ソーシャル。 大切に思うからこそ、これからも距離をとろう。~ソーシャルディスタンスと5つのお願い|楽天株式会社

ソーシャルブラザーズ株式会社

ソーシャル

仕事をしていて、対人関係に悩んだことはありませんか? ビジネスにおいて、業務内容そのものよりも対人関係に悩む人は少なくありません。 社内でも社外でも、苦手と感じる相手はいるものです。 しかし、苦手だからといって距離をとってしまえばビジネスに支障をきたす可能性があります。 できるだけ周囲の人と良い関係を築くためにも、より良いコミュニケーション方法を知っておくとよいでしょう。 今回は、スムーズなコミュニケーションを行うための効果的なメソッドとして、大手企業やグローバル企業にも研修として導入されている「ソーシャルスタイル理論」を解説します。 苦手な人がいなくなる!? ソーシャルスタイル理論とは ソーシャルスタイルとは、1968年にアメリカの産業心理学者であるデビッド・メリル氏が提唱したコミュニケーションの理論です。 人の言動を4つのスタイルに分けて分析し、相手が望ましいと感じる対応を探し、選択する方法として活用されています。 人の言動を単純に4つに分けることはできませんが、大まかな方向性としていずれかのスタイルに分類されるといわれています。 営業職や販売職、コンタクトセンターのオペレーターなど、直接顧客と関わる職業ではソーシャルスタイル理論を理解することで、コミュニケーションがスムーズになるとされ、取り入れている企業も少なくありません。 では、具体的にどのようなグループがあるか見てみましょう。 ソーシャルスタイルは「感情」「意見」の強弱によって以下のような4つのスタイルに分けられます。 ドライビング……意見を主張、感情を抑える 合理的に仕事を進める目標達成型。 感情表現は弱く、合理的に物事を達成していくスタイル。 口数が少ない人が多い。 行動が早く負けず嫌い。 プロセスよりも結果を重視するので手段は問わない傾向あり。 エクスプレッシブ……意見を主張、感情を出す みんなから注目されることを好むスタイル。 明るくて表情も豊か。 友人が多い。 ノリが良く、新しいことやトレンドに敏感で積極的に何かにチャレンジしている。 エミアブル……意見を聴く、感情を出す みんなの気持ちをくみ取れる調停役。 話すよりも聞くスタイル。 周囲の気持ちに敏感で、自分が注目されるよりも全体の調和を重視する。 感情は表情に表れる。 アナリティカル……意見を聴く、感情を抑える 観察を好む分析型。 データを重視して、分析する。 知識人の理論を良く知っている。 感情は表情に表れず、話すよりも聞くことが多い。 独特の見解がある人が多い 程度の差はあっても、ソーシャルスタイルで分類される言動にはそれぞれの傾向があります。 読みながら、具体的な人物が思い浮かんだ人もいるのではないでしょうか。 ソーシャルスタイル理論をビジネスにどう活かす? ソーシャルスタイル理論の4つの言動スタイルを知っていても、実際のコミュニケーションに活かすことができなければ意味がありません。 ビジネス上で苦手だと感じたり、意思疎通が図りにくかったりする相手ともより良い関係を築くため、下記の3つのステップで進めてみましょう。 自分のコミュニケーションスタイルを知る• 相手のコミュニケーションスタイルを想定する• 自分との違いを知り、相手のスタイルに合わせて言動を決める 自分を知り、相手を知ったら、お互いの相違点に気づくはずです。 そのうえで、相手のスタイルが好むコミュニケーションのスタイルを考えてみましょう。 ステップ1. 自分のコミュニケーションスタイルを知る まずは、自分がどのスタイルに当てはまるかを確認してみましょう。 コミュニケーションにおいて自分を知ることができなければ、相手に求められる対応がどのように不足しているかを気づくことができません。 自己認識している性格と周囲から見られている自分には、たいてい相違があるものです。 「本来の自分を認めてもらえない」「よく誤解される」といったコミュニケーションミスは、他者の視点と自分の認識がズレていることから起こるケースがよくあります。 自分のスタイルを知ることで、周囲から自分がどのように評価されているか、どのような人物と思われているかがわかるはずです。 チェックする際には、自己判断にこだわらず、同僚や上司といった他者の目線でスタイルを診断してもらうとよいでしょう。 診断ツールを活用するのが一番良いです。 ステップ2. 相手のコミュニケーションスタイルを知る 続いて、相手のコミュニケーションスタイルを分析します。 ソーシャルスタイルは、自己主張と感情の2つの軸でスタイルを分類します。 相手のスタイルを分析する際には、普段の言動や表現方法を観察してみましょう。 例えば、普段から主張が強く、感情が顔にでないスタイルだと思えば、ドライビングではないかと推測できます。 その後、具体的な特徴を基に、スタイル診断を行ってみましょう。 ステップ3. 相手のスタイルに合わせてコミュニケーションスタイルを決める 相手のスタイルを分類できたら、相手が好ましいと感じるコミュニケーションスタイルを探してみましょう。 コミュニケーションでミスが起こりやすいのは、「自分ルール」を前提に話を進めてしまうケースです。 初対面や電話越しで相手のスタイルを推し量るのは難しいかもしれませんが、自分主体ではなく、「相手のルール」にあわせたコミュニケーション方法を選択してください。 4つの分類ごとに、好まれる傾向を以下にまとめました。 ドライビングへのコミュニケーション例 相手は感情を抑える傾向があります。 このスタイルには同じく感情を抑えた対応が好まれます。 合理的な考えの持ち主なので、会話は論理的に進めること。 結論から先に伝え、そのあと理由、具体例といったように順序立てて話していくのが良いでしょう。 エクスプレッシブへのコミュニケーション例 エクスプレッシブは発言内容が直観的に変わる傾向にあるため、柔軟なコミュニケーションが望まれます。 話を聞いてもらいたいスタイルなので、聞くことに集中しましょう。 また、仕事の方針を前触れなく変えてしまうときもあります。 重要な方針などは、変わる前に言質をとっておき、文書化するといった工夫をするとうまくいくでしょう。 エミアブルへのコミュニケーション例 周囲の気持ちをくみ取れる傾向にあり、人付き合いしやすいスタイルと言えます。 しかし、やや優柔不断なところがあり、決断に時間がかかってしまうスタイルです。 決断を無理にせまれば相手は多大なストレスを感じてしまいます。 「一緒に考えませんか」といったように、決断ができない場面で相手に共感を持って接すると良いでしょう。 アナリティカルへのコミュニケーション例 無口で感情を抑えるこのスタイルは「何を考えているか想像がむずかしい」といわれがちな人です。 だからこそ、感情的な対応はNG。 このスタイルには、相手は悪気がないことを認識して、辛抱強く対処するとよいでしょう。 また、データを重視するスタイルなので、仕事で決断を求めるようなケースでは、根拠となるデータを提示するといった工夫も有効です。 ソーシャルスタイル理論の活用で対人スキルを高めよう ビジネスシーンに限らず、人間関係に悩む人は少なくありません。 しかし、仕事においては苦手な人だからといって、簡単に拒絶することは難しいでしょう。 そうした場合でも、ソーシャルスタイル理論を活用することで、相手を理解し、より良い関係を築くきっかけになります。 受注率アップやクレームの早期鎮静化、社内やチームのコミュニケーション活性化など、ソーシャルスタイル理論の活用で得られるものは大きいです。 人間関係によるストレスを軽減させ、効率の良い交渉を行いましょう。 ソーシャルスタイル理論から考えるチームとは 様々な場面で、チームを構築や、集団で決められた方向に進む機会は多いと思います。 そういったときにも「ソーシャルスタイル」を使ってみましょう。 なぜならば全スタイルがいるチームは強いチームになる可能性が高いからです。 リーダーや各メンバーが全員のスタイルを把握し、それぞれが持っている言動の「強み」を最大化し、「弱み」を補完するといったマネジメントをすることにより、その場にいるメンバーの力を最大限発揮することが可能になるのです。 『ソーシャルスタイル研修』の資料はいただけます 参考:•

次の

総務省|平成30年版 情報通信白書|ソーシャルメディアの利用状況

ソーシャル

概要 [ ] ソーシャルメディアは、インターネットを前提とした技術を用いて、発信された映像、音声、文字情報にあるコンテンツ 情報の内容 を、当該コミュニティサービスに所属している個人や組織に伝えることによって、 多数の人々や組織が参加する双方向的な会話へと作り替える。 そのコンテンツ群は、コミュニティを軽く飛び越える。 ソーシャルメディアは知識や情報を大衆化し、大衆をコンテンツ消費者側からコンテンツ生産者の側に変える。 例えばTwitterではtweetがコンテンツであり、そして、それに対するフォローもまたコンテンツである。 そのコンテンツ群は、有用な集合知にも、社会や企業や個人の心を動かす世論にも、はたまた壮大な人格攻撃にもなる。 そのコミュニティの態様は、コミュニティ形成 例えば会話 の流れによって変化するのである。 商業的なソーシャルメディアとは、 ユーザ生成コンテンツ; user-generated content や 消費者生成メディア; consumer-generated media を指す。 と Michael Haenlein はソーシャルメディアを 「インターネットに基づくアプリケーションの一群であって、の思想的或いは技術的基礎付けの上に作られ、 UGCを作りだし交換できるようにするもの」 と定義している。 「ソーシャルメディア」という用語は、2006年7月以来、順調に使われるようになった。 英語版Wikipediaに"Social media"が登場したのも2006年7月9日である。 (の履歴参照)。 2000年代末以降のの普及によってソーシャルメディアいつでもどこでも利用できるようになり、スマートフォンの位置情報等の機能とも相まって活用の幅を広げた。 ソーシャルメディアの普及により「シェアリング・エコノミー」と呼ばれるような新たな経済活動も出現した。 産業メディアとの違い [ ] ソーシャルメディアは新聞、テレビ、映画などの産業メディアから区別される。 ソーシャルメディアは誰でも 一人一人の個人でも 利用できて、比較的安価であるが、 産業メディアは新聞の発行や許認可制の放送業務のように、一般的には情報を発信するのに膨大な資源を必要とする。 産業メディアは通常「従来型」の「」「」メディアと呼ばれる。 種類 [ ] ソーシャルメディアは、、画像や動画の共有サイト、メッセージングアプリ、情報共有サイト、などがある。 このほかなどのサイトのカスタマーレビューなどを含むこともある。 :、、• :、、、• メッセージングアプリ:• ():、、• 画像や動画の共有サイト:、、• :、、Mixer、• 特徴と問題点 [ ] ソーシャルメディアには利用者同士のつながりが促進されるような仕組みが用意され利用者間の関係を視覚的に把握できる特徴がある。 また、機能によって知りたい情報に選択的に接触できる能動性があり、簡単に情報を即時的かつ広範囲に伝達できる拡散性がある。 一方、ソーシャルメディアは、編集部の選別を通るために一定水準以上の文章を読者に要求する雑誌の投稿欄とは違い、ユーザーが自由気ままに情報発信できるために勉強不足からくる質の低さがあり、それが世論形成にマイナスの影響を与えているという指摘がある。 また、法学者のは、人々が自分の意見にマッチする情報に、選択的に繰り返し接触すると意見の分極化が進み、自分の考えに沿わない勢力を排除する思考が強化されると述べている。 ソーシャルメディアは世界的にに利用されており、日本でもの改正によって、運動にソーシャルメディアを利用することが解禁されている。 また、やなど、非合法の抵抗運動に対し、既存マスメディアは中立性の維持や政府との柵などによって同調しがたい体質がある。 そのため、ソーシャルメディアは非合法の市民運動の呼びかけや、即時的な情報交換に利用されるケースも多い。 や、などを揺るがす行為に利用される恐れがあることから国家的な対象となることがある。 アメリカの例では、がソーシャルメディアに書き込まれるテロや犯罪を連想する単語を監視するプログラムを運用していると伝えられる。 また、危急の際には政府やソーシャルメディア企業のによってネットワークの遮断が行われるため、的事態へのソーシャルメディアの役割は限定的であるとも言われる。 脚注 [ ]• Kaplan, Andreas M. ; Michael Haenlein 2010. Business Horizons 53 1 : 59—68. Kaplan Andreas M. , Haenlein Michael, 2010 , Users of the world, unite! The challenges and opportunities of social media, Business Horizons, Vol. 53, Issue 1• "Google Trends: social media," trends. google. com,• 2018年9月14日閲覧。 84-85,92-93. , pp. 315-317. CNN. 2012年3月12日. 2012年5月25日閲覧。 参考文献 [ ]• 『ソーシャルメディア実践の書』リックテレコム社、2011年。 Brian Solis 2011 Engage! 福間良明、2017、『』初版第1刷、 筑摩書房〈筑摩選書〉 関連項目 [ ]•

次の

大切に思うからこそ、これからも距離をとろう。~ソーシャルディスタンスと5つのお願い|楽天株式会社

ソーシャル

ソーシャルエンジニアリングとは、コンピュータシステムにアクセスするために必要な情報(など)やその手がかりを、それを知る本人や周辺者への接触や接近を通じて盗み取る手法の総称。 や通信の盗聴のような情報システムに直接介入する攻撃手法を用いず、物理的に本人の周辺に近づいて、人間の行動や心理に生じる隙を利用して重要な情報を得る手法を指す。 例えば、本人が端末にパスワードやを入力しているところに近づいて、背後から肩越しに入力内容を盗み見る「」(shoulder surfing)がよく知られる。 他にも、本人が席を外した隙にメモや付箋を盗み見たり、ゴミとして捨てられた書類などを盗んだり、身分を詐称して電話をかけて情報を聞き出すといった手法が知られている。 情報の盗み取りだけでなく、本人にしかできない手続きを本人になりすまして行わせる手法も含む場合がある。 また、架空請求詐欺やのように、虚偽の発信元や内容を記したやなどで受信者を騙し、感染や偽サイトへの誘導、金銭の詐取など狙う手法も、電子的な手段を用いているがソーシャルエンジニアリングの一種に分類される場合もある。 他の辞典による解説 (外部サイト)• 〜 『 ウィキペディア』 による解説• 〜 『 総務省 国民のための情報セキュリティサイト』 による解説• 〜 『 日経 xTECH Active キーワード』 による解説• 〜 『 セコムトラストシステムズのBCP用語辞典』 による解説• 〜 『 IT セキュリティ用語事典』 による解説• 〜 『 ASCII. jpデジタル用語辞典』 による解説• 〜 『 Insider's Computer Dictionary』 による解説• 〜 『 ESETマルウェア情報局 キーワード事典』 による解説• 〜 『 ミツエーリンクス Web「経営革新ツール」用語集』 による解説• 〜 『 ボクシルマガジン』 による解説 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の