鶏 モモ 作り 置き。 下味冷凍の人気鶏もも肉レシピ4選を紹介!お弁当や夕ご飯に大活躍

鶏肉料理の人気レシピおすすめランキング30品!子供が喜ぶ簡単お弁当おかずと鶏胸肉のヘルシー作り置きまとめ。

鶏 モモ 作り 置き

鶏もも肉500g• しょう油大さじ3• 砂糖大さじ2• みりん大さじ1• 酒大さじ3• 酢大さじ1• ごま油大さじ1• 鶏もも肉は、厚みが均一になるように切り目を入れます。 皮が外側になるようにきつく巻き、タコ糸で縛ります。 フライパンにごま油を熱し、鶏もも肉の巻き終わりを下にして焼きます。 皮目に焼き色が付くように全体が焼けたら、再び焼き終わりを下にして、しょう油、砂糖、みりん、酒、酢を入れ、蓋をして弱めの中火で8分加熱する。 鶏肉の上下をひっくり返し、3分加熱します。 粗熱を取って、汁ごと保存容器に入れ、完全に冷めたら冷蔵庫で保管します。 (冷蔵庫での作り置き保存期間4~5日)• 鶏もも肉1枚(350g)• 酒大さじ1• 薄力粉大さじ2• 片栗粉大さじ1• サラダ油大さじ3• 水大さじ2• 砂糖小さじ1• みりん大さじ1• しょう油大さじ1• 青ネギ(小口切り)20g• 白いりごま少量• 鶏もも肉は一口大に切りポリ袋に入れ、酒、塩を加えしっかり揉みこみ、薄力粉、片栗粉を全体にまんべんなく付けます。 フライパンにサラダ油をひき、強火で鶏肉を並べ焼き色が付いたら裏返し、火が通るまで揚げ焼きにします。 鶏肉をフライパンの隅に寄せ、しっかりと油をキッチンペーパーで拭き取り、水、砂糖、みりん、しょう油、片栗粉を加え、中火にかけながらとろみがつき始めたら青ネギを加え全体を絡めます。 白いりごまを散らし、粗熱を取ります。 粗熱が取れたら、保存容器に入れしっかり冷ましてから冷蔵庫で保存します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2日)• 鶏もも肉1枚(250~300g前後)• しょう油大さじ1• みりん大さじ1• 酒大さじ1• 砂糖小さじ1• 酢小さじ1• 鶏もも肉を広げ、黄色い脂や白い筋の部分を取り除きます。 鶏肉の皮には、フォークでたくさん穴を開けておきましょう。 しょう油、みりん、酒、砂糖、酢を合わせておきます。 フライパンに鶏肉の皮を下にしておきます。 フライパンに火をつけ、中火で8~9分焼きます。 脂が出てきたら、キッチンペーパーでしっから拭き取ります。 鶏肉の皮がこんがりときつね色になれば、裏返して弱火で焼きます。 フライパンの脂や焦げをさっと拭き取り、 合わせた調味料を加えます。 弱火のまま7~8分加熱します。 合わせ調味料が半量くらいになり、とろみがついてくれば強火にし、焦がさないように合わせ調味料を絡めます。 粗熱が取れたら切り分け、保存容器に入れよく冷ましてから冷蔵庫で保存します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間5日)• 鶏もも肉1枚(350g)• にんにく大1粒• 大葉4~5枚• 酒大さじ2• みりん大さじ1• しょう油大さじ1• わさびチューブ適量• にんにく、大場はみじん切りにします。 鶏肉は室温に戻します。 鶏肉の余分な油を取り除き、フォークなどで穴を開けます。 フライパンに少量の油をひき、中火で熱します。 鶏肉の皮目を下に、きつね色になるまでこんがりと焼きます。 裏返して蓋をし、弱火で4分ほど蒸し焼きにします。 蓋を取り、余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。 空いたとトロでにんにくを炒め、酒、みりん、しょう油、わさび、大葉を入れ中火で煮詰めます。 ふつふつと煮詰まってきたら、鶏肉の両面に絡めて粗熱を取ります。 保存容器に入れ、完全に冷めたら冷蔵庫で保管してください。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2日)• 鶏もも肉約400g• 塩少々• ブラックペッパー少々• 味付けポン酢大さじ3• 玉ねぎは皮をむき、薄くスライスします。 小ねぎは小口切りにします。 鶏肉は室温に戻しておきます。 余分な油を取り、フォークなどで穴を開け、食べやすい大きさに角切りにし、塩とブラックペッパーをまんべんなくふります。 フライパンに油をひき、中火で玉ねぎ、鶏肉をしっかり炒めます。 玉ねぎと鶏肉をざるにあげ、キッチンペーパーで油を取ります。 保存容器に入れ、味付けポン酢、小ねぎを回しかけ、軽くあえて完全に冷めたら冷蔵庫で保存します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間5日)• 鶏もも肉2枚• 赤唐辛子の小口切り1本• しょう油大さじ4• 黒酢または米酢大さじ3• 砂糖大さじ2• 水大さじ2• はちみつ小さじ1• 片栗粉適量• 揚げ油適量• 余分な油を取り除き、一口大に切ります。 片栗粉をまぶして、5分ほど置いておきます。 長ネギは小口切りにします。 ボウルに、しょう油、黒酢または米酢、砂糖、水、はちみつ、長ネギ、赤唐辛子を混ぜ合わせておきます。 鶏肉を一度取り出し、油を切ります。 揚げ油の火を強め、もう一度鶏肉を戻し(10~15秒ほど)二度揚げし、油を切っておきます。 鶏肉が熱いうちに漬けダレに絡め、保存容器に入れ、よく冷ましてから冷蔵庫で保存します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2~3日)• 鶏むね肉1枚• Aマヨネーズ大さじ1• A酒大さじ1• Aしょう油小さじ1• Bしょう油大さじ1強• B生姜チューブ1~2cm• 片栗粉大さじ2• なたね油またはサラダ油大さじ1• 鶏肉は皮を取り、フォークなどで穴を開け、1. 5cm厚さのそぎ切りにします。 Bのしょう油、酒、みりん、砂糖、生姜チューブを合わせておきます。 ポリ袋に、鶏肉、 Aのマヨネーズ、酒、しょう油を入れよくもみこみます。 揉みこんだら10分ほど寝かせます。 ポリ袋に片栗粉を入れ、粉っぽさがなくなるまでよく揉みこみます。 フライパンに油をひき、鶏肉を並べます。 中火で、4分焼き裏返して蓋をして弱火で3分蒸し焼きにします。 鶏肉に火が通れば、キッチンペーパーで余分な油を拭き取ります。 合わせたBの調味料を回し入れ、全体に絡めて粗熱が取れたら保存容器に入れ、完全に冷めたら冷蔵庫で保管します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2~3日)• 鶏むね肉2枚• 片栗粉大さじ2• マヨネーズ大さじ2• Aめんつゆ(3倍濃縮 小さじ4• Aマヨネーズ大さじ1• Aにんにくすりおろし小さじ1• 鶏むね肉の皮を取り、1cm幅のそぎ切りにします。 鶏むね肉に片栗粉を揉みこむようにまぶしつけます。 Aのめんつゆ、マヨネーズ、にんにくすりおろし、粗挽き黒こしょうを合わせておきます。 フライパンにマヨネーズをいれて弱火にかけ、ゆっくり溶かします。 鶏肉を広げて蓋をし、弱火で7~8分焼きます。 表面が白くなれば、全体をかき混ぜ蓋をして5~6分加熱します。 Aの合わせ調味料を加えて絡め、汁気を飛ばします。 粗熱を取り、保存容器に入れ、完全に冷めたら冷蔵庫で保管します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間5日)• 鶏むね肉約400g• 液体塩こうじ大さじ2• 大葉3枚• しょうが2かけ• みりん大さじ2. しょう油大さじ1. 穀物酢大さじ1. 砂糖小さじ1• ごま油大さじ1• いりごま小さじ1• 鶏肉の皮と脂を取り、観音開きにし、フォークなどで穴を開けます。 ポリ袋に鶏肉と液体塩こうじを入れよく揉みこみ、冷蔵庫で一晩寝かせます。 鶏肉は室温に戻し、生姜と大葉はみじん切りにします。 耐熱皿に鶏肉を置き、ぴったりラップをし、低出力の150Wの電子レンジで10分加熱します。 裏返してさらに5分加熱します。 しょうがとみりん、しょう油、穀物酢、砂糖を耐熱ボウルに入れ、ラップをし、500Wの電子レンジで1分30秒~2分加熱します。 取り出した鶏肉を手で割きます。 大葉と 合わせ調味料とあえて、保存容器に入れよく冷まして、冷蔵庫で保管します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間5日)• 鶏むね肉大1枚• きゅうり2本• 片栗粉小さじ2• 調味酢大さじ2• しょう油大さじ2• 砂糖大さじ2• すりごま大さじ2• ごま油小さじ1• 鶏肉は、皮と余分な脂肪を取り除きます。 観音開きにし、フォークなどで穴を開け砂糖、塩を順番によく揉みこみます。 鍋に湯を沸かし、鶏肉の表面に片栗粉をまんべんなくまぶします。 お湯が沸騰したら火を止め、鶏肉を入れ蓋をし、60分ほど放置します。 きゅうりは板ずりをし、細切りにし、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。 大きめのボウルに調味酢、しょう油、砂糖、すりごま、ごま油を入れ混ぜ合わせます。 鶏肉を取り出したら、手で割き、きゅうりと合わせダレとよく和えます。 保存容器に入れ、よく冷めたら冷蔵庫で保管します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間4日)• 鶏むね肉1枚• 砂糖小さじ1• 片栗粉適量• ケチャップ大さじ3• 豆板醤小さじ1• 砂糖大さじ1• 酒大さじ1• サラダ油適量• いりごま適量• 小ねぎ適量• 鶏むね肉はひと口大にそぎ切りにします。 合わせ調味料を作ります。 ケチャップ、豆板醤、砂糖、酒は合わせておきます。 鶏肉に片栗粉を薄くまぶし、フライパンに油を多めに引き、弱めの中火で焼きます。 両面を焼き、火が通れば、キッチンペーパーで余分な油を拭き取ります。 合わせ調味料を鶏肉に絡むように混ぜ合わせます。 いりごまと小口切りにした小ねぎを散らします。 保存容器に入れ、よく冷めたら冷蔵庫で保管します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2~3日)• プレーンヨーグルト大さじ3• カレー粉大さじ1• ケチャップ大さじ1• おろしにんにく小さじ1• おろししょうが小さじ1• こしょう少々• サラダ油適量• 鶏むね肉は、ひと口大のそぎ切りにします。 ポリ袋に鶏むね肉とプレーンヨーグルト、カレー粉、ケチャップ、おろしにんにく、おろししょうが、塩、こしょうを入れ、揉みこみます。 冷蔵庫で半日から一晩漬けこみます。 フライパンにサラダ油をひき、鶏肉を並べて中火で焼きます。 両面焼いて、火が通れば完成です。 保存容器に入れ、よく冷ましてから冷蔵庫で保存します。 ( 冷蔵庫での作り置き保存期間2~3日).

次の

鶏肉料理の人気レシピおすすめランキング30品!子供が喜ぶ簡単お弁当おかずと鶏胸肉のヘルシー作り置きまとめ。

鶏 モモ 作り 置き

ついに今年も残すところ1ヶ月。 忘年会やクリスマスパーティーのシーズンに突入しましたね。 みんなが集まるときの定番メニューといえ... ところが、水よりも 「塩水」につけたほうが、さらにジューシーになるという情報が。 そこで、鶏もも肉よりも安くて家計にやさしいのに、パサつきがちな鶏むね肉を使い、水や塩水に漬けた鶏肉にどんな変化が起きるか実験していきたいと思います。 まず、鶏むね肉にフォークをさして水分が入りやすいようにします。 そのまま 2. 水に2時間つけたもの 3. それぞれをフライパンでソテーして、食感の違いを比較します。 見た目にはそれほど差がでませんが、食べてみると差は歴然。 塩水につけた鶏肉が最もジューシーで美味しくなりました! 1. そのまま そのまま焼いたものは、むね肉らしい肉の質感をかみしめる味わい 2. 水に2時間つけたもの 水に漬けたものは、1に比べてしっとり、パサつきが抑えられています 3. —塩水に漬けると、どうしてこんなにしっとり感が増すのでしょうか? 「まず、ジューシーさの要因は、肉の内部の 「保水力」がアップしたことが要因と考えられます。 ちなみに、 保水力とは水分を内側に蓄えて保つ力のことです」 —ただの水と、塩水では大きな差があるように感じたのですが、理由はどこにあるのでしょうか? 「塩が筋肉線維の構造を破壊して内部に入り込み、肉のタンパク質と作用しあって細胞に水が保持されやすくなります。 よって、普通の水よりも塩水に漬けたほうが、保水力が上がります」 —塩の作用で、肉の内部に水分が入りやすくなるということなんですね!では、保水力が上がると肉がジューシーになるメカニズムを詳しく説明していただけますか? 「肉を塩水に漬けると、水分を含んで10%以上も重くなります。 通常、肉を焼くと加熱によって20%程度の水分が失われますが、塩水に漬けた肉は事前に吸収した水分があるぶん、水分を多く保ったまま焼き上がります。 」 —なんと、塩水にそんなにすごい効果があったとは! それでは固くなりがち肉は、何でも塩水に漬けてしまえばジューシーで柔らかくなりますね! 「そうですね。 ただ、塩水漬けのデメリットは、肉が塩辛くなってしまうことです。 そのため、漬け汁に砂糖や果汁などを入れて甘さと酸味を加えると、塩辛さを抑えることができると思います」 パサつきがちなお肉は「塩水」でしっとりさせよう! この裏ワザは、鶏むね肉以外にも、ささみ、豚や牛のもも肉など、脂肪分が少なく、硬くなりがちな他の肉にも応用可能。 生姜焼きを焼きたいけれど、豚ロース肉は値が張る…というときは、比較的安価な豚もも肉を塩水に漬け込んで、しっとり柔らかく仕上げることもできますね。 今まで「ぱさぱさする」と家族に不評だった肉も、塩水に漬けてしっとりジューシーな食感に仕上がれば、喜ばれること間違いなしです! 塩水漬け! 柔らかいんです アレンジ自在で重宝ですよ 取材協力 石川 伸一(いしかわ しんいち) 福島県生まれ、博士(農学)。 宮城大学食産業学部准教授、クックパッド食みらい研究所 特任研究員。 専門は分子食品学、分子調理学、分子栄養学。 主な研究テーマは、鶏卵の機能性に関する研究。 『料理と科学のおいしい出会い 分子調理が食の常識を変える』(化学同人)、『必ず来る! 大震災を生き抜くための食事学』(主婦の友社)ほか著書多数。 執筆:料理研究家 関岡弘美 出版社にて食育雑誌の編集に携わった後、渡仏。 料理、製菓等を学び、レストラン、パティスリーで研修後、帰国。 雑誌、広告等を中心に活動するほか、都内でおもてなし料理とワインの教室を主宰。 ブログは 今話題の注目記事はコチラ! ・ ・ ・.

次の

鶏肉の作り置きレシピ12選《鶏もも肉・鶏むね肉》週末に作り置き!

鶏 モモ 作り 置き

鶏だんごの下ごしらえ まず、ボウルに分量の鶏ひき肉と塩だけを合わせます。 写真右のように手を軽く握り込んで、ボウルの中で粘りが出るまでしっかりとかき混ぜます。 ここでしっかりと練り混ぜることで、つながりがよくなり、なめらかな食感になります。 ひき肉に粘りがでてきたら、A(調味料やねぎ、卵など)を加えてしっかり混ぜ合わせます(ここではまだ酒は加えません!)。 全体が混ざったら、最後に酒を加えます。 酒は混ぜ合わせたタネの硬さを見ながら、やわらかすぎる状態にならないよう、調整しながら加えてください。 やりやすい状態は人によって違うのですが、酒は鶏肉の臭みを除いてくれるので、できれば全部入れたいところ。 やわらかくなりすぎるのはNGですが、 「タネはゆでる前に冷蔵庫で30分ほど冷やすと少し硬くなってしぼり出しやすくなる」「やわらかくてしぼり出しにくいときは、片栗粉をさらに追加で少量加えてもよい」という対処法もあります。 もちろん昆布なしのゆで汁もスープになるのですが、その時は多少鶏のクセが出やすいので、生姜を合わせたり、みそを溶いたりした上で使うとよいと思います。 ゆでる時はスプーンにサラダ油をつけておき(必須ではないですが塗ったほうが表面の仕上がりがきれいになります)、タネを適量手に取って、 親指と人差し指の間から直径3㎝ほどの大きさにしぼり出して、鍋に落としていきます(詳しくは下の動画でぜひチェックしてみてください)。 鶏だんごの大きさにもよりますが、全部入れ終わってから 約7〜9分ほどゆでればOKです。 ゆでた鶏だんごは、バットなどにあけて冷まします。 冷蔵庫で3日ほど日持ちしますが、それ以降に使うなら冷凍保存するとよいです(冷凍なら1か月が保存の目安)。

次の