あの手この手 歌詞。 あの手この手

あの手この手まつり2019

あの手この手 歌詞

現役時代にインテルで活躍した元コロンビア代表キャプテンのイバン・コルドバ氏が、レアル・マドリーからのオファーを断り続けていたことを明かした。 スペイン『カデナ・セール』が報じている。 173cmとセンターバックとしては小柄ながら、高い身体能力を生かしてインテルやコロンビアの守備を支えたコルドバ氏。 2000年にアルゼンチンのサン・ロレンソからインテルに移籍する際、レアルからもオファーがあったという。 アルゼンチン『サン・ロレンソ・プリメーロ』のインタビューで語っている。 「サン・ロレンソにいた頃、レアル・マドリーが私のところに来て、重要なオファーをしてくれた。 両クラブの関係は良好で、スペインのチームはインテルよりも高いお金を用意し、より良い契約を提示すると言ってくれたんだ」 しかし、もともとイタリア行きを望んでいたコルドバ氏はサン・ロレンソの会長に「気持ちは変わらない」と伝え、「インテルにしか行きたくない」と自分の意思を明確にした。 これにより、レアルとの関係を断ち切ったコルドバ氏だが、インテル時代にも同じ経験をすることになる。 イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えたコメントの中で「私はイタリアのクラブのオーナーであるマッシモ・モラッティに、何年もそこにとどまると約束したが、レアル・マドリーはまだ私を狙っていた」と打ち明けた。 コルドバ氏によると、エステバン・カンビアッソ氏がレアルからインテルに移籍した際、レアル会長のフロレンティーノ・ペレス氏がコルドバ氏を説得するよう元アルゼンチン代表MFに頼んでいたようだ。 それでも「インテルにいたかった」と再びレアル行きを断ったコルドバ氏。 その理由として「まだ インテルで 何も勝ち取っていなかった」ことを挙げている。 コルドバ氏はその後、セリエA、コッパ・イタリア、スーペルコッパ・イタリアーナ、UEFAチャンピオンズリーグ、クラブW杯の優勝など、インテルで数々のタイトルを手にした。 「あの決断は、私が レアルで 受け取るであろうお金以上に報われるものだったよ」と振り返っている。

次の

あの手、この手/sumikaの歌詞

あの手この手 歌詞

(1950年)• (1950年)• (1950年)• (1951年)• (1951年)• (1951年)• (1951年)• (1951年)• (1951年)• (1952年)• (1952年)• (1952年)• (1952年)• (1953年)• (1953年)• (1953年)• (1953年)• (1954年)• (1954年)• (1954年)• (1955年)• (1955年)• (第一部・第二部)(1956年)• (1956年)• (1956年)• (1957年)• (1957年)• (1957年)• (1958年)• (1959年)• (1959年)• (1959年) 1960年代.

次の

あの手、この手 歌詞 sumika ※ a.bbi.com.tw

あの手この手 歌詞

現役時代にインテルで活躍した元コロンビア代表キャプテンのイバン・コルドバ氏が、レアル・マドリーからのオファーを断り続けていたことを明かした。 スペイン『カデナ・セール』が報じている。 173cmとセンターバックとしては小柄ながら、高い身体能力を生かしてインテルやコロンビアの守備を支えたコルドバ氏。 2000年にアルゼンチンのサン・ロレンソからインテルに移籍する際、レアルからもオファーがあったという。 アルゼンチン『サン・ロレンソ・プリメーロ』のインタビューで語っている。 「サン・ロレンソにいた頃、レアル・マドリーが私のところに来て、重要なオファーをしてくれた。 両クラブの関係は良好で、スペインのチームはインテルよりも高いお金を用意し、より良い契約を提示すると言ってくれたんだ」 しかし、もともとイタリア行きを望んでいたコルドバ氏はサン・ロレンソの会長に「気持ちは変わらない」と伝え、「インテルにしか行きたくない」と自分の意思を明確にした。 これにより、レアルとの関係を断ち切ったコルドバ氏だが、インテル時代にも同じ経験をすることになる。 イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えたコメントの中で「私はイタリアのクラブのオーナーであるマッシモ・モラッティに、何年もそこにとどまると約束したが、レアル・マドリーはまだ私を狙っていた」と打ち明けた。 コルドバ氏によると、エステバン・カンビアッソ氏がレアルからインテルに移籍した際、レアル会長のフロレンティーノ・ペレス氏がコルドバ氏を説得するよう元アルゼンチン代表MFに頼んでいたようだ。 それでも「インテルにいたかった」と再びレアル行きを断ったコルドバ氏。 その理由として「まだ インテルで 何も勝ち取っていなかった」ことを挙げている。 コルドバ氏はその後、セリエA、コッパ・イタリア、スーペルコッパ・イタリアーナ、UEFAチャンピオンズリーグ、クラブW杯の優勝など、インテルで数々のタイトルを手にした。 「あの決断は、私が レアルで 受け取るであろうお金以上に報われるものだったよ」と振り返っている。

次の