アマゾン プライム 家族 共有。 Amazonプライム会員の特典を家族と共有(シェア)して年会費無料でPrimeを利用する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

a.bbi.com.tw ヘルプ: Amazonプライム家族会員を登録する

アマゾン プライム 家族 共有

・アマゾンプライムビデオを家族で共有することはできます。 ・でも正式に家族利用できるサービスではなく、ちょっと抜け道的な利用法です。 ・なのでいろいろな問題もあります。 という答えになります。 以下、詳しく説明していきます。 Amazonプライムビデオは家族共有できる? Amazonプライムビデオは「アカウントを共有する」という方法で家族で利用することができます。 正式に家族利用をサポートするサービスは用意されていないのですが、 「3台まで複数端末で同時視聴できる」(追加料金なし) という仕組みを利用すれば、複数の人間で同時視聴することが可能です。 アマゾンのサポートページでも紹介されている方法なので、全く問題なく家族利用することができます。 Amazonプライムビデオを家族共有する手順 家族共有する手順は簡単です。 「次に観る」の履歴を消すことは可能ですが、正直面倒・・・ 消し忘れたりしても困るしなー。 ホーム画面で「マイアイテム」を選択すると下記画面が表示され、ウォッチリストが確認できます。 視聴履歴ほどではないにせよ、知らないうちにたくさん追加されたりしていると、ちょっとうっとうしいですね。 先ほどのウォッチリストの画面で「レンタル・購入」タブを選択すると、これまでにレンタル購入したコンテンツが表示されます。 うかつに変なものを購入しないよう、注意が必要です。 そんなとき、ホラーやアダルトなどR指定コンテンツを表示したくないですよね。 下記画像の通り、端末を指定して視聴制限をかける機能があるので活用したいところ。 ただし• 端末ごと細かい年齢制限はできない (A端末は12歳未満、B端末は15歳以上など個別設定はできない)• ちょっとスマホを子供に貸してあげる、といった場合に設定するのが面倒 という欠点があります。 通常商品の購入履歴や閲覧履歴、ほしいものリストなどが見えてしまいます。 また家族が間違って商品を購入してしまう可能性もありますね。 勝手に購入しないよう管理する面では問題ないのですが、逆にどうしてもすぐに購入したい場合には面倒な仕様です。 プライバシーを守りながら家族で共有する方法はない?対処法2つ 以上の通り、 Amazonプライムビデオは残念ながら家族利用に不向きな仕様となっています。 視聴履歴やウォッチリスト、年齢制限などをうまくコントロール出来る方法はないの?と思い、以下の2つの方法を考えました。 ただ それだけのために料金を2倍3倍払うのは、もったいない感じがするのが難点。 ひとり年間4900円(月額換算409円)とそれほど高くないとはいえ、サービス内容が良くなるわけではないのでムダに出費している感じは否めないですね。 は月額1,990円、は月額1,800円で最大4人で共有することができます。 視聴履歴やウォッチリストは完全に分別管理され、購入制限、年齢制限もそれぞれ設定できます。

次の

ファミリーフォルダが便利!プライムフォトで家族・友人と共有する方法

アマゾン プライム 家族 共有

プライム会員に招待された人は「プライムフォト」を 無料で使える(最大5名まで)• 簡単にアルバムを作成、共有できる• 「ファミリーフォルダ」で家族と写真を簡単に共有• 写真の検索機能が向上 それぞれ順番に解説していきますね。 招待された人はプライムフォトを無料で使える Amazonプライム会員の人は、プライムフォトに最大5名まで招待することができます。 招待された人はプライム会員でなくても、 無料でプライムフォトを利用できます。 つまり1名プライム会員がいれば、家族の人はプライム会員でなくても利用可能ということですね。 招待された人ができること 招待された人はプライムフォトのほぼ全ての機能を利用できます。 プライム会員とほぼ同じ機能を使えます。 招待された人ができないことは、他の人を招待することです。 まあできてしまうと無限に利用者が増殖してしまうので当然ですね。 旅行やイベントなどの写真を家族それぞれが撮影した場合でも、「ファミリーフォルダ」内で共有ができます。 ファミリーフォルダ内の写真を、スマホからテレビに映して家族で見ると楽しいですよ。 アルバムを作成・共有できる アルバムを作ってプライムフォトに保存した写真をジャンル分けすることができるようになりました。 さらにアルバムごとメールやSNSで共有できます。 家族ではなくても、思い出の写真をSNSでも共有できるので便利ですよ。 ファミリーフォルダーで共有可能 プライムフォトで写真を共有する方法は2通りあります。 1つはアルバムを作ってメールやSNSで共有する方法。 もう1つはプライムフォト内に「ファミリーフォルダー」を作って、家族みんなで見れるようにする方法です。 ファミリーフォルダとは? プライムフォト内に家族みんなが写真を入れられるファミリーフォルダを作り、そのフォルダー内の写真は家族全員が見ることができます。 共有フォルダのようなものです。 ファミリーフォルダの写真以外は共有されないので、家族間でもお互いのプライバシーを保てます。 ちなみにファミリーフォルダと名前がついていますが、家族以外でも招待できるので恋人同士や友人との共有も可能です。 写真の検索能力が向上 プライムフォトに保存した写真を検索する能力が大幅に上昇しています。 キーワードを入力すれば写真の画像をAIが自動判別して探してくれます。 写真と撮った場所を入力すれば、その付近の写真も探してくれますよ。 写真が増えてくると探すのが大変なので便利ですね。 プライムフォトを使うならプライム会員になろう プライムフォトだけでも十分すごいのですが、「Amazonプライム」になるとさらにビデオや音楽が聴き放題です。 便利でお得ですよね。 まだ加入していない方は、30日間 無料で試してみるといいですよ。 続いて「ファミリーフォルダ」で共有する方法を解説します。 プライムフォトのファミリーフォルダで家族と共有する方法(PCの場合) ファミリーフォルダを作成 まずはPCから を開きましょう。 招待された人がすることは記事後半で解説しています。 ファミリーフォルダに写真を追加する 個別の写真をファミリーフォルダに追加していく方法は2通り。 削除できるのは、その写真をファミリーフォルダに保存した人だけです。 追加する場合と基本的には同じです。 プライムフォトから写真を削除する場合は、写真の一覧から削除しましょう。 全ての写真をファミリーフォルダに追加・削除する プライムフォトの右上のマークをクリックして、「設定」を選びます。 画面の下にある「ファミリー」をクリック。 招待された人がすることは記事後半で解説しています。 ファミリーフォルダに写真を追加する ファミリーフォルダを作ったら写真を追加しましょう。 プライムフォトのアプリのTOP画面から、ファミリーフォルダに追加する写真を1つ長押しします。 ファミリーフォルダから写真を削除する ファミリーフォルダを開いて、削除する写真を長押しします。 ファミリーフォルダから削除しても、プライムフォトからは削除はされません。 なお、管理者であっても他の人がファミリーフォルダに追加した写真を削除できません。 削除できるのは追加した本人だけです。 すべての写真をファミリーフォルダに追加・削除ができます。 プライムフォトに招待された人がすること スマホの場合はプライムフォトのアプリを先に入れておきましょう。 PCの場合は を開きましょう。 続けて「承諾」をクリックします。 これでプライムフォトに参加できました。 プライムフォトのアプリやサイトを立ち上げて実際に操作してみましょう。 プライムフォトで写真を共有して楽しもう! 家族で1名プライム会員であれば、招待された家族は最大5名まで 無料で を利用可能です。 写真を枚数無制限で保存でき、スマホで撮った写真は自動でプライムフォトに保存されます。 さらにLINEなどのSNSで写真を送らなくても、簡単に共有できるので便利です。 新しくなったプライムフォトを家族と使って楽しみましょう!.

次の

Amazonプライムビデオの家族共有方法!会員種類や同時視聴可能端末は?

アマゾン プライム 家族 共有

・アマゾンプライムビデオを家族で共有することはできます。 ・でも正式に家族利用できるサービスではなく、ちょっと抜け道的な利用法です。 ・なのでいろいろな問題もあります。 という答えになります。 以下、詳しく説明していきます。 Amazonプライムビデオは家族共有できる? Amazonプライムビデオは「アカウントを共有する」という方法で家族で利用することができます。 正式に家族利用をサポートするサービスは用意されていないのですが、 「3台まで複数端末で同時視聴できる」(追加料金なし) という仕組みを利用すれば、複数の人間で同時視聴することが可能です。 アマゾンのサポートページでも紹介されている方法なので、全く問題なく家族利用することができます。 Amazonプライムビデオを家族共有する手順 家族共有する手順は簡単です。 「次に観る」の履歴を消すことは可能ですが、正直面倒・・・ 消し忘れたりしても困るしなー。 ホーム画面で「マイアイテム」を選択すると下記画面が表示され、ウォッチリストが確認できます。 視聴履歴ほどではないにせよ、知らないうちにたくさん追加されたりしていると、ちょっとうっとうしいですね。 先ほどのウォッチリストの画面で「レンタル・購入」タブを選択すると、これまでにレンタル購入したコンテンツが表示されます。 うかつに変なものを購入しないよう、注意が必要です。 そんなとき、ホラーやアダルトなどR指定コンテンツを表示したくないですよね。 下記画像の通り、端末を指定して視聴制限をかける機能があるので活用したいところ。 ただし• 端末ごと細かい年齢制限はできない (A端末は12歳未満、B端末は15歳以上など個別設定はできない)• ちょっとスマホを子供に貸してあげる、といった場合に設定するのが面倒 という欠点があります。 通常商品の購入履歴や閲覧履歴、ほしいものリストなどが見えてしまいます。 また家族が間違って商品を購入してしまう可能性もありますね。 勝手に購入しないよう管理する面では問題ないのですが、逆にどうしてもすぐに購入したい場合には面倒な仕様です。 プライバシーを守りながら家族で共有する方法はない?対処法2つ 以上の通り、 Amazonプライムビデオは残念ながら家族利用に不向きな仕様となっています。 視聴履歴やウォッチリスト、年齢制限などをうまくコントロール出来る方法はないの?と思い、以下の2つの方法を考えました。 ただ それだけのために料金を2倍3倍払うのは、もったいない感じがするのが難点。 ひとり年間4900円(月額換算409円)とそれほど高くないとはいえ、サービス内容が良くなるわけではないのでムダに出費している感じは否めないですね。 は月額1,990円、は月額1,800円で最大4人で共有することができます。 視聴履歴やウォッチリストは完全に分別管理され、購入制限、年齢制限もそれぞれ設定できます。

次の