学習院 大学 国際 社会 学部。 学習院大学 国際社会科学部│伝統の少人数教育で取り組む、丁寧なグローバル人材づくり

海外研修の概要

学習院 大学 国際 社会 学部

グローバル系学部、どんな特色で選ぶ? グローバル社会が到来し、押し寄せる国際化の波に適応可能な人材の育成が急務となっている。 問題を発見し解決する能力、国際経済・社会に関する幅広い見識、そして高いコミュニケーション能力。 こうした素養をもつ人材の育成に向けて、多くの大学機関が積極的に国際系の学部・学科の設置に尽力してきた。 この動きの始まりは2000年ごろに遡るものであり、編集部でもそういった学部や教育観は数多く取り上げてきた。 今回紹介する学習院大学・国際社会科学部は、2016年の設立であり、国内のグローバル系学部で生じた様々な不具合が解消され、ある意味練りに練られたグローバル系学部の最終進化形と言っていいだろう。 そうした状況のなかで、学習院大学はどのような特色をうち出してきたのだろうか。 グローバル系学部は帰国子女仕様も多い!? まず、グローバル系学部と切っても切り離せないのが語学力だ。 第2、第3外国語の選択肢の幅もさることながら、何はともあれ英語力は必須。 留学の必修化や、ネイティブによりオールイングリッシュで行われる授業が盛りだくさん、という大学は多い。 もちろん最終的にはそのレベルに達することが目標なのは言うまでもないが、英語が得意な子がせっかく合格を勝ち取っても、高校までに身につく英語の素養と帰国子女との落差に気づいて、入学後に自信を喪失、するだけではなく向学心まで失ってしまうという事例は珍しくない。 入学時に十分な英語力がある学生ばかりではないことを考慮し、きちんと「読む・書く・話す・聞く」の4技能の習得に十分時間をかけて、難易度を徐々に高めていくカリキュラム構成になっているのが特徴的だ。 社会科学分野の授業は日本語で学ぶところからスタートし、2年目以降は英語による授業で専門性を深めていく。 1年次のうちは月曜から金曜まで4技能を鍛える授業が6コマあります。 ひとりひとりが「どこの国のどの大学で何を学ぶか」を自分で考えて決断し、保護者や大学側に説明・申請する。 学生の自己決定と自主性を重視するこの方針も、将来に向けたリーダーシップや課題設定・解決能力の形成に、大きく寄与している。 時にこうした厳しい経験を積むことで学生は飛躍的に成長し、視野を大きく広げて帰国するのだと入江教授は言う。 留学相談室 ビジネスに必要な専門分野を英語で学ぶ もちろん英語によるコミュニケーション能力はグローバル人材としての最低限の条件であり、そこにさまざまな専門分野の深い見識を持つことが期待される。 独自の見識やデータ分析にもとづいて論理を構成し、課題発見・問題解決ができる能力は、国際的なビジネスの現場でもっとも強く求められる素養と言える。 学習院大学 国際社会科学部では、専門分野の教育と英語教育を3年次から統合することを目標に、1年次は日本語で専門分野の学びを提供。 そして上述の通り英語力を同時進行で伸ばしながら2年次に社会科学と英語教育をブリッジ科目と呼ばれる橋渡しする授業でドッキングさせていき、3年次から高度な英語を使った専門教育を実施する。 英語教育と専門教育ともに段階を踏むカリキュラム構成としているため、学生も戸惑うことなく高度な内容を英語で学ぶ授業に移行していけるのだ。 専門教育は法学・経済学・経営学・地域研究・社会学の5つの社会科学分野から、マーケティング、ミクロ経済学、国際開発論ーーなど幅広い学びを提供する。 企業ニーズも高いこれらの専門知識をしっかりと身につけることは、グローバルビジネスで活躍するための素地の形成にもつながっており、2019年夏現在、同学部の第1期生の就職活動状況はまだ集計段階にあるものの、「外資系企業やIT、コンサルティングファームなどを中心に早くも高い実績をあげています(入江恵教授)。 学習院ブランドに対する圧倒的期待感 学習院大学が学部を新設するのは、実に52年ぶりのこと。 少子化による総受験人口の縮小や、定員厳格化の影響を受けながらも、かなり高い水準で受験者数をキープしている。 これはグローバル系学部に対する人気の高まりだけではなく、受験生や保護者からの学習院ブランドに対する信頼感によってもたらされた部分も大きいだろう。 長い歴史と伝統が生んだ品格ある校風で知られており、きめ細かい少人数教育や面倒見の良さには古くから定評がある。 また「目白駅徒歩30秒」という都内の大学でも屈指の好アクセスの立地にありながら、自然豊かで(広い森があり、水辺があり、そこに鳥たちも集う)緑あふれるキャンパスというのはなかなか他大学では比肩するものがない好環境だ。 都内の一等地から30秒という立地にも関わらず大きな森、水辺、そこに集う様々な生物も集まる充実した環境 使える英語力と高い専門分野の学びが身につく、丁寧な教育と段階的なカリキュラム。 満を持して学習院大学が独自コンセプトで輩出するグローバル人材の活躍の様子は、近い将来さまざまな国際ビジネスの現場から届いてくることだろう。 関連する記事• 安定、やりがい、地域貢献、一生続けられる […][…]• 本誌でも毎年取り上げるリベラルアーツ教育。 取り入れる大学が年々増えつつあるのは、グローバル化が進む現代社会において多くの分野で統合的な「知」が必要とさ[…]• 団塊世代との世代交代もひと段落し、教員採用における競争率は再び高水準にある。 教員就職を目指す学生にとっては、その狭き門を見据えた対策が求められている。 […].

次の

学習院大学の偏差値 【2020年度最新版】

学習院 大学 国際 社会 学部

学部概要 学部・学科名 「国際社会科学部」Faculty of International Social Sciences 「国際社会科学科」Department of International Social Sciences 学位名/卒業単位数 「学士(社会科学)」Bachelor of Social Sciences/124 単位 入学定員 200 名(収容定員800 名) 授業料等(諸費含む) 専任教員数 18名(英語5名、社会科学13名) 理念(教育研究上の目的) 国際社会科学部は、広い視野から国際的な発想ができることを活かして、国際的なビジネスで活躍できる人材を育成することを基本の目的とする。 社会科学と語学教育を融合させたカリキュラムにより、グローバルな問題を理解し探究するための社会科学的な基礎学力を育み、また、それを活かしてグローバル環境において活躍できるコミュニケーション能力を育むことを目指す。 研究においては、国際間の違いが、経済的・社会的な活動に大きな影響を持っていることを、社会を分析する様々な視点から理解することで、諸問題への解決策を考えることを目指す。 具体的には、以下のような目的で設定されたカリキュラムを履修し、所定の単位を修得した者に学位を授与する。 1 多様な国際社会の課題に対して興味を持ち、社会科学の手法を使って分析する方法を学ぶことで、複雑な国際社会に対応できるスキルと教養を身につける。 2 国際社会で活動するために必要な語学力を習得し、それを国際的なビジネスの場で活用するため、論理的思考・問題解決能力の涵養と発表・議論する能力の向上を目指す。 コミュニケーション力と課題解決力を身につけることで、卒業後に国際的なビジネスの場で活躍できる人材となることを目指している。 英語運用力の養成は、4年間を通して、英語科目と社会科学の専門科目(講義)によって向上させる。 英語科目はCLIL(=Content and Language Integrated Learning/内容・言語統合型学習)の手法で実践的な英語運用力を高める。 社会科学の専門科目(講義)も学年の進行に応じて英語の利用頻度を増やす。 卒業までには、英語だけを使って専門科目(講義)を履修する語学力を身につける。 社会科学の教育においては、国際社会の仕組みを理解したうえで、国際社会の課題について、どのように調べたらよいか、そして、どのようにして解決策を考えていけばよいかを学ぶ。 具体的には、専門科目(講義)により、法学・経済学・経営学・地域研究・社会学といった社会科学を体系的に学ぶ。 それと並行して1年次の専門科目(演習)では、基礎的な社会科学の手法を使い、国際社会の現象や課題を調べる。 3年次の専門科目(演習)および4年次の卒業論文では、それまで学習した社会科学の手法を使い、データを活用して様々な視点から分析し、課題の解決策を考え、発表や議論する力を養成する。 海外研修においては、語学力の向上と多様性の理解を促進し、異文化の環境で順応する力を身につけさせる。 帰国後の授業では、海外研修の経験を将来にわたってどのように活用するかを考える。 複雑な国際社会で活躍するためには、その仕組みを理解することが必要です。 そのために、国際社会科学部では、法学・経済学・経営学・地域研究・社会学といった社会科学の考え方と手法を適用して、広い視野から国際社会の問題や現象を分析し理解する力を身につけることを目指しています。 また、自らの考えがまとまったら、それを相手に伝えるコミュニケーション能力も国際社会で活躍するうえでは不可欠です。 国際社会科学部では、英語を使って、情報をやり取りする力を身につけることも目標としています。 国際社会科学部は、グローバル化する現代で、積極的に国際的な環境に身を置いて活躍の場を見つけたいと考えているチャレンジ精神のある人に、特に向いています。 国際社会科学部では、国際社会の制度や歴史といった基本的な知識を基に、論理的に分析し、データを用いて現状の把握や仮説の検証を行います。 そして、分析結果を使って国際的な経済社会で発生する様々な課題への解決策を考えます。 そこで、国際社会科学部を志望する人たちには、社会科の科目に加えて、数学など高校時代には幅広くさまざまな科目を広く積極的に履修することを期待します。 また、テレビ・新聞・書籍・インターネットなどで発信されている国際社会の多様な話題に関心を持ち、自らの考えや意見をまとめられる力を身につけておくことも期待します。 英語に関しては、使うことができるようになることを重視していますので、高校時代から英語にふれる時間を十分に取ることを期待します。 学部紹介•

次の

学習院大学 国際社会科学部 勉強法と入試対策|大学入試のプロ家庭教師【リーダーズブレイン】

学習院 大学 国際 社会 学部

さまざまなジャンルの外国語を日本語で表現して広めるプロ 翻訳家の仕事を一言で言うと、英語をはじめ、さまざまな国の文章を日本語に訳すことです。 翻訳者とも呼ばれます。 翻訳には大きく分けて3つのジャンルがあります。 小説や雑誌、歌詞などの文芸作品を翻訳する「文芸翻訳」、ビジネス用の学術書やマニュアル、契約書など、企業や研究者が利用する文書を翻訳する「実務翻訳」、そして、映画やドラマ、ドキュメンタリー番組などを翻訳して字幕をつける「映像翻訳」です。 これらの仕事に携わるには特別な資格は必要ありませんが、語学力が求められるため、4年制大学の外国語学部や語学に強い短大、または翻訳の専門学校で学ぶ人が多くを占めます。 また、英検1級やTOEIC900点以上の高い英語能力は身につけておいたほうが有利になります。 仕事をするには翻訳会社に就職するか、翻訳会社に登録してフリーランスとして働くことが多いようです。 最近では、ITや金融、環境などに関する専門知識を必要とする翻訳の需要が増加していることと、2020年に「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されることもあり、活躍の場は広がると同時に、競争も激しくなることが予想されます。 国際社会科学部について 国際社会科学部は、国際社会でビジネスパーソンとして活躍できる人材に求められる「人の国際化」に対応すべく、2016年4月に設置された、本学で最も新しい学部です。 社会科学を広く学び、論理性や統計の手法を用いた分析力を養います。 社会が抱える問題を的確に捉え解決する力、英語で思考し発信できるコミュニケーション力を備えた人材を育成します。 国際社会科学科について 国際社会科学科では、「実践的な英語」と「社会科学による国際社会の理解」の2つを柱として学んでいきます。 また、在学中に4週間以上の海外研修で、国際社会に対する感覚を肌で感じながら身につけます。 世界に挑戦するためには、英語力を身につけ、国際社会の仕組みを理解することが前提です。 4年間を通じて、国際社会に対する広い視野を養い、世界でも日本でも活躍できるグローバル人材を目指します。 英語と社会科学を同時に学習 4年間を通してCLIL(Content and Language Integrated Learning)という手法を活用し、英語科目と専門科目を統合した高水準の教育を展開。 専門科目(社会科学)の理解に必要な英語の4技能(読む・書く・話す・聞く)を高めます。 英語科目で国際社会に関連する題材を扱い、英語を使って社会科学を学びます。 社会科学系の演習や講義でも、英語による授業を行っています。

次の