おねえちゃん チャンバラ オリジン。 「お姉チャンバラORIGIN」レビュー

「お姉チャンバラORIGIN」レビュー

おねえちゃん チャンバラ オリジン

本作は前作をベースに新アクションやシステムを追加したマイナーチェンジ・マイナーアップデート版と言って差し支えない内容のゲームであり、 ステージやボス敵など、半分くらいかそれ以上に使いまわしが目立ちます。 ゲーム性としてはスタイリッシュACT……ないし、ハックアンドスラッシュ型ACTの類型で、大量のゾンビをたたっ斬る爽快感を楽しむような感じ。 今作では特に、敵に急接近して追撃する「チェイス」の搭載により、同開発の作品である「閃乱カグラ」や「ヴァルキリードライヴ」に寄ったACTに変化。 どこか退屈で飽きやすかった前作に比べ、プレイの心地よさはアップしています。 ただ……それとは別に、どこまでも既視感もつきまとい、前作プレイヤーとしては早々に飽きてきてしまう側面も……。 Good: スピーディーでグイグイ動いてくれる操作感は非常にイイ! 前述の通り、本作では敵に急接近して追撃を繰り出せる「チェイス」が追加されたわけなんですが、これがいい感じです。 同開発の「閃乱カグラ」における飛翔乱舞に類するものですね。 浮かし効果もあったりしますし、割と多くのザコ敵が空中では無力化されるので、かなり一方的にフルボッコにできるシステムでもあります。 その他、 私はあまり使いこなせませんでしたが ジャストアタック的なシステムも、連打ゲーになりがちな本作において変化を出せますね。 割とタイミングが掴みにくいのが難点ですが、成功させると威力アップや攻撃スピードの上昇などの恩恵があり、少ない手数で敵を葬れます。 腕に自信がある人は、より短時間にスマートに勝利を得られるわけです。 そんなわけで、プレイヤーキャラの操作周りはかなり出来がいいと思います。 Bad: アクション以外がお粗末で、新規性にも乏しい。 アクションゲームにおいては、まずアクションをしていて楽しいかが重要だとは思います。 思うんですが、本作に関してはアクション以外がイマイチイマサン過ぎて足を引っ張りまくっています。 まずステージや敵。 前作経験者としては既視感が強い……っていうか、使い回しばっかじゃないですか! あー前にここ来たわーボスと戦った記憶あるわーそうそうこういうボスだったわー。 無論、予想外のモノもないではないんですけども……。 例えばですけれども、某国民的RPGのスライム。 ああいうのとかはシリーズ通してマスコットみたいな感じで、新作で出てくると「そうそう、やっぱりコイツだよね~」みたいな安心感とか親しみも出ようものです。 ですが、本作にはそんな可愛らしい・親しみの持てそうな敵はいません。 出て来るのといったら、ゾンビやらなんだかよくわからんデカブツやらなんやら……。 「ワオ! ここであのゾンビが出てくるなんて! ヒャッホーゥ!」だなんて喜ぶ人はいないと思うんですけど。 また、品質の低さ バグ も前作譲りか、もしくはパワーアップしているかなと。 前作でもあった「進入不可エリアに敵が沸く」のはしっかりと継承されています。 本作でもある地点に侵入するとエリアが封鎖され、出現した敵を全滅させないと先へ進めないシーンがいくつもあるんですがね。 その、倒すべき敵が! 手の届かぬところに! 出現する! ……んですよ、困ったことに。 一応遠距離攻撃手段はあるっちゃありますが、基本的に遠距離戦は想定していないゲームなんで敵に届かなかったりすると……リトライするしかありません。 ヒドい。 かと思えば、敵が残ってるのに閉鎖が解除されることもあり、さっぱりわけがわかりません。 なお、発生頻度は決して低くはありません。 クリアまでで数回は経験しました。 また、こんなのも。 落ちるの本日2度目だよ! — 壬生狼 miburo666 地面突き抜けて落ちます。 こちらは2度経験しました。 で、疑わしいのが、突き抜けたら永久落下ではなく、マップに復帰するという仕様。 もしかして、既知のバグを修正しない代わりに復帰する仕様を組み込んだのでは? と勘ぐってしまいます。 他にも会話デモを自分のペースでテキスト・ボイススキップできないとか、 次のランクのシルバーでは一気に3000に!? ゴールドだと5000だったかそのくらいです。 なんでこんなに極端なんですか。 他にも色々言いたいことはあるんですが、ここらにしておきます。 まとめると「アクション部分以外がヒドい」ってことです。 あ、前作で下品だった曲調は少し大人しくなり、幾分マシにはなりましたかね。 結論: フルプライス? ははっ、ご冗談を。 再三にはなりますが、アクション部分はかなりいいです。 本作のダメな部分でイラついて培われた鬱憤を、そこらのゾンビに叩き込むのは、頭を空っぽにして楽しめるのは事実です。 ただ、そうはいっても前作と代わり映えしないステージや大半の敵だとか、調整もなっていなさそうなゲームプレイなど、マイナス面のオンパレードでよくフルプライスで出せたなと……。 ゲームプレイ部分のコンテンツ量の乏しさからもアペンド 拡張 版レベルの内容なので、2980円くらいが適正価格じゃないかなと。 まぁ、前作プレイ済みならやらなくていい内容です。 お姉チャンバラがやりたくてやりたくてしょうがないような禁断症状に苛まれているのでもない限りは。

次の

『お姉チャンバラ ORIGIN』岡島Pの視点カメラが、彩の“曲線美”と咲の“冷たい眼差し”をゲット!? ストーリーには新解釈を加え、キャラデザはエナミカツミ氏【TGS2018】

おねえちゃん チャンバラ オリジン

本作は、剣戟アクションゲーム『お姉チャンバラ』シリーズの原点にして集大成となる最新作です。 『THE お姉チャンバラ』と『THE お姉チャンバラ2』にあたるエピソードがPS4のフルHD映像で甦ります。 物語の後半には敵として立ちはだかったかと思えば、彩と咲に同行することとなる重要なキャラクターだ。 物語上どのような役割を果たすのか気になるキャラだが、このレイが特定の条件を満たすことでプレイアブルキャラクターとして参戦する。 しかし、条件をクリアしレイを開放するためには、相当な鍛錬が必要となる。 リーチ最短と最長の武器を持つ独特の戦闘スタイル レイは特殊な戦闘スタイルをもつ。 忌血族である彩や咲とは大きく異なり、かつ独特の爽快感を併せ持つという魅力的なものである。 ナイフと数種類の火器を大胆に操り、さらには投げ技までもが使用可能。 もう1つの武器であるショットガンは、飛び道具ということもあり、咲の大太刀よりもはるかに射程が長く、彩のクナイ投げと同等。 しかも攻撃範囲はクナイよりも広いので、剣戟ゲームの世界においては反則クラスといえる。 サウンドとして聞くことはもちろん、フィールドBGM、ザコ戦闘、ボス戦のBGMに設定することも可能です。 また、同時に基本装備も入手できます。 サウンドとして聞くことはもちろん、フィールドBGM、ザコ戦闘、ボス戦のBGMに設定することも可能です。 メーカー: ディースリー・パブリッシャー• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 発売日: 2019年12月5日• メーカー: ディースリー・パブリッシャー• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2019年12月5日• 価格: 8,128円(税込) お姉チャンバラORIGIN デラックスエディション(ダウンロード版)• メーカー: ディースリー・パブリッシャー• 対応機種: PS4• ジャンル: アクション• 配信日: 2019年12月5日•

次の

『お姉チャンバラORIGIN』条件クリアでレイが使用可能に!

おねえちゃん チャンバラ オリジン

ディースリー・パブリッシャーは、幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2018にて、新作を明かすステージイベントを9月20日の10時45分に開幕しました。 本イベントには、プロデューサーを担当する岡島信幸氏が登壇し、シリーズ最新作となるPS4ソフト『お姉チャンバラ ORIGIN』をすかさず発表。 SIMPLEシリーズの一作としてデビューした初代から数え、18年にも渡るシリーズの新たな展開がここに明らかとなりました。 「原点に立ち返る」をテーマとする本作は、 シリーズの幕開けとなった『THEお姉チャンバラ』と『THEお姉 チャンバラ2』のエピソードを、完全フルHDによる新たな装いで綴るタイトルとなります。 ビジュアルの一新は、キャラクターデザインの段階から改めて行われ、イラストレーター・エナミカツミ氏による「彩」と「咲」のデザイン画がお披露目に。 新たなタッチで表現された2人は、これまでの魅力を受け継ぎつつ、新鮮な刺激も感じさせます。 また、エナミカツミ氏が描く「彩」を元に制作された3Dモデルも公開。 一見するとイラストのようにも見えるほどの完成度で、この彼女がゲーム上で実際にどのようなアクションを見せてくれるのか、早くも期待が高まります。 しかし、新しくなるのはビジュアルだけではありません。 初代と『2』のエピソードを取り上げる一方で、ストーリーに新たな解釈を加味するとのこと。 岡島氏によれば、これまで明らかにされていなかった真実を描くような内容も含まれる模様です。 そして、本作のステージ画像も紹介。 病院など、シリーズでもお馴染みの場所を3点披露し、そこには彩の勇姿も。 残念ながら今回の発表では、『お姉チャンバラ ORIGIN』の画像や発表はここまででしたが、その代わりに「彩と咲の実写版、(3Dモデルではない)ガチ3Dを用意しました」と岡島氏が宣言。 その言葉に続き、彩と咲の衣装を身にまとった美女2人がステージ上に登場しました。 そこで岡島氏は、(あくまでファンサービスとして)作中で彼女たちに襲いかかるゾンビの視点を再現するカメラを頭部に装着し、ステージ外からでは不可能な距離に近づく映像を、壇上の巨大スクリーンに提供します。 岡島氏の徹底したカメラワークは彼女たちを意外な角度からも捉え、彩の見事な脚線美なども飛び出します。 様々な意味で、大役を果たしました。 こうして、短いながらも濃厚だった新作発表会が無事終了。 『お姉チャンバラ ORIGIN』の開発はタムソフトが担当しており、発売は2019年を予定しています。 まずは、本作がどのような内容になるのか、新たな続報の公開が待ち遠しいばかりです。 C TAMSOFT C D3 PUBLISHER 《臥待 弦》.

次の