笠井アナ 悪性リンパ腫。 【笠井アナ】死亡率(ガン)はどのくらい?悪性リンパ腫と闘う姿に密着!

笠井信輔アナ、「悪性リンパ腫」判明の経緯を解説!

笠井アナ 悪性リンパ腫

悪性リンパ腫の「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」で昨年12月19日に入院、今年4月30日に退院した元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(57)が、「ステージ4」と診断されていたことを公表した際の発言について真意を説明した。 笠井アナは8日、古巣のフジテレビ系「とくダネ!」にリモート出演して完全寛解を報告し、当初はステージ4と診断されていたことも明かした。 同日更新したブログで、「内臓がんの場合のステージは5段階ありますが、悪性リンパ腫(血液のがん)の場合、ステージは4段階です。 つまり私は最高レベルの進行度だったのです。 悪性リンパ腫の場合は横隔膜を境に上下片方だけに病変が見られる場合『ステージIかII』横隔膜を境に上下両方に病変が見られる場合を『ステージIIIかIV』とみなすそうです。 私の場合は全身にがんが散らばっていたので『ステージIV(4)』という診断となったのでした」と説明した。 しかし生放送では詳しい説明をする時間もなかったことから、「周りの人たちに絶望させてはいけない、絶対に治るという気持ちでいたので、このステージ4というのは、いわゆる内臓がんとは違うステージ4なので絶対に負けない、そんな気持ちで内緒にしてきました」と話したが、「私としては、【内臓系のがんは、ステージ4は最高ランクではないけれども、悪性リンパ腫では違う数え方をしていてステージ4は最高ランク。 でも一番大変なランクと言われても絶対に負けないつもりだから、母を絶望させないように内緒にしていた】と言いたかったのです」と真意を説明した。 生放送での発言に対し「『内臓系のステージ4とは違って、悪性リンパ腫のステージ4は助かるから、頑張れた』と、そんなふうに捉えた方もいらしたようです」と一部視聴者の反応をつづり、「当然ですが、そんなことはありません!現在ステージ4、5と診断され、もし今日の放送を見て不快に思ったり、不安に思ってしまった方がいたとしたら、それは本意ではありません、本当にごめんなさい。 大変申し訳なく思います」と謝罪した。

次の

笠井信輔アナが悪性リンパ腫を公表…「立ち向かっていかなければ」

笠井アナ 悪性リンパ腫

悪性リンパ腫の入院治療を終え、4月末に退院した元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(かさい・しんすけ 57歳)が5日、悪性リンパ腫が「完全寛解」したことをブログで発表し、本格的に仕事復帰することが明らかになりました。 笠井信輔アナはブログで、 「 昨日、病院の診断で主治医の先生から『完全寛解です』とのお言葉をいただきました!(中略)前回撮影したPET検査(最新のがんカラー映像全身撮影)の結果、何ヶ所か怪しい病変のような部分が見つかりました。 そのため『寛解』の診断がお預けになっていたんですが、この2週間の間に、さらに詳しい解析と評価をしてくださったんです。 やりました!(中略) 『状況としては完全寛解ですが、一応2ヶ月後に検査をして経過を確認していきましょう』と言ってくださいました。 」と、悪性リンパ腫が完全寛解したとの診断結果が出たとしています。 早く仕事をしたい気持ちでいっぱいです。 」との思いを明かし、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることで今後どうなるかは分からないものの、「まず今月は慌てずに、自宅でのリモートワークを中心にやっていこうと思っています。 」としています。 笠井信輔アナは『サンケイスポーツ』の電話取材にも応じ、 「主治医から 『完全寛解です。 普通に仕事をして大丈夫』と診断されました。 ガンは全て消えたそうです。 お酒もOK。 妻や息子たちはまだ許してくれませんが…。 (散歩や筋トレで体力回復を目指しているが)すぐ足がむくむし、まだ指のしびれもある。 コロナ禍でもあるし、今月いっぱいはゆっくりして、 7月から慌てず本格的にメディアの仕事を再開させたい」と語っていたといいます。 そして、笠井信輔アナの完全寛解報告に対してネット上では、• 良かったですね。 これからが本当のフリー解禁ですね。 どんな姿でテレビに現れるか楽しみです。 良かったです!明るいブログをずっと読み続けていたし、ずっと応援していました。 家族の温かい応援もどれだけ力になったことでしょうね。 おめでとうございます!• 完全寛解すごいです。 私は卵巣癌ステージ3で、抗がん剤治療中です。 私も絶対に完全寛解して元気になりたい。 こんなに早い段階での完全寛解ってあるのかとビックリ。 数年様子を見ての完全寛解で、さらに数年様子を見ての完治だと思っていた。 でも、悪性腫瘍には完治はないもんね。 32年たってからの再発があった。 ってお医者さんに聞いた。 いずれにせよ、良かったですね。 完全寛解、すごいですね!!良かったです!昔同じ病気で友人が亡くなってしまったのですが、今は治療も随分進んでいるのでしょうね。 数ヶ月の大変な入院生活で体力も落ちてしまったでしょうから、まずはムリのないペースでお仕事開始されると良いですね。 ご自愛ください!• おめでとうございます。 一時どうなることか心配してましたが、池江璃花子さんにしろ、キツイ治療に絶えての寛解に頭がさがります。 近々テレビで会えること楽しみにしてます、お大事にしてください。 油断は禁物。 まだ5年以内にガンが再発しなければ治ったことにはなりません、だから体調に気を付けてお仕事頑張ってください• コロナウイルスのワクチンや治療薬出来るまで仕事を休止してた方が良くないですか 見えない敵だけに感染を防ぎようがない。 免疫力が落ちておられるでしょうから気をつけた方が良いのでは• 母が、いま同じ病気と闘っています。 抗がん剤が思うように合わず、痛みとも戦っている最中です。 だからこそ寛解した知らせが励みにもなっています。 色々なコメントがありますが、あなたが寛解したことで希望が持てる人もいる。 個人的にあなたのよい知らせを知ることができて嬉しいです。 本当に良かった、おめでとうございます!自分はまだ寛解ではありませんが、自分も頑張らねば!と思います 来月本格的に仕事復帰に向けて、体力をつけて免疫力をつけて。 ご飯をいっぱい食べて、復帰に備えて下さい! などの声が上がっています。 笠井信輔アナは昨年12月に、血液ガンの一種である悪性リンパ腫のうち「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」という病気を発症したことが判明、そこから入院して抗ガン剤治療などを受け、治療の効果が出たことで今年4月に無事退院しました。 退院時点では寛解との診断は出ておらず、5月中旬に予定している最終チェックでガン細胞が消えているのが確認出来れば、寛解と言えるかもしれないとしていました。 寛解というのは完治、治癒とは違い、症状が落ち着いているものの再発する可能性がある状態を指します。 寛解はガンなどの病気に用いられる言葉で、症状が改善されてはいるが一部で異常がある場合には「部分寛解」、現時点で症状が完全に消え、異常が見られない場合には「完全寛解」と呼び、もし寛解から5年間に再発しなければ一般的には完治、治癒とされます。 そのため、笠井信輔アナは医師から完全寛解との診断結果を得たというものの、まだ再発する可能性はゼロではなく、完全に安心できる状態ではないのですが、治療から半年で完全寛解との結果が得られたのは良かったですし、今後もあまり無理はせず徐々に仕事復帰し、フリーアナウンサーとして活躍する姿を見せてほしいですね。

次の

笠井信輔アナが悪性リンパ腫の完全寛解発表。抗ガン剤治療から半年で順調回復、仕事を本格的に再開へ。

笠井アナ 悪性リンパ腫

元フジテレビでフリーの笠井信輔アナウンサー(かさい・しんすけ 56歳)が19日、9月まで担当していた情報番組『情報プレゼンター とくダネ! 』(フジテレビ系)に出演し、自らの口で血液ガンの一種「悪性リンパ腫」を発症したことを報告し、具体的な病名については 「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」と診断されたことを公表しました。 笠井信輔アナは近日中にも入院し、4ヶ月の入院中に抗ガン剤治療を受け、さらに2ヶ月の自宅療養をする予定だと明らかにしました。 笠井信輔アナは17日に『とくダネ!』の取材を受け、悪性リンパ腫と診断された際の心境について、 「(フリーになって)2ヶ月間、めちゃめちゃ働いて、これからいい感じで『いくぞ!』っていう時に『ガーン!』っときましたからね。 これは焦りましたわ」と明かし、この時点でも体の色々なところが痛いと話していました。 そんな笠井信輔アナは19日放送の『とくダネ!』に生出演し、自らの口で病気について語ろうと思った理由を聞かれると、 「32年間ワイドアナウンサーとして、いろんな芸能人の方のプライベートを自分の言葉で放送してきて、いざ自分が病気になったときに、そっとしておいてくださいっていうのは、やはり、自分の生き方としては許さない。 話せることは、皆さんに知ってもらうという義務があった」と説明しています。 また、 「もう一つは小倉さんですよ、小倉さんが、ガンになって、自分の病状をこと細かく公表する姿を見ていて、そこまで話さなくてもいいのにということまで語っている姿を見ながら、やっぱり、我々のような仕事をしている人間というのは、そういう覚悟とか立場とかにいく瞬間があるんだなと、そこは小倉さんを見てて、やっぱり学びました」と、番組司会者の小倉智昭さんが番組で病気について語る姿を見たことで、笠井アナも公表することを決めたそうです。 そして、現在の症状については、 「(肩や腰など)日によって痛いところが違う」「起き上がるのが大変」「鎮痛剤を飲み仕事をしている」「今日はお尻の下あたりで、足を引きずる状況」「痛みが出た瞬間、ガンが来てるのかな(と考えてしまう)」とし、自身が発症した「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」の5年生存率(診断から5年経過後に生存している患者の割合)を聞かれると、 「一般的に生存率は6割、4割の方が亡くなる、でも笠井さんは若いので7割ぐらいの方の生存率に入りますよ、頑張っていきましょうと言われた」と語っています。 笠井信輔アナが発症の「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」は、 「中悪性度リンパ腫(週~月ごとに進行)」に分類され、医師からは 「ちょっと強い抗がん剤治療が必要だね」と告げられたことも明らかにしています。 そんな笠井信輔アナは近日中にも入院し治療に入るのですが、 「何か書いたりできるんじゃないかと。 発信したりできるんじゃないかと思う。 ブログもはじめようと思う。 どっか繋がっていたい。 それが自分の助けになると思う。 同じ病気の人のためにとかあまりそこまで行けてなくて、誰かが自分のことを見てくれていると思うことで自分の力づけにしようとしています」と語っており、闘病生活の様子を今後始めるブログ『人生プラマイゼロがちょうどいい』などで発信していく予定としています。 笠井信輔アナは11月中旬ごろから、トイレが近くなったり、体の痛みや倦怠感、体重の減少といった症状が現れ、病院で検査を受けたところ前立腺肥大症を発症していることが発覚、さらにMRI検査で骨盤周辺に怪しい影が見つかり、精密検査を行ったところ、 腰と肩に悪性リンパ腫が見つかったそうです。 笠井信輔アナは喫煙もせず、お酒もたしなむ程度ということから、悪性リンパ腫と診断された際には大きなショックを受けたものの、医師からは悪性リンパ腫について、 「原因は不明で、この病気は交通事故に遭ったようなものなんです。 ただ、あなたの場合、奇跡的に早く見つかった」と励まされたといい、来年6月ごろの仕事復帰を目指し、現在は気持ちを切り替えているといいます。 そして、悪性リンパ腫を公表し、これから闘病生活に入る笠井信輔アナに対してネット上では、• 何で、俺?その気持ち良く分かります。 私も、脳腫瘍で、手術しました。 きっと治ります!頑張って下さいね!応援してます。 明るくニュースを伝えていた笠井アナが、悪性リンパ腫になるなんて信じられない部分があります。 ただ生放送できちんと病状について伝えたことは素晴らしいです。 病気を克服して、元気な姿で戻ってくることを願っています。 アナウンサーとしては間違いも多いし、中継の時差とか読みきれずぐだったりで優秀とは思えず、これまでタレント的に見ていました。 が、自分がこれまで踏み込んだ芸能人のプライバシーを自覚していて、自分だけはそっとしておいてほしいというのはおかしい、との覚悟。 男として、アナウンサーとしての筋が通っていて立派です!• 生放送で自身の病名を告白。 アナウンサーとしての信念を感じました。 今はゆっくり休んで治療に専念して下さい。 もう無理しなくても大丈夫です。 また克服したニュースを待っています。 頑張って下さいね。 自分の弟も若くして悪性リンパ腫になりましたが現在寛解となり元気です。 弟には常々最悪の中では最高だと励ましてましたがまだ寛解の望みの高い病気です。 大変ではあると思いますが打ち勝ってほしいと思います• 夫は39歳で悪性リンパ腫にかかりました。 23年前のことです。 今でも元気に働いています。 2年間の闘病でしたが、今になって思えば長い人生のうちのほんの2年でした。 笠井さん、大丈夫です。 23年前よりも医療は進んでいます。 あんなことがあったな~と思える日が必ず来ますよ。 ここまでの流れ、逸見さんとダブって仕方ない。 しかし、結末でけは変えて欲しい。 元気に帰って来ました!って言う会見を待ち望んでいます。 などの応援コメントが数多く寄せられています。 週~月単位で症状が進行する中悪性度の「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」は、国内の悪性リンパ腫患者のうち、最も多い3~4割を占めており、女性よりも男性に多く発症する傾向にあります。 治療方法は抗ガン剤を使った化学療法、放射線治療で、進行度によって治療法も変化しますが、悪性リンパ腫は手術での治療は一般的ではないといいます。 初回治療で腫瘍が消えた状態を「完全奏効・完全寛解(CR)」といい、この状態からの 再発率は1~2割程度、大体6割以上の患者は初回治療で完治するとされているものの、2~3割は初回治療で効果が出なかったり、再発するケースもあり、その場合には二次治療に入っていくとされています。 笠井信輔アナは現在56歳で、比較的早期に発見したことから医師には5年生存率が7割と告げられているそうで、笠井アナも仕事復帰を目指してすでに気持ちを切り替え、これから治療に専念していくとしており、少しでも早く病気が治るように半年にわたる闘病生活を頑張ってもらいたいです。 また、今後はブログで闘病生活中の様子を発信していく予定とのことですが、笠井信輔アナが発症した「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」の治療では、 3種類の抗ガン剤投与を3週間に1度、それを6~8回に分けて行うのが一般的となっており、抗ガン剤投与による副作用などもあるかと思いますので、情報を発信しないといけないという使命感などによって、無理だけはしないよう注意してほしいです。

次の