グッド ラック 視聴 率。 立川志らく『グッとラック!』視聴率0%台に転落目前で、TBSに待ち受ける”地獄絵図”|日刊サイゾー

TBS系情報番組「グッとラック!」早くも視聴率2%割れ目前!立川志らくに「期待外れ」の声 : J

グッド ラック 視聴 率

2 10. 2 7. 1 7. 9 6. 6 7. 3 6. 1 6. 1 6. 9 6. 9 6. 2 8. 0 8. 6 8. 4 7. 3 6. 7 6. 4 6. 3 5. 0 5. 0 5. 7 5. 9 4. 2 3. 5 2. 5 2. 6 1. 8 1. 7 1. 5 1. 4 1. 6 20. 6 20. 6 11. 5 11. 4 11. 0 9. 0 8. 3 7. 2 7. 4 6. 2 5. 2 5. 8 5. 6 5. 9 7. 3 4. 1 4. 1 2. 1 2. 3 2. 3 1. 1 1. 0 2. 6 1. 4 7. 7 5. 5 1. 6 0. 8 0. 7 6. 2 5. 1 5. 3 3. 6 3. 8 2. 8 3. 2 2. 9 2. 8 2. 2 9. 0 8. 3 7. 1 7. 1 7. 0 7. 9 7. 8 8. 8 7. 7 6.

次の

グッとラック!|TBSテレビ

グッド ラック 視聴 率

立川志らくの新番組『グッとラック! 』(TBS系)の視聴率低下が止まらない。 満を持して始まった9月30日の初回放送は2. 9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区平均・以下同)からはじまり、10月9日には1. もともと平日午前中のワイドショーは、極楽とんぼの加藤浩次に、人気アナウンサーの水卜麻美を加えた、『スッキリ』(日本テレビ系)、小倉智昭のほか、石黒賢、古市憲寿などサブキャスターで強化された『情報プレゼンターとくダネ! 』(フジテレビ系)、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)と人気番組がならぶ。 この並びで、TOKIOの国分太一と真矢ミキの前番組『ビビット』(TBS系)も苦戦していた。 ただ、注目度の高い志らくを投入しても『ビビット』以下の視聴率とあっては、番組刷新の意味がないだろう。 そのため、早期打ち切りの可能性もある。 「もともとTBSは、朝から昼にかけての午前中は魔の時間帯として苦戦していましたからね。 1996年から2014年までは脱ワイドショーとして『はなまるマーケット』が放送されていましたが、その後にはじまったワイドショー『いっぷく! 』は、わずか1年で打ち切り。 国分太一をそのまま起用し『ビビット』がはじまるも、視聴率の苦戦は続きました。 お昼の時間帯も2009年に『ひるおび』が始まる前は、90年代から00年代にかけては、タモリの『笑っていいとも! 』、4ヶ月打ち切りの『おサイフいっぱいクイズ! QQQのQ』など短命番組が多くあります」(業界関係者) 短期打ち切りはTBSのこの時間帯の恒例の展開といえるだけに、『グッとラック! 』もそうならないよう願うばかりだ。 (文=相川ナロウ).

次の

グッとラック!

グッド ラック 視聴 率

9月30日から放送がスタートした立川志らくMCの情報番組「グッとラック!」(TBS系)の視聴率が苦戦している。 10月9日の放送では、ついに1%台に突入してしまったという。 「同番組の初回は、2. 9%という前番組『ビビット』とそこまで変わらない数字でスタート。 しかしその後は、ジリジリと視聴率を下げていき、9日の放送では1. 9%を記録してしまいました。 この先も上昇する見込みがないため、一部では視聴率測定不能の0%まで落ちるのではないかとも噂されています」(テレビ誌記者) そんな「グッとラック!」には、立川志らく以外に国山ハセンアナや新人の若林有子アナが出演。 特にハセンアナはイケメンなだけに主婦層の支持を集めそうだが、たまに空気の読めない発言をする時もあるという。 「立川志らくが濃いキャラなためTBSは脇にフレッシュな人材を投入し、バランスを取ろうとしたのかもしれません。 しかし若林アナは原稿読みの際、噛みまくりの棒読みで、視聴者から『まだ高校の放送部レベル』とイジられているほど。 さらに国山アナも番宣で菜々緒が出演した際、ドラマの感想について『これ言っちゃいますけど、菜々緒さんのスタイルが抜群! 本当にスタイルが抜群ってのも魅力で…』と発言。 サラッと褒める程度ならばよかったのですが、彼はドラマのストーリーよりも、菜々緒の体に関する魅力を興奮気味に熱弁したことで、周囲から『ハセンさん、前のめり。 前のめりすぎる…』と止められる事態となりました」(前出・テレビ誌記者) 今回のハセンの言動には、番組を見ていた一部の女性視聴者からも「ハラスメントっぽい」と引かれてしまうこととなった。 メインMCの立川志らくばかりに辛辣な意見が集まりがちだが、他にも問題は山積みなのかもしれない。

次の