ものすごい 図鑑 モンシロチョウ。 モンシロチョウの幼虫とエサの関係。食べる植物が決まっている?

モンシロチョウの幼虫とエサの関係。食べる植物が決まっている?

ものすごい 図鑑 モンシロチョウ

黒い紋のあるシロチョウのこと。 [分布] 日本各地。 アフリカ、南アメリカを除く世界各地の温帯〜亜寒帯地方。 [科名] チョウ目シロチョウ科 [体色] 白色 [時期] 3月・4月・5月・6月・7月・8月・9月・10月・11月 [特徴・生態] 日当たりの良い耕作地周辺に多く生息する、チョウの代表的存在。 前翅長は20mm〜30mm。 雌雄の色彩斑紋は明瞭です。 メスは翅表がやや灰色を帯び、オスにはない光沢を表し、黒紋の発達も強いです。 春型は地色は白色ですが黄色みを帯び、黒色部の発達は弱いです。 成虫は3月〜11月ごろまで出現し、この間に6回〜7回の発生を繰り返す地域が多いです。 幼虫はアブラナ科の栽培種、帰化種、在来種を食べ、キャベツ、ダイコンなどの野菜を食害します。 サナギで越冬します。 もともと日本にいた種ではなく、アブラナ科の栽培植物とともに国外から帰化したチョウとも考えられています。 キャベツ畑の少なくなっている都市部では個体数が減少しています。 [観察・感想] モンシロチョウの成虫の写真です。 羽に茶色の模様がありますが、羽の模様ではなく、異物が付着しているだけみたいです。 変わった模様のシロチョウだなーなんて思っていたんですが、写真をじっくりと観察してみたら、模様じゃなくて異物でした。 ゴミが付着してしまったみたいです。 シロチョウの仲間では、もっとも良く見かけるのがモンシロチョウです。 モンシロチョウの生態はとても面白く、キャベツのようなアブラナ科の野菜と共に、世界に広がりました。 代表的な蝶の一種ですが、実は外来種ということになります。 いつの時代に日本に渡来したのか、気になりますね。 わかったら、特徴・生態に追記したいと思っています。 モンシロチョウに良く似た仲間で、スジグロシロチョウという種類の蝶がいます。 知識のない私にとっては、見分けるのが困難な蝶になります。 モンシロチョウとスジグロシロチョウの見分け、間違えたまま掲載しているかもしれません。 もし間違いに気が付いたら、メールを送ってくれると、とても助かります。 [写真撮影] 2008年08月11日 - - - メインコンテンツ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 広告 SNS.

次の

昆虫をぐるぐる回して観察しよう!NHK for School「ものすごい図鑑」ができるまで(チームラボ)

ものすごい 図鑑 モンシロチョウ

目次 [閉じる]• モンキチョウの特徴 モンキチョウは黄色い羽の表には黒い斑点模様、裏には褐色縁に白の斑点模様があるのが特徴のチョウです。 それがそのまま名前の由来になっています。 メスには黄色い個体とやや白っぽい個体が存在し、時々モンシロチョウと間違われることもあります。 黄色いチョウと白いチョウが仲良く飛んでいたら、恐らくはモンキチョウのオスとメスでしょう。 幼虫がマメ科植物の葉を食べて育つため、成虫もマメ科植物の周りを飛んでいることが多いです。 シロツメグサ(クローバー)、シャジクソウ、エンドウ、ミヤコグサ、レンゲ、ルピナスなどなど、マメ科植物は意外に身近なものなのでモンキチョウも身近に見られます。 日本では早春から秋の終わり頃までの比較的長い期間モンキチョウを見る事ができ、昔は一年中成虫が見られる越年蝶と勘違いされていました。 しかしモンキチョウは幼虫で越冬を行う種なので、冬にモンキチョウを見かけたらそれは間違って羽化してしまったものと思われます。 モンキチョウの生態 生息地 ユーラシア、アフリカ、ヨーロッパなどの温帯~寒帯に広く生息しています。 幼虫のエサとなるマメ科植物の付近で生活しており、草原や河川などの開けた場所で見かけることができます。 普段の生活 昼行性で日中に採食を行い、夜は葉の裏や木に留まって休んでいます。 草食で幼虫はシロツメクサなどのマメ科の植物の葉を食べ、成虫は色々な花の蜜を吸います。 繁殖と成長 卵生で春から秋にかけて繁殖活動を行い、マメ科植物の葉に産卵します。 卵は4~6日で孵化し、幼虫は四度の脱皮を経て20日ほどでさなぎになり、さなぎは1週間ほどで羽化して成虫となります。 成虫の寿命は10日~20日ほどで、繁殖活動しながら1年に何度も世代交代を繰り返します。 冬になると幼虫で成長を止めて越冬し、暖かい春が来るのを待ちます。 記事カテゴリ• 139•

次の

カブトムシの次はモンシロチョウが登場 ものすごい図鑑 |NHK_PR|NHKオンライン

ものすごい 図鑑 モンシロチョウ

オススメ!2016. 20 カブトムシの次はモンシロチョウが登場 ものすごい図鑑 2015年7月に公開され、反響を呼んだ「」。 新たに追加された「電子顕微鏡モード」で、さらに詳細な体のつくりを観察できるようになりました。 さっそく、その概要をご紹介しましょう! ゲーム感覚で昆虫の知識がつく 「」とは、画面に映し出された昆虫の写真を観察できるインターネット図鑑。 NHKが学校向けに放送している番組を、ウェブサイトで配信する「NHK for School」のコンテンツのひとつとして公開されています。 印刷された図鑑では見ることができなかった角度で、細部にわたって昆虫の姿を見られるのです。 さぁ、それでは使ってみましょう。 例えば、モンシロチョウの羽の部分には「りんぷん」「風向感覚子」「発香りん」「たわみ感覚子」などのポイントが表示され、それぞれどのような働きをしているかを知ることができます。 また、今回の「モンシロチョウ」に搭載された「電子顕微鏡モード」では、ポイントをクリックするとミクロの世界にズームイン! 今まで見たことのない世界をのぞきながら、昆虫の体のつくりを学ぶことができます。 電子顕微鏡モードでモンシロチョウの口を見てみよう! こんなふうになっているんだ…… 一度読んだ説明は「バッジ」として集められ、読んでいくごとに「Myバッジ コレクション」が増えていくという仕組み。 まるでゲームのアイテムを集めていくような感覚で、楽しみながら昆虫の体のつくりや生態の知識がついていくコンテンツです。 コレクション好きにはたまらない!? 子どもだけじゃなく、大人まで楽しめる図鑑 実を言うと、わたくしデジタル〔PR0101号〕も最初は「どうせただの図鑑でしょ」なんて思っていました。 子どものころに読んだ昆虫図鑑を、ただ電子版にしただけのものだろうと……。 しかし! 「グルグル回転」や「ズームイン」などの機能を実際に使ってみると、想像していた以上に楽しいのです! インターネット環境さえあればどこでも見られるので、タブレットやスマートフォンを野外に持ち出して「昆虫採集をしながら図鑑で学ぶ」なんて使い方も可能です。 例えば、せっかく昆虫を捕まえても、「体のつくりがわからない」とか「どんな働きをしているのかわからない」なんてことは、よくある話。 カブトムシとモンシロチョウをグルグル観察して、肉眼では見えないところまで詳しくなってくださいね! 取り上げた番組はこちらです!.

次の