上の図にクライミングのサービスや活動がどのように当てはまるか見てみます。 まず場所が、屋外のところもありますが基本的に換気の悪い室内で 閉じています。 グータッチなどしなければ、スポーツそれ自体では直接的な接触はそこまで多くない方かもしれませんけどね。 ただホールドを共通で使うなど 間接的な接触は多いです。 また人と人の距離も近く、 混雑している商業ジムなどはかなり密であると言えます。 このような理由から、緊急事態宣言が出された地域の商業ジムは現在休業しているところが多いです。 一方で、公式コンペ等ならば例えば ベルコン方式のボルダーコンペ、リードやスピードはそこまで密とはなっていないです。 場所も屋内が多いですが、 屋外で開いていることもあります。 ただこちらも共通のホールドやロープを使うなど間接的に接触する場面は多々ありますね。 観戦者は出場者よりは大分密であることが多くなってしまいます。 その他のスポーツやイベント観戦と同等のリスクが生じていると見て良いでしょう。 なので現在多くのクライミングコンペやイベントは中止や延期を余儀なくされています。 岩 岩場で登る状況は 基本的には開かれています。 ただクライミングジムほどの頻度ではないかもしれませんが、ホールド等を介した間接的な接触は同様にありえます。 それとロープを使ったクライミングであれば、多くの場合はパートナーが必要なので1人以上との接触は避けられないでしょう。 疎密に関してはどのようなクライミングをするかによってきますね。 人気のあるボルダリングやスポートの岩場ならば、クライミングジムほどではないにしろかなり密であることもあります。 ただ 岩場やクライミングスタイルを選べば限りなく疎であり、そして開かれている環境で楽しむことができるのは事実です。 一方で、岩場それ自体ではなく 岩場へのアプローチ等において閉じていたり接触したり密である状況が生じることは多くあります。 公共交通機関の利用、途中でコンビニや食事処に寄る、多人数での車の乗り入れ、トイレ、給油、等々。 (加えて少し別観点ですが、都心から地域へウイルスを広めてしまう可能性、怪我による医療キャパの圧迫、も現在は懸念されています) もちろん上記すらも全て避けて岩場でクライミングをすることは実際には可能です。 しかしクライミング界全体の論調としては、 今は極力リスクを軽減する時期だということで岩場クライミングも自粛傾向が強いです。 でも僕らはクライミングをここで止めるわけにはいかないです。 当然ながら今はまだ混乱が落ち着いていないので、おとなしく家にいてトレーニングでもしているべきです。 しかし、 ある程度混乱が収まった段階で、長期化する新型コロナウイルスと戦いつつもクライミングをやるように移行していく必要があると思います。 なぜなら、多くのジムはこのまま休業し続ければ倒産しクライミング文化が断絶してしまうし、アスリートは輝けるその時にコンペに出るべきだと思うし、自然の岩で活動することはクライマーにとって必要不可欠な要素だと僕は考えるからです。 そんなWithコロナの時代にクライミングはどう変容するのか、各サービスやアクティビティがどうやって右上の開疎方向を目指すのか、少しだけジャストアイディアですが考えてみます。 ジム Withコロナの時代に今まで通りに、大人数密集型という営業形態は難しいでしょう。 既にやっているジムもありますが、 ・利用人数制限 ・家族や少人数での貸切 ・時間制でのローテーション などを上手く設計し、ジムを営業していく方向が考えられます。 もちろんこれでもリスクやデメリットはあります。 ホールドに付着したウイルスで感染するリスクは避けられないですし、利用人数が減る分顧客単価は必然的に上がります。 ただ例えばPCR検査やそれに代わる検査などがもっと安価に簡易的に普及する、抗体検査が一般的になる、などで より利用者が感染していない確度を上げるなどすればもう少し営業の幅も広がると思います。 あとは、 ・自宅でのトレーニングボードやプライベートジムへの展開 ・在宅トレーニング指導 などへ業態転換するジムも登場するはずです。 5~3年間程度は新型コロナウイルスと共に社会は回る」というシナリオを元にすると、しばらく通常の形でスポーツイベントを開催することは難しいと考えます。 つまり僕の予想だと 1年後の東京オリンピックが従来の形で開催されることはないです。 更に先ほども述べたようにクライミングそれ自体はそこまで感染リスクは高くなく、例えば屋外でベルトコンベアやWC方式で行われるボルダリングはかなり開疎です。 机上の空論で語るならば、世界各国に全く同様の課題を用意すればホールドを介した間接接触すらもなくなりますし、国境を超える必要性もなくなります。 ここまではいかないでしょうが、 競技を行うだけならば色々と開疎的にやることはできるのです。 一方で 観戦者が現地に集まるという従来のイベントスタイルは急速に廃れるでしょうね。 その分オンラインでの観戦環境が整い、オリンピックも全てオンライン観戦でならば開催の可能性はあるかもしれません。 これは観戦収入をどう補填するか、選手は無観客環境で競技したいのか、などもろもろ超えなければいけない壁は高いですが。 商業ジムのイベントやコンペも様態が変わるでしょうね。 Moonboard Mastersのように遠隔同士でのイベントなどがあり得ます。 <今見ると時代を本当に先取りしているなぁ> 岩 岩は現状自粛ムードでありこれは正しいですが、混乱が落ち着き医療キャパなどに見通しが立つならばどこかのタイミングでこの状況は逆方向に好転すると考えいています。 というのもそもそも 岩場でクライミングすることは開疎化されていてリスクは少なく、アプローチでの接触等に十分気を払えば多くのアクティビティの中では明らかにWithコロナ向きだからです。 このまま自宅待機や在宅ワークが続くと多くの人たちの健康リスクがむしろ懸念される見方が強まると思います。 実際僕も1週間家に籠っていて、その後軽くランニングしただけでも足が筋肉痛になりました。 希望的観測ですが、 社会全体の便益を考慮しても開疎化された運動はすべきだという風向きになるのではないかと思うのです。 とは言え岩場ですらこれまでのように、集団で岩場へ行く、ワイワイ皆で同じ課題でセッションする、帰りに食事と飲みをして帰る、というやり方は変容せざるを得ません。 おそらく共通の認識やルールとして ・一人または家族でのみ行動する ・アプローチに公共交通機関を使わない ・飲食店、コンビニ、サービスエリア等に寄らない ・携帯トイレ持参 ・同じ課題でセッションしない ・怪我に結びつくクライミングをしない のようなものが出来上がって、徐々にWithコロナの中クライミングをしていく環境づくりを目指していくのではないかと思いますし、僕もそのような形であっても少しでも良い方向に進みたいです。 ただこれだとローカル地域にお金が落ちる仕組みが完全に消えてしまうので、 基金のようなものを作って地域に還元していくなどのやり方もセットになるでしょうかね。 終わりに いずれにしても緊急事態宣言が出ている5月6日あたりまでは、外出禁止で自粛の空気が続くでしょう。 その前後あたりに、 ・これは 長期戦になるのでWithコロナで社会を回そう ・ワクチン普及等までの長い間なんとか感染を広めないことを意識しつつも、人間の 健康上も尊厳上も必要なアクティビティは行うべき ・クライミング界でも活動のあり方を変容して、 妥協点を探しつつクライミングを再開しよう というような空気が醸成されていくことを願います。 その前提には 今僕らがこの局面で感染拡大をきちんと防いで、この先感染爆発せずに少なくとも長期戦ができるようになる見通しを持てることが大切です。 それまでは、僕は今まで通りかそれ以上に少しでも有益なことを発信しつつ、家でトレーニングをします。 しかるべき段階になって、この記事で書いたような流れにクライミング界が梶を切るときが来たら、自分にできることを協力したいです。 ではもうしばらくみなさんお家で過ごしましょう!.

次の