秋田市 ラーメン。 秋田で人気のラーメン屋さんランキング

秋田の大館・能代のおすすめラーメン!1日50杯の幻の一杯など厳選6軒

秋田市 ラーメン

お食事処 河ドラ 追分店@秋田県秋田市下新城中野 次々とオープンする秋田市内のラーメン提供店情報。 河ドラと言ったら個人的には炒飯なので、今回はラーメンと半チャーハンをオーダーしました! お食事処 河ドラ 追分店のローカルルールなど店の特徴 2020年5月21日に創業。 秋田県秋田市河辺にある人気店「河辺ドライブイン」の2号店。 店舗情報はホームページ・Facebookページ・Instagramで発信。 予約表はないので満席時はそのまま行列に接続。 店内に入って左側にある券売機で食券を購入。 食券を自分で切って大きい方の半券を受付の食券入れに入れて食券の番号が呼ばれたら自分で取りに行くセルフスタイル。 漫画&テレビが設置されてます。 子供用イスが完備されているのでお子様連れでも安心。 食べ終わった食器は返却口へ返すセルフスタイル。 テイクアウトメニューあり。 お食事処 河ドラ 追分店のメニューなど お食事処 河ドラ 追分店のラーメン&半チャーハン ラーメン 550円 スープは豚骨、鶏ガラなどの動物系主体+野菜と思われる清湯ベースの醤油味で、河辺ドライブインの全てのラーメン類の基本となるであろうベーシックな醤油ラーメン。 後半は塩気の輪郭を更にしっかりと感じるややしょっぱめな味加減に感じますが、その辺も含めて秋田県民好みな味の設計かと。 550円という価格設定も嬉しいです! 麺は平打ちの細縮れ麺でツル・シコな食感。 半チャーハン 380円 半炒飯は刻んだチャーシューやナルト、ネギ、溶き卵、グリーンピースを合わせて炒めた河辺ドライブインの人気メニューで、今回はラーメンもオーダーしたのでハーフサイズにしました! 旨み&塩分の入れ具合も程よく、時折感じる炙りチャーシューの香ばしさが心地よいアクセントに。 やはり河ドラのチャーハンは間違いない。

次の

秋田市で人気の豚骨ラーメンが食べられるおすすめのお店4選!

秋田市 ラーメン

どうもです。 秋田ブロガー・ライター・YouTuberの じゃんごブログ編集長です。 今回は、 ラーメンの話です。 「秋田ラーメン」で一番最初に思い浮かべるのが「」です。 吾作といえば、秋田県内ではCMがバンバン流れている人気ラーメン店です。 「 味とのれんを大切にする店~」というキャッチコピーが印象的です。 近年(前からか)、日本ではラーメンブームが巻き起こっています。 その種類も豊富で「 家系ラーメン」や「 二郎系ラーメン」といったように ラーメンの系統分けまでされるようになるなど、とにかくアツいブームを誇っています。 そこで気になるのは、 秋田で美味いラーメン屋はどこか ということ。 この記事を見てくださっている方もラーメンが好きで、たくさんのお店に足を運んでいると思います。 しかし、僕の友達である「 ラーオタ(ラーメンオタク)」も負けてません。 彼は暇さえあれば秋田県内のラーメン屋に出向き、多種の「麺」や「スープ」を 年に120杯胃袋におさめているツワモノです。 さらには、「 東京遠征」と称して夜行バスで東京へ行き、 全国的に有名なラーメンだけを食べて秋田へ帰る 東京で1日4食以上ラーメン食べて秋田帰還 というクレイジー企画をやってのけるという伝説的な人なんです。 全部ラーメン日記!すごい。 【秋田市】1年で120杯ラーメン食べる「秋田ラーオタ」がオススメする最強店ベスト3 ここからは1年に120杯ラーメンを食べる「秋田ラーオタ」がオススメする最強店をご紹介します! 秋田市内のラーメン屋さん編です。 とんぼ庵はもともと蕎麦屋さんでした。 このお店は連日たくさんのお客さんがこぞって来店します。 中でもオススメなのは 「 特製らぁめん」 意外とこってりしているラーメンですが、 しょっぱくなく誰もがペロリとたいらげてしまうほどの美味しさです。 さらに 自家製の中太麺がスープと程よく絡み合い、万人うけするその味は、県内のお客さんのみならず県外からのお客さんも多いようです。 モッチリムッチリした自家製麺が魅力的なお店で食べておきたいのは 「 ブレンド醤油」です。 節系のスープが、 濃くも薄くもないちょうどよい塩梅で調和している 「ブレンド醤油」は 初見の方でもきっと魅了されるラーメンだと思います。 駐車スペースが少なく、車移動の方は別の駐車場を利用しなければならないケースもありますが、ぜひ秋田市で立ち寄りたいラーメン屋です。 このラーメン屋がベスト1のお店となりました!! このお店は 確実に並ぶといってもいいほど、秋田市内では超人気店となっています。 「1時間待ち」なんてザラ…それでも 「麺や二代目 夜来香」のラーメンを 食べたい!というファンが多く、その人気は計り知れません。 このお店で食べておきたいのは 「 中華そば」 麺や二代目 夜来香の中華そばは、秋田県内ではなかなか味わうことのできない!といわれています。 都会的な味わい深さが多くのお客さんを魅了しているようです。 あわせて注文したいのが 日替わりミニ丼の 「 ハヤシライス」です。 日替わりメニューではありますが、ラーメン屋さんとは思えないクオリティが舌を唸らせます。 また、 麺や二代目 夜来香はどのメニューを選んでもハズレがないです。 東の横綱、 広東麺。 そして西の横綱、 にらそば。 もし、お腹に余裕があるのなら「 からあげ」を注文してみてください。 力強いスープに極太麺が絡み合う、唯一無二のつけめんはまるで絶品。 おすすめのメニューは 「 特製つけめん」 「 特製赤のつけめん」 です。 秋田市でつけめんを食べるなら「つけめんSHE-HAR」一択!といわれるほど、秋田市では有名なお店です。 記事を書いていたらなんだかラーメンを食べたくなってきました。

次の

【2019年版】秋田県のラーメンランキング!県民が納得した20店紹介!(ラーメン総選挙)

秋田市 ラーメン

1.もはや秋田のレジェンドと言っても過言ではなかろう『十八番』 十八番 秋田県能代市 醤油 並 620円 開店間もない時間にも関わらず賑わう店内は、相席上等、確実に袖触れ合う狭めのテーブルもほぼ満席。 厨房のレディ達に『注文内容』と『名前』を告げテーブルに。 お値段も良心的なもの。 全国的に見ても飲食店で名前を呼ばれる所ってどんだけあるんやろ笑 ま、それはえーとして。 すり鉢で提供される一杯には『すりピーナッツ』が粉砕されたものから食感残るものまで入っていてビックリ! 小さいカットレモンも入っていてほんのり爽やかな酸味。 くどくない油分がコクを持たせるスープは実にずっしりと旨い。 旨い! 縮れ柔めの麺は許容範囲目一杯。 それは好みの問題やな。 燻製されてる感じで、肉の旨みジュワっと染み入る小振りのチャーシューは白河系を彷彿とさせる、このサイズでこの食感、この旨み。 かなりえー感じやん! ちなみにテーブル上の調味料はお酢と胡椒。 お酢は醤油の瓶入りのシュールさ笑 50年は営業しているだろう老舗やけど、昔からこんならーめん提供してたと思うと空恐ろしい。 それほどまでに革新的な味わいでウマい。 もはやレジェンド!! ぜひ、実食を! 2.秋田ラーメンシーンを牽引するホープ!『柳麺多むら』 柳麺多むら 秋田県能代市 醤油ラーメン 750円 東京の『ちゃぶ家』や食の世界的権威の本にも掲載された『鳴龍』でも腕を振るった店主さん。 ここ能代本店以外に秋田市内に2店舗目の箱店もオープンさせた秋田有数のお店。 鳴龍の出身らしく担担麺もあるけど今回はメニュートップ表記の醤油で。 スープのファーストコンタクトはとにかく鶏油。 甘いバターのような芳醇な香りが包み醤油のフレーバーが広がる仕上がりに、一瞬秋田にいることを忘れるほど洗練された味わい。 ロース、バラと部位の違うしっとりとしたチャーシューに大きめの穂先メンマ。 完全に大都会のラーメン! 秋田でこのレベルの一杯食べれるのはマジありがたいやつです! もちろん店内パンパンで満席、待ちも発生。 13時少し前に入店で、食べ終わる頃には暖簾をおろしてた。。 あっぶねー。 入店前に知り合いより『おおさかさん食べたことある東京のあの店のリスペクトかと思うビジュアルですよ』と聞いてたけど・・・ ホンマや。 『これは、あれやな。 北区やな。 王子神谷やな笑』 それはさておき、まずはスープから。 なかなかに大人な味わいの煮干スープ。 最近変わったのか?乾いた食感の平打ち麺。 やや疑問の残る設定 好みやね やけど悪くはないかと。 これも進化の途上か。 そっとセンターに肉一枚。 低温火入れもしっかり加減でビターなスープに合いますねぇ。 迷わず、いく。 カットレモンに軽く浮くゴマ、正方形な小さめの海苔。 ん?一軒目に寄った十八番 能代市のリスペクトか?! と思わせるビジュアル。 スープを一啜り… おお!すっぱ!笑 レモンにお酢も後押しの酸味押し味噌! 斬新で旨いんやけど、もうこれ以上の酸味は要らんかな?!笑 でも卓上には追い酢できるスタンバイ。 秋田県北あちこちで見かけるけど、お酢必須なんかな? 麺はメンマ同様ややホワイトで独特の柔いのか固いのか、みたいな食感の中細麺。 ゴマとナッツの香ばしさに食感。 メニュートップがゴクニボというワイルドさ! ほかにもとんこつ醤油や、ガッツリ醤油・ガッツリ味噌って 漢字二文字のなんだか優しそうなイメージの屋号を裏切るようなパンチ系メニュー。 それはそれで、気になるやん。 長尾中華そば 青森市のごぐにぼとはまた少し違ったアプローチながら、ワイルドやなぁ。 麺はちょい柔めの太麺という独特食感。 もうちょいハリがある方が好みやけど、この辺りは地元のニーズなんかな。 つまり、普通の煮干でも結構ガツン!やで! ぜひ、実食を! 紹介しているお店はこちら! 店名:孝百 住所:秋田県大館市城西町1-53 6.中毒性抜群の煮干しスープ!『煮干中華あさり』 煮干中華あさり(秋田県大館市) 煮干そば(並) 670円 国道沿い、大きな駐車場もありアクセス良いこちらのお店。 県北ということでお隣の青森弘前へも車で40分程度と近く、青森の良さ、煮干しの旨い店が多いのも特徴。 もちろん、ここ、あさりもその一つ! 「麺屋まる道」で営業していた先代の店舗を、息子さんの現店主さんが「煮干中華あさり」としてリニューアルオープンして4年ほどのお店。 苦手な人は敬遠せざるを得ないかもしれないけど、このパンチはたまらなく癖にるわ…^^ 麺は自家製の中太麺。 スープに負けじとしっかりとした食感でチュルンとした食感でハリ、弾力もありスープとの相性も抜群でウマい! 夢中に啜れるパワフルな煮干し、ここもおススメです! ぜひ、実食を!.

次の