止まる んじゃ ねぇ ぞ セリフ。 止まるんじゃねぇぞ...とは (キボウノハナツナイダキズナガイマボクラノムネノナカニアルカラとは) [単語記事]

羅刹丸

止まる んじゃ ねぇ ぞ セリフ

インスト• 透過・合成用• 打ち込み• ゲームミュージック• ゲーム• キャラクター• ポップ• 3D・CG• テクスチャ• VOCALOID• MIDI• ロック• 乗り物• カラオケ• 手描き• エレクトロニカ• オーケストラ• 生演奏• テクノ• オリジナルキャラクター• モノクロ• アンビエント• ジングル• クラシック• ボーカル• テキスト• バラード• 食べ物• ジャズ• アニメ調• アニソン• J-POP• ドット絵• アイキャッチ• トランス• メタル• ヒップポップ• オルゴール• フォーク• カントリー• アイドル• 吹奏楽• 水彩画• AOR• ぬりえ•

次の

止まるんじゃねぇぞの意味や元ネタとは?オルガ・イツカのセリフを紹介

止まる んじゃ ねぇ ぞ セリフ

---- 「ねぇシカマル・・・もう!ちゃんとテレビ見てる?」 「あぁ・・・見てる」 嘘つき。 シカマルの左腕は私の腰をぐっと固定して、右の手が私のシャツのボタンを一つ外した。 「ねぇった・・ら・・・」 「ちょっと黙っとけ」 口をふさがれて、いきなり舌を絡めるようなキスをしてくる。 「ん・・ん・・・」 唇を離したら、一本の筋が私とシカマルの唇を繋いだ。 「ダメだよぉ・・・シカマル」 「めんどくせー、じらすなよ」 今度は右手はスカートの裾から私の太ももに滑らされた。 シカマルの手の熱さが私をビクリと反応させる。 そして、あけられたボタンの下の首元に舌を這わせる。 「いや・・・」 本当はすごく感じてしまう。 でも、今日はダメなの。 「なんで?・・・俺今日すげぇシてぇ。 」 チュッとキツク首元に吸い付かれた。 明日は任務も休みだけど・・・でも、そんなところにつけられたら、お気に入りの シャツも着ていけないよぉ・・・ 「もうっ 首につけないでっていつも言ってるのに」 「明日休みだろ?一日俺のとこにいればいいじゃねぇか」 「でも・・・・」 「んだよっ」 シカマルの手が私の胸を掴んだ。 「ねぇやだ。 シカマル・・・」 シカマルの体を推し戻そうとすればするほど、シカマルの愛撫が激しくなって、私の体は翻弄されて しまう。 「・・・抱かせろよ」 ボタンは乱暴にはずされて、ブラもあげられて、胸が露出する。 「だめぇ」 言葉を発する前に、先端をきつく吸われた。 「あぁ・・・シカマル・・・あん」 舌で転がされると、もう頭が真っ白になっていく。 「へっ かわいい声だな。。 シようぜ?」 シカマルはもうすでに止めてくれる気配もない。 「シ、シカマル」 なんとか推し戻そうとしても、力も入らない。 「なぁここで全部脱いじまえよっ」 ソファーの上で、ブラウスを完全に脱がされて、後ろのホックをはずされて、ブラも下に 放られる。 「ダメだったらシカマル。 やだ」 肌蹴させられた肌を両手で隠して、抵抗した。 「なんで?んじゃ、ベット行くか?」 そういいながらも、シカマルに慣れた手つきでスカートも簡単に下ろされてしまった。 「ダメなのシカマル!今日は!」 完全に下着も下だけになった状態になって初めてシカマルは気づいたみたい。 強引だった手が一瞬止まる。 「お前さ・・・今日・・・あの日か?」 「うん」 私は胸のあたりを隠しながら、コクリとうなずいた。 「ふうん」 まじまじと見られて、なんかもう恥ずかしいよ。 「やっぱ・・・アレん時は・・・痛てぇかな?」 「え?」 なんでそんな事聞くの? だって、そんなの分からないよぉ・・・あの日にシた事なんて無いもんっ 私がなかなか返事できずに真っ赤になっていると、シカマルの手が優しく私の体を 抱きしめた。 「あのよ・・・優しくすっから・・・だから・・・いい?」 耳元で吐息がかかって、シカマルが優しく私の髪を撫でる。 シカマルにこんなに求められたら、なんかもう嫌とか言えない。 だって、私だって本当はシカマルとHしたいもん。 「ねぇ・・・ベットがいい。 ソファーじゃ嫌。 」 「分かった。 」 シカマルはグイッと私の体を抱きかかえて、ベットの部屋へと連れていかれる。 シカマルは私を抱きかかえたまま、キスをする。 舌を絡めて、唾液交換をする。 すごく激しくて、もう抱きかかえられたまま、 イきそうだよ・・・。 やさしくシーツに寝かされたら、心臓がドキドキしてきた。 どうしよう・・・ショーツにはもちろん・・・血のついたナプキンがあって。 それをシカマルに見られるのは絶対にいやだった。 「シカマル」 「ん?」 そんな優しい目で見下ろさないで・・・・余計に恥ずかしいよ。 「あぁ・・・分かったよ。 」 シカマルは私の髪を右手でさらりと撫でて、重ねられた左手の指をギュッと絡めた。 そして、優しいキスをおでこに・・・そして鼻先に・・・頬に・・・・そして唇にされる。 あぁ・・・私・・・これからシカマルに抱いてもらえるんだなって、すっごく幸せな 気持ちになる。 」 私達はお互いを求め合った。 シカマルの指が私の体を撫で上げるたびに、私はシカマルの口内で激しくシカマルの舌を 舐めた。 硬くなったシカマル自身をうちももに押し付けられて、私はシカマルの先端をやんわりと 握って、扱いた。 シカマルも私の口内で歯列をなぞり、私の舌を自分の舌で激しく絡めて吸い上げた。 シカマル自身はもう熱く固くなって、先端から熱い汁が漏れ出している。 私の手にも体にも、シカマルの熱い体温をもった汁がくっついてヌルヌルする。 我慢できなくなって、私はひざまずく格好で、シカマル自身に顔を近づけて、先端を舐めはじめた。 「・・・お前が咥えてる顔見てぇ」 シカマルは上半身を起こして、上から私を見ている。 髪をかきあげられて、大きく口をあけてシカマル自身を咥える顔を見られる。 すごく恥ずかしい・・・そんなに見ないで。 「はぁはぁ・・・・・・・」 シカマルの粗い呼吸が、私を興奮させる。 だって、シカマルが私がしてあげる事で気持ち良くなってくれたら嬉しいもん 口の中に苦くて熱い汁が自分の唾液と絡まって、口元から垂れてくる。 「んっ・・・・フェラすんの・・・・上手いよな・・・お前・・・」 そうなのかな?自分では分からない。 シカマルのは、たぶん大きいんだと思う。 いつも喉奥まで入れても、根元まで届かないし・・・・ だけど、私はシカマルに感じて欲しいから、いつも必死で頑張って頬張ってるんだよ・・・ けど、本当、太くてすごく硬いから、長い間、咥えてるのは正直辛い。 せめてもう少し小さかったらいいのに・・・・そしたらもっといっぱいしてあげれるのになぁ・・・ フェラしてる時は本当にそう思う。 「すげぇ・・・やらしいな」 髪を撫でられる。 もう限界。 あご痛いよ。 唇を離したら、シカマルの精液と私の唾液で糸を作った。 それを見たら、急に恥ずかしくなって・・・・ やっぱり私すごくいやらしいかも・・・・ ちょっと不安になったりして・・・・ 「こういう私・・・・嫌い?」 思わず、口をぬぐって、シカマルを見上げる。 「バーカ。 嫌いどころか・・・ますますお前に夢中になっちまうっての」 いつもはそっけないシカマルが言ってくれるから、なんかもうすごく嬉しいよ。 「シカマル・・・大好きだよ・・・・」 座ったシカマルの胸にそっとくっついた。 「あぁ俺もだぜ、。 ・・・他の野郎には、お前をぜってぇ渡さねぇからな」 ギュッと抱きしめられる。 そんな事言われたら、もっともっとシてあげたくなる。 体が疼いて、すごくHな気分になる。 「シカマルの・・・・もっと舐めていい?」 唇が触れるか触れないかの距離で見つめ合う。 「してくれよ・・・お前のこの口で・・・」 チュッとキスをする。 もう一度、シカマル自身をそっと手で握る。 ゆっくりと体を下ろして、座った格好で顔を近づける。 歯をたてないように唇でギュと咥えて、先端を口の中で舌で激しく舐めてみる。 それから、ギュッと吸い上げた。 「んっ・・・・・・そんな吸うなよ・・・出ちまう・・・・」 「シカマル・・・好き・・・・好き・・・・」 いつも私をいっぱい感じさせてくれるシカマル。 だけど、今日は私がアノ日だから、その分、いっぱい奉仕してあげたい。 たまらずに漏れ出す汁をぺろぺろと舐めてあげると、シカマル自身ははちきれそうに太く硬くなる。 血管が浮き出て、それが妙にリアルで・・・ 生あったかい苦い汁を懸命に舐めてあげる。 「・・・・すげぇ気持ちいい・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・マジでそう・・・」 シカマルの息があがってる。 他の男の人には絶対にこんなことしない。 でも、シカマルだったら、どんな事でもしてあげたい。 ねぇ口に出してもいいよ? でも 「 ちょいたんま」 体をグッと起こされる。 「え?」 「まだイかねぇの・・・・」 シカマルは私の顔を見て、へっと笑った。 「どうして?」 「お前がまだだからだよ」 「?」 「次はお前の番だろ? かわいい声、いっぱい出させてやるよ」 シカマルに、反対にベットに押し倒されて、ショーツに手をかけられた。 「あっ ダメ・・・」 「脱げよ。 」 「だって・・・シーツが汚れ・・・」 そこまで言ったところで、いきなり脱がされた。 「なぁ・・・・」 意地悪い顔でシカマルが顔を近づける。 「血だけじゃなかったぜ?すげぇ濡れてたけど・・・・」 「シカマルのバ・・・カ・・・・」 最後まで文句も言う前にまたキスされる。 「さっきのお返し。 痛かったら言えよ?」 シカマルの指が血液と愛液でヌルヌルの私の中にツプリと入ってくる。 「痛いか?」 シカマルはゆっくりと指先で私の中の敏感な箇所を探す。 私の中は、血液も混じって、グチュグチュとすごく濡れているのが分かる。 シカマルの指が内壁にこすれるたびに、ものすごい快感が私の頭を真っ白にさせる。 「あ・・・あん・・・あぁ・・・」 「・・・平気か?」 いつもよりゆっくりとした優しい愛撫に、頭も足先までしびれていくように 感じてしまう。 「シカマル・・・シカマル・・・あん・・・あぁ」 どうしよう・・・すごく敏感に感じてしまう。 シカマルの肩を掴んだ手に力が入ってしまって、爪がシカマルに食い込んでいく。 お前すげぇヌルヌル。 なぁ舐めていいか?」 指でぐりぐりと刺激されて、思わず 舐めて といいそうになる。 でも、今日は絶対だめだよ。 生理の時にあそこを舐められるなんて、絶対に嫌。 「ほら・・・ぐちゅぐちゅ言ってる。 ・・・聞こえんだろ?」 耳までとどく、いやらしい水音。 シカマルはまるで、わざと私に聞かせるかのように指の動きを激しくした。 「あっ いや・・・シカマル・・・」 恥ずかしくて・・・・だから少し痛いフリをした。 「悪ぃ・・・痛かったか?」 いつもよりすごく優しくて、自分本位なセックスじゃなくて、シカマルが私を一番大事にしてくれる から、だから余計に私は感じちゃうのかもしれない。 「ここは?気持ちいい?」 「あっ あっ ・・・シカマルだめぇ・・・・」 自然と涙がこぼれてくる。 そこは私の一番感じる箇所。 シカマルはちゃんとその場所を知っていて、2本の指先で何度も何度もなぞられる。 「・・・ちゃんと言えって。 ・・・気持ちいいんだろ?」 「う・・ん。 き、気持ち・・・いい・・・よぉ・・・」 じっと顔を見られてて、すごく恥ずかしいけど、言葉に出ちゃう。 「かわいいな・・・・・・ほんと全部食っちまいてぇよ」 シカマルは私の肩を優しく噛んで、首元まで舌で愛撫されて、胸の辺りを何度も強く吸われて、赤い痣を 作られる。 指先の愛撫と唇の愛撫で、私はもうイキそうだった。 「ここは・・・舐めていい?」 今度は差し込まれた箇所のすぐ上。 ピンクの小さな突起を、親指でいじられる。 「あ!!」 体中に電流が走る。 「ここなら・・・いいだろ?」 シカマルの粗い呼吸と親指の刺激にもう耐えられなかった。 「・・・・優しく舐めて・・・シカマル」 「あぁ」 ぐちゅぐちゅといやらしい音をあげながら、私はシーツを掴んで、その刺激に必死に耐えた。 私の中で上下するシカマルの指。 その上の愛液にまみれたピンクの突起をシカマルの熱い舌は優しく舐めつづける。 「あ・・・あぁん・・・あぁ・・・あぁ・・・」 足の指先に力が入る。 「シカマル・・もう・・ダメ・・・・」 「イきそうか?」 うなずくので精一杯だった。 もうすぐイきそう・・・・意識が遠のく感覚。 「んじゃ、俺の入れてからイけよ」 絶頂の途中でシカマルから指を抜かれる。 ジュブと卑劣な音を出して、シカマルの指は私のねっとりとした血液と愛液で濡れていた。 体がほてって、激しい刺激と快感の途中で混乱している。 ねえ・・なんで?なんで?シカマル。 絶頂を待ちわびた体がガクガクと震えている。 「今日はお前に無理さして何度もイかせる訳にいかねぇだろ?だからせめて・・・お前と一緒に イきてぇんだよ・・・・」 抱き起こされて、座らされる 「こっちきな。 」 目の前でシカマルも座っている。 「どう・・・する・・・の?」 まだフラフラしている体でゆっくりと子犬みたいにシカマルに近づくと、シカマルが私の体をもちあげて、 向かいあって座った状態で肩をつかまされた。 「腰・・・落としてみな?」 シカマルは私の腰を優しく掴んで、ゆっくりと下へとおろす。 そこにちょうど硬くなって、勃起した状態のシカマル自身があった・・・・ 先端をうまく私に合わせて、そして、ギュッと力を入れた。 「あ!」 座って抱き合った状態で、シカマル自身が私の中にズブ ズブと押しはいってくる。 「あ・・・あん・・・・」 「痛くねぇか?。 」 目の前の優しいシカマルの目。 「う・・・ん。 気持ちいいよ・・・・」 「そっか・・・俺も・・すげぇ気持ちいい・・・・・」 さらに奥へと押しはいってくるシカマル自身に体から鳥肌がたった。 内壁をすべり、ズルズルとこすられる。 「あ・・・・あん・・・・・」 いつもと違う快感にお腹の辺りが勝手に震えはじめた。 「いいぜ、。 もっと腰おとしてみな。 」 ゆっくりと優しく埋もれていくシカマル自身。 私自身がはちきれそうなぐらいの圧迫感。 「あ・・・・あぁ・・・シカマル・・・」 頭が真っ白になる。 「んっ・・・・・。 」 最後まで腰を落とすと、体重も重なって、ズシリとシカマルが私を突き刺した。 頭から指先までピリピリとしびれてくる。 「シカマル・・・シカマル・・・・」 「ここだよ。 目ぇ開けてみな」 そう。 目の前にシカマルがいる。 顔を下に向けたら、キスだってできる。 背中を優しく撫でられて、チュッとキスされた。 「んじゃ、イこいぜ・・・一緒に・・・・なっ。 」 「う・・・ん」 どうしていいかとまどう私の腰をシカマルが掴んで、前後にゆっくりと動かされた。 シカマルも私の下で私と反対に腰を動かす。 「・・・痛くねぇか?」 「あ・・・・うん」 気持ちいい・・・すごく・・・。 「んじゃ、もうちょい早くするぞ」 「う・・ん」 今度は上下に動く。 グシュグシュと音がする。 「あ・・・あ・・・すごい・・・気持ちいいよシカマル・・・・」 「んっ 俺も・・・」 「あぁ・・ん シカマル」 だんだんとお互いに激しく腰を振り合う。 もうメチャクチャにされてもいい。 「あ・・あ・・・あぅ・・はぁ・・・はぁ・・・」 声が勝手に出て、止まらない。 ジュブジュブという音が血の音なのか愛液の音なのかも分からない。 シーツをぬらすものが何かも、もうどうだって良かった。 私はシカマルの肩先に爪をたてて、体をえび反らせて腰を振った。 「あん・・・あん・・・シカマル・・・・」 いつもよりグシュグシュに濡れている私の中。 いつもとは違う場所に突き刺さるシカマル自身。 もう、おかしいぐらいに感じていた。 「・・・」 シカマルは私の胸を左手で掴んで激しく突起を舐めながら、右手で腰を掴んで私を壊すように上下左右に 激しく腰を動かした。 「あぁ・・シカマル・・・・シカマル・・・・好き・・好き」 目の前のシカマルが愛しくて、壊れそうで、嬉しくて、気持ちよくて、もう勝手に涙が出てくるの。 「・・・好きだぜ。 すげぇ愛してる。 」 ズシンズシンと奥まで響くこの快感とシカマルの言葉に私は狂ってしまいそうだよ・・・・ 抱えられた腰をギュウギュウとすごい力で締め付けるように抱き寄せられて、シカマルもきっと限界に 近いんだって分かる。 「・・・・俺・・・・もう・・・・」 「私も・・・・シカマル」 一緒にイこう 「あ!!」 体の奥から熱いものが流れおちて、私の体は激しく痙攣した。 「うっ」 その圧迫にシカマルも一気に気を発した。 私の体の奥まで届く、シカマルから発せられる熱い熱い気を私はすべて受け止めた。 ぐったりともたれたシカマルの肩から、ゆっくりと頭を起こす。 「・・・大丈夫か?」 「うん・・・・・」 「抜くぞ」 「うん」 ズプッ と音がして、私の中から熱い何かがこぼれだしてきた。 それがシーツに赤いシミを作る。 よく見たら、シーツはそこらじゅうに血の後がついていた。 「ごめんねシカマル。 やっぱり汚しちゃった・・・・」 「バカ・・・そんな事どうだっていいって。 それより、お前平気か?」 「うん。 大丈夫だよ?」 まだ私の心配をしてくれるの? 「痛くなかったか?」 シカマルは、私の体をギュッと抱きしめた。 「うん。 平気だったよ。 」 「冷えたらいけねぇんだろ?」 あわてて布団をひっぱり上げる仕草になんか笑えた。 「その前に・・・・一緒にシャワー浴びよ?」 だってシカマルにもついてる・・・ シカマルは自分の体をマジマジと見て、くくくと笑った。 なので、今回はそんな体験をもとに書いてみました。 シカマルはいつになく彼女とHしたかったみたいですね。 初めから、こんな積極的に誘ってくるシカは書いた事がない気がします。 でも、シカマルも男だし、やっぱり気分的にそういう感じになっちゃう事も あるだろうと・・・妄想してみました。 皆様はどうだったでしょうか?積極的シカは? でも、やっぱりシカマルは優しいので、いちいち痛くないか心配してくれたり します。 ここがやっぱりシカの良いところですかね。 でも、結局Hしてるじゃん! という突っ込みは無しでお願いします 汗 だって・・・やっぱり・・・そこは、愛し合ってる男女ですから・・・・・ まったくの余談なのですが・・・・ 最後のシカマルのギャグ?というか一言は、ハナビの彼が実際に言ったセリフ だったりします。 ハナビの場合は、この後、2人で大笑いしちゃったんですけどね。 うまい!!山田君、1枚座布団やっとくれっ!! ってな感じでした 笑 ハナビも相当アホカップルですね。 まったく。

次の

止まるんじゃねえぞ・・・

止まる んじゃ ねぇ ぞ セリフ

それが嘘か真か。 少なくとも、そう本能で感じ取っている羅刹丸は、ただ本能の赴くままに覇王丸の行く先を追う。 それは夥しい死屍の山を築きながら。 設定 覇王丸の魂から大いなる力で生み出された反面の姿。 反面であるがゆえに、その性格はまさに悪鬼羅刹。 弱者の嘆き苦しむ姿をみるのが何よりの快感。 公式ストーリー 「いいねぇ……この手応え……」 羅刹丸は刀を伝わり、手に残った感覚に酔いしれる。 この感覚はたまらない。 人間を斬ったときの肉の感触は、まさに悦楽。 刀を舐める。 新鮮な血がねとりと刃に絡み付いている。 美味だ。 紅く染まった刀身は、まるで手入れしていないために、何百と人を斬り続けて付着した血がそのまま染め上げてしまったからだった。 刀を舐めるたびに、己の舌に傷が入る痛みも心地よい。 野盗は後悔してもしきれない。 腰を抜かし、震えるだけで精一杯だった。 「覇王丸ってヤツ、知らねェか? 俺そっくりなヤツだけどよォ。 知ってりゃ手前ェは逃がしてやらァ」 「あ……ああ、知ってる。 何日か前に、会った……あんたにそっくりな奴だった。 滅茶苦茶強ぇ奴で、日輪に行くとかなんとかって……」 「ガセじゃねェだろうなァ?」 「日輪に強い奴が集まってて面白そうとかって言ってた。 本当だ!」 「そうかそうかァ……ありがとよ」 羅刹丸は、本当に嬉しそうに壊れた笑みを浮かべて、野盗の男の見やる。 身包み剥ごうと寄ってきた小便野郎どもを、気分良くブッ殺していれば、予想外の情報を得た。 悲鳴を上げて逃げ出せば、踝を貫き、掌を踏み砕き、肩を穿つ。 それから、巧く死なないように、刀を逆手に持ち替え、ひたすら突き刺す。 返り血が心地よく服に身体に染み渡る。 悲鳴が少なくなってきたので眼球を抉り、腸を引きずり出す。 これまでにない絶叫が鼓膜と脳髄を震わせ、快感に喘ぐ。 熱すぎる血と内臓と、生命の潰える瞬間を右手の中に集約し、羅刹丸は笑う。 「へっへっへ……やっと尻尾をつかんだぜ、覇王丸。 ぶっ殺してやる。 テメェの心臓でも食わなきゃおさまりつかねェんだ……」 挑戦メッセージ 対花諷院 骸羅 覇王丸はどこだァ?言えよ……。 終いにゃ殺すぜェ? その他 斬りてぇなァ! カァーッ!斬りてェ斬りてェ!斬らせろォ! ヘッヘッヘ……。 とりあえずブッた斬ってから考えっか! なァ? 勝利メッセージ 完勝 クゥッ! 小便野郎のわりにイイ臓物してやがるなァ。 普通 いらねぇのは腕か? 足か? 目ン玉かァ!? 抉ってやらァ! 辛勝 次に会った時にゃテメェの心臓潰してやるぜ……。 開幕デモ 羅刹丸 いいねぇ……この手応え……。 羅刹丸 なァ、おい。 俺様の質問に答えろよ。 追いはぎ ヒッ!悪かった、悪かった!何でも聞いてくれ、何でも! 羅刹丸 別に俺だって、殺したくて殺してるんじゃあねぇんだ。 お前ら、この俺様に何だって?教えて欲しけりゃ身包み置いてけだと? あァ? 追いはぎ だから悪かったって! 羅刹丸 口の利き方に気ィつけろ、小便野郎。 羅刹丸 覇王丸ってヤツ、知らねェか?俺そっくりなヤツだけどよォ。 知ってりゃ手前ェは逃がしてやらァ 追いはぎ あ……ああ、知ってる。 何日か前に、会った……あんたにそっくりな奴だった。 滅茶苦茶強ぇ奴で、日輪に行くとかなんとかって……。 羅刹丸 ガセじゃねェだろうなァ? 追いはぎ 日輪に強い奴が集まってて面白そうとかって言ってた。 本当だ! 羅刹丸 そうかそうかァ……ありがとよ。 んじゃ、死ねや。 羅刹丸 へっへっへ……やっと尻尾をつかんだぜ、覇王丸。 ぶっ殺してやる。 テメェの心臓でも食わなきゃおさまりがつかねェんだ……。 一戦目終了後 さァて……覇王丸よォ。 今から殺しに行ってやるぜェ。 ニ戦目終了後 適当にブッ殺しながら行くか。 三戦目終了後 出会った奴ァ片っぱしから殺さねェと胸糞悪ィなァ。 四戦目終了後 覇王丸のヤツ、今ごろ小便もらして震えてるに違いねェや! 三九六戦デモ 夢路 少しは楽しめると思いましたが……失望させてくれますね。 おや……こんなところで出会えるとは光栄です、羅刹丸さん。 うわさは聞き及んでおりますよ。 しかし、あなたが日輪の地を目指す理由、察するに我々には凶事となりかねません。 されど、剛の者であることに違いはありません。 ……凶と出るか、吉とでるか。 我旺様に仕えるに値するか、試させていただきましょう。 羅刹丸 殺し甲斐ありそうじゃねェか。 クックック……いいぜ、殺してやるぜ、糞虫よォ。 三九六 ちょっと待てぇ!次は俺様の番だぜ!が〜はっはっはっは!鬼と恐れられた、この俺様に勝てるかなぁ? んん〜? 夢路 いいでしょう。 お任せします。 如何に小さな禍根であろうとも断て。 それが我旺様の命です。 三九六さん。 くれぐれも、お願いしますよ。 羅刹丸 おぅ、なかなかの三下っぷりじゃねェか。 生きてても仕方ねェだろ?なぶり殺しにしてやらァ。 こいよ、三下。 三九六 なんだと、てめぇ!ぶっ殺してやる! 五戦目(三九六戦)終了後 殺し甲斐のある奴ばっかりってェのは面白ェじゃねェか。 六戦目終了後 さァ、覇王丸、そろそろテメェの番じゃねェのかァ? 七戦目終了後 どこから抉ってやろうかァ。 やっぱ心臓は最後の最期のお楽しみだよなァ! クゥッ! 八戦目終了後 クァーッ!とっとと殺してェ!殺してェェェェ! 夢路戦デモ 夢路 やはり、あなたでしたか。 羅刹丸さん。 今一度、問います。 お尋ねしますが、我旺様に仕える心積もりはありませんか? 羅刹丸 さっきは三下に横槍入れられたけどよォ。 今度は逃がさねェぞ、糞虫が。 さァーて。 どこから斬り刻んでやろうかなァ! 夢路 残念です。 我旺様が拓く次の時代を供に担えるものと信じておりました 相容れぬならばここで果てるが道理。 返り血で服が濡れるのは好ましくありませんが……黒河内夢路、参る! 九戦目(夢路戦)終了後 ヘッヘッヘ……さァ、覇王丸、小便もらして命乞いしろよォ……! 我旺戦デモ 我旺 夢路を倒せしますらおはうぬか。 よい覇気をしておるわ! 羅刹丸 あァん? こいつァ笑わせてくれるじゃねェか。 俺と同じ匂いがしてやがらァ。 我旺 國賊に与する下衆め!ならば聞けい!我が志は、國賊徳川を打ち滅ぼし、真のますらおによる國を築くこと。 ならば!うぬの如きますらおは得難き宝であるとは言え我が覇道の仇と成るなれば斬って捨てるのもやむを得まい。 ゆくぞ、ますらおよ!死して時代の礎となれぃ! 我旺戦1ラウンド勝利後 我旺 ふははははっ!震えが止まらぬわ!うぬの如きますらおと相対する喜び、久しく忘れておったわ!だが、我が覇道、もはや曲がることも許されぬ。 されど止まることも許されぬ。 ワシの心震わせしますらおよ!礼を言おうぞ。 最期に人の心を思いだしたわ。 そして……人を捨てる決意も固まったわ!闇キ皇よ!我が魂、存分に食らえぃ! 羅刹丸 クゥーッ!こいつァたまんねェや!小便みてェな人間どもは斬りあきてたんでよォ!首刎ねた程度で死ぬなよォ……心臓抉った程度でくたばるんじゃねェぞォ! エンディング 羅刹丸 覇王丸!テメェ、出てきやがれッ! 羅刹丸 ……どこにいようと、必ず見つけてやるぜェ。 羅刹丸 そっ首、斬り落としてやるからよォ! 羅刹丸 テメェなんざ、小便と変わんねェんだよ 羅刹丸 ここかァ。 ここに覇王丸がいるって話だが…… 羅刹丸 ついに見つけたぜェ、覇王丸!俺はテメェのニセモノなんかじゃねェ!テメェをブッ殺して、心臓抉り出して食っちまえば俺が本物の覇王丸だ……!ヘッヘッヘ、本気で行くぜェ?っと、手加減しねェと、心臓まで斬り刻んじまうなァ。 覇王丸 ……あのとき 羅刹丸 あン? 覇王丸 ……あのとき、あなたに不覚を取ることさえなければ今は違う未来だったのかもしれませんね。 後悔しているわけではありませんが……。 羅刹丸 ……テ、テメェ!俺を騙しやがったのかアッ! 夢路 俗世との関わりも断ち、刀も封じたつもりでしたが……これが最期の神夢想一刀流……! 羅刹丸 糞虫がアッ! 羅刹丸 うッ?うぎゃああああぁぁぁぁッ!? 夢路 …………。 刀を振るい風を起こして、その風で相手を高空に舞い上げる技。 風は斜め上へと舞い上がっていくので微妙に対空になったりもするです。 で、浮いた相手には追撃可能。 弧月斬が無いので安定した追い討ちが無くなり、今回はタイミングを見て剛破を入れる事になるかと思います。 ジャンプ強斬りでもいいけど。 体当たり。 ヒットすると浮くので追撃可能。 やっぱり弧月斬が無いので追い討ちに適した技が無いという。 怒っていれば天覇断空烈斬が入るので怒ってる時は連続技にでも。 アルカディア及び侍魂零公式サイトでは旋風破と表記された技。 マニュアルは旋風波と正しい表記をしている…もしかしたら羅刹丸のは旋風破で、マニュアルが間違ってるのかもしれませんが。 刀を振るい、衝撃波を発生させる技です。 やたらと出が遅く、かつあまりリーチが無く、硬直も長いというかなり使えない技。 見切りのポーズを取り、相手が近付いてきたら弧月斬でカウンター攻撃をする技です。 いわゆる「当て身」技ではなく相手の喰らい判定に反応している…と思われます。 つまり、相手の攻撃が体に触れると発動するのではなく、相手の喰らい判定が羅刹丸の近くに来ると発動するという仕様。 一方的に潰される可能性が高い代わりに相手が攻撃していなくても近くにいれば発動するので連続技に組み込む事も可能です。 ちなみに「なぎは」ではなく「なぎやいば」。 つまり、効率のいい自決。 自決と違って死ぬ事はなく少し体力が減るだけ。 とはいえ、時間がかかるので発動する機会はあまり無し。 っていうか怒りっぽい羅刹丸の場合、こんな事しなくても怒ってる状態で闘ってる事が多い。 弧月斬の回転部分で攻撃し、当たったらそのまま旋風裂斬で浮かせてジャンプして追いかけジャンプ強斬り…それをキャンセルして飛翔烈震斬という豪華な技。 硬直やたらと長いですが、発生は早いんで剛破の後の追い討ちとかに使える。 割り込みだとか対空だとかはそもそもが侍魂には有り得ない。 危険極まりない怒り状態の相手に積極的に攻撃する侍はそうそういない。 …いや、今時の侍はどうなのか知らないですが。 「しねよ てんはだんくうれつざん」.

次の