あかざ どう ま。 あかぎ

あかぎ

あかざ どう ま

スポンサードリンク 猗窩座の過去がとにかく泣ける!ネタバレ考察 幼少時代の猗窩座(あかざ) 人間だった頃の猗窩座(あかざ)の名前は狛冶(はくじ)。 狛冶は幼少期から病気を患う父親の看病をしていましたが、高い薬を買うためにはお金がなくて、スリの常習犯でした。 奉行所に捕まってどんな刑罰を受けても、お父さんの薬を買う為に何度もスリを繰り返していました。 そんなスリを繰り返していた狛冶が奉行所にまた捕まったと聞いて、お父さんは首を吊って自殺します。 狛冶にまともに生きてほしい、迷惑をかけてすまなかったという遺書を残していました。 狛冶は自分が何がしたいとか自分のものが欲しいとかそんな欲望のためにスリをしていたわけではなく、お父さんの薬を買って飲ませる為に、お父さんが元気になってほしい、ただそれだけの理由だったのですよね。 こんなにもお父さん想いで、本当は心の優しい子どもだけれど、スリをするしか方法がなかったのが辛くて悲しいし、スリをしていなかったらお父さんも死ななくて済んだかもしれない、そう思うとさらに涙が出てきます。 狛冶のお父さんも本当に辛かったんだと思います。 自分の身体が弱っているせいで、我が子がスリをするなんて外れた道にいってしまっていることを自分のせいだと思っていたのでしょう。 父子がお互いを思いやり、親子の深い絆で結ばれているのに、悲劇しか生み出さないところが本当に悲しくて泣けます。 父の自殺、その後の運命的な出会い お父さんが自殺して自暴自棄になった狛冶は人を殴り倒していた時、ある一人の人物と出会います。 それが、慶蔵という素流の道場を開いている人物です。 誰も門下生はいませんでしたが、狛冶が初めての門下生となります。 また慶蔵には妻がいましたが、身体の弱い娘の看病疲れで自殺してしまいました。 そんな慶蔵は狛冶に娘、恋雪(こゆき)の看病をしてほしいと頼みます。 狛冶はお父さんの看病に慣れていたので、つきっきりで恋雪の看病をすることになります。 いつも床に臥せていた恋雪ですが、少しずつ体調が良くなっていき、狛冶が18歳、恋雪が16歳の時には普通の生活ができるようになります。 ある日、慶蔵は狛冶に道場を継いでほしい、恋雪が狛冶のことを好きだから恋雪と結婚してやってほしいと言われます。 狛冶は自分は罪人なのに、そんな自分に道場を継いでほしいと言ってくれる師匠に対して、また罪人の自分を好きと言ってくれる、夫婦になってほしいと言ってくれる恋雪に対して、とにかく嬉しくて感謝の気持ちで溢れ、この二人を一生かけて守ると誓うのです。 そんな矢先、隣のライバル道場の息子が、慶蔵の道場の井戸に毒を入れ、慶蔵と恋雪は死んでしまいます。 せっかくこれから結婚して幸せになろうとするところだったのに、大切な二人と一緒に明るい未来に向かって人生を歩んでいくはずっだったのに、狛冶があまりにもかわいそうすぎて、ここも泣いてしまいました。 その後、無惨に出会い、狛冶は猗窩座(あかざ)という鬼になってしまいます。 狛冶はお父さんの時だってそうですが、大切な人のために、大切な人を守ろうとすると、その人が死んでしまうというそんな辛い人生を送っていたのが悲しすぎます。 鬼とはいえ、ものすごく悲しくて辛い過去を背負っていたんだなというところが、本当に泣けます。 死ぬ間際の猗窩座(あかざ)の微笑み 猗窩座(あかざ)は死ぬ時、炭治郎に感謝していたのでしょうね。 狛冶の時の記憶を思い出させてくれて、そしてお父さんや慶蔵、恋雪のことを今も大切に思っていることを思い出せて、猗窩座(あかざ)という鬼から人間、狛冶に戻ったところにまた涙があふれてきました。 恋雪も狛冶が人間の時のことを思い出して喜んでいたのだと思います。 たとえ、天国に一緒に連れていけなくても・・・。 まとめ 狛冶の人生がとにかく切なすぎる! 読んでいて涙が止まりませんでした。 堂磨が、猗窩座(あかざ)は絶対女の子を食べなかったと言っていたので、鬼になってから狛冶の記憶はなかったとしても、きっと細胞のどこかで、女の子=恋雪を守りたい、大切にしたいという思いが強かったのかもしれません。 そういうところも、胸が痛くなります。 私は鬼滅の刃18巻を号泣しながら一気に読んでしまいました。 猗窩座(あかざ)は鬼になってしまったが、本当は人間の中でも特に愛情深い人だった。 大切な人をただただ守りたかった。 自分を犠牲にしてまで守りたい人を奪われてしまった悲しみ。 そんな猗窩座(あかざ)の悲しみが、読んでいて十分伝わってきました。

次の

あかぎ

あかざ どう ま

鬼滅の刃の登場人物の猗窩座さんについて質問です。 どう打って変換したら猗窩座になりますか?コピーして貼り付けるのが面倒くさいので教えてください。 補足私はパソコン初心者です。 出来れば詳しく教えていただけるとありがたいです。 それと、「あかざ」と打って変換することにこだわらなくてもいいです。 例えば実弥だったら本当はさねみって読み方ですが、自分はさねやって打って変換しています。 あかざもそういう変換方法があるなら教えてください。 ちなみに自分のパソコンではあかざと普通に打っただけでは変換できません。 あ、か、ざで区切って順番に変換しようとしてもあで躓きました……。 ついでに鋼鐵塚さんの変換の仕方も教えてください。

次の

【鬼滅の刃】あかざ(猗窩座)の死亡シーンに感動!最後決着は?

あかざ どう ま

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】童磨 どうま と猗窩座 あかざ 強さはどっちが上? 童磨と猗窩座の強さ比較ですが、 上弦の弐である童磨の方がやはり強いです。 十二鬼月は強さによってランク付されていますので、位の高い童磨の方が猗窩座よりも強いことになります。 猗窩座と童磨どっちが強いか いや童磨だろ — 元に戻りました。 椎名です。 童磨は性格的に本音しか話せないような節があるので、上記の発言は恐らく本質を得ているものだと思われます。 童磨 どうま と猗窩座 あかざ は入れ替わりの血戦をやった? 自分の位を上げるには 「入れ替わりの血戦」をやらないといけないようです。 「猗窩座殿を追い抜いた」という童磨の発言からすると、童磨は「入れ替わりの血戦」を経て 猗窩座を倒しているのでしょう。 妓夫太郎と堕姫を鬼にしたときは童磨はまだ上弦の陸でしたが、その後「入れ替わりの血戦」によって上弦の弐まで上り詰めたようです。 原作で猗窩座と童磨の戦闘シーンはありませんが、「入れ替わりの血戦」という制度が明らかになったことで、猗窩座は童磨に破れている可能性が大きくなりました。 肉弾戦では上位の強さを持っている猗窩座ですが、血鬼術も含めると強さに差が生じて来るのかもしれません。 【鬼滅の刃】童磨 どうま と猗窩座 あかざ の血鬼術や能力を比較! 童磨と猗窩座の血鬼術や能力は全く異なります。 上述した通り、 血鬼術や能力が2人の強さの差を生んでると思われます。 まずはそれぞれの血鬼術や能力の強みを見ていきましょう。 羅針は相手の闘気に反応して死角を攻撃したり、攻撃を回避したりできる血鬼術で、猗窩座の戦闘の基本能力です。 この血鬼術の能力は一見地味ですが、相手の闘気が強ければ強いほど羅針が反応して 効果的な行動が可能になるという凄まじい能力です。 原作でも猗窩座の使う強力な羅針の能力に、煉獄杏寿郎や冨岡義勇、竈門炭治郎も相当苦戦していましたよね。 また猗窩座は体術を駆使した戦闘能力がかなり高く、人間の体など簡単に貫いてしまいます。 体術を極めた猗窩座は武器を使う相手でも素手で戦う事ができ、 破壊殺・羅針と組み合わせた強さはまさに修羅。 羅針を駆使した接近戦のみで言えば、猗窩座は童磨に引けをとらない気もします。 関連: 童磨 どうま ・分身の血鬼術がチート能力で強すぎ! 対する童磨の血鬼術は 凍てつく血を使った広範囲の攻撃です。 冷気を使って凍らせることも可能だし、氷を作って攻撃することも可能です。 それにプラスして鋭い扇子での攻撃などもあり、遠近両用の血鬼術と攻撃が可能です。 童磨の血鬼術は氷属性で周辺を凍らせるため基本防ぐ術がありませんから、それだけでも相当ぶっ飛んだ血鬼術と言えます。 さらに 自分と同じ強さの分身を複数体作れるというのもあり、童磨の血鬼術はチート級の能力と言われています。 童磨の影分身、全員がセル並の強さのセルジュニアってことよね…どんだけチートだよ!どんだけ人喰って来たんだよ! しのぶさんやったれ~~!!!! — ケアレ・スミス dongori1000dai このチート級の血鬼術を使われたら本体に近づくことすらままならないので、接近戦が得意な猗窩座はまともに戦闘ができないかもしれません。 接近での肉弾戦を主とする 猗窩座からしたら広範囲で攻撃してくる童磨は相性最悪でしょうね。 それに加えて、広範囲でチート級の血鬼術を使うとなれば、 猗窩座に勝ち目はなさそうです。 鬼となったのは猗窩座のほうが先ですし、強さに対する探究心というか追求心も猗窩座の方が上のような気がしますが、なぜ童磨は猗窩座よりも強い鬼になることができたのでしょうか? 童磨 どうま は女性しか喰わない 童磨は基本女性の人間しか喰わないようです。 童磨いわく、女性は赤ちゃんを育てるための栄養を持っているため、多く食うことで早く強くなれるのだとか。 鬼滅の刃のファンブックでも童磨が女性ばかり喰う理由を「女性の方が男性よりも栄養が豊富だから」と書いています。 たしかに童磨は原作でも毎回女性を片手にもって登場し、ひたすら女性を喰っていたイメージがあります。 童磨は猗窩座よりも後に鬼になったのに追い越してごめんね〜みたいなやりとりしてたけど、人を食した数は童磨の方が圧倒的に上ってことだよね…?鬼の強さは人を食べた分…。 童磨は女子供とか関係なく積極的に食べてそうだもんな… — つきみより thukimiyori 「鬼の強さは人間を喰った数で決まる」と言われていますが、女性を喰っている描写が多い 童磨は人間を喰った数がとても多い可能性があります。 その中でも栄養豊富な女性に絞っているため効率的かつ爆発的に強さを伸ばしていったと考えられます。 いつもは飄々 ひょうひょう としている童磨ですが、腹の底では強さに対する思いが実は強いのかもしれませんね。 猗窩座 あかざ は女性を喰わない 一方の 猗窩座は女性を喰うことがないのだとか。 童磨の証言では、猗窩座は鬼なってから女性を喰ったことも命を奪ったこともなかったようです。 弱者を嫌う猗窩座ですが、「女性は守るもの」という人間時代の心理が働いているのかもしれません。 女性ばかりを喰う童磨に対して、全く女性を喰わない猗窩座。 童磨と猗窩座の強さに差が出てしまったのは、この部分が理由になっていると考えられますね。 しかも鬼滅の刃のファンブックにも載っていたんですが、 「猗窩座は人を喰うよりも鍛錬に費やす時間の方が多かった」みたいです。 ちなみに、女性を喰わない・襲わないことを鬼舞辻無惨も黙認していたとのこと。 鬼舞辻無惨からの猗窩座へのパワハラが凄いと話題になっていましたが、実は下弦の伍・累とともに無惨のお気に入りだったようです。 関連: 【鬼滅の刃】猗窩座 あかざ が最強になれる可能性はあった? 女性ばかりを喰う童磨の強さに遅れを取ってしまった猗窩座ですが、ちょっとしたキッカケで 「上弦の鬼最強になれたのでは?」と思っています。 上でも少し触れましたが、猗窩座は人を喰うよりも鍛錬に多くの時間を使っていました。 仮に猗窩座が栄養価の高い女性も喰いながら鍛錬をしたら恐ろしく強い鬼になっていたことは間違いないでしょう。 まぁ、最強と言っても無惨や黒死牟がいるので、本当の最強になれるかは微妙ですが「最強の域にいる鬼の1人」になることも可能だった気がします。 猗窩座殿は栄養価の高い女(童磨談)を食べていたら普通に童磨よりも強かっただろうし黒死牟にも迫る勢いだったんじゃないかな 女を食べずに上弦の参だし — のざき muismli10 猗窩座、あんまり食べずに しかも女も食わない 武術の鍛錬のみで上弦の参なのすごいな。 原作の猗窩座への言葉などをみると、接近戦でも猗窩座と渡り合える力がありそうですし、何よりも血鬼術が強いです。 自分と同じ強さの分身も複数体作れるというチートさも持ち合わせているので、戦っても猗窩座では勝つことができなさそうです。 ただ、猗窩座の強さに対する執念やクビの弱点を克服しようとしたことなどを考えると猗窩座のほうが伸びしろはあった気がします。 仮に猗窩座が童磨のように好んで女性を喰っていたとしたら、 強さは逆転していた可能性も高そうです。

次の