子供 用 エプロン の 作り方。 エプロンとおそろいでキュート!こども三角巾の作り方(製図あり)

子供用エプロン作り方 マジックテープ DIY Apron for children with Velcro tape

子供 用 エプロン の 作り方

大人用のエプロンは様々な種類がありますが、子供用のエプロンはなかなか子供が気に入るデザインのエプロンが無い…。 なんてこともあるのではないでしょうか? そんな時には思い切ってエプロンを手作りしてみませんか?手作りすれば、子供のお気に入りのキャラクターや、デザインをそのまま形にすることができますよ。 子供と一緒にエプロンのデザインを一から考えるのも楽しいですし、お子さんから喜んでもらえること間違いなしです。 保育園、幼稚園用だけではなく、おうちでのお手伝いをさせたいと考えているママさんにも必見です! 手作りすれば、親子でお揃いのエプロンを作ることもできます。 ご安心してください!実はエプロンはとっても簡単に作ることができるのです。 型紙を作って、生地を計って裁断して…と多くの工程があるのでめんどくさいと考えるママさんもいいらっしゃるかもしれませんね。 今回は型紙が無くてもすぐにできるエプロンの作り方をご紹介していきます!ミシンが無くても手縫いでも問題無くできるのでぜひ参考にしてみてくださいね。 お子さんの体型によっては生地の大きさが前後しますので、裁断する前に一度お子さんに生地をあてて確認してみることをオススメします。 子供用エプロンを作るために必要な道具 ミシン(無い場合は、針と手縫い糸) 今回ミシンを使用しましたが、ミシンが家に無いという方は手縫いでももちろん作ることができますので安心してくださいね。 アイロン 縫いしろ部分に折り目を付ける際にアイロンがあると便利です。 綺麗に作るにはアイロンがけを行いましょう。 裁ちばさみ、チャコペン、待ち針 布の裁断などの各作業に必要な裁縫道具です。 子供用エプロンを作る際の注意点 まずはこれだけはおさえておきたいというポイントをご紹介します。 エプロンを作り終えた後に後悔しないために、いくつか注意点をまとめてみました。 生地選び 子供用のエプロンにおすすめの生地ですが、一般的な布よりも少し水を弾くような生地をおすすめします。 お皿洗いやお風呂掃除などのお手伝いをしていたら、水がかかってしまったなんて事はよくある事。 そんな時にも水を弾くような生地であれば、服も濡れずに安心です。 また、ちょっとした汚れであればサッと拭き取ればすぐに綺麗になります。 服が汚れない為につけているエプロンですが、せっかく手作りしたものなので永く綺麗に使いたいですよね。 お子さんのサイズに合わせる 今回ご紹介するエプロンのサイズは一般的な寸法でご紹介していますが、もちろんお子さんによって体形は大きく異なりますので、生地を裁断する前に一度お子さんに合わせて、丈の確認などをすることをおすすめします。 生地は切ってしまうと長くはできないので、必ず切る前に確認しておきましょう。 また、腰ひも部分も少し長めにとっています。 小さなお子さんだと紐が長いと邪魔になってしまうので、お子さんのウエストに合わせて長さを調節してあげてくださいね。 基本の子供用エプロンの作り方 では、早速エプロンの作り方の説明をしていきます。 縦15cm・横20cmの長さに切ります。 縦25cm・横40cmの長さに切ります。 首ひも、腰ひも部分も裁断します。 写真は裁断し、縫い合わせたものになります。 ステップ2:縫いしろ部分にアイロンがけをして、ほつれないように縫う しっかり縫いしろ部分にアイロンがけをしてから縫うと失敗しにくいですよ。 ミシンが無い場合は手縫いでもOK! 表側はこんな感じになります。 ここをきちんと縫っておかないと、ほつれて糸がでてきてしまいますのでしっかりと縫っておいてください。 ステップ3: 2枚を縫い合わせる 端を縫い終わったら、胸部分と胸から下の部分を少し重ねて縫い合わせます。 重ね合わせた部分には、上から腰ひもになる布を縫い付けるので、この時に縫い目が見えてしまっても問題ありません。 ステップ4: 重なっている部分の上に、腰ひもを縫い付ける ステップ5: 最後に首ひもを縫い付けて完成! 首ひもを縫い付けた時に縫い目が見えて嫌だ…という方は、縫い目の上からボタンを付けると縫い目を隠す事ができ、かわいらしくアレンジする事ができますよ。 子供用 エプロンを上手に作るポイント ご紹介したように、とっても簡単に作る事ができるエプロンを上手に作るポイントをご紹介します!お子さんが使いやすい工夫などもご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。 布を切る時には正確に 上手に綺麗に仕上げるために一番大切なのは、布を丁寧に正確に切ることです。 今回は型紙を使用しないので、尚更丁寧にする事が重要になってきます。 裁断した際に曲がっていたり、長さが違っていると、縫い合わせた時にピッタリ合わなかったり、斜めになってしまう原因に。 少しくらい大丈夫だろうと考えているママさんもいらっしゃるかもしれませんが、完成した時にやはり目立ちます。 せっかくなので、丁寧に仕上げたいですよね。 アイロンがけはしっかりと 面倒に感じるかもしれませんが、生地にアイロンがけはしっかりと行いましょう。 縫いしろを縫う時や、ひも部分を合わせる時などは特に必要です。 しっかりアイロンで形をつけてあげる事で縫いやすくなりますし、ズレが無くなるので仕上がりがとても綺麗です。 アイロンがけはたしかに面倒なので、どうしても省いてしまいたい手順かもしれませんが、そのひと手間で仕上がりが随分と変わってくるので、忘れずに行ってくださいね。 お子さんに合わせて腰ひものデザインを変える 年齢の低いお子さんだと、エプロンの腰ひもを後ろ手で結ぶことができない子も多いと思います。 そんな時には、腰ひも部分を少し短くしてマジックテープやボタンなどを付けてあげるようにしましょう。 そうすれば簡単に後ろを留めることができるのでおすすめです。 ポケットやワッペンでアレンジを お好みでポケットを付けたり、子供の好きな乗り物や果物などの可愛らしいワッペンを付けてあげるだけでも子供にとっては嬉しいものです。 手間がかからず可愛らしくアレンジする事ができるので、お好みの生地が見つけられなかった時などには、ポケットやワッペンを活用してみましょう。 お子さんの喜ぶ姿を想像しながら子供用のエプロンを作ってみよう! 簡単に作る事ができる子供エプロンの作り方をご紹介してきました。 エプロンは日常生活でも使う機会が多いですし、幼稚園や保育園などでも活躍する場面はあります。 なかなか普段裁縫道具に触れていないと、完成するのか不安... と感じるママさんも多いですよね。 しかし、今回ご紹介したエプロンの作り方はとっても簡単なので、裁縫初心者さんでも1日あれば問題無く作る事ができると思いますよ。 シンプルなデザインなので、ポケットやワッペンなどを付ける事で可愛らしくアレンジするのもおすすめです。 小学生くらいのお子さんになればちょっとした作業を一緒にする事ができるかもしれませんが、小さなお子さんはまだ一緒に作業をするのは難しいと思います。 しかし、生地やボタンなど材料を一緒に選ぶ事でエプロン作りを一緒にした気分になり、お手伝いに対する関心が高まっていくのではないでしょうか。 今では100円均一にも裁縫道具や布は売っていますし、手芸用品専門店でも、はぎれなどは安価で手に入ります。 手作りエプロンは好みのデザインで作れて、買うよりお金もかからないという嬉しいポイントもあります。

次の

子供用エプロンの作り方!基本の作り方から可愛いアレンジまで!

子供 用 エプロン の 作り方

手作りのいいところは、小さなアレンジで子供を喜ばせることができることです。 一緒にお好みの柄の布を探してもいいですが、ママのセンスを大事にしたいという場合は、ママ好みのシンプルなエプロンを子供と一緒にアレンジする作り方がおすすめです。 男の子の場合は、一緒に選んだハギレで大きなポケットをつけてあげたり、ワンポイントのワッペンをつけてあげると喜ばれます。 ワッペンは手縫いならばブランケットステッチで縫い付けますが、ミシンがあればより簡単です。 ミシンでのワッペンの縫い付け方はこちらの動画を参考にしてください。 女の子には胸元や裾にグログランテープかレースを縫い付けてあげると一気にフリフリエプロンになります。 少しお値段がかかりますが、腰ひもを太いサテンリボンにしてあげるだけでも大喜びされるはずです。 レースの縫い付け方はこちらのサイトを参考にしてください。 マジックテープ 背中でひもを結ぶのは、小学校低学年になった子供でも難しいものです。 保育園・幼稚園や小学校で、準備に時間がかかり遅れてしまうとかわいそうですなので、まだ小さいうちは肩ひもや腰ひもを面ファスナー(マジックテープ)で留めるタイプのエプロンがおすすめです。 こちらは首の後ろ、腰の後ろでマジックテープで留める作り方です。 年少・年中さんであれば、左右紐の長さを変えて首の横、腰の横で留めるようにアレンジするとすぐに一人で着られるようになります。 小学生になればちょう結びの練習を兼ねて、肩ひもや腰ひもを大人用のような紐にするのも一案ですが、保育園生や幼稚園生の子供にはまだ難しいことが多いです。 また園のお料理実習では先生の手を煩わせないようにゴムタイプのエプロンを指定されていることもあります。 肩ひもや腰ひもをゴムタイプにするには、平ゴムをそのまま使う方法と、平ゴムを布で覆う方法があります。 平ゴムをそのまま紐にしたエプロン 平ゴムをそのまま紐にする作り方ならば簡単に手作りエプロンが作れます。 単なるカラーのゴムだけでなく、最近では水玉やストライプなどかわいらしいデザインの織ゴムも売っていますので、これを使えばワンポイントにもなります。 平ゴムを布で覆って紐にしたエプロン 布で覆う方法は、ゴムよりも20センチほど長い布を用意し、布を筒状にした後にゴムを通し、両端から2センチあたりを縫い合わせることでひもにする、という作り方です。 平ゴムをそのまま紐にする方法よりは手間がかかりますが、ゴムが縮まると周りの布がくしゅくしゅしてかわいらしいデザインになります。 作り方はこちらのサイトが参考になります。 写真はありませんが、細かいイラストで丁寧に説明がされていますので、文字通り「エプロンくらいは」というミシン初心者にぴったりの解説本です。 「ポケットの作り方、紐の端の始末、など、つい適当になってしまう部位の説明が詳しく記載されており、助かります。 お洒落なエプロン本に行く前に、まずはこちらの本が手元にあると、とても便利です。 」 「本に載っているそのままではなく、ちょっとアレンジしたい。 そんな時に役立つことがしっかり載っています。 詳しい部分縫いの解説。 より丈夫に作る工夫、紐の縫い代の向きの意味まで。 イラストなので、布の重なり方やステッチの様子、エプロンの物としての構造がつかみやすいです。 」 世界に一つの手作りエプロンを子供に贈ろう ミシン初心者にも簡単なエプロンを子供の好みにあわせて作ってあげましょう。 世界にたった一つのエプロンは、たとえ縫い目が曲がっていても子供の宝物になるはずです。 男の子にはワッペンや大き目のポケットが、女の子にはフリル・フレアやリボンが人気ですが、学年が上がるにつれてシンプルなデザインを好む子供が増えてきます。 同じ型紙を使っても選ぶ布や色合わせによって大きく雰囲気が変わるので、お子さんの好みにあわせてアレンジしましょう。 未就学や低学年の子供には着脱がしやすいように、ゴム式やマジックテープ式のエプロンがおすすめです。 中・高学年の子供には結ぶタイプが人気ですが、不器用さんや面倒くさがりさんには前で結べるように腰ひもを長くしたり、結ぶ必要のないバッククロスタイプのエプロンを選んであげます。

次の

エプロン作りの布地の選び方と型紙紹介

子供 用 エプロン の 作り方

大人用から子供用まで簡単なエプロンの作り方22選 1. エプロンの作り方と着用画 出典: ポケットがないシンプルなエプロンです。 自作のイラストで出来上がり時の寸法図が紹介されている。 薄手の生地を使う時は見え返しや紐に厚地のものを使うと形が整い綺麗に見えますよ。 SPONSORED LINK 2. かんたんエプロン 出典: 使用している生地、フランスリネン2本ラインは洗う度に色落ちをしたり、生地が縮んでいきますが、使えば使うほど味が出る素材。 ジーパンもそうだけど使っていくと自分に馴染んでいく生地は愛着が湧きますよね。 材料はStudioCLIPさんでのオンラインショップで販売中。 SPONSORED LINK 3. 本体用の布• バイアステープ用の布• 綿テープまたはリボン• はさみ、糸、針 など バイアステープは慣れないとなかなかうまく使うことが出来ませんが、こちらのエプロンは裏面に使うので、上手くいかなくても全然OKです。 バイアステープを使う練習にもなりますし、一度作ったら何枚も作りたくなりますよ。 SPONSORED LINK 4. バッククロスのエプロン 出典: 寸法図と作り方の手順がPDFファイルで無料配布されています。 手順の方はカラーなので実際にコピーして手元に置いて作っていきましょう。 バイアステープはたくさん必要になるので新しいものを用意すること。 ハンドメイド初心者の方におすすめです。 SPONSORED LINK 5. 働き者エプロン 出典: 製図が配布されているので有り難く印刷して使いましょう。 サイズはSサイズですが数字を大きめにすれば簡単にアレンジが出来るので、子供用から大人用まで気にすることなく作れますよ。 ちなみにそのままの製図を使うのであれば、身長150㎝くらいの方にぴったりなサイズです。 SPONSORED LINK 6. 手縫いでも作れる簡単エプロンの型紙 出典: 手書きの型紙付き。 紐も釦もない一番簡単なデザインなので、不器用で自分で作ることを躊躇している方に挑戦して欲しい。 エプロンの丈はお好みで増やしたり減らしたり調節してください。 SPONSORED LINK 7. カフェエプロンその1 出典: まるで既製品のような完成度。 使用している生地はハワイアンファブリックですが、暑い夏を乗り切るのにぴったりなデザインですよね。 男性用、女性用両方ともいけます。 ハワイアンの柄をそのまま生かしたい人はポケットなしもでOK。 カフェエプロンその2 出典: カフェエプロンとは雑誌やお店でよく見かける、腰に巻きつけるスカートのようなエプロンのことを言います。 カラフルなプリントデニムが白いTシャツとよく合いますね。 女性でも男らしくなれそうだよね。 コットンやリネン• テープ2cm幅• レースなど カットクロスとテープを使って簡単に作ることが出来るデザインでエプロン作り初心者、入門者の方におすすめです。 エプロン幅や紐の長さは好みがあると思うので個々で調整を加えてください。 ギャルソンエプロン 出典: ギャルソンエプロンとは腰から膝のあたりまで覆う形のことを言います。 本格的に料理する人にとってはなんの役目があるんだって思われてしまうかもしれませんが、とってもおしゃれなんですよ。 PDF形式で手描きの型紙もダウンロードできるので参考にして欲しい。 ちなみに大人と子供どちらでも作れますよ。 SPONSORED LINK 11. いろんなはぎれ布• ミシン• はさみ• まちばりなど もうこのデザイン飽きた!違うの使いたい。 となってもひっくり返せば気軽に心機一転できます。 ポケット部分は小さなはぎれをミシンで縫い合わせていくだけなので簡単な作業ですよ。 ミシン慣れしてない人は良い練習になると思う。 かぶるだけ!幼児エプロン 出典: 小さな子供だとエプロンの紐をなかなか結べない人っていると思う。 というか私がそうでした。 このエプロンは被るだけで着ることが出来るので気軽さが他のものと違いますね。 裁ち図と作り方の説明書もあるのでまずは自分でも作れるレベルなのか確認して欲しい。 2~3歳くらいの幼児にぴったりなサイズです。 お好きなキャラクターに必要な色のフェルト• フェルトの色にあわせた縫い糸 子供用のエプロンを作るならやっぱりキャラクターのアップリケは必須ですよね?でも作り方がわからない。 そんな方はちょっと古い仮面ライダーですが参考にしてください。 女性用はキャラクターものエプロンがたくさんあるので男性用のは極端に少ないんですよね。 お好みでレースなど 学生の時に大体の人は家庭科の授業でミシンを利用していると思いますが、ずっと苦手な女性もたまにいますよね。 直線縫いでこれ以上単純なエプロンはないので頑張って欲しいです。 スナップボタン• ひも スタイよりも少し大きめのお食事用のエプロンです。 小さな子供が着ることをしっかり想定してあり、着脱を簡単にするために首はゴムとスナップボタン。 さらにズレ防止のために腰紐が付けてあります。 一番の難関はゴム部分です。 ちゃっかり右下にラベルがついてて可愛いですね。 SPONSORED LINK 16. エプロン本体• ポケット• 綾テープ 直線断ち、直線縫いで簡単にできるエプロン。 ポケットが沢山あるので作る時は手間がかかりますが、実際に使う時は何かと重宝するでしょう。 ボールペンとか紙とか。 入れっぱなしで洗濯しないように注意してね。 綿麻布地• スナップボタン 首部分はスナップボタンで着脱が可能。 子供も一人で立って色々出来るようになってくると、簡単なお手伝いをしてもらいたくなりますよね。 時間がなければとりあえず適当でもいいのでエプロンは手作りの方が愛情がこもっていいですよ。 フェイスタオル• バイヤス用布• ハギレ接着芯 フェイスタオルは意外と縫いづらいので、気持ち大きめの針を使ってゆっくりと縫い進めてください。 着る側からしたらアップリケが全てを決めると言っても過言ではないので、赤ちゃんの好みを日頃からしっかり把握してあげましょう。 リボン26㎝• レース 子供は小さい時に一番手間がかかります。 とにかく好みにうるさいので嫌いなものは全力で拒否しますよね。 こちらのリバーシブルエプロンは布以外の材料は全て100均で揃えてあります。 その時の気分で2種類のデザインを使い回せるので長持ちすると思う。 スナップ 安いからついつい買いすぎてしまうハンカチ。 一家に1枚くらいは使ってないハンカチが眠っているのではないでしょうか。 ほとんど直線で縫っていくだけなので簡単に作れます。 実際に人が着ることは出来ないので、お人形さんやぬいぐるみに着させましょう。 SPONSORED LINK 超簡単!直線で作れるエプロン これまでも直線縫いで出来るエプロンの作り方はいくつか紹介しましたが、動画の方がどうやって進めて行けばいいのか理解しやすいですよ。 初心者の方は忘れてしまいがちなのですがアイロンは必ず用意しましょう。 作業効率が段違いです。 型紙も無料でダウンロード出来ます。 めちゃくちゃ簡単なのでまずはここから実践して欲しい。 オックスプリントくらいの中厚生地 60cm• カラーゴム 巾20mmのもの 70cm 120~130㎝くらいの子供用エプロンの作り方を動画で紹介しています。 身長的に大体4歳~8歳くらいの子供ですね。 小学校低学年くらいであれば頑張ればいけるかな。 最後に いかがでしたでしょうか。 エプロンは自分のためだけに作るのではなく、子供のために愛情を込めて作る贈り物の場合もあります。 丁寧に作れなかったとしても、ちょっとずさんな縫い目が残っていたら、お母さん頑張って作ってくれたんだな。 って気づいてくれるかもしれません。 完璧な人はどこにもいないので、失敗を恐れずまずは直線縫いで出来るエプロンから挑戦して欲しい。 SPONSORED LINK.

次の