腰痛 早く 治す 方法。 腰痛体操ストレッチで腰痛を早く治すには?寝ながら簡単!|医師監修

【ヘルニアを早く治す方法は?】椎間板ヘルニアの原因と予防方法

腰痛 早く 治す 方法

ぎっくり腰になったら、早急に近くの治療施設に行きましょう。 ぎっくり腰になってすぐは痛いながらも意外と動けてしまうので、甘く考えてしまいがちです。 しかし、初日にちゃんと処置をしないと、痛みの原因である炎症物質がどんどん拡大していってしまいます。 動ける初日のうちに専門機関に行って治療をうけることが、あとあとの痛みを抑える最善策です。 もしも休日や深夜などの病院が閉まっているときにぎっくり腰になってしまった場合は、ご自宅で絶対安静にして患部を氷のうなどで冷やしてください。 一般的には腰を痛めてから48時間は炎症物質が出続けるといわれています。 この 炎症物質は冷やすことである程度抑えられるので、ぎっくり腰の初期段階は患部を冷やすことに徹してください。 発症してから48時間を目安に、強烈な痛みが和らいできたら冷やすことをやめても良いでしょう。 なお、痛みのピークは初日ではなく2-3日目というのが定説です。 初日が痛くないからといって、冷やすことをサボらないように。 痛みを少しでも抑えたいのであれば「RICE ライス 処置」という言葉を覚えておきましょう。 RICE処置とは、スポーツの現場で起こったけがの損害を最小限にするために施す応急処置のこと。 以下のそれぞれの処置の頭文字をとって「RICE」と呼びます。 R: Rest 安静 I: Icing 冷却 C: Compresshion 圧迫 E: Elevation 挙上 R・I・Cはこれまでご説明した「安静」「冷却」「コルセットで圧迫」が相当します。 ここで新しく登場するE: Elevation 挙上 とは、患部を心臓より高く上げることです。 患部を高い位置に持っていくことで、重力で炎症物質をコントロールします。 ぎっくり腰の場合は、上記イラストのように足の下に枕や座布団を入れてあげると良いでしょう。

次の

腰の痛みを自分で治す方法

腰痛 早く 治す 方法

突然襲う激痛、「ぎっくり腰」。 痛みによって動けなくなり、大切な会議やプレゼンに欠席したり、リスケジュールを余儀なくされたりした経験をお持ちの方も多いと思います。 では、自分がぎっくり腰になってしまったとき、早く治すために「やってはいけない」ことは次のうち、どれでしょうか。 1 普段のように動く 2 痛み止めの薬を飲む 3 安静にする 正解は、3「安静」です。 え? と思われた方も多いかもしれません。 腰が痛いときには「大事をとって安静にする」ほうが良いイメージがありますよね。 でも、いま腰痛の常識は、大きく変わっています。 フィンランド労働衛生研究所が行った研究(下図)では、ぎっくり腰になった人に「ベッド上で安静」にするよう指示した場合と「できるだけ通常の生活をする」ように指示した場合を比べると、安静にした場合は仕事に復帰するまでの期間が倍近くかかってしまうことがわかりました(N Engl J Med. 1995 Feb 9;332 6 :351-5. 現在の日本の腰痛治療の指針となるガイドラインにも、「安静は必ずしも有効な治療法とはいえない」と明記されています(腰痛診療ガイドライン 2012 監修 日本整形外科学会/日本腰痛学会)。 なぜ、安静にしていると治りが悪くなってしまうのか? 日常生活で歩いたり立ったりするだけでも、私たちの体は重力に対抗して姿勢を保つために筋肉を働かせています。 「無重力で生活した宇宙飛行士は筋肉が衰えてしまう」という話を聞いたことがある方もいると思いますが、それは重力の負荷がなくなるためです。 ベッドでじっとしていると同じことが起きて、腰を支える筋肉が衰えて痛みが起きやすくなります。 また血液の流れが悪くなって「痛み物質」がとどまりやすくもなります。 さらに近年の研究では、半年以上にわたって腰痛に悩む人の脳を調べたところ、痛みの処理に関わる部分の働きが衰え、通常の人よりも痛みを「感じやすくなる」ケースがあることもわかりました。 (J Neurosci. 2011 May 18;31 20 :7540-50.

次の

【ヘルニアを早く治す方法は?】椎間板ヘルニアの原因と予防方法

腰痛 早く 治す 方法

もくじ• もはや腰痛は国民病です これまでに、ほとんどの人が少なくとも一度は腰痛を経験していると思います。 運送業者や引っ越しスタッフなど重たいものを持つことが多い人はもとより、日ごろからデスクワークが多い人、長距離ドライバーのような座りっぱなしの職種の人にも慢性的な腰痛に悩まされている人が多いのではないでしょうか? ここでは、自分でできる腰痛ケアの方法をお伝えしていきます。 自宅でできる腰痛体操 2つのポーズの腰痛体操を朝晩2回ずつ行います。 毎日実践することで痛みの改善につながります。 片ひざを両手で抱えて胸の方にできるだけ引き寄せます。 15秒間その姿勢を保ちます。 反対側も同様に行います。 次に両ひざを両手で抱えて胸の方にできるだけ引き寄せます。 15秒間その姿勢を保ちます。 一連の動作をゆっくり行いましょう。 両手をそろえて、ひざが曲がらないようにゆっくり前屈します。 この時、15秒間その姿勢を保ちます。 両手は床につかなくても大丈夫です。 前屈の姿勢からゆっくり正面に体を戻します。 両手を腰に当てて、上半身を後ろに反らしていき15秒間その姿勢を保ちます。 できる範囲で反らし、無理をしないようにしましょう。 腰痛体操の注意点 腰痛体操は自宅で簡単にいつでもできる体操です。 ですが、がむしゃらにやればいいというものではありません。 体操を行う場合は、次のような点に注意しておこなって下さい。 絶対に無理をしないこと。 ゆっくりとした動きで行い、反動をつけたり、無理に伸ばしたりしないこと。 自分のペースで行い、毎日継続するように心がけましょう。 体操をしたら痛みがひどくなった場合はすぐに中止しましょう。 腰痛体操で痛みがとれる理由 腰痛が起こった人のうち、およそ半数の人が慢性化するといわれています。 これは、腰痛を経験すると、もう二度とこのような経験をしたくないと思い、自然と腰をかばい、動きや行動を過度に制限してしまうからです。 すると、むしろ背骨やお尻の筋肉、ハムストリングス(ももの裏側の筋肉)など、腰まわりの筋肉が固くなってしまい、腰痛が再発しやすくなるのです。 腰痛体操は固くなった筋肉をゆっくりと伸ばし、ほぐしていきます。 背骨もまた柔軟性が低下して固くなっていくので、従来の「自然なカーブ」を保てるように、前屈や後屈をすることで少しずつ柔軟性を取り戻し、腰痛を防ぐことができます。 腰痛を治すために 腰痛を治すために必要なことは正しい腰痛の知識をもつこと、体を動かすことに恐怖心をもたないことです。 腰痛の治療といえば、湿布や痛み止めの薬の服用など思い浮かべますが、その方法以外でも、自宅でできる簡単な体操で腰痛が軽減されることがわかってきました。 生活の一部に取り入れ毎日継続することが、腰痛改善の近道になるのではないでしょうか。 【参考文献】 黒澤尚著『「腰ほぐし」で腰の痛みがとれる』(講談社) 井須豊彦著『画像ではわからないしつこい腰の痛みを治す本』(講談社) 駒形正志著『からだにやさしい腰痛克服法』(技術評論社).

次の