ナイキ アプリ 初代 アイコン。 「NIKE アプリ」日本展開がスタート、パーソナライズされたコンテンツや限定アイテムを提供

Nikeアプリ. Nike 日本

ナイキ アプリ 初代 アイコン

11 Apple Watch対応のアプリが日に日に増え、楽しくどんどんインストールとアンインストールを繰り返ししているんですが、気がつけばホーム画面でのアプリの並びが奇妙なレイアウトになってきました。 一番右はちょっと適当ですが。 というわけで、Watchアプリをレイアウトしてみましょう。 この記事の目次• Watchアプリのレイアウトを変える方法は? Apple Watchでレイアウトを変更する iPhoneのアプリレイアウトを変えるときと同じように、まずはアプリを長押しします。 感圧タッチ(フォースタッチ)ではなく、あくまで普通の長押しです。 そのままアプリをドラッグすると、他のアプリと入れ替わるような独特のヌルヌルした動きで、アプリの配置を変更することができます。 iPhoneのように左から右にアプリが並ぶわけではなく、中心に向かって放射状にアプリが並ぶため、意図したようにアプリの並びを変更するのはちょっと大変です。 これは慣れるしかないので、動かしまくってアプリの挙動を把握しましょう。 iPhoneでレイアウトを変更する Apple Watchのレイアウトは、iPhoneの「Apple Watch」アプリから変更することができます。 アプリを起動し、「マイウォッチ」の一番上「Appのレイアウト」というメニュー項目をクリック。 レイアウト変更の方法や、アプリアイコンの動き方はApple Watchで変更する場合と同じですが、画面が大きいのでiPhoneで変更する方が、かなり楽に感じました。 これからもたくさんアプリを触って遊びたいので、まだまだ確定ではありませんが、現状の僕なりのレイアウトの法則は 色相環。 時計アイコンを中心に、色ごとに分類してグラデーションの環ができればいいなーと思っています。 (モノトーンのアイコンがあったり、やたらカラフルなアイコンもあるので、なかなかうまくいきませんが。。 ) これまた自己満足以外の何物でもありませんが、せっかくなのでiPhoneと同様、自己満足度の高いアプリレイアウトを追求したいと思います。 世界にはこんなにイケてる(?)ホーム画面を作っている猛者が! ちょっと「大喜利」になっている気もしますが、世界のApple Watchユーザーが個性的なレイアウトを公開しています。 あのアイコンの変な動きを制御して、これだけのレイアウトを実現しているのがすごい! きっと目的の形にするために、不要なアプリをインストールしておいて削っている場所もありそう。 「目的地までの距離」と「目的の大きさ」の関係によるユーザの行動をモデル化したフィットの法則(ざっくりいうと、今のマウスカーソル位置から近いものや大きな目的があるものはクリックされやすく、遠いものや魅力が小さいものはクリックされにくい、という感じ。 )と、Apple Watchの小さい画面での誤タップを防ぐことを両立した最適なホーム画面レイアウトがこれ! 時計アイコンの近くによく使うものを配置しつつ、直線距離が遠くならないように円形を組み合わせる形でアプリを配置。 隣のアイコンを誤タップする確率を減らすため、空白の場所を作っているのがポイントです。 [ via ] これだけのレイアウトを作り上げる労力に見合うメリットが得られるかは…ちょっと怪しいところですが、ホーム画面は基本的には自己満足! とことんこだわり抜いたホーム画面つくりに挑戦してみてはいかがでしょうか!.

次の

【ナイキ】厚底シューズ「ズームフライ3」が前作から変わったポイントは?

ナイキ アプリ 初代 アイコン

ナイキでは、パフォーマンス、ソーシャルメディア、広告を目的としたクッキーの使用にご同意いただけるようお客様にお願いしております。 サードパーティーによるソーシャルメディアと広告のクッキーは、お客様にソーシャルメディアの機能やパーソナライズド広告を提供するために使用されます。 さらに詳しい情報をご希望の場合、もしくはお客様の設定を変更したい場合は、「詳細を読む」のボタンをクリックするか、ウェブサイト下にある「クッキーの設定」をご覧ください。 これらのクッキーやお客様の個人情報の処理についてさらに詳しい情報をご希望の場合は、Nikeのプライバシーおよびクッキーに関するポリシーをご覧ください。 クッキーの使用や関連する個人情報の処理についてご同意いただける場合は、下の「同意する」をクリックしてください。 ソーシャルメディアと広告 ソーシャルメディアのクッキーを使用すると、ユーザーがソーシャルネットワークに接続し、ソーシャルメディアを通じて当社のWebサイトのコンテンツを共有できるようになります。 広告用クッキー(第三者機関)は、ユーザーごとにより関心が高い広告を提供するための情報を、NikeのWebサイト内とその他のサイトの両方で収集します。 この中には、個人データの処理を含むクッキーもあります。 このような個人データの処理については、をご覧ください。 クッキーを使用しない設定にすると、自分に関心のない広告が表示されたり、FacebookやTwitterなどのソーシャルネットワークへリンクできなかったり、ソーシャルメディアでコンテンツを共有できなくなったりすることがあります。 NIKEアプリをダウンロードしてナイキ メンバーシップに登録すると、ジブンにあった特典やサービスを手に入れることができる。 いつでも最優先 限定商品や先行販売の情報を、メンバーに優先してお知らせ。 すべての最新プロダクトやコレクション、サービスを誰よりも早く手に入れよう。 ナイキ メンバーはいつでも送料無料 ナイキ メンバーは、通常配送はもちろん、最短配送も無料でお届け。 お試しも返品も無料 30日間お試し無料。 気になったら、どんどん試して、ジブンにピッタリのアイテムを、見つけよう。 お誕生日特典 あなたの大切な日に、ナイキから特別なプレゼントをお届け。

次の

ナイキフリー5.0は初心者におすすめ!フリーシリーズの違いとは?|YAMA HACK

ナイキ アプリ 初代 アイコン

ナイキがリリースしているランニングサポートアプリの と統合されたモデルになっており、ランニング時の運動量計測からモチベーションアップにまで幅広く活躍してくれそうだったので、発売日の10月28日に即ゲットしてどんな端末なのか確かめてみました。 Apple製品といえば真っ白の箱に入っているのがお決まりですが、Apple Watch Nike+の箱は真っ黒です。 箱を開けると中には白色の紙が入っており…… その下にApple Watch Nike+があります。 さらに下には磁気充電ケーブルとUSB電源アダプタ。 箱の中身をすべて出してみると、Apple Watch Nike+の本体・磁気充電ケーブル・USB電源アダプタ・紙のケースが入っています。 紙のケースの中には説明書と、サブのNikeスポーツバンドが入っていました。 Apple Watch Nike+はこんな感じで、無数に穴の空いたNikeスポーツバンドが特徴的。 今回購入したのはApple Watch Nike+の の38mmケースモデル。 裏面はこうで、Nikeスポーツバンドはツートンカラーになっています。 バンドの裏側には「Apple Watch Nike+」のロゴ。 本体正面 裏面には「Apple Watch」「SERIES 2」「Nike+」の文字が入っており、本体がApple Watch Series 2のApple Watch Nike+であることがわかります。 右側面にはデジタルクラウンとサイドボタン 左側面にはスピーカーとマイク Nikeスポーツバンドの使用方法はスポーツバンドと同じで、バンドの端にある突起を…… 反対側のバンドに挿して…… 余ったバンドを反対側にある穴に入れるだけ。 するとこんな風に装着できるようになります。 Apple Watch Nike+はバンドと背面の文字以外はApple Watch Series 2とまったく同じ端末。 Apple Watch Series 2が初代Apple Watchからどう進化したのかは以下の記事を読むとわかります。 触ってみた感触は2つとも同じような感じで、サラッとしていながら手にしっとり吸い付くような独特のもの。 Nikeスポーツバンドはフルオロエラストマー製で、圧縮成形された通気穴で軽量化と通気性アップを実現しています。 実際にApple Watchのスポーツバンドを装着したことがある人なら分かると思うのですが、バンドは水分をはじくので夏の暑い時期や運動時にはApple Watchと手首の間に汗がたまって蒸れるのが非常に気持ち悪いです。 しかしNikeスポーツバンドならば、多数の通気穴が空いているのでバンドと手首の間の水分も蒸発しやすくなっているというわけ。 起動すると表示されるこれがApple Watch Nike+専用の文字盤です。 黒とライムイエロー 公式によるとボルト のツートンカラーが特徴で、文字盤左上のナイキアイコンもしくは文字盤下部の「今日も走りませんか?」という表示をタップするとNIKE+ RUN CLUBが起動します。 Apple WatchアプリのNIKE+ RUN CLUBでは、ランニングをスタートするための「START」ボタン ランニングの距離・経過タイム・スピードを表示するボタン ランニング時の設定 「次にいつランニングするのか」を設定するボタン ランニング時の走行距離・時間を表示する画面などを表示できます。 実際にApple Watch Nike+でNIKE+ RUN CLUBを動作させている様子は以下のムービーで見ることができます。 NIKE+ RUN CLUBは測定を一時停止したり停止したりした際、ランニングの結果を音声で通知してくれるのがApple純正のワークアウトアプリよりも優れた点に感じました。 なお、NIKE+ RUN CLUBはApple Watch Nike+を購入しなくても無料でインストール可能なアプリで、ナイキオリジナルの文字盤でなくてもコンプリケーション部分に登録することはできます。 Apple Watch Nike+でしかゲットできないのは文字盤デザインで、オリジナルのものは以下の2種類です。 初期設定では「Nike+ Digital」がセットされていますが「Nike+ Analog」という文字盤もナイキオリジナルのものです。 ナイキオリジナルの文字盤のデザインはユーザーの好みに合わせて細かく変更可能。 文字盤デザインの変更はペアリングしたiPhoneのApple Watchアプリから行うのですが、ナイキオリジナルの文字盤の場合、カラーとスタイルを複数のデザインの中から選べるようになっています。 なお、「Apple Watch Nike+」は税別3万7800円から購入可能で、Apple Watch Series 2のスポーツバンドやウーブンナイロンと同じ価格から購入できるので、「最新のApple Watchがほしい!」という人は選択肢として考えてみるのも良いかもしれません。 また、「Apple Watch Nike+」はGIGAZINE年末年始プレゼント大放出企画でもゲットできます。

次の