ヒラマサ レシピ。 【みんなが作ってる】 ヒラマサのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

【みんなが作ってる】 ヒラマサのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ヒラマサ レシピ

撮影:TSURI HACK編集部 ヒラマサ(平政)は、スズキ目アジ科の海水魚。 アジ科の魚類としては最大種で、亜熱帯・温帯海域を回遊しながら生活しています。 強烈な引き味を楽しめる事から釣りの対象としても人気があり、食用に漁獲されている魚です。 形態の特徴 ヒラマサの体は細長く側扁しています。 体色は背中側が青っぽく腹側は銀白色。 体の側面には太く黄色の縦帯が入ります。 同属のブリに非常に良く似ていますが、上あごの後端が角ばらず丸みがあることや、胸鰭が腹びれより短いなどの特徴から見分ける事が可能です。 成魚の体長は1メートル前後が一般的ですが、体長2. 5メートル・体重96. 8キロという最大記録も残っており、アジ科魚類の最大種ならではの貫禄ある魚体を持っています。 分布と生息域 ヒラマサは全世界の亜熱帯~温帯の海域に広く分布。 水温18度~24度の海域でよく見られ、日本においては北海道南部以南の近海に分布するとされていますが、釣獲・漁獲される頻度を考慮すると西日本以南の温暖な海域が中心的な分布範囲と言えるでしょう。 生態 遊泳速度は時速50キロを超えると言われている「海のスプリンター」で、単独または小規模な群れで回遊しながら小魚や甲殻類、イカなどを捕食する肉食魚です。 釣りにおいてはこうした食性を利用してルアーや泳がせ釣りで狙われています。 産卵期は4~8月で、分離浮遊卵を生み落とします。 稚魚は沖合で浮遊・回遊しながら成長。 寿命は約12年とされています。 名前の由来 ヒラマサ(平政)の由来は、ブリよりも平たい魚体に、黄金色の縦の帯が直線状(柾 まさ)である。 からついており、マサギ、ヒラソ、ヒラスと地域によって名称が異なります。 ヒラマサとブリの違い・見分け方 ヒラマサとブリはそっくりですが、見分ける方法がいくつかあります。 釣り場でヒラマサ、ブリと思われる魚が釣れた場合の見分け方を写真を交えて紹介します! 体高の違い ヒラマサの名前の由来はブリよりも体高が低く、平たい魚体から来ています。 同サイズのブリとヒラマサを比べると、ブリは丸みを帯びたフットボール体型ですが、ヒラマサは細く側扁した体型をしています。 アゴの付け根 出典: 最後にヒレの色や大きさで見分ける方法ですが、一見すると胸ビレ、腹ビレも同じような形状ですが、胸ビレが上を向き腹ビレが大きく端が黄色くなっているのがヒラマサ、ブリは胸ビレが平行で腹ビレの端が黄色くなくヒラマサよりも小さいです。 ただしヒレの色や大きさは個体差があるので、口元や体高も確認したうえで判別をしよう! ヒラマサの美味しい食べ方 ブリにカンパチ、ヒラマサの3種を指す『ブリ御三家』。 その中でも脂肪の少ないヒラマサは、さっぱりとした独特の風味で『青背の貴公子』と呼ばれるほど。 小型ものでもブリより美味しいとも言われ、体長1メートル程度までの個体が美味しいとされています。 ブリ属の特徴である透明感のある白身は、熱を通すと締まりますが、様々な調理方法で味わえる魚です。

次の

ヒラマサの刺身切り方・さばき方!味はうまいか・食べ方、寄生虫、値段は?

ヒラマサ レシピ

もくじ• ヒラマサの切り方・さばき方 ヒラマサを自分でさばいて切り身を作れれば、厚みを調節できますし、焼き物や煮物へのアレンジも簡単です。 rakuten-static. jpg まずはうろこを取りましょう。 ヒラマサのうろこはとても小さいので、うろこの下の薄皮ごと包丁で切り取る、梳き引きというやり方がおすすめ 下の写真)ですが、身の方まで削り取ってしまうリスクもあります。 jpg 慣れていない方は包丁や金だわしで、尾から頭に向かってこすり取りましょう。 うろこには細菌がいっぱいついていて、それが体に入ると 食中毒の危険性があります!ご家庭でさばく場合、たわしや包丁でのうろこ取りは、流しの中で水を当てながらやりましょう。 (このとき 背びれやえらの入り口「えらぶた」で手を切らないようご注意ください!意外と、とても鋭いです) ヒラマサのさばき方2 うろこを取ったら、ヒラマサをやさしく水ですすぎます。 頭から尾の方へ、なでるようにしてすすぐとケガもしにくいです。 すすいだヒラマサをまな板の上に上げます。 台所でやる時、下に新聞紙を敷くと後の片付けが楽ちんです。 geocities. jpg ヒラマサのさばき方3 まずはえらを取ります。 cpcdn. jpg? カマを身に残すことで、刺身が水っぽくなるのを防ぎます。 ytimg. jpg おなかを開いて内臓とえらを出しましょう。 内臓を捨てる袋などをあらかじめ用意しておくとスムーズです! 内臓を出すと、中骨の手前に白っぽい膜があり、その奥に血合いがあります。 膜ごと血合いに傷を付け、洗い出しやすくします。 ヒラマサのさばき方5 ヒラマサを流しの中に置いておき、まな板やその周りを、先に水できれいにしましょう。 ここでまな板をよく洗い、ヒラマサの中と周りについた細菌や血を、身につけないようにすることは美味しい刺身を食べる上で重要です。 cpcdn. jpg? 血は鮮度を落とす原因です。 しかしあまり時間をかけて水をかけていることも、鮮度を落とします。 もう一つは高い温度もそうです。 blogimg. JPG 洗ったヒラマサは、まな板の上でよく水気を取ります。 まな板の水気もよく拭き取りましょう。 腹びれからカマと頭を落とし、次におなかの方から、包丁を大きく動かして中骨を外していきます。 このとき包丁で、下に中骨があるのを感じながらやるとうまくいきます。 cpcdn. jpg? rakuten-static. jpg 白い膜のある腹骨を、包丁で取ります。 この時は包丁の上に腹骨を感じながら進めていくとうまくいきます。 腹骨がとれたら、血合いを境に、一枚の身を二つのサクにしましょう。 geocities. jpg ヒラマサのさばき方8 皮を引きます。 皮を引っ張るようにして剥いていくので「引く」と言うそうです。 rakuten-static. jpg 包丁の刃を上に上げると身も切れてしまうので、まな板と刃先で皮を押さえつけつつ進めるとうまくいくと思います。 すぐ食べない時は、皮は引かずに、キッチンペーパーでやさしくくるんで冷蔵庫にしまいましょう!皮と身の間には脂や血合いが豊富なので、それがいたみやすい部分でもあります。 youtube. geocities. pinimg. jpg ヒラマサは、同じ仲間のブリやカンパチとよく比べられますが、 その中でも 一番うまい!という意見はたくさんあります。 それは、ヒラマサの方がブリやカンパチよりも 脂が少なくさっぱりとしていて、それでいて 濃厚なうまみがあるからです。 旬は夏といわれていて、特にあっさりとした味わいが楽しめますが、冬のヒラマサも適度に脂がのって身に白くサシが入り、それでもブリと比べるとさっぱりした感じでおいしいそうです。 捌いてすぐお刺身にした時の味は、あっさりした中にうまみを感じますが、捌いたものを1日冷蔵庫に置いておくと、うまみ成分が増加して、甘みに似たうまみをさらに感じることができます! 血合いの部分もブリやカンパチと比べるとくどさがなく、血合いごと引いたお刺身は高級料亭でもよく出されるようです! タイやヒラメといった白身魚と比べると、脂がのっているので味は濃厚で食べごたえがあります。 お寿司のネタとしても重宝されているようです。 食感 身の締まりが良いので、お刺身では コリコリ、プリプリとした食感があります。 あまり厚く切ると固いと感じる方もいるかもしれないので、下ろしたては薄切りが合っていると思います。 捌いてから1日たつと、だんだんと柔らかくなり、今度はうまみを含んだ、ねっとりとした食感も楽しめます。 におい ヒラマサは鮮度の良いものを下ろしたばかりの時は、身に気になるにおいはないと思います。 ですが冷蔵庫で3、4日たってくると、上手に下ろしたものでも血合いからにおいが出てきます。 鉄くさいようなにおいで、それが身の全体にまわります。 そのときの血合いは黒ずんできて、見た目もあまり良くありません。 すぐ食べないようでしたら、血合いだけ切り取っておけばにおいは軽減します。 でもやっぱり新鮮なうちに血合いごと食べるのがおいしいですね。 カロリーは? ヒラマサの切り身200グラムで284kcalです。 切り身200グラムというと、1センチ弱くらいの厚さの刺身を5切れくらいでしょうか。 284kcalを消費するための運動量は、ジョギングで64分ぶんだそうです。 けっこうカロリーは高めなんですね。 でもタンパク質とビタミン類は非常に多く含まれています。 jpg 前にも書いたように、ヒラマサはブリやカンパチの仲間で、その三つで「ブリ御三家」と呼ばれているそうです。 なんだか高級な感じしますよね! ヒラマサの方が脂が少ないので、あっさりとしていてくどくなく、また血合い肉も少なめで色が薄く、したがって血のにおいもあまりしません。 ブリは寒ブリといわれるように冬に脂がのって重宝されますが、ヒラマサは夏場も適度に脂がのっていて、その時期はブリよりも高値で取引されているようです。 twimg. jpg まずはいつも使っている醤油を少しつけて、新鮮なヒラマサの味を楽しむのがいいと思います。 新鮮な状態だと身がしっかり締まっているので、もし自分で切って食べるような時は厚さを変えて食べるのも楽しいですね。 daichi-m. jpg ブリしゃぶはよく聞きますが、脂ののったヒラマサでやってもおいしいです。 昆布を入れたお湯を静かに静かに沸かして、そこに5ミリほどの厚さに切った切り身をサッとくぐらせます。 ほんのり表面が白っぽくなったらいただきます。 pinimg. jpg 淡泊な味わいに確かな歯ごたえのヒラマサには、レモン風味のさっぱりしたカルパッチョソースが美味しそうです。 市販のカルパッチョドレッシングがお手軽でいいですね!野菜と和えてヘルシーさもプラスできます。 ヒラマサの刺身を食べる際の寄生虫の危険は? 粘液胞子虫 ヒラマサを三枚に下ろすと、身の中に白い米粒みたいな、固いものがあることがあります。 これは粘液胞子虫という寄生虫で、未だよくわかっていないことも多いそうですが、食べて腹痛、下痢になった例もあるそうです。 もし見つけたら、取った方が良さそうです。 ブリ糸状虫 時折ヒラマサにもいるそうですが、長くて細いミミズみたいな寄生虫です・・・でも人間には寄生しないそうです。 でも食べたくはないですね・・・ シガテラ毒 寄生虫ではないのですが、大型になるヒラマサやブリのような魚に時々含まれている毒素です。 食物連鎖の課程で毒素が蓄積されていくもので、特に大型のものは用心が必要です。 腹痛や感覚の異変、重症になると死に至ることもあります。 特にドライアイスセンセーションと呼ばれる感覚の異変が起き、熱いものを冷たく感じたり、水道水がとても冷たく感じたりするようです。 もしこのような症状が現れたらすぐに病院で診てもらってください。

次の

ヒラマサレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

ヒラマサ レシピ

2019年12月13日 ヒラマサといえばヒラマサが旬の季節。 ヒラマサはジギングやかご釣り、堤防や磯からのショアジギングで狙うことができる魚です。 大型で引きは強く、何よりあっさりとして歯ごたえのある非常に美味しい魚です。 そんな ヒラマサを食べる際の注意点と食べ方を、定番のものから一風変わったものまで紹介していきます。 ヒラマサを食べる際の注意点 アニサキス症 アニサキスは魚を含む海洋生物全般に寄生する寄生虫です。 孵化後はオキアミなどに寄生し、それを食べた魚類の内臓内で更に成長します。 その後、魚類を食べた哺乳類(イルカやクジラ)の体内で成虫になり卵を産みます。 人がアニサキスを食べた場合には、アニサキスは人の体内では成長できないため数日で死ぬか排泄されます。 症状は数時間で現れ、激しい腹痛と嘔吐があります。 治療方法は開腹や内視鏡による摘出が行われます。 正露丸がアニサキスの動きを抑える効果があるというのは有名な話です。 シガテラ中毒 サンゴ礁があるような暖かい海で釣れた大型のアジを中心とした青物は、熱帯に生息する毒素を持つプランクトンを大量に摂取している場合があります。 毒素は魚の体内に蓄積(生物濃縮)され、それを人が食べた場合に中毒症状を起こすことがあります。 この毒素は熱に強く、加熱調理した場合でもなくなることはありません。 更にこの毒素が魚の味には影響せず、煮汁や一緒に調理した食材にも溶け出す場合があるため症状が顕著にあらわれるまで気が付きにくいです。 症状が現れるのは数時間後で、吐き気や腹痛、下痢などの消化器系の症状と、めまい、頭痛、麻痺などの神経系の症状があります。 症状は1週間程度で回復する場合が多いものの長期化する場合もあり、海外では死亡例も報告されています。 ヒラマサのさばき方 ヒラマサはさばき方は簡単な部類ですが、大型の個体が多いため力が必要です。 軍手やふきんなどを使って滑らない工夫をしましょう。 ヒラマサの定番の食べ方・レシピ 刺身 種類を問わず多くの魚に合う食べ方で、ヒラマサにも良く合います。 魚の鮮度や処理が重要で、特に釣り上げてから時間が経過していない、もしくは丁寧に処理して保管していた魚は、まず刺身にしてみると良いでしょう。 魚そのものの味を存分に味わうことができます。 しょうゆ、塩、ポン酢、あるいは色々な薬味を組み合わせて好みの食べ方を探すのも面白いです。 寄生虫(主にアニサキス)のチェックも肝要です。 アニサキスは魚の種類を問わず寄生しますから、青物やイカなどに限らずチェックすることをオススメします。 煮付け 甘辛い味のじわっと染み込んだ煮つけもヒラマサによく合います。 面倒くさいとか難しいと思われがちですが、要領さえつかめばとっても簡単なのでオススメです。 肉と違って魚の場合には、煮込み時間もそれほど必要ありません。 煮込み時間によって味以上に魚の触感が変わります。 煮込みすぎるとパサパサになりますから、好みの硬さになるように火加減を調整して煮詰めるのがコツです。 また、味が薄い場合にはしょうゆではなく砂糖を足すと良いでしょう。 カルパッチョ 刺身でも美味しいヒラマサはカルパッチョにしても美味しく頂くことができます。 刺身上にさえすれば、あとはドレッシングをかけるだけなのでとっても簡単です。 刺身を作り過ぎた場合や、臭みが気になる場合にはカルパッチョにしても良いでしょう。 私の場合はドレッシングがうまく自作できないので、いつも市販のカルパッチョドレッシングを使っています。 塩焼き 手間いらずで魚そのものの味をシンプルに味わえる塩焼きもよく合います。 特に大型のヒラマサが釣れた際にはカマ焼きも美味しいです。 切り身にしてからでも構いませんが、内臓だけ取り除いて塩をたっぷり振って焼き上げればそれだけで十分美味しく頂くことができます。 漬け丼 ヒラマサをしょうゆベースの漬けダレに漬けて、丼にするとこれが絶品です。 ヒラマサは比較的大型ですので、刺身に飽きたら是非試してみてください。 ヒラマサの意外な食べ方・一風変わったレシピ 煮付け 甘辛い味のじわっと染み込んだ煮つけもヒラマサによく合います。 面倒くさいとか難しいと思われがちですが、要領さえつかめばとっても簡単なのでオススメです。 肉と違って魚の場合には、煮込み時間もそれほど必要ありません。 煮込み時間によって味以上に魚の触感が変わります。 煮込みすぎるとパサパサになりますから、好みの硬さになるように火加減を調整して煮詰めるのがコツです。 また、味が薄い場合にはしょうゆではなく砂糖を足すと良いでしょう。 たたき 刺身でおいしいヒラマサはたたきにしても絶品です。 あっさりした歯ごたえのある身は薬味やポン酢とあわさって絶品です。 西京漬け ちょっと面倒くさいイメージがある西京漬けはヒラマサにもよく合います。 実際に作ってみると、予想以上に簡単なので定番メニュー化してしまうケースも多そうです。 (実際に我が家がそうです)レシピは家庭やお店によって様々ですが、基本的には味噌・みりん・酒を混ぜたものに魚を漬け込むだけです。 しょっぱめが好きなら味噌を増やし、甘めが好きならみりんを増やします。 更に漬け込み時間が短ければ柔らかく、長ければ硬くなります。 漬け込み時間が長くなりすぎると身の水分が抜けてパサパサになるのでやりすぎ注意です。 我が家ではみりん多めの丸1日漬け込み(20~24時間)にすることが多いです。

次の