いざわた。 伊沢拓司|ワタナベエンターテインメント

QuizKnock・伊沢拓司 & 水上颯Presents「もし高IQの人がコンビニ店員だったら」│#タウンワークマガジン

いざわた

もしもしロボ調査[Wiki ウィキ 情報] 伊沢多喜男 年表 1869年(明治2年) 11月24日、信濃国高遠城下に父・伊澤勝三郎(文谷)、母・多計の四男として誕生。 1874年(明治7年) 名古屋市に居た愛知師範学校長の長兄・修二の家に移り、愛知師範学校付属小学校に入学。 1875年(明治8年) 修二の米国留学伴い、高遠に戻る。 1876年(明治9年) 高遠町東高遠小学校に入学。 1878年(明治11年) 修二帰国。 父・勝三郎が死亡。 1881年(明治14年) 修二に招かれて上京し、東京師範学校付属小学校に入学。 1884年(明治17年) 慶応普通部入学。 1887年(明治20年) 慶応普通部を卒業。 大阪第三高等中学校に入学。 1889年(明治22年) 第三高等中学校、京都へ移転。 1892年(明治25年) 第三高等中学校を卒業。 東京帝国大学法科大学に入学。 1895年(明治28年) 7月、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。 12月、文官高等試験合格。 母・多計が死亡。 9月、山梨県参事官(土木局、道路課勤務)となる。 10月、色川三郎兵衛の四女とくと結婚。 長女・高が誕生。 次女・常が誕生。 長男・龍作が誕生。 次女・常が死亡。 12月、第三部長兼補。 1906年(明治39年) 4月、警視・警視庁第一部長(当時の警視総監は安楽兼道)となる。 1907年(明治40年) 1月、和歌山県知事となる。 次男・紀が誕生。 1911年(明治43年) 三女・いよが誕生。 1912年(大正元年) 12月、新潟県知事となる。 四女・みやが誕生。 東鴨宮仲二五一七に受居を新築。 1914年(大正3年) 4月、警視総監となる。 1915年(大正4年) 8月、警視総監を辞任。 1916年(大正5年) 10月、貴族院議員に勅選される。 1917年(大正6年) 5月、長兄・修二が死亡。 1918年(大正7年) 9月、臨時国民経済調査員となる。 11月、同成会結成。 長女・高(たか子)が河井重藏の五男・昇三郎と結婚。 第7回万国議院商事会議(リスボン)に列席。 1922年(大正11年) 第45回帝国議会で「過激社会運動取締法案」に反対。 1923年(大正12年) 10月、帝都復興院評議会議員(会長は阪谷芳郎)となる。 9月、台湾総督となる(総務部長に後藤文夫)。 8月、瓦斯事業委員会委員・中央紙業委員会委員となる。 12月、東京市長を辞職。 1928年(昭和3年) 第16回衆議院議員総選挙(2月10日実施)に際し選挙革正会を組織。 1929年(昭和4年) 8月、孫(長女・高の長男)が芦屋海岸で溺死。 7月、鉄道会議議員となる。 11月、浜口雄幸首相の遭難に際し、幣原喜重郎総理大臣臨時代理の実現に奔走。 近衛文麿を貴族院副議長とする運動を実施。 長男・龍作、鹿子木小五郎の三女・清子と結婚。 1933年(昭和8年) 7月、鉄道会議議員となる。 三女・いよ、黒河内太門の次男・透と結婚。 9月、鉄道会議議員となる。 9月、鉄道会議議員となる。 四女・みや、藤浪剛一の養子・得二と結婚。 1938年(昭和13年) 6月、議会制度審議会委員・国家総動員審議会委員となる。 1939年(昭和14年) 11月、鉄道会議議員となる。 1940年(昭和15年) 11月、枢密顧問官となる。 二男・紀、西宗久壽馬の四女・常枝と結婚。 1942年(昭和17年) 10月、大東亜省設置案に枢密院審査委員会で政府原案に唯一賛成。 1945年(昭和20年) 4月、東京巣鴨の居宅、空襲により罹災。 12月、公職追放。 8月16日、葬儀(委員長は幣原喜重郎)。

次の

伊沢多喜男関係文書

いざわた

文書群名 伊沢多喜男関係文書 受入事項 所蔵 資料形態 原資料 数量 1,270点 書架延長 3. 7m 旧蔵者 伊沢多喜男(いざわたきお) 旧蔵者生没年 1870-1949 旧蔵者履歴 明治2(1869). 24長野生まれ。 1895. 7帝国大学法科大学卒。 1896. 3愛知県属、1897. 4内務省入省、1900. 7岐阜県警部長、1902. 2福井県内務部長、1904. 9滋賀県内務部長、1905. 4同県第1部長、1906. 4警視庁第1部長、1907. 1和歌山県知事、1909. 7愛知県知事、1912. 12新潟県知事、1914. 4-15. 8警視総監、1916. 10-41. 1貴族院議員、1924. 9-26. 7台湾総督、1926. 7-12東京市長、1940. 11枢密顧問官、1947. 12公職追放、1949. 13死去。 受入公開 2004年5月、個人より寄贈。 2004年7月、公開。 主な内容 資料の大多数を書簡が占める。 発信者は、官僚、政治家、財界人、台湾関係者、長野県関係者など多岐にわたり、伊沢多喜男発簡も100通余りある。 書簡に比べ、書類の分量は少ないが、広く伊沢の政治活動全般にわたるものがある。 数量的にまとまっているのは、台湾関係、長野県関係、治山治水事業関係の資料である。 その他の行政資料には、貴族院議員・枢密顧問官時代の意見書・調査報告書、日記・手帳(1892年、1915年、1925年、1928年-33年、1932年-49年)、談話記録・原稿類がある。 検索手段 (PDF 1. 3MB) 複製 次の資料はマイクロフィルムで利用。 資料番号623~625 関連資料の所在 横浜開港資料館(神奈川県横浜市)に当文書の主要部分の複製あり (当室所蔵)(資料番号1487 伊沢多喜男関係原稿「幸田露伴と語る」等) 関連文献 【資料紹介】 「伊沢多喜男関係文書」『国立国会図書館月報』523、2004. 10 大西比呂志「伊沢多喜男」『近現代日本人物史料情報辞典』吉川弘文館、2004 【資料集(翻刻)】 『伊沢多喜男関係文書』伊沢文書研究会編、芙蓉書房出版、2000.

次の

伊沢拓司に兄弟はいる?東大中退の理由や実家の場所について!

いざわた

サックスプレイヤー 伊澤 隆嗣(いざわ たかつぐ) プロフィール 群馬県出身。 1973年生まれ。 1989年よりクラシックサックスを、故前沢文敬氏に師事。 1996年国立音楽大学サクソフォーン科卒業。 在学中にジャズに傾注。 ニュータイドオーケストラのリードアルト担当。 卒業後は、レコーディング、イベント、ライブ等、多くのミュージシャンと演奏を重ねる。 同時に銀座でのストリートライブは10年以上続け、多くの人々を魅了する。 2008年渡米。 2012年、震災をきっかけに家族と熊本に移住。 2014年CMSレーベルより初のリーダーアルバム「In a Spring Time」をリリース。 共演したミュージシャンは、デビッドマシューズ、五十嵐明要、田井中福司、林文夫、金澤英明、細川正彦、納浩一、市原康、岡安芳明、安ヵ川大樹、岡崎好朗、楠井五月、和太鼓奏者の響道宴、民謡歌手の伊藤多喜雄、(敬省略) 他多数。 Izawa was born in 1973, in Gunma Prefecture in Japan. Since very young age he showed signs of talent becoming interested in classical and jazz music. It is in 1989 when he decided to take music as his path in life and started studying classical jazz under the late Mr. Fumiyoshi Maezawa. In 1996 he graduated from the Kunitachi College of Music with a saxophone specialization. It is at this time that he devoted most of his time to play jazz in school and in local concerts, eventually becoming the lead alto of the New Tide orchestra. After graduating, Mr. Izawa continued his career as a musician by participating in a great number of concerts, events and private parties in Tokyo and across Japan. Izawa has played side by side with many renowned Japanese musicians and in the bars and street s of Ginza for more than 10 years attracting hundreds of people to his performances. In 2008 he moved to N. Y, USA where he took lessons and played along from Vincent Herring. After the Great East Japan earthquake, March 2011, he relocated with his family to Kumamoto Prefecture. Rapidly joining the local Jazz scene and performing in concerts in Fukuoka City and across Kyushu Island. It is in 2014 when he launched his release the album "In A Spring Time" from CMS label, becoming the first leader in a group of collaborators. Some of the Co-staring musicians included, David Matthews , Fukuji Tainaka , Fumio Hayashi , Hideaki Kanazawa , Masahiko Hosokawa , Kouichi Osamu, Yoshiaki Okayasu , Taiki Yasukagawa , yoshirou Okazaki , etc. In 2015 Mr. Izawa has been invited and performed in various local T. V programs.

次の