藤原清衡 家系図。 藤原道長の子孫は現代にもいる?藤原氏はその後どうなった?

奥州藤原氏

藤原清衡 家系図

千田寛仁の千田家家系図 家系図(Family tree) 千田寛仁 千田家家系図 皇統倭爾 蘇我 藤原 ユダヤ 支那中国 新羅 百済 千田家家系図 上代 6500万年前 地球に小惑星衝突 恐竜時代の終わり 霊長類誕生in北アメリカ 5000万年前 原猿類誕生 3400万年前 真猿類誕生in北アフリカ、各地に広まる 1800万年前 プロコンスル…類人猿の祖先。 東アフリカ 1500万年前 ラマピテクスからアジアの類人猿とアフリカの類人猿が分かれた 1300万年前 類人猿が、アフリカ・ヨーロッパ・アジアで優勢になる 1000万年前 アフリカの類人猿が衰退、真猿類が優勢になる 700万年前 アフリカで人類 猿人 とチンパンジーが分かれた。 直立二足歩行を始めた。 脳の増大・技術の誕生は起こらなかった。 アシュール文化。 3万年前 芸術の証拠・芸術に目覚める 2万年前 アメリカ大陸に進出 氷河期が終わり、地核活動が盛んになる 1. 6500年前 セラミック開発 縄文土器製作 青森県外ヶ浜町大平山元 12. 600年前 漆器の生産 漆の蜜に水素が含まれており物を酸化させないことを知っていた。 前文明世界、12. 000年前太平洋故国より移住以降は日本列島における経緯 環境学者のDavid Mayer de Rothschild氏がPlastiki号で航海されたのは、実に太平洋Mu上の海域である。 000年前 地下ガス爆発によって太平洋上の大陸が沈む 現岩手県宮古市 上陸 岩手県花巻市早池峰山 12. 000年前 縄文時代 北海道知床へ上陸 12. 000年前 (日本第三平成17年7月17日ユネスコ世界自然遺産に登録)稲作文化の開化 九州鹿児島県 北海道札幌 北海道函館 9. 000年前 漆器(Japan)をより進化、生産 シリアなどでは既に井戸など作る 日本産巣(エビス)各家大陸へ移住 8. 000年前 氷河期が終わって間もなくのこと。 現ブルガリア等へ 中東、ヨーロッパ 6. 000年前 気候温暖期 北半球気候最温暖期 行動が活発になる。 青森県青森市 三内丸山 5. 500年〜4. 000年前 世界的洪水水害により移住 (白神山地平成5年11月日本で最初にユネスコ世界自然遺産に登録) ノアの時代 宮守村 遠野 4. 500年〜4. 300年前、大倭日高見国 高天原 岩手県北上市更木水乞山 蘇我 藤原 ユダヤ 父系ルカ記 支那中国 新羅 高句麗・百済 12000年前早池峰山 日本、中でも今岩手と呼ばれている地域が最も古い。 太平洋の故国の沈没によって避難してきた地域である。 日本より子孫が世界に散らばり、ことにシュメールと名乗ってメソポタミヤの文明を開く。 また一方はウブスと畏れられ、中東に旅立った後エジプトでヘブライと呼ばれ、それがユダヤとよばれている。 またインドを経由してスカンジナビア半島へ向かったのもいる。 それら人々はアイルランドを経由してイギリスやドイツやオランダ西洋の宗主国を作った。 呼ばれようのない幻の故国を古代より牟(ム)と呼んでいる。 そのほか、アメリカ大陸に逃れた人々もある。 故国が沈没した理由を歴史家たちは二大覇権国家の軍事衝突だと言っている。 国旗には古代の習わしが現在に至る。 日章の国は牟直系の親国であり、竈は円は許されず斜線によって光を表す。 そのまた竈は平行線となっている。 これが知られざる常識である。 故国が滅びるに至った戦闘内容は、現代の常識を超えている。 過去の惨事を繰り返さないように世界勢力が二極化することなく、一つの政府、一つの国家、その上での他民族多様性であることを祈り、恒久の平和を願う。 500年〜4. ルベン 2. シメオン 3. レビ 4. ユダ 5. ダン 6. ナフタリ 7. ガド 8. アシェル 9. イッサカル 10. ゼブルン 11. ヨセフ ヨセフの息子たち 1. エフライム 2. マナセ 12. ベニヤミン Iakob ヤコブ 147 12子の名前(ルベン・シメオン・レビ・ユダ・ダン・ナフタリ・カド・アシェル・イッサカル・セブルン・ヨセフ・ベニヤミン)12支族(ルベン・シメオン・ユダ・ダン・ナフタリ・カド・アシェル・イッサカル・セブルン・ベニヤミン・マナセ・エフライム) ヤコブの子ヨセフの時代 エジプトへ Judah ユダ Phares べレツ Esrome ベツロン Alny アルニ Admin アドミン Aminadab アミナダム ヘブライ人のエジプト脱出(紀元前1290年)3304年前 AD2014年基準 モーセの時代。 モーセはヘブライ民族を率いてエジプトを脱出し、シナイの野に於て集會の幕屋(祈りの施設テント)を張り、祭壇(アルタ)にはヤコブイスラエル12氏の長を立てて各々の導師なりとしている。 ユダ族からはアミナダムの息子ナフションが選ばれた。 Naasson ナフション Salmon サラ Boes ボアズ 子孫ソロモンはヤキンと並んで神殿の二柱の一つとして崇めた Iobed オベド Iessai エッサイ David ダビデ 大闢 大酒と読む 約3040年前 2010年基準 Nathan ナタン(ヨセフの祖) 兄弟Shlomonソロモン(マリアの祖)第一神殿建設、 Matata マタタ Menha メンナ Melea メレア Eliaquim エリアキム Yonam ヨナム Ioseph ヨセフ Judah ユダ Simeon シメオン( と書く) 主が遣わすメシアに会うまで死なない誓いを立てた秦の先祖 Levi レビ Matato マタト Yorim ヨリム Eli rasiel エリエゼル Joshua ヨシュア Elle エル Elle madam エルマダム Cosam コサム Adir アディ Merki メルキ Neli ネリ Shaltielle シャルティエル 軒轅(ケンエン) 黄帝 約4520年前 (2010年基準) 夏、殷、周、秦、諸侯の祖 昌意 高陽帝 (センギョク) 女脩 大業 大費 大廉 孟戯 仲衍 胥軒 蜚廉 悪来 女妨 旁皋 大几 大駱 ユダヤとの合流 非子 (秦シメオン「 」 と書く)*Qin秦初代 約2900年前 (2010年基準) 秦侯 公伯 秦仲 荘公 襄公 秦国初代王 文公 (立爭)公 憲公 徳公 成公 康公 共公 桓公 景公 哀公 夷公 恵公 悼公 1. 天之御中主神 (皇命) 2. 高御産巣日神 3. 神産巣日神 4. 宇麻志阿斯訶備比古遅神 5. 天之常立神 6. 国狹槌尊 7. 国之常立神 (天理教で天理王命と言ってるのがこの人、大倭の王) 8. 豊雲野神 9. 宇比地爾神 妻・須比智爾神 10. 角杙神 妻・活杙神 11. 意富斗能地神 妻・大斗乃弁神 12. 淤母陀琉神 妻・阿夜訶志古泥神 13. 伊弉諾尊 妻・伊弉冊尊 奈良県桜井市笠山に遷都 14. 思兼命( 八意 hatti) 妻・天照大神大日留女牟千 弟を那古・素戔鳴尊( 八坂 ) おおひるめは最後の瀬織津姫。 天忍穂耳の母親が瀬織津姫だから、飛騨高山に先祖たちが住んだ時期は、短いものだったことが分かる。 天忍穂耳 妻・栲幡千千姫(高皇産霊尊孫、高木神女) 長髄彦登美明国(和邇氏)大物主 大和朝廷最初の地、三輪の主 (饒速日義兄) 天御中主尊 別名を妙見尊星王 天八下尊 天三下尊 天合尊 天八百日尊 百日萬魂 津速魂命 イザナギ・イザナミ期 市千魂命 八坂祭神 興澄魂命霊 天児屋命 卜部・忌部・中臣は= 祭事・石工・陵墓造営 星の観察・卑弥呼の臣 祭事長を天照大神 占星術を卑弥呼が行った 古代の占星術とは天文観測 卑弥呼に従事した中臣 Zerubbabel ゼルバベル 2547年前 第一次帰還 ユダヤ70年 Lesa レサ Yohanan ヨハナン Yodha ヨダ Yosek ヨセク Semein セメイン Matatia マタティア Mahato マハト Nagai ナガイ Esri エスリ Naum ナウム Amos アモス Matatia マタティア 共公 懐公 昭子 霊公 献公 孝公 恵文君 昭襄王 孝文王 荘襄王 解夫婁王(ヘブル・ 東夷族の北扶余の天帝) 北扶余王解慕漱(太子。 王后柳花夫人〔河伯の娘〕) 帯素王(弟に四代王曷思王、朱蒙〔母柳花夫人。 高句麗初代東明聖王〕、ほか) 奈良県桜井市三輪山に遷都 16. 饒速日尊 (布留・十一面観世音菩薩・三輪 明神 大神神社大物主)妻・御炊屋姫=活玉依姫(長髄彦の妹) 冠称 天照国照彦天火明櫛玉饒速日命 大和建国の始祖王 最後の天照 17. 天香具山命 新潟を治めになられる 18. 天村雲命 瓊々杵尊の孫佐怒・ 神武 時代 19. 天忍人命 20. 天戸目命 21. 建斗米命 22. 建田背命 那古野(名古屋)尾張氏祖 23. 崇神 妻・尾張大海媛(建田背命女)高天原 敷島・奈良県桜井市三輪現天理教敷島大教会の地 24. 八坂入彦命 25. 景行 妻・八坂入媛(八坂入彦命女) 26. 倭武命(日本武尊) 27. 仲哀 妻・ 神功 (息長帯比売)、神功祖は(新羅皇子天日矛・孝安代) 28. 応神 八幡(はちまん)神に応じて与えられる意 29. 稚渟毛二派 30. 意富富杼 (おおほど)息長氏祖 31. 乎非 32. 彦主人 高島 御代家督は雄略 初瀬より飛鳥へ遷都 33. 継体 尊号を男大迹(おおどの)妻は雄略の娘春日大娘の子、若帯姫(手白香)。 大伴金村氏と物部麁鹿火氏の推薦を受けて家督 34. 欽明 妃蘇我小姉君(稲目女、母波斯人美女媛、娘穴穂部間人) 35. 敏達 36. 押坂彦人大兄皇子 37. 舒明 后斉明 38. 天武 后持統 藤原京遷都 宍人臣大麻呂女カヂ媛娘(天武宮人)に託基皇女 が生まれる。 カヂは木偏に穀と書きます 39. 施基皇子 后天武女託基皇女 施基は、父天智天皇、妻の父が天武天皇、その両方を繋いだから志貴と表される。 御陵所に因んで田原天皇と称される 40. 光仁 藤原北家 聖武后光明の養子として聖武長女井上内親王(吉野皇后・斎宮)を后にいただき 又妃和氏高野新笠の間に桓武を儲ける 41. 桓武 平安京遷都 源平両祖 新笠の子 弟の東大寺親王禅師早良は遷都を懸念南都守護 ゆえに示寂後800 延暦19 年井上内親王を妻とすると記され、崇道天皇と号され権力争いに利用された 桓武子葛原は桓武平氏祖、大和田氏の祖 桓武は天神菅原道真の娘菅原衍子を女御としている。 嵯峨 息子源信(源氏長者) 43. 仁明(正良) 長男道康「文徳」 三男光孝の次男が定省「宇多」 44. 文徳 45. 清和 清和源氏祖 文徳四男 名を惟仁(これひと) 46. 貞純 47. 経基 清和源氏 48. 満仲 49. 頼信 50. 頼義 51. 義家 八幡太郎 弟新羅三郎は南部家の祖 52. 義親 53. 為義 54. 義朝 55. 源九郎義経 左衛門少尉 検非違使少尉 判官 56. 重基 源義経子 幼名安居丸重信を名乗り後重基と称す 母佐藤基治娘北の方浪の戸(浪江)。 義経正妻浪の戸は北家藤原秀郷流清衡の曾孫。 藤原清衡は父藤原経清と母安倍有加(安倍頼時女)の子で奥州国王奥州平泉藤原三代の始 57. 重忠 左近大夫 58. 重光 左京進 59. 有信 太郎左衛門 60. 忠直 三郎左衛門 61. 時明 主計助 62. 成光 左近忠 63. 道成 小次郎 64. 隆義 小太郎 千田家中 興祖 兄更木永昌寺重義和尚 537年前 2010年基準 65. 利章 源九郎 66. 量重 三郎 67. 時廣 又次郎 68. 時長 甚右エ門 69. 義貞 甚右エ門 70. 徳右エ門 71. 甚右エ門 徳之進 72. 甚右エ門 惣助 73. 甚右エ門 甚内 74. 甚右エ門 時忠 75. 甚右エ門 時義 76. 甚右エ門 甚五郎 77. 甚右エ門 宮内 78. 甚吉 79. 甚右エ門 市助 80. 甚右エ門 惣治 81. 甚右エ門 甚之亟 82. 甚右エ門 定次 83. 甚右エ門 佐吉 84. 甚右エ門 85. 甚右エ門 庄之助 86. 甚右エ門 87. 甚右エ門 88. 甚右エ門 89. トラ 甚之亟 江戸末期〜明治 90. 寛次郎 91. 甚太郎 千田家財産を投入して岩手県昭和橋を建造 岩手は以降発展する。 師弟岩手県知事千田正 92. 政幸 東和津島神社七子 宮沢賢治師弟 寛子(甚太郎女) 93. 孝法 孝法(丸子忠男)妻幸子は政幸長女 94. 千田寛仁 天照国照彦天火明櫛玉饒速日命 皇祖天照大神 玉櫛入彦厳之事代主( 八重 事代主)妻・饒速日の娘玉櫛姫 神倭伊波礼琵古命(初代神武天皇) カムヤマトイワレヒコ 妻・事代主の娘伊須気余理姫 神沼河耳命 カンヌナカワミミ (2代綏靖天皇) 師木津日子玉手見命 シキツヒコタマテミ (3代安寧天皇) 大倭日子(金且)友命 オオヤマトヒコスキトモ (4代懿徳天皇) 御真津日子訶恵志泥命 ミマツヒコカエシネ (5代孝昭天皇) 大倭帯日子国押人命 ヤマトタラシヒコクニオシヒト (6代孝安天皇)母・天足彦国押人命(孝昭第1皇子)の娘 大倭根子日子賦斗邇命 オオヤマトネコヒコフトニ (7代孝霊天皇) 大倭根子日子国玖琉命 オオヤマトネコヒコクニクル (8代孝元天皇) 比古布都押之信命 屋主忍男武雄心命 武内宿禰 蘇我石川宿禰 蘇我満智 蘇我韓子 (母が韓人である通称名) 妻は高麗毘賣 蘇我高麗 蘇我稲目 妻波斯人美女媛、娘小姉君(穴穂部間人の母) 1. 蘇我馬子(552年飛鳥寺を建てる)島大臣と言う 稲目と美女媛の子 妻物部布都姫(守屋実妹) 2. 蘇我倉麻呂 3. 蘇我連子 兄蘇我倉山田石川麻呂(648年山田寺を建てる・石川麻呂女遠智娘は天智の妻となり、子は持統天皇、その子草壁皇子、その子文武天皇、その子聖武天皇、その子井上内親王「光仁后」その子桓武妃酒人内親王、その子朝原内親王で聖武系は断絶) 4. 不比等 (天智子)妻蘇我連子女媼子 5. 藤原宇合 不比等三男藤原式家祖 6. 藤原良継 式家 7. 桓武 光仁子(794年平安京を作る) 后藤原良継女乙牟漏 8. 嵯峨 息子源信(源氏長者) 9. 仁明(正良) 長男道康「文徳」 三男光孝の次男が定省「宇多」 10. 文徳 11. 清和 清和源氏祖 文徳四男 名を惟仁(これひと) 12. 貞純 13. 経基 清和源氏 14. 満仲 15. 頼信 16. 頼義 17. 義家 八幡太郎 弟新羅三郎は南部家の祖 18. 義親 19. 為義 20. 義朝 21. 源九郎義経 左衛門少尉 検非違使少尉 判官 22. 重基 源義経子 幼名安居丸重信を名乗り後重基と称す 母佐藤基治娘北の方=浪の戸(義経正妻は北家秀郷流清衡の曾孫) 23. 重忠 左近大夫 24. 重光 左京進 25. 有信 太郎左衛門 26. 忠直 三郎左衛門 27. 時明 主計助 28. 成光 左近忠 29. 道成 小次郎 30. 隆義 小太郎 千田家中興祖 兄更木永昌寺重義和尚 537年前 AD2010基準 31. 利章 源九郎 32. 量重 三郎 33. 時廣 又次郎 34. 時長 甚右エ門 35. 義貞 甚右エ門 36. 徳右エ門 37. 甚右エ門 徳之進 38. 甚右エ門 惣助 39. 甚右エ門 甚内 40. 甚右エ門 時忠 41. 甚右エ門 時義 42. 甚右エ門 甚五郎 43. 甚右エ門 宮内 44. 甚吉 45. 甚右エ門 市助 46. 甚右エ門 惣治 47. 甚右エ門 甚之亟 48. 甚右エ門 定次 49. 甚右エ門 佐吉 50. 甚右エ門 51. 甚右エ門 庄之助 52. 甚右エ門 53. 甚右エ門 54. 甚右エ門 55. トラ 甚之亟 江戸末期〜明治 56. 寛次郎 57. 甚太郎 千田家財産を投入して岩手県昭和橋を建造 岩手は以降発展する。 師弟岩手県知事千田正 58. 政幸 東和津島神社七子 宮沢賢治師弟 寛子(甚太郎女) 59. 忠男(丸子孝法)妻幸子は政幸長女 (三輪山平等寺復興) 60. 千田寛仁 天押雲命 天多彌伎命 宇佐津臣命 御食津臣命 伊賀津臣命 梨近臣命 神聞勝命 崇神天皇時期 久志宇賀主命 国摩大鹿島命 臣陜山命 卜部跨耳命 卜部大小矯命 卜部阿麻毘舎命 卜部音穂命 中臣阿毘古 中臣真人 中臣賀麻 中臣黒田 中臣常磐 欽明天皇朝時期 中臣可多能古 中臣美気古 聖徳太子時期 一世藤原鎌足 大織冠 眞名中臣鎌子 時期 西暦614年生誕 母は大伴智仙娘 推古28年西暦615年聖徳太子は三経義疏を記される 二世 不比等(天智帝子) 妻蘇我媼子 媼子の系譜 ・蘇我馬子 妻物部布都姫 ・蘇我倉麻呂 ・蘇我連子 ・蘇我媼子(まさこ・おうなこ) 三世 房前 不比等次男藤原北家祖 不比等長男武智麻呂(南家祖) 次男房前(北家祖) 三男宇合(式家祖) 鎌足の娘五百重娘と不比等との間の子が四男麻呂(京家祖) 遵って鎌足の子孫は 京家。 四世 魚名 忠臣 (四世は特に仁に篤く天武真人一族を護った。 )宇多の御代にようやく鎌子の血統を藤原京家祖大原大刀自五百重娘流が繋ぐ。 五世 藤成 伊勢守 六世 豊澤 下野権守 七世 村雄 下野大掾 八世 藤原秀郷下野守・武蔵守・鎮守府将軍 九世 千常 十世 公脩 一一世 文行・佐藤祖 一二世 佐藤脩行・信夫佐藤祖 佐藤近江丞 一三世 公輔 佐藤左衛門尉 十四世 師清 十五世 師文 一六世 師治 一七世 庄司基治 元治 妻藤原清衡孫娘音羽御前 源義経 軍師 室(平氏河越重頼娘郷御前) 義経公静御前ト吉野ニテ別後奥州将軍ト成 側室 平時忠娘蕨姫 正妻(基治娘北ノ方・重基ノ母、浪の戸トモ。 崇神 側室に 豊 崇神の父は開化ワカヤマトネコヒコオオヒビ) 日高見国王。 藤原千常 (弟千時) 藤原公脩 (千時子千清) 藤原文行 ・佐藤初代(千清子正頼) 佐藤脩行 佐藤近江丞・信夫佐藤祖 (正頼子頼遠) 公輔 佐藤左衛門尉 (頼遠子経清) 師清 (経清子清衡) 師文 (清衡子清綱) 師治 (清綱女乙和御前) 庄司基治 妻、奥州国王藤原清衡孫娘音羽御前 忠信 妻、初音 義忠 左衛門尉 重基 父源義経 左衛門少尉 検非違使少尉 判官 母基治娘北の方(義経正妻) 重忠 左近大夫 重光 左京進 有信 太郎左衛門 忠直 三郎左衛門 時明 主計助 成光 左近忠 道成 小次郎 千田隆義 小太郎 重義和尚の進言により大倭日高見国主千田姓に戻す 537年前 2010年基準 利章 源九郎 量重 三郎 時廣 又次郎 時長 甚右エ門 義貞 甚右エ門 徳右エ門 甚右エ門 徳之進 甚右エ門 惣助 甚右エ門 甚内 甚右エ門 時忠 甚右エ門 時義 甚右エ門 甚五郎 甚右エ門 宮内 甚吉 甚右エ門 市助 甚右エ門 惣治 甚右エ門 甚之亟 甚右エ門 定次 甚右エ門 佐吉 甚右エ門 甚右エ門 庄之助 甚右エ門 甚右エ門 甚右エ門 トラ 甚之亟 寛次郎 甚太郎 政幸 孝法 千田寛仁 至日秦遺臣勃興の国 瓠公(ホゴン)と称される倭人(日本人)が建国瓠すなわち朴。 朴氏・昔氏・金氏の3姓の王系 紀元前57年建国 1. 新羅 始祖王 赫居世 紀元前69年 - 後4年 2. 新羅 第2代王 南解王 3. 昔新羅 第4代王 脱解王 自倭國東北至 4. 新羅 新羅皇子 天日矛 5. 多遲摩母呂須玖 6. 多遲摩斐泥 7. 多遲摩比那良岐 8. 多遅摩比多詞 比那良岐次男 兄が多遅摩毛理(三宅氏祖) 9. 葛城高額比売命 夫息長宿禰王 10. 息長帯比売命(神功皇后) 11. 応神 八幡(はちまん)神に応じて与えられる意 12. 稚渟毛二派 13. 意富富杼 (おおほど)息長氏祖 14. 乎非 15. 彦主人 高島 御代家督は雄略 初瀬より飛鳥へ遷都 16. 継体 尊号を男大迹(おおどの)妻は雄略の娘春日大娘の子、若帯姫(手白香)。 大伴金村氏と物部麁鹿火氏の推薦を受けて家督 17. 欽明 18. 敏達 19. 押坂彦人大兄皇子 20. 舒明 后斉明 21. 天武 后持統 藤原京遷都 宍人臣大麻呂女カヂ媛娘(天武宮人)に施基皇子が生まれる。 カヂは木偏に穀と書きます 22. 施基皇子 后天武女託基皇女 施基は、父天智天皇、妻の父が天武天皇、その両方を繋いだから志貴と表される。 光仁 藤原北家 聖武后光明の子として聖武長女井上内親王(吉野皇后・斎宮)を后にいただき 又妃和氏高野新笠の間に桓武を儲ける 24. 桓武 平安京遷都 平家祖 新笠の子 弟の東大寺親王禅師早良は遷都を懸念南都守護 ゆえに示寂後800 延暦19 年井上内親王を妻とすると記され、崇道天皇と号され権力争いに利用された 桓武子葛原は桓武平氏祖、大和田氏の祖 桓武は天神菅原道真の娘菅原衍子を女御としている。 嵯峨 息子源信(源氏長者) 26. 仁明(正良) 長男道康「文徳」 三男光孝の次男が定省「宇多」 27. 文徳 28. 清和 清和源氏祖 文徳四男 名を惟仁(これひと) 29. 貞純 30. 経基 清和源氏 31. 満仲 32. 頼信 33. 頼義 34. 義家 八幡太郎 弟新羅三郎は南部家の祖 35. 義親 36. 為義 37. 義朝 38. 源九郎義経 左衛門少尉 検非違使少尉 判官 39. 重基 源義経子 幼名安居丸重信を名乗り後重基と称す 母佐藤基治娘北の方(義経正妻は北家秀郷流清衡の曾孫) 40. 重忠 左近大夫 41. 重光 左京進 42. 有信 太郎左衛門 43. 忠直 三郎左衛門 44. 時明 主計助 45. 成光 左近忠 46. 道成 小次郎 47. 隆義 小太郎 千田家中興祖 兄更木永昌寺重義和尚 537年前 2010年基準 48. 利章 源九郎 49. 量重 三郎 50. 時廣 又次郎 51. 時長 甚右エ門 52. 義貞 甚右エ門 53. 徳右エ門 54. 甚右エ門 徳之進 55. 甚右エ門 惣助 56. 甚右エ門 甚内 57. 甚右エ門 時忠 58. 甚右エ門 時義 59. 甚右エ門 甚五郎 60. 甚右エ門 宮内 61. 甚吉 62. 甚右エ門 市助 63. 甚右エ門 惣治 64. 甚右エ門 甚之亟 65. 甚右エ門 定次 66. 甚右エ門 佐吉 67. 甚右エ門 68. 甚右エ門 庄之助 69. 甚右エ門 70. 甚右エ門 71. 甚右エ門 72. トラ 甚之亟 江戸末期〜明治 73. 寛次郎 74. 甚太郎 千田家財産を投入して岩手県昭和橋を建造 岩手は以降発展する。 師弟岩手県知事千田正 75. 政幸 東和津島神社七子 宮沢賢治師弟 寛子(甚太郎女) 76. 孝法 孝法(丸子忠男)妻幸子は政幸長女 77. 千田寛仁 紀元前37年建国 高句麗始祖朱蒙 長子類利が高麗を継承 弟沸流と温祚は南に向かい沸流崩御後温祚は百済を建国した。 紀元前18年建国 1. 百済始祖温祚王 2. 第2代多婁王 3. 第3代己婁王 4. 第4代蓋婁王 5. 第5代肖古王 6. 第6代仇首王 7. 第11代比流王 8. 第13代近肖古王 9. 第14代近仇首王 10. 第15代枕流王 11. 第17代阿莘王 12. 第18代腆支王 13. 第19代久尓辛王 14. 第20代 毘有王 15. 第21代蓋鹵王 16. 昆支 17. 第24代東城王 18. 第25代 武寧 王 461年・日本筑紫の各羅 かから 島で生誕 在位501-523年 ] 19. 純陀太子(日本に居住) 20. 斯我君 21. 法師君 22. 雄蘇利紀君 23. 和史宇奈羅 (和氏に改名して日本に定住) 24. 和史粟勝 25. 和史浄足 26. 和史武助 27. 和史乙継 (娘新笠が光仁天皇に嫁ぎ高野を称す) 28. 高野朝臣新笠が出産したのが桓武天皇 第50代天皇:在位781-806年 ] 29. 桓武 光仁子(794年平安京を作る) 后藤原良継女乙牟漏 30. 嵯峨 息子源信(源氏長者) 31. 仁明(正良) 長男道康「文徳」 三男光孝の次男が定省「宇多」 32. 文徳 33. 清和 清和源氏祖 文徳四男 名を惟仁(これひと) 34. 貞純 35. 経基 清和源氏 36. 満仲 37. 頼信 38. 頼義 39. 義家 八幡太郎 弟新羅三郎は南部家の祖 40. 義親 41. 為義 42. 義朝 43. 源九郎義経 左衛門少尉 検非違使少尉 判官 44. 重基 源義経子 幼名安居丸重信を名乗り後重基と称す 母佐藤基治娘北の方=浪の戸(義経正妻は北家秀郷流清衡の曾孫) 45. 重忠 左近大夫 46. 重光 左京進 47. 有信 太郎左衛門 48. 忠直 三郎左衛門 49. 時明 主計助 50. 成光 左近忠 51. 道成 小次郎 52. 隆義 小太郎 千田家中興祖 兄更木永昌寺重義和尚 537年前 53. 利章 源九郎 54. 量重 三郎 55. 時廣 又次郎 56. 時長 甚右エ門 57. 義貞 甚右エ門 58. 徳右エ門 59. 甚右エ門 徳之進 60. 甚右エ門 惣助 61. 甚右エ門 甚内 62. 甚右エ門 時忠 63. 甚右エ門 時義 64. 甚右エ門 甚五郎 65. 甚右エ門 宮内 66. 甚吉 67. 甚右エ門 市助 68. 甚右エ門 惣治 69. 甚右エ門 甚之亟 70. 甚右エ門 定次 71. 甚右エ門 佐吉 72. 甚右エ門 73. 甚右エ門 庄之助 74. 甚右エ門 75. 甚右エ門 76. 甚右エ門 77. トラ 甚之亟 江戸末期〜明治 78. 寛次郎 79. 甚太郎 千田家財産を投入して岩手県昭和橋を建造 岩手は以降発展する。 師弟岩手県知事千田正 80. 政幸 東和津島神社七子 宮沢賢治師弟 寛子(甚太郎女) 81. 忠男(丸子孝法)妻幸子は政幸長女 (三輪山平等寺復興) 82. 千田寛仁 AD2011日本国千田寛仁著作 JAPAN KINGDOM ENTERPRISE. CEO Hirohito Tida 大和奈良県桜井市 TEL 07444-2-3578 今掛かけている音楽は、宮沢賢治 作詞作曲 星めぐりの歌です。

次の

奥州藤原氏の祖 藤原清衡

藤原清衡 家系図

従四位下。 母津守氏。 従四位上。 備前守。 母下野史生鳥取業俊女。 下野大掾。 従五位上。 武蔵守。 世人号俵藤太。 母下野掾鹿嶋女。 左衛門尉。 検非違使。 鎮守府将軍。 母侍従源通女。 腰瀧口無子) 季家 (続群書類従蒲生系図による。 田原太郎。 鎮守府将軍。 従五位下。 下野守。 下総国住人。 五郡太大夫〔寛永諸家系図伝内藤系図作五郡丈大夫〕。 亘権守。 亘理権大夫。 或千清男。 安立三郎。 陸奥国押領使。 奥御館。 出羽押領使。 中御館。 従五位上、尊卑分脈作従五位下。 文治3年10月29日(ユリウス暦:1187年11月30日)没〔玉葉・吾妻鏡等による。 尊卑分脈作同年12月22日。 系図纂要作同年12月28日没73歳〕。 文治5年9月3日(ユリウス暦:1189年10月14日)被誅。 〔尊卑分脈5月25日。 亘十郎。 法名蓮阿。 戦国武将の蒲生氏郷の家系。 尊卑分脈は季俊の子季賢で終わっているので、 続群書類従所収蒲生系図と系図纂要を基本としたが、子の序列は系図纂要に従った。 蒲生家系図由緒書作俊影。 和田権二郎) 俊房 (小倉〔蒲生家系図・由緒書作小谷〕権三郎) 男子 (室木。 阿闍梨。 金剛寺住) 永俊 (帥房。 号西尼。 右馬允。 号藤右馬允。 蒲生太郎。 仕右大将家領江州蒲生郡。 蒲生修理亮。 左京進。 法名仏道。 法名乗願。 山村) 女子 (上野猷円母) 定信 (石塔寺。 空坊) 女子 (美濃部兵衛大夫妻) 女子 (必佐永信阿闍梨妻) 女子 (南治部入道妻) 女子 (河内弥二郎妻。 法名道教。 法名道願。 蒲生孫二郎。 法名道忍。 法名禅信。 三郎二郎。 法名浄心。 続群書類従蒲生系図作大夫右衛門尉〕。 法名心覚。 左衛門尉。 法名秀戒。 法名道全。 法名浄椿〔続群書類従蒲生系図作常椿〕。 本名政秀。 和田豊秀猶子。 丹後守。 法名宝松。 下野守。 法名信正。 法名正綱。 刑部大夫〔系図纂要作刑部大輔〕。 法名智閑。 号信楽院。 刑部大輔。 松平下野守。 従三位。 慶長8 1603 年生〔断家譜〕。 寛永4年正月4日(1627年2月19日)卒。 法名 見樹院前相公得誉立光大禅定門) 女子 (母同。 慶安4年2月3日(1651年3月24日)卒。 法名春香院梅岩宗清) 女子 (前田利政室) 女子 (南部利直室。 駿河守) 女子 (神戸蔵人〔系図纂要係友盛〕室) 女子 (美濃部上総介友原妻) 実隆 (小倉左近将監) 女子 (池田二郎左衛門忠知妻) 女子 (関盛信室) 女子 (岩室橘内左〔或右〕衛門妻) 女子 (河井甲斐守妻) 女子 (藤兵衛尉秀紀室) 堯清 (浄厳坊附弟) 女子 (美濃部下総守妻) 賢洪 (中山金光院) 秀洪 (山城守) 梵純 (青木玄蕃允。 刑部少輔。 法名宗拾。 小二郎。 左衛門大夫。 摂取院真清〔戦国人名事典作接耶院〕。 左兵衛大夫〔断家譜・大系図後集による。 系図纂要作右兵衛大夫〕。 下野守。 号快軒。 天正7年3月27日(ユリウス暦:1579年4月22日)卒〔続群書類従所収蒲生系図17日〕。 定秀院宗智。 藤太郎。 左〔系図纂要作右〕兵衛大夫。 母馬淵山城守女。 法名恵林寺〔続群書類従所収蒲生系図作恵倫寺〕。 天文3 1534 年生。 天正12年3月10日(1584年4月20日)卒〔系図纂要14日〕。 鶴千代。 忠三郎。 飛騨守。 弘治2 1556 年生。 文禄4年2月7日(1595年3月17日)卒。 鶴千代。 飛騨守。 母織田信長女。 従三位。 天正11 1583 年生。 慶長17年5月14日(1612年6月13日)卒〔断家譜13日〕。 中務大輔。 従四位下。 慶長10 1605 年生〔続群書類従蒲生系図・断家譜〕。 寛永11年8月18日(1634年10月9日)卒。 左馬允〔大系図後集作左馬介〕。 法名宗悟〔大系図後集作宗格〕。 左馬允〔大系図後集作左馬介〕。 上総守。 実者千常舎弟。 天元2 979 年〔系図纂要作天元元年〕正月29日任陸奥鎮守府将軍。 瀧口) 行禅 (権律師。 従五位下。 下野守。 近藤大夫。 従五位下。 美濃〔或美作〕守。 安和3年正月15日(ユリウス暦:970年2月23日)鎮守府将軍。 左衛門尉。 母源通女。 永延3年正月10日(ユリウス暦:989年2月18日)任鎮守府将軍。 下野国押領使。 検非違使。 従五位下。 下野守〔系図纂要〕。 左衛門尉〔続群書類従結城系図作佐〕。 相模守。 実父公行。 母平定文女。 駿河権守。 陸奥守。 従五位下。 左馬允。 鎮守府将軍。 或本文脩舎弟云々。 下野大介。 鎮守府将軍。 従五位下。 上野介。 左衛門尉。 壱岐守。 成田二郎。 下総守〔或介〕。 成田太郎。 成田太郎。 左衛門尉。 従五位下。 左衛門尉。 左衛門尉。 内舎人摂政随身。 左衛門尉。 左〔或右〕衛門尉。 鳥羽院下北面。 法名円位号大宝坊。 又号西行。 従五位下。 兵衛尉。 住紀伊国。 検非違使。 兵衛尉。 駿河守平為俊為子。 帯刀大夫。 従五位下。 左衛門尉。 内舎人) 通隆 (或通澄。 左京進。 左兵尉。 法名帝月〔或常月〕) 通員 (或通貢、系図纂要作通貞。 左衛門尉。 改親景) 親能 (系図纂要作親通子。 右衛門尉) 通国 (或親通子。 木工允。 修理亮。 母冷泉之局) 直重 (或重直。 狭間大炊四郎。 母同親秀) 有直 (四郎。 筑後元吉。 母白拍子) 五郎 (或親直。 左近将監。 母同親秀) 時景 (或景直。 母同親秀)〔一萬田〕 禅能 (山僧。 少輔竪者。 母同親秀) 秀直 (鷹尾七郎入道。 母同有直) 能郷 (八郎入道。 母同親秀)〔志賀〕 能基 (或能職。 豊前九郎。 母同親秀)〔藤北〕 朝直 (又五郎、或又次郎。 母同親秀) 泰広〔田原・京腹・傾城〕 女子 (善刑部大夫妻。 宮迫先祖) 女子 (名越、越後守妻) 女子 (玖珠女房。 女房貞親母) 重能 (吉沢三郎。 童名一法師丸。 左衛門権少尉。 左近将監。 検非違使。 豊前前司。 従五位上。 法名能蓮。 母大友四郎大夫経家女。 承安2 1172 年生。 貞応2年11月27日(ユリウス暦:1223年12月20日)卒。 大炊助。 従五位上。 号出雲路殿。 母高山四郎重範女。 法名舜秀〔寛政譜作寂秀〕。 建久4 1193 年生。 宝治2年10月24日(ユリウス暦:1248年11月10日)逝去。 薬師丸。 丹後守。 出羽守。 兵庫頭。 大炊助。 式部大輔。 従五位下。 母三浦肥前守家連女。 号常楽寺殿。 法名道忍。 貞応元 1222 年生。 正安2年9月27日(ユリウス暦:1300年11月9日)〔寛政譜17日〕逝去。 法名道徳。 永仁3年9月22日(ユリウス暦:1295年10月31日)逝去。 母戸次親時女。 出羽守。 新蔵人。 左近将監。 従四位下。 萬寿寺殿。 法名玉山正温。 応長元年七月十九日逝去。 兵庫助。 松屋次郎。 左衛門尉。 法名阿一。 母小河左衛門尉女。 豊後守。 従五位下) 貞載〔〕 宗匡 (彦子丸。 左近少監。 三河守) 即宗 (利根吉祥寺住職) 氏泰 (母太宰少弐盛綱女〔寛政譜〕。 千代松丸、或千松丸〔寛政譜〕。 孫太郎〔寛政譜〕。 足利尊氏猶子。 賜源姓。 同慈寺殿。 大炊助〔寛政譜〕。 式部少輔〔寛政譜作式部丞〕。 従五位下。 法名独峰清魏〔寛政譜作巍〕) 氏宗 (初宗行。 亀松丸。 観音寺殿。 通玄理公。 文安2年正月4日(ユリウス暦:1445年2月10日)逝去。 或著世。 孫太郎。 刑部少輔) 親隆 (四郎。 出羽守。 従五位下。 宝生寺殿。 文明2年7月15日(ユリウス暦:1470年8月11日)逝去。 初親有。 弾正少弼。 孫太郎。 左衛門尉。 従五位下。 左近少監。 法名直庵貞〔寛政譜具〕簡。 顕孝寺殿。 宮松丸〔寛政譜〕。 孫三郎〔寛政譜〕。 刑部大輔。 従四位下〔寛政譜〕。 法名天祐玉〔寛政譜作王〕安。 大応寺殿。 孫太郎。 修理大夫。 従五位下。 号不二庵。 称利根。 次郎〔寛政譜〕。 式部大夫〔寛政譜作式部大輔〕。 従五位下。 法名玉庵。 大慧寺殿。 応永33年11月29日(ユリウス暦:1426年12月27日)逝去。 左馬助。 丹後守。 式部大輔。 従四位下〔寛政譜〕。 法名勝幢祖高大居士。 号修理大夫。 瑞光寺殿。 応永2年2月15日(ユリウス暦:1395年3月6日)卒。 大膳大夫。 従五位下。 応永元 1394 年生。 応永32年9月13日(ユリウス暦:1425年10月24日)討死) 親綱 (或親経。 孫三郎。 左京大夫。 従四位下 長禄3年2月6日(ユリウス暦:1459年3月10日)卒。 常陸介。 勘解由允。 称門司、 利根川) 親盛 (民部大輔。 与兵衛。 家臣田原近江守 親賢養子。 後称松野) 女子 (筑紫上野介広門室) 女子 女子 (一条兼定室) 女子 (妻) 女子 (奈多大宮司鑑元妻) 女子 (臼杵統尚妻) 女子 (小早川秀包室) 女子 (嫁一万田氏) 女子 (嫁大津留氏) 義長 (初晴英。 大内義隆嗣。 周防権介。 従五位下。 弘治3年2月7日(ユリウス暦:1557年3月7日)自害) 塩市丸 女子 (一条房基室) 女子 (嫁河野氏) 女子 (許嫁近衛家) 女子 重治 (塩乙丸。 菊法師丸。 左兵衛佐。 従四位下。 剃髪号宗吟。 天文23 1554 年11月自害) 女子 義生 女子 (詫摩鑑秀妻) 親常 (或親武。 称日田) 親載 (七郎次郎) 親照 (又五郎。 豊後守。 従四位下。 母千葉氏。 文明14年11月14日(ユリウス暦:1482年12月24日)卒。 心源道清心源寺。 左衛門大夫。 豊前守。 従四位下。 母出羽守親隆女。 文安元 1444 年生。 明応5年6月10日(ユリウス暦:1496年7月20日)卒。 珠山如意海蔵寺。 備前守。 従五位下。 母竹中氏。 大永2年正月19日(ユリウス暦:1522年2月15日)卒。 見友梅屋見友院。 修理大夫。 従四位下。 母木野氏。 永正10年8月11日(ユリウス暦:1513年9月10日)卒。 天真清昭大雄院。 塩法師丸。 次郎五郎。 修理大夫。 従四位上。 左少将。 母阿蘇大宮司某女。 文亀2 1502 年生。 天文19年2月12日(ユリウス暦:1550年2月28日)卒。 松山紹康到明寺。 親太郎。 左衛門督。 従四位下〔寛政譜〕。 左少将。 入道号宗麟。 享禄3 1530 年生。 天正15年5月23日(1587年6月28日)卒〔寛政譜〕。 号瑞峯宗麟瑞峯院。 長寿丸。 左兵衛督。 従四位下。 母奈多大宮司鑑元女。 左兵衛督) 義親 (龍丸。 長五郎。 また、リンクしていただいた際のご報告も不要です。

次の

奥州藤原氏

藤原清衡 家系図

奥州藤原氏 「平泉の文化遺産」を生んだ奥州の歴史 II 初代 藤原清衡 〜平和な国をめざして〜 平泉に館を移し、東北地方を治めることになった清衡が一番に望んだことは、平和な世の中をつくることでした。 そのために、たび重なる戦により命を落とした敵味方を含めた全ての人々の霊を慰なぐさめ、弔うために、中尊寺の建立を始めたのです。 中尊寺を建立するにあたり清衡は、『中尊寺建立供養願文』というものを書いています。 これは、争いのない平和な国にすることを誓った、宣誓書のようなものです。 このように、平和な世の中を目指して国造りをはじめた例は、世界の歴史の中でも極めて珍しく、清衡の平和国家建設にかける強い思いが伝わってきます。 清衡は、金色堂、二階大堂をはじめ、様々な堂塔を建てたり、池を掘って庭園を造営したりするなど、20年という年月をかけて中尊寺を完成させました。 また、清衡は優れた技術者を京都から呼び寄せ、仏像や仏具、仏堂の内陣(内部)装飾、経文などを揃えていきました。 中でも、金色堂内陣装飾や金銅華鬘、金と銀で経文を写した紺紙金銀字交書一切経などを見れば、平泉で当時の最高技術が使われたことが分かります。 現在、一関市厳美町の本寺地区に残っている骨寺村荘園遺跡は、紺紙金銀字交書一切経を完成させた自在房蓮光というお坊さんが、経蔵の別当(経蔵を守る責任者)となった時に清衡から与えられた荘園の跡です。 金色堂 金色堂の中は、眩いほどの黄金や螺鈿により飾られています。 1968年に復元修理が終わり、当時の姿をとりもどしました。 くじゃくがデザインされている須弥壇の中には、藤原三代のご遺体と泰衡の首級(頭部)が納められています。 紺紙金銀字交書一切経〔国宝〕 紺紙金銀字交書一切経〔国宝〕 金字・銀字を一行ごとに交えて書いたお経です。 「中尊寺経」と呼ばれ、かつては経蔵に納められていました。 二代 藤原基衡 ~平泉に豊かな文化を~ 初代清衡の死後、清衡の跡を継いだのは基衡です。 基衡は、清衡が描いた仏教を中心とした平泉の街づくりをさらに発展させていきました。 ふんだんに採れた金や交易により得た豊かな財力を活かして、平泉の南に毛越寺を建立しました。 毛越寺の本堂にあたる金堂円隆寺をはじめとする堂塔は、歴史書『吾妻鏡』に我が国で他に例がないほど立派なお寺だと記されています。 現在まで、2度の火災にあい建物は残っていませんが、礎石(建物の土台となる石)や大泉が池を中心とした浄土庭園は、当時の姿を今に伝えています。 毛越寺庭園〔特別史跡・特別名勝〕 基衡は、円隆寺の本尊である薬師如来像を作るために、京都の仏師に仏像作りを頼みました。 その完成までの3年間、京都に沢山の貢物を贈ったといわれます。 その噂を聞きつけた鳥羽法皇が、あまりに優れた薬師如来像のできばえに驚き、京からの持ち出しを禁止したほどでした。 それほど、素晴らしい仏像だったのです。 現在の薬師如来坐像 旧観自在王院庭園 旧観自在王院庭園(観自在王院跡)〔名勝・特別史跡〕 毛越寺のとなりには、基衡の妻が造ったといわれる「観自在王院」がありました。 現在は庭園が復元されて公園となっています。 三代 藤原秀衡 ~北方の王者~ 基衡の死後、三代目を継いだのは秀衡です。 秀衡は金鶏山を基準とし、基衡が造りはじめた毛越寺を完成させました。 そしてあらたに、無量光院を建立しています。 この無量光院は、宇治の平等院鳳凰堂をモデルとして造られましたが、規模としては一周り大きかったようです。 また、無量光院を中心に柳之御所周辺を含めた広い範囲の整備を行い、平泉の都市を完成させました。 秀衡が、北方の王者といわれる理由は、優れた経済力と東北地方を治める才能があったからです。 清衡と基衡は、その土地の豪族としては最高位の「押領使」になりましたが、秀衡は、さらに上の位の「鎮守府将軍」となり、ついには「陸奥守」という職に任命されます。 この職は、現在でいえば、東北六県の知事の代表のような役職で、名実ともに秀衡は、東北地方の支配者になったのです。 平泉のまちづくりの基準となった山でした。 藤原氏の滅亡 秀衡は、源義経が兄の頼朝に追われて再び平泉に落ち延びてきた1187年の冬、病で亡くなりました。 秀衡の跡を継いだ四代泰衡は「義経を助けると、平泉を攻撃するぞ」という頼朝からの圧力に抵抗しきれず、義経を攻撃し、自殺に追いやってしまいます。 秀衡と義経が死んだことを確認した後、ついに頼朝は平泉へ兵を向けました。 その後、泰衡は頼朝軍から逃げるように秋田県まで落ち延びましたが、ついには家来によって殺されてしまいます。 ここに奥州藤原氏は滅亡しました。 その後、たび重なる戦火や野火により平泉の堂塔は焼け落ちてしまい、ほとんどが再建されることなく現在に至っています。

次の