レヴォーグ 後部 座席。 【スバル・レヴォーグ】後部座席や荷室容量、車中泊についての情報をご紹介

新型(現行)スバルレヴォーグの後部座席・ラゲッジ評価まとめ

レヴォーグ 後部 座席

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 45秒で愛車の最高額がわかる! スポンサードリンク まとめ• 後部座席は狭く乗り心地はあまりよくないが、そのぶん 荷室は広い。 後部座席を倒すとフルフラットになり、シングル布団を敷ける。 荷室にはサブトランクがあり、車検証や掃除グッズなどがすっきり収まる。 車高が低いレヴォーグには ルーフボックスがよく似合うが、普段の収納に便利な ルーフコンテナという手もアリ。 車中泊グッズを用意しよう。 走行性能が高いスポーツワゴンのレヴォーグで楽しい車中泊。 いっぱいの思い出が作れますように。 お得に車を買い換えたい方は試す価値あり 買取額60万UP 車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり 販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、 かなり損してます。 言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。 私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で 差額約60万でした。 業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。 無料で1分でその場で スマホ できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

次の

同門対決 スバル・レヴォーグとインプレッサ。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?|ハッチバック|MotorFan[モーターファン]

レヴォーグ 後部 座席

この記事の目次• レヴォーグを評価!欠点、デメリットは? レヴォーグのエクステリアの欠点は? 同じ中堅自動車メーカーのマツダが、「鼓動」をモチーフとした個性的なデザインを採用しているのに対し、スバルはこれといったデザイン・モチーフがあるわけでもなく、没個性的な印象が否めません。 レヴォーグの場合も、優れたメカニズムを100%体現したデザインとは言い難い点が惜しまれます。 また、日本市場専用モデルとして開発された割には全幅が1,780mmと意外に広いので、狭い路地や駐車場などでの取り回しには気を使うケースもありそうです。 レヴォーグのインテリアの欠点は? インパネ回りなど インパネのデザインは実用一点張りで色も黒一色なので、いささか色気に欠ける嫌いがあります。 レヴォーグは、ステーションワゴンながらドライバーズカーとしての性格も持っているため、もっとドライバーの気分が盛り上がるような演出があっても良いでしょう。 また、オプションのナビを装着する位置が低く、視認性が悪いのも残念なところです。 前席 「GT-S」系と「STIスポーツ」系に採用されているスポーツシートは、サポート性は良いもののかなり硬めの座り心地なので、ロングドライブでは少々乗り心地が辛いかもしれません。 後席 ニースペースやヘッドクリアランスにあまり余裕が無いなど、居住性が優れているとは言い難いものがあります。 セダンならまだしも、ユーティリティーが求められるステーションワゴンなので、もう少し収納に気を配って欲しかったところです。 レヴォーグのパワートレインの欠点は? 発進時のモワーっとしたフィーリングや、アクセルを踏んだ瞬間の滑るような感覚といったCVT特有の癖が、折角のエンジンの良さをスポイルしています。 NAエンジンを搭載する「インプレッサ」や「レガシイ」の場合は、こうしたCVTの特性もさほど気になりませんが、パワフルなターボエンジンを搭載するレヴォーグの場合は、ミスマッチングが気になってしまいます。 できればDCTの採用が望まれますが、それが無理ならMTの設定が欲しいところです。 また、2L車にはアイドリングストップ機構が備わりませんが、高性能車でもアイドリングストップ機構を採用するモデルが増えていることを考えると、スバルの姿勢には疑問を感じます。 一方、アイドリングストップ機構が備わる1. そのため、フワっとした快適性を望む人には向きません。 レヴォーグの装備面の欠点は? フロントシートヒーターが標準装備されるのは最上級グレードのSTIスポーツ系のみで、それ以外はメーカーオプションの「コールドウェザーパック」を選ばないと付きません。 レヴォーグのオプション装備 コールドウェザーパック 軽自動車でさえシートヒーターが標準装備される車種が多いスズキなどと比べると、見劣りがしてしまいます。 スバルは寒冷地も含まれる群馬県に本拠地を置くメーカーだけに、全車にシートヒーターを標準装備するくらいの気配りが欲しいものです。 レヴォーグの安全性能の欠点は? アイサイトは優れた安全運転支援システムですが、「交通標識認識システム」や「アクティブLEDヘッドライト」などの機能を持たない点が惜しまれます。 また、「インプレッサ」に備わる歩行者保護エアバッグが装備されないのも、残念な点です。 レヴォーグのグレード体系・価格面での欠点は? 282万9,600円~405万円という価格設定は、車格が上の「レガシイアウトバック」が329万4,000円~356万4,000円、「フォレスター」が241万9,200円~312万8,760円で買えることを考えると、割高感が否めません。 レヴォーグを評価!いいところは? レヴォーグのエクステリアのいいところは? 「エクステリアの欠点は?」の項目で個性に欠ける点に苦言を呈しましたが、デザイン・センスそのものは決して悪くありません。 スポーティなデザインのステーションワゴンが欲しい人にとっては、好感が持てるのではないでしょうか? 実際にエクステリアデザインはユーザーに好評です。 レヴォーグのインテリアのいいところは? インパネ回りなど デザインこそ素っ気無いものの、メーターの視認性やスイッチ類の操作性に問題は無く、質感も良好です。 少なくとも、内装の質感に難があったかつてのスバル車のイメージはありません。 また、STIスポーツの内装は専用装備が豊富で、スポーツ色の強い加飾やボルドー色のシートなど、標準モデルとは一線を画すインテリアとなっていて非常に好評です。 前席 GT系に採用されているスタンダードタイプのシートは、サポート性はスポーツシートに劣る一方で、座り心地が良好です。 後席 後席のデザインは全車共通で、サポート性はいまひとつながら、GT系の前席並みの快適な座り心地を実現しています。 また、リアシートが4:2:4分割可倒式になっている点や、それを全て倒すとフラットな荷室スペースが出現する点も、評価に値します。 レヴォーグのパワートレインのいいところは? 搭載される水平対向4気筒エンジンは、直列4気筒エンジンよりも低重心で振動が少ないメリットがあります。 また、ターボエンジンながらターボラグの無い扱い易い特性を備えている点もいいところです。 パワーの点では、「非力」な方の1. 6Lでも十分にパワフルで、300馬力を誇る2Lともなれば下手なスポーツカーをカモに出来る程のパフォーマンスを発揮します。 レヴォーグの走行性能のいいところは? 操縦安定性はアンダーステアが軽微で限界も高く、ステーションワゴンとしてはトップレベルにあります。 また、ステアリングレスポンスも適度にシャープなので、ワインディングロードを走るのが楽しい1台に仕上がっています。 乗り心地の面では、GT-S系とSTIスポーツ系は速度が上がる程フラットになるので、高速道路では満足出来ます。 一方、唯一17インチホイールを履く最廉価グレード「1. 6GTアイサイト」は、GT-S系やSTIスポーツ系よりもソフトな乗り心地なので、快適性を最優先するならこのグレードがベストチョイスです。 レヴォーグの装備面のいいところは? スイッチひとつで動作・解除が行える、便利な電動パーキングブレーキブレーキが全車に標準装備される点は評価出来ます。 また、GT-S系とSITスポーツ系にビルシュタイン製ダンパーが装備されるのは、マニアには嬉しい点でしょう。 また、JNCAPの予防安全性能アセスメントでは、79点満点中の76. 5点で最高評価「ASV++」を獲得するなど、その予防安全性能は折り紙付きとなっています。 一方、衝突安全性においても、JNCAPの自動車アセスメント 衝突試験 で208点満点中の183. 8点を獲得するなど、高い水準にあります。 レヴォーグのグレード体系・価格面でのいいところは? スバル車同士の比較では割高感が否めないものの、他社のステーションワゴンと比較すると性能対価格比が優れています。 レヴォーグの総合評価 エクステリア・デザインは、マツダ車のような明確な個性に欠ける点は惜しまれますが、嫌みが無いので多くの人に好まれるはずです。 一方インテリアは、インパネのデザインに一工夫欲しいものの、機能性や質感などは満足出来ます。 居住性はこのクラスとしては決して広い方ではなく、収納スペースにもやや不満が残ります。 その一方で、荷室スペースの広さや使い勝手は合格点が与えられます。 走行性能に関しては、エンジン性能やシャシー性能が高いので、ワインディングロードや高速道路で楽しく走れること請け合いです。 ただ、トランスミッションがいまひとつのCVTである点だけは、惜しまれます。 装備面では、シートヒーターの設定に不満があるものの、その点を除けば過不足ありません。 安全性能の点ではかなりレベルが高く、国内外の全ての車の中でも最も安全な1台に入ります。 レヴォーグを総合的に評価すると、居住性や乗り心地よりも走行性能を重視する人や、とにかく安全性を重視した人にとっては、好適なステーションワゴンであると言えます。 下取り車があるなら、さらに新車が安く買える 新車を買うなら、購入価格も気になるところではないでしょうか。 もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。 実は値引きよりも下取り車の方が、新車を安く買うには重要なのです。 ディーラーで査定した下取り車の価格は、かなり低く見積もられています。 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の 経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。 そのため、下取り車の査定金額は低くなってしまうのです。 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。 買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。 この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。 ただ、 自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。 そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。 わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。 この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。 そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。 ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと 19万円もアップしたのです。 とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。 ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。 どちらに売るにしろ、ナビクル車査定はオススメできます。 ガリバーの無料スマホアプリで査定 取り合えずおおよその査定額を手軽に知るなら、ガリバーのスマホアプリ 「ガリバーオート」が簡単です。 ディーラーや買取店の査定額が妥当かどうか、アプリで確認してもいいでしょう。 アプリの方が高ければ、そのままガリバーへ売るのもアリです。

次の

新型(現行)スバルレヴォーグの後部座席・ラゲッジ評価まとめ

レヴォーグ 後部 座席

下取りに出すなら 「クルマの買い取りサイト」を使うこと! 大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く 買取りしてもらいたいと思いませんか? 例えばディーラーでは 40万円の下取りが、 買い取り業者では 116万円になることも 多々あるのです。 クルマの買い取りサイトを使うことで、 一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。 あなたの大切な愛車の買取価格を 全国の業者(最大5,000社)が入札! 本当の最高額がわかります。 車の価値はこの瞬間も 下がり 続けているのです。 車の査定を後回しにするのは損ですよ!! スバルレヴォーグは後部席の広さや快適性はどうなのでしょうか? また、最近ブームの車中泊に使えるのかも気になりますね。 今回は、新型レヴォーグの室内環境について解説していきたいと思います。 スポンサードリンク 【スバル・レヴォーグ】の後部座席広さや快適性について スバルレヴォーグの後部席の広さと快適性についてご紹介します。 レヴォーグの乗車人数は5人です。 ミニバンと比べると車内空間の広さや快適性は劣りますが、最近は軽自動車やコンパクトカーでも様々な工夫を凝らし車内空間を広々とさせていますよね。 ではスバルレヴォーグはどうなのでしょうか。 subaru. html スバルレヴォーグの車内です。 至って普通ですが、気になるのが 後部座席です。 見て分かるとおり、 後部座席はやや狭いです。 実際にレヴォーグオーナーからは「後部席の足回りが窮屈」なんて声が多いです。 スバルレヴォーグはフロントシートと荷室のスペースを大きく確保しています。 そのため、後部席の快適性が損なわれてしまっているのが残念です。 スバルレヴォーグはレガシィの後継機として発売されましたが、実はレガシィツーリングワゴンよりも全長が100mm近くも短縮化されているのです。 そのしわ寄せが来ていると言ってもいいでしょう また、ルーフ後方は後ろに行くに連れて下がり気味のデザインなので頭上の空間が狭苦しく感じます。 引用:httpswww. subaru. jplevorglevorgutilityequipment. html また後部席は機能面でも劣っています。 センタコンソール後方にはUSBソケットが2つ用意されていますが、送風口がありません。 レヴォーグのサイズを考えると、後部席に送風口があったほうがいい気がします。 特に夏場は後部席に送風口がないと中々冷えず、後部席に乗車する方は不快感を覚えるでしょう。 以上のように、スバルレヴォーグは後部席が狭く快適性はイマイチと言わざるを得ません。 子供なら問題ないですが、大人が座った場合ニースペースに余裕がなく窮屈と感じることでしょう。 前席のシート位置をずらせば多少改善されますが、レガシィツーリングワゴンよりも使い勝手は悪くなっているでしょう。 スポンサードリンク 【スバル・レヴォーグ】の荷室容量は? スバルレヴォーグの荷室容量はどれぐらいなのでしょうか? スバルレヴォーグの荷室サイズは次のとおりです。 荷室長:1,030mm• 荷室高:710mm 上記サイズは後部席を使用している場合です。 数値だけでは伝わらないかもしれませんが、新型レヴォーグのライバル車であるマツダアテンザワゴンやフォルクスワーゲンゴルフヴァリアントの荷室と比較しても負けない広さです。 加えて、荷室の開口部とフロアの段差がほぼないので、荷物の積み下ろしがしやすいのもレヴォーグの荷室の良さの1つです。 引用:httpswww. subaru. jplevorglevorgdesigninterior. html 上記は5人乗りの状態で荷室を含めた車内図です。 画像ではゴルフバッグが4つも積まれている状態です。 スバルレヴォーグは荷室が広いので荷物が多いファミリーカーとしても使えそうですよね。 スバルレヴォーグは荷室の高さがないぶん、乗車スペースと荷室までの作りに一体感をもたせ、驚きの収納力を実現しているのです。 次に、後部座席を倒した際の荷室サイズを見てみましょう。 荷室長:1,630mm• 荷室高:710mm スバルレヴォーグで初採用となった4対2対4の3分割が可能です。 後部座席を倒したときのサイズもライバル車のアテンザワゴン等と負けない広さを確保できています。 引用:httpswww. subaru. jplevorglevorgdesigninterior. html 後部席をすべて倒すと自転車を積むこともできます。 引用:httpswww. subaru. jplevorglevorgdesigninterior. html また、後部席の真ん中だけを倒して4人乗車しながらも長尺物を積む・・・ そんなシートアレンジも可能です、 スポンサードリンク 【スバル・レヴォーグ】は車中泊に使えるのか? 一般的にレヴォーグのようなステーションワゴンはミニバンやワンボックに比べて高さがないため、居住性は劣ります。 しかし、スバルレヴォーグの場合車中泊に使うことは可能です。 レヴォーグはその見た目からは想像がつかないくらい、荷室が広い作りになっているのです。 subaru. html こちらは実際にレヴォーグを使用されているオーナーの口コミです。 私は子供が2人いて、後部席にはチャイルドシートを2台乗せていますし、荷台にはベビーカーも常時積んでいます。 ですがレヴォーグはそれでもまだまだ荷物が詰めるスペースが確保できています。 夫がゴルフでレヴォーグを使うときもゴルフバッグは4つ余裕で積めると豪語していました。 荷室が広いからと言って荷室で寝るわけではありません。 スバルレヴォーグなら後部席を倒すことでフラットなスペースを作ることができるのです。 荷室とつなげればかなりのスペースを確保できます。 subaru. html 画像を見ていただければ分かるとおり、シートを倒すとまっ平らですよね。 一般的な車はシートを倒すとつなぎ目に凸凹ができてしまいますが、レヴォーグにはそのようなものは全くありません。 ここまでフラットなら寝づらいということはなさそうですね。 まるで車中泊のために作られた?と思えるほどです。 また、レヴォーグは車内からではなく、荷室からでも後部席を簡単に倒すことができるのも嬉しいところ。 ステーションワゴンの後部席は狭いため、窮屈な思いをしながらシートを倒す・・・ それが一般的ですが、レヴォーグなら荷室からサッと倒せるので簡単にシートアレンジできます。 レヴォーグの荷室・ラゲッジスペースの壁面にはスイッチが設けられています。 左側のスイッチを押せば後部席左側の背もたれが収納され、右側のスイッチを押せばシート中央部分と右側の背もたれが収納されます。 subaru. html 車中泊するとなると気がかりなのが荷物ではないでしょうか。 車の中で生活するため、あらかじめ必要なものは準備しておきたいところです。 車内に荷物を置けるスペースは限られてしまいます。 寝るスペースも確保しなければいけませんから、積載できる荷物の量には限度があります。 ですが、スバルレヴォーグなら収納スペースもバッチリです。 subaru. html レヴォーグの荷室の下には収納スペースが確保されているのです。 手前が深底、奥が浅底になっています。 仕切りもついているのでキレイに収納できるのもポイントです。 たとえば、深底にはかさばるものを、浅底にはほそぼそしたものを入れるなどの使い分けができます。 すべてのものが同じ場所に入っていると、必要なときに見つけるのが大変ですが、こうして分けて収納できるのはありがたいですね。 subaru. html レヴォーグは後部席を倒せばフルフラットになると説明しました。 しかし、気になるのはその時の広さですね。 真っ平らでも寝るスペースが十分でなければ意味がありませんよね。 後部席と荷室をあわせた広さは長さが1,632mm、幅は1,080mmです。 これはシングルサイズをひと回り小さくしたサイズです。 レヴォーグで寝られるのは身長170cmまでの大人程度。 人数は2人程度とみるのが妥当でしょう。 まとめ 以上新型レヴォーグの後部席や荷室量についてでした。 レヴォーグは、前席は十分なスペースが確保でき快適性は問題なしです。 荷室も十分なスペースが確保されているので、後部席に乗車しても大容量の荷物を積載できます。 しかし、その分後部席のスペースが十分ではなくなっているのが残念ですね。 足元周りには余裕がなく、特に大人の男性が座るとなると窮屈と言わざるを得ません。 ただし、荷室が広いことに加えてシートアレンジが多彩な点はメリットと言えます。 後部席を倒せばフルフラットになるので、車内で寝ることも可能となります。 最近は車中泊がブームとなっていますがスバルレヴォーグでも車中泊を楽しむことはできそうですね。 おすすめ記事: レヴォーグを値引き金額から さらに 50万円も安く 購入できる究極にお得な裏ワザを教えます! 車を購入するときにこんな悩みはありませんか? 「予算が足りない・・・」 「少しでも安く買いたいけど値引き交渉の方法が分からない」 「ディーラーを何件も回るのは面倒くさい・・・」 「新車を少しでもお得に手に入れたい・・・」 「グレードを下げるしかないか・・・」 「営業担当者に何度も売り込まれるのはイヤ・・・」 「オプションをつけたいがあきらめるしかない・・・」 車の購入は楽しみも大きいですが、 同時に 予算の悩みも尽きないですよね。 家族や友達に相談しても結局お金を 出すのは自分ですからね。 そんな方に超おススメの裏ワザを ご紹介します! それは、下取りは必ず 「クルマの買い取りサイト」 を使うことなのです。 下取りに出すなら 「クルマの買い取りサイト」を使うこと! 大切に乗ってきた愛車ですから少しでも高く 買取りしてもらいたいと思いませんか? 例えばディーラーでは 40万円の下取りが、 買い取り業者では 116万円になることも 多々あるのです。 クルマの買い取りサイトを使うことで、 一番高く買ってくれる業者が見つかるのです。 あなたの大切な愛車の買取価格を 全国の業者(最大5,000社)が入札! 本当の最高額がわかります。 車の価値はこの瞬間も 下がり 続けているのです。 車の査定を後回しにするのは損ですよ!! スポンサードリンク.

次の