愛人顔。 ヤクザが好む「愛人顔」って、どんな顔? 橋本マナミよりあの人! (2017/09/03 16:00)|サイゾーウーマン

ヤクザが好む「愛人顔」って、どんな顔? 橋本マナミよりあの人! (2017/09/03 16:00)|サイゾーウーマン

愛人顔

愛人の顔画像や詳細 さて、愛人との接待旅行が明るみになった石田英司。 彼が出演している「ちちんぷいぷい」は主婦層の視聴者が多いだけに、大幅なイメージダウンは避けられないだろう。 さて、ここで気になるのは愛人が誰なのかということやその詳細である。 今回の件を見直してみると、NPO団体からの「ズブズブな接待」を受けたことがそもそもの発端である。 テレビ関係者ということで、この接待によって特別な待遇があったのではないかと推測されているのである。 そしてその中で接待としてハワイ旅行に同行したのが愛人の女性だったという。 この愛人の女性がだれなのか気になるところだが、現時点ではその詳細や画像は公表されてはいないようである。 テレビ関係者なだけに、タレントやアイドルである可能性もありそうだが。 ネット上の声 石田英司にさえ愛人がいたということがショック。 — suzutoshi suzutoshi1002 石田英司 ちちんぷいぷいのニュースのおっちゃん…愛人と接待旅行て。 石田英司がこれからニュース解説する資格なんかないやろ。 — モン momom4mon 愛人同伴接待を受ける人間を報道担当にしている毎日放送は腐敗している。 — みんな minna256 Yahoo! ニュース 石田英司 愛人 NPOズブズブ接待 全国の人 誰だよ? — たまちゃん。 songiridisuki 石田英司の愛人報道、ヤナギブソンの如く「誰が興味あんねん!」だな — すめし sumeshikyotei 個人的には好きな方だったので残念。 接待旅行で横に愛人はべらすとか。 関東の方はあまり馴染みがないかもしれないが、関西では彼の知名度はかなり高い。 かつては橋下徹とも議論対決をしていた石田英司。 だが自身がやったことを見ると、もうテレビに出演することは難しいだろう。 仮に出たとしても自信のある意見を出せないし、出しても誰も納得しない。 ちちんぷいぷいの番組性を考えたら、彼はもう出ないほうが良い。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 スポンサーリンク あなたにおすすめの記事.

次の

愛人顔ってあるの?浮気や不倫に走る?愛人顔の特徴とは?

愛人顔

人を見た目で評価したり、美醜によって人を持ち上げたり差別したりする「ルッキズム」(外見至上主義)の問題点が、最近ようやく指摘されるようになってきました。 でも、容姿差別に苦しむ人は、まだまだ数多くいます。 今回は「愛人顔」と周囲にからかわれ続けたことで心に傷を受けた女性から、体験談をうかがいました。 「小さい頃から、『愛人顔』といじめられていました」 そう語るのは、女優の奥菜恵さんに似た端正な顔立ちの香川みずきさん(仮名・29歳)。 なぜか、周囲からふざけ半分に「愛人顔」といじられることが多く、そのことにずっと強いコンプレックスを持っていたと語ります。 「小学校高学年のころから、クラスの中で『愛人顔』と言われてからかわれるようになりました。 高校生になっても、『愛人やって稼いでいるんでしょう?』などと根も葉もないことを言われて、クラスの中でいじめのターゲットとなり、シカトされたり、校門で待ち伏せされたりしました。 本当に酷い体験で、今もトラウマになっています」 頻繁にいじめられていたせいか、異性に対してもオクテな性格になってしまったと語るみずきさん。 それでも17歳の時、一念発起して好きなクラスメイトに告白しましたが、あえなく撃沈。 さらに、中学時代から10年ぐらい片思いを続けていたその相手が自分の親友と付き合っていたことも判明し、その親友とも話せなくなってしまったといいます。 人目を引く端正な顔立ちによって青春を謳歌していたかと思いきや、あまりにも薄幸なエピソードが続く10代。 短大に進学した後も、みずきさんにとって異性関係はずっと鬼門でした。 「短大時代にバイトしたイタリアンレストランでは、不動産や金融関係の社長からご飯に誘われることが多く、そのたびに断っていました。 同僚スタッフからは、『あなたを愛人にしたい、と言っているお客さんがいっぱいいるよ』と聞いて、ショックを受けた。 結局、そのバイトはその後すぐ辞めてしまいました」。 またもつきまとう「愛人顔」の呪縛。 みずきさんは、「もう自分には恋愛はできない」と思い込んでいたと言います。 短大を卒業後、地元近辺の著名なメーカーに就職した後も、負の連鎖は止まりませんでした。 「ある日社内で、生産課の8歳年上の優秀な先輩から『好きか』と聞かれたので、冗談だと受け取って『はい』と、あっけらかんと答えてしまいました。 周囲も当然、冗談だと思っていて、誰一人本気にしていなかったと思います」 ところが、ある日残業の後でその先輩から食事に誘われ、部署内の飲み会のノリでついていくうち、居酒屋の個室に通されたとか。 「飲んでいるうちに先輩は私の手を握ってきて、『好きだ』と告白されました。 先輩は『彼女とうまくいっていないんだ』と言って、キスしてきました。 まさかと驚きましたが、そのまま押し倒されてしまって……」 翌日から、先輩は一人暮らしを始めたばかりのみずきさんのアパートに入り浸るようになりました。 みずきさんは「逆らえなくなってしまった。 一種のマインドコントロール状態だったのかも」と振り返ります。 「会社でもアパートでも一緒なので、一人になれないんです。 先輩が命令してくると拒否できない。 彼が避妊具をつけなくて、妊娠したらどうしようかと不安でも、言えない。 しかも先輩は、『うまくいっていない』と言っていたはずの彼女と別れる気配も一向にない。 不満がたまる一方で、先輩に嫌われないように従ってしまう自分がいる。 訳がわからなくなりました」 自己矛盾にさいなまれ続けていたある日、みずきさんはショッキングなことを知ってしまいます。 総務部の女性の何気ない一言で、先輩が既婚者だとわかったのです。 「既婚者だとバレてからも、先輩は横暴でした。 私は先輩にとって自分の欲望を満たすための都合のいい道具だったんだとわかっても、逃げられなかった。 『愛人顔』がずっとトラウマだったのに、とうとう本当の『愛人』になってしまった。 惨めでした」 だが、そんな2人の関係にもついに終わりがやってきた。 とうとう先輩の妻に関係が露見したのだ。 内心、予感していたことだったが、追い詰められた先輩が妻と別れてみずきさんを選ぶことはなかった。 「その時に『この人は私を助けてくれないんだ』とわかって、とやっと別れを決意したんです。 既に社内では噂が立っていました。 先輩が来なくなったアパートで彼のものを捨てているうちに、ふっと日光に行きたくなり、一人旅に出ました。 以前から一目見たかった華厳の滝の雄大さに感動すると『人前に出る仕事がしたい、芸能界で働きたい』という自分の本心に気づきました」 ずっと自分の呪縛になっていた『愛人顔』を逆手にとって、芸能の仕事をしよう。 そう決意すると、みずきさんはすぐに退職。 時短の仕事で働きながら演技の養成所に通いました。 25歳での遅いスタートでしたが、最初の仕事のコスプレのイベントで事務所にスカウトされたことがきっかけで、全日制の学校に入学。 2年間通ってから、小さな役でしたが、念願の女優デビューを果たしたのです。 「今は、他人の目を気にしなくなりました。 自分が変わったことに気づくと、心の中から喜びが湧き上がってきました」 好きな道を選んだことで、心理的なプレッシャーを感じていた母親との関係も変わったと語ります。 「母は、私が容姿のことでいじめられていた頃、最初のうちは親身になってくれましたが、次第にヒステリックになって『あなたが弱いから、いじめられるんでしょ!!』と、私をしかりつけるようになりました。 それからはいつも、母親の顔色を伺っていたんです」 期待通りにできないとヒステリーを起こす母親に恐怖を感じ続けていたみずきさん。 今回、前の会社を辞める時にも母親から罵声を浴びせられたと言いますが、母親の反対を押し切って退職を決断しました。 「それからは、以前ほどの恐怖を母親から感じることも減り、適切な距離感をもって接することができるようになったと感じています。 生き残るのが厳しい芸能界で将来に対して不安もありますが、自分の思い通りに生きると決めたら、楽になりました」 清々しい表情で語ったみずきさん。 一度どん底を体験したことで、長い間自分を苦しめていた「愛人顔」という呪縛から完全に解放されたようでした。

次の

愛人っぽい顔を直したい

愛人顔

愛人による洗脳疑惑をデイリー新潮に報じられる 今回の件について、デイリー新潮は以下のように報じています。 昨年の事務所独立騒動につづき、今年6月には糟糠の妻との離婚が明らかになるなど、ビートたけし(72)の「異変」が立て続けに取り沙汰されている。 たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で告発する。 出典: 報道によると、ビートたけしには愛人がおり、その愛人の存在がビートたけしを変えてしまったというのです。 週刊誌に証言をしているのは、 石塚康介氏という人物で、2010年に弟子入り、その後8年間ビートたけしの運転手をしていました。 石塚氏は役者志望で芸能界を目指し、その過程でビートたけしの付き人をしていました。 実際にビートたけしが手掛けたアウトレイジ・ビヨンドにも出演していたことがあります。 ただ、ビートたけしの事務所独立騒動のときから違和感を感じている人はかなり多く、今回の報道を信用する人は多いようです。 出典: この他にも、同じ店から出てきたところを週刊誌にキャッチされたことも。 今回の週刊新潮の記事では、石塚さんの告発をもとにかなり詳細な内容まで報道しています。 例えば、 運転手を務めていた石塚さんも、横井氏の監視下に置かれることに。 ただ、この報道を行った週刊新潮も、決定的な2ショット写真は持っていないようです。 モザイクなしの顔写真なども調べましたが、現在ネットには流出していないようです。 横井喜代子さんとビートたけしの出会いのきっかけ 前述したとおり、ビートたけしの愛人報道は今までに何度も週刊誌で取り上げられてきました。 過去の週刊誌報道を今一度深く読み返してみると、その人物の詳細が見えてきます。 まず、熊本で県議会議員を務めていたとされる横井さんのお父さんはについては、2018年4月の週刊新潮で地元住民の証言として以下のように書かれていました。 「横井さんのお父さんは(熊本県)山鹿市長選にも、94年と98年の2度出ているのですが、娘の喜代子さんがその選挙を手伝っていたのを覚えています。 ハキハキとしていて活発な印象の方ですよ」 「ただ、そのお父さんも 2011年に亡くなってしまい、最近は全く喜代子さんのことは聞かなくなっていましたね。 「横井さんは、オフィス北野に所属するラグビー元日本代表の松尾雄治の紹介で、元々ファンだったたけしさんに会ったと聞いています。 殿が横井さんと出会ったのは、13年1月18日の殿の誕生日でした。 銀座で誕生日会が開かれた後、殿が「もう一軒行きてえなあ」と言い出し、仲の良い元ラグビー日本代表の松尾雄治さんがやっている西麻布のバーに行ったら、そこに彼女が来ていたんです。 すぐにふたりは意気投合したようで、以後、連日食事をともにし、神戸旅行に行ったりするようになりました。 さらに、出会ってから3ヶ月くらい経った頃に都立大学駅の近くにマンションを借り、そこに2人で同棲を始めたことも書かれています。 これが事実だとすれば、かなり親密な仲であることは間違いないということになるでしょう。 ビートたけしファンとしては、どうしても信じたくない今回の報道。 ただ、これだけのエピソードが揃うと、真実味もかなり帯びてきますね。 横井氏と出会ってから変わってしまった殿 2019年12月2日のデイリー新潮でも、さらなる暴露話が掲載されました。 石塚氏の証言によると、たけしさんは横井さんと出会ってから性格やお金の使い方なども大きく変わってしまったとのこと。 そのエピソードとして、以下のような内容が掲載されました。 横井さんと出会ってから殿はケチになり、おカネにうるさくなってしまいました。 「あのネエチャン(横井氏)、カネがかかるからよ」と、幹子さんから貰っていたお小遣いの額を月300万円から400万円にあげてもらったり、スタッフに配っていた万札入りのポチ袋を止めてしまったり。 森さんの糾弾会も、横井さんから「 この人たち(オフィス北野のスタッフやタレント)の給料が高過ぎる。 ダーリン(たけし)、あなた会社に金を取られているだけなんじゃないの」と吹き込まれた殿が、森さんが役員報酬を貰い過ぎだと思い込んだために開かれたものでした。 出典: オフィス北野で社長を務めている森昌行氏との対立に端を発した、ビートたけしさんの独立騒動。 この騒動も火種を作ったのは愛人とされている横井氏が深く関わっていたというのです。 横井喜代子氏と深い仲になってから周囲の人間が離れていった 上で紹介したお小遣い引き上げ以外にも、横井喜代子氏とであってからのビートたけしさんの変化が関係者により語られています。 映画撮影の時などに、ポチ袋に入れた万札を、チップ代わりにスタッフに配るのが殿の流儀でしたが、これもこの1、2年はなくなってしまいました 映画撮影現場での羽振りの良いスタッフへのはからいもここ数年はなくなっていたと言います。 このような変化は周囲の親しい人間やお弟子さん、スタッフから見て明らかだったようで、週刊新潮では『銭ゲバ化』とも表現されています。 この変化に失望した人たちが、元所属事務所代表であった森昌行氏を筆頭に、たけしさんの元から離れて行ったようです。 この共演シーンを見た横井さんは嫉妬し、橋本マナミさんとの 共演NGを突きつけたというエピソードも報じています。 前出のビートたけしさんの元付き人だった石塚氏の証言によれば、横井氏がキスシーンに対して不満を抱いた後、ビートたけしさんはマネージャーにキスシーンの差し替えを交渉していたといいます。 これが真実かどうかは今のところ証拠がないのでわかりませんが、もし本当だとすれば相当な影響力を持っていることがわかります。 ネットからは週刊誌が報じている交際開始の時期から、ちょうどビートたけしさんがテレビで面白くなくなってしまったなどの意見も多く上がっています。 もしかすると、仕事への影響も与えていたのかもしれません。 新会社『T. Nゴン』で大きな力を持っているのは本当か ビートたけしさんは、2015年に独立し、 『T. Nゴン』という新事務所を立ち上げました。 独立騒動自体かなり大きな話題になりましたが、それ以上に新事務所『T. Nゴン』の設立に際して噂の愛人とともに共同設立!などという週刊誌の報道が飛び交い、世間の注目を集めました。 上記掲載の石塚氏の証言によれば、この新事務所での横井喜代子さんの影響力はかなり大きいように感じます。 形式的には代表取締役=北野武となっていますが、実質的な経営への影響力という面では、横井喜代子さんにパワーバランスがあるのでは?などと噂されるまでになっているようです。 ちなみに、T. Nゴンでの横井喜代子氏の立ち位置については、2018年4月に出された『女性自身』でも触れられています。 これによると、2018年1月に種類株式による増資を行い、その種類株式を横井さんが所持している可能性を示唆しています。 種類株式には普通株式で認められている一般的な議決権などを超越して、特別な権利の行使が認められている場合が多いです。 (逆に権利の幅を狭める場合もあります) 『女性自身』の報道では、T. Nゴンの代表を務めるビートたけしさんの死後について、この種類株式に記載があるとのこと。 もしこれが本当だとすると、横井氏のT. Nゴンでの影響力は絶大ということになるでしょう。 そんな彼女に関する 新たな疑惑が浮上しました。 2020年4月29日配信のデイリー新潮によれば、ビートたけしさんの弟子に対して、 保険証のなりすましなどの不正指示を行っていたというのです。 「当時の私が置かれていた環境では、絶対的な存在の彼女の指示に逆らうことなど不可能でした。 たとえ、『殿』を巻き込んでしまう保険証の不正使用という犯罪に関わることだったとしても……」 と証言するのは、2010年にたけしに弟子入りし、翌年から昨年7月まで8年間にわたり運転手を務めてきた石塚康介さん(42)だ。 オフィス北野の元社長・森昌行氏やマネージャーたちと同様、愛人妻こと横井喜代子氏(仮名)に「洗脳」されたたけしの元から去った人物である。 横井氏から「彼(たけし)の薬が欲しいから保険証を使わせて」と持ち掛けられたのは、「殿」と横井氏が同棲を始めた後のことだったという。 横井氏の指示に従い、都内の医院を訪ねた石塚さん。 「話は通してあるから」と言われるがまま、自身の保険証を使い、たけし用の薬を渡されたという。 たけしさんの風邪薬をもらうために、 保険証の不正使用が行われたという内容です。 前述している通り、運転手を務めていた石塚さんはこれまでに何度も新潮に対して告発・リークを行っています。 彼はたけしさんの映画『アウトレイジ』にも出演していたことから、今でもたけしさんに感謝の気持ちを持っているのは確かなよう。 ただ、今までの告発の経緯を振り返ってみると、横井喜代子氏に対しては相当な恨みを持っているように思えます。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 才能のある人や天才も、結局はダメな女性と一緒になって言いなりになって変わってしまうよね。 錦織もそうだし、、 奥さんやパートナーを選ぶときは、自分の親しい人や、友達が反対するような人とは一緒にならない方が絶対にいいと思う。 女性が男性のパートナーを選ぶ時も同じ。 西の方の歌手であり司会者であって亡くなった方も最後は結婚したけど結局同じような感じでしたね、財が有って歳を取るとこんな感じになっちゃうのかなぁ〜、、。 フライデー襲撃のときに軍団に「土方をしてでもお前らを食わせないとな」って言った殿がいともあっさりオフィス北野を出て行ったのが不思議だったがやはり愛人に言いくるめられてたのか。 子供の頃からテレビでずっと見てて好きだったから残念。 早く目を覚ましてほしい。 たけしのことは映画も含め好きなんだが、性格的には小心者で若干卑怯者なのかなって思う。 反撃してこない相手にしか毒を吐かないしね。 その小心さと卑怯さが晩節を汚すような結果になりつつあるのかもしれない。 紀州のドンファンを思い出した。 たけしもドンファンの最後みたいにならないと良いですね。 それだけが心配です。 たけしの愛人 今は妻? とドンファン妻が重なります。 人は大切な人やものは失わないと、その価値に気づかない事が往々にしてあります。 たけしも今頃、幹子さんがいかに素晴らしい人だったか思い知らされているのでは。 殿、お願いですから、夢を壊さないでください。 殿がどんなブラックなギャグを言っても殿だからこそなのであり、こんな女性に首根っこ抑えられているのがわかれば権威がなくなるじゃないですか。

次の