吟ばん。 吟ばん (ぎんばん)

ランチメニュー : 吟ばん (ぎんばん)

吟ばん

空気清浄機、換気扇あり。 2020年4月1日より受動喫煙対策に関する法律(改正健康増進法)が施行されています。 最新の情報は店舗にお問い合わせください。 駐車場 無 すぐ隣にコインパーキングあり 空間・設備 落ち着いた空間、席が広い、カップルシートあり、座敷あり、掘りごたつあり 衛生対策 店内 入店時の手指消毒 携帯電話 docomo、SoftBank メニュー ドリンク 日本酒あり、焼酎あり、ワインあり、日本酒にこだわる、焼酎にこだわる、ワインにこだわる 料理 野菜料理にこだわる、魚料理にこだわる、健康・美容メニューあり 特徴・関連情報 利用シーン | こんな時によく使われます。 ロケーション 隠れ家レストラン サービス 2時間半以上の宴会可、お祝い・サプライズ可、ドリンク持込可、ソムリエがいる お子様連れ 子供可 @土曜日 ご家族でのご利用や、お子様連れ歓迎致します。 ドレスコード 特に無し 玄関で履物を脱いで上がっていただく、お座敷です。 また人数のご変更は前日18時までにお願い致します。 (それ以降はキャンセル料金が発生してしまいますので、ご了承ください。 ) 初投稿者 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 吟ばん 関連ランキング:懐石・会席料理 淡路町駅、小川町駅、新御茶ノ水駅.

次の

吟ばん(御茶ノ水/神保町/和食・割烹・料亭・懐石料理・会席料理・洋食・シーフード・郷土料理・小料理・海鮮料理・鍋料理)

吟ばん

神田須田町・淡路町には、 蕎麦「神田やぶそば」「神田まつや」をはじめ、鳥すきやき「ぼたん」、あんこう鍋「いせ源」、甘味処「竹もと」、洋食「松栄亭」など、 そうそうたる老舗が集まる。 あの美食家としても知られる作家・池波正太郎氏が、好んで食べ歩いたのこの界隈。 「やぶそば」の斜め向かい、小さなビルの地下に「吟ばん」はある。 目印は店名が書かれた小さな行灯 隠れ家的な雰囲気が見かけだけでないのは、外階段を下りて店内へ足を踏み入れればすぐにわかる。 座敷を中心とした6つの個室は、この場所で25年ほど営業していた料亭を改装したもの。 梅や月などの形をした障子が一部にあしらわれたふすま、玉砂利が敷き詰められた入り口周りなどに、往時の残り香がうっすらと漂う。 そんな日本情緒あふれる空間で楽しめる料理は、四季折々の食材から生まれる和食。 永きに渡りご愛顧、ご贔屓、御引き立て頂き誠にありがとうございました。 鷹ばん小川町店は諸事情から 8月17日(日)をもちましてを閉店させていただくこととなりました。 永きに渡る御愛顧を心より感謝申し上げます。 尚、吟ばん須田町店、とりばん内神田店につきましては今後ともお引き立ての程お願い申し上げます。 ご予約時間の最終は20:30(予約状況により21:00)を目途とさせて頂いて居ます。

次の

吟ばん (ぎんばん)

吟ばん

没年:昭和27. 19 1952 生年:明治4. 23 1871. 5 明治から昭和時代の詩人,英文学者。 本名は林吉 昭和9年ごろ土井の読みを「どい」と改める。 仙台生まれ。 父は林七,母はあい。 東大英文科卒。 在学中,雑誌『帝国文学』の編集委員となって作品を発表。 明治32 1899 年,第1詩集『天地有情』を刊行し,漢語を多用する男性的な新体詩人として,女性的な詩風の島崎と並称される。 特に「丞相 諸葛孔明 病あつかりき」のリフレインを持つ長詩「星落秋風五丈原」が愛誦された。 明治33年,二高教授。 34年には第2詩集『暁鐘』を刊行した。 34~37年,ヨーロッパに外遊。 39年の第3詩集『東海遊子吟』以後,には精彩を欠いたが,東西両洋の文学に精通する博識により,評論,翻訳で多数の著作をなした。 今日では一般に名曲「荒城の月」 滝廉太郎作曲 の者として知られる。 癇癪持ちで,将棋に負けたりすると,盤を引っ繰り返さんばかりにくやしがったという。 『晩翠詩抄』 古田島洋介 出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版 朝日日本歴史人物事典について の解説 [生]明治4 1871. 仙台 [没]1952. 仙台 詩人,英文学者。 本名,林吉。 1932年頃姓の「つちい」を「どい」と改音。 1897年東京大学英文科卒業。 在学中から雑誌『』の編集に従事,同派の詩人として名をなした。 98年東京音楽学校編『中学唱歌』のために『荒城の月』を作詞。 99年高山樗牛の協力で処女詩集『』を刊行,集中の代表作『星落秋風五丈原』 1898 で,漢詩調によるの表現に独創性を示した。 これにより男性的な調べの叙事詩人としてのが決定的となり,対立的な詩風の島崎藤村と並んでの代表的詩人と目された。 ほかに詩集『暁鐘』 1901 ,『東海遊子吟』 06 ,『曙光』 19 など。 の『イーリアス』 40 ,『オヂュッセーア』 43 など翻訳もある。 芸術院会員。 1950年文化勲章受章。

次の