クレジットカード ana。 【ANA公式】マイルが貯まるクレジットカードのご紹介

クレジット無しのANAマイルカードは作るな!マイル貯めるなら絶対このカード!

クレジットカード ana

換算率 ANAグループでのご利用 100円=2ポイント=2マイル その他のご利用 100円=1ポイント=1マイル• 国内旅行傷害保険についてはカードでチケットをご購入いただいた公共交通乗用具に搭乗中の事故などによる傷害死亡・後遺障害補償金額になります(いずれも本会員ご本人様の補償金額になります)。 「国内航空傷害保険」は付帯されていませんが、「国内旅行傷害保険」として補償しております。 海外旅行の場合、本会員ご本人様は、カードでお支払いいただかない場合でも、傷害死亡・後遺障害補償金額最高5,000万円の「海外旅行傷害保険」が自動付帯されます。 補償内容、保険適用条件につきましては、補償規定をご確認ください。 換算率 ANAグループでのご利用 100円=2. 5ポイント=2. 5マイル その他のご利用 100円=1ポイント=1マイル• 国内旅行傷害保険についてはカードでチケットをご購入いただいた公共交通乗用具に搭乗中の事故などによる傷害死亡・後遺障害補償金額になります(いずれも本会員ご本人様の補償金額になります)。 「国内航空傷害保険」は付帯されていませんが、「国内旅行傷害保険」として補償しております。 海外旅行の場合、本会員ご本人様は、カードでお支払いいただかない場合でも、傷害死亡・後遺障害補償金額最高5,000万円の「海外旅行傷害保険」が自動付帯されます。 補償内容、保険適用条件につきましては、ご入会後にお届けする補償規定をご確認ください。 ボーナスマイルは、年会費お支払月の翌月に積算いたします。 家族会員様は対象外になります。 ボーナスマイルは、年会費お支払月の翌月に積算いたします。 家族会員様は対象外になります。 ご継続時のボーナスマイルは、年会費をクレジットカード会社指定の期日までにお支払いいただいた場合に対象になります。 ボーナスマイルは、年会費お支払月の翌月に積算いたします。 家族会員様は対象外になります。 ご継続時のボーナスマイルは、年会費をクレジットカード会社指定の期日までにお支払いいただいた場合に対象になります。 なお、スーパーフライヤーズカードをご利用のお客様が、「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」のステイタスをお持ちの場合は、積算率の高い方のみが適用されます(合算はできません)。 家族会員様も対象になります。 スーパーフライヤーズカードは新規入会扱いになります(「入会申込」をご確認ください)。 申込書に現在お持ちのカードのANAマイレージクラブお客様番号をご記入いただければ、自動的にマイル口座は統合されます。 お持ちのカードは引き続きご利用いただけますが、退会ご希望の場合は別途退会手続きが必要です。 家族会員の追加をご希望のお客様 本会員と生計を同一にする配偶者・ご両親・お子様(18歳以上)は、年間のご搭乗実績にかかわらず家族会員にお申し込みいただけます。 新規ご入会については、本会員・家族会員が同時にお申し込みいただける入会申込書を、ANAウェブサイトにてご請求いただけます。 すでにご入会されている方で、家族会員の追加をご希望の場合は、ANAマイレージクラブ・サービスセンターまで必要書類をご請求ください。 ANA JCBスーパーフライヤーズカードをお持ちの方は、から家族会員の追加ができます。 ご希望の場合は、にログイン後、「家族カード」申し込みボタンより申し込みください。 スーパーフライヤーズカードは、お1人様1枚のみ、ご入会いただけます。 カードは、入会申込書に記載された日本国内の住所にのみお送りします。 学生の方はご入会できません。 また、別途クレジットカード会社による審査があります。 スーパーフライヤーズカードには、ANA VISA Suicaカード、ANA To Me CARD PASMO JCB series、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードのご用意はありません。 スーパーフライヤーズカード〈法人用〉のご用意はありません。 ANAカード〈法人用〉をご利用の方は、スーパーフライヤーズカードに新規入会申し込みをお願いいたします。 お支払い口座は個人名義になります。

次の

ANAマイルをクレジットカードで貯める人気の7枚の審査基準や特徴を解説!

クレジットカード ana

年会費が安いのはどっち?• マイルが貯まりやすいのはどっち?• マイルの有効期限はどっちが長い?• プラチナカードにするならどっちがおすすめ? こんな疑問点も多数出てくると思います。 この記事では、ANAカードをJALカードを厳選した8項目で比較してみたいと思います。 どちらのマイルを貯め始めるのが自分に合うのか。 どちらのカードが自分に合うのか検討材料にしてみて下さい。 ANAカードをJALカードをそれぞれ詳しく知りたい人は、当記事をすべて読んだあとでもいいので、是非下記の2記事も読んでみてください。 ANAカードには21種類のカード。 JALカードには25種類ものカードが存在します。 ブランドがVISA、MASTER、JCB、アメックス、ダイナース。 カードランクが一般カード、ゴールドカード、プラチナカードと無限の世界が広がっています。 下記の2記事で、ANAカード・JALカードをそれぞれ徹底解説しているので、時間あるときに読んでみてください。 実は、VISA・MASTER・JCBともびっくりするくらい 年会費は同じで2,000円+税(初年度無料)です。 (アメックスは少し年会費が高くて、ANAアメックスが7,000円+税、JALアメックスが6,000円+税です。 ) が実は、ANAカードのVISA・MASTERに関しては 年会費の割引制度が存在します。 ANAカードは三井住友VISAが発行しているのですが、三井住友VISAのクレジットカードは、• WEB明細の登録• マイ・ペイすリボ(リボ払い)に登録して、年に1回カード利用 で翌年のクレジットカード年会費が安くなることで有名です(年会費割引のはこちら)。 一覧表にしておくと、 通常年会費(税別) 割引後年会費(税別) ANA VISA 一般 2,000 1,025 ANA VISA Suica 2,000 751 ANA VISA nimoca 2,000 751 ANA Master 一般 2,000 1,025 ANA TOKYU Master 2,000 751 なんと年会費が一番安いANAカードは751円+税。 これは安いです。 また、ANAカードも、JALカードも毎年継続ボーナスとして1,000マイルもらえるのですが、JALカードで1,000マイルもらうためには年間に1回JALの搭乗しないともらえないのに対して、ANAは搭乗しなくてもカードを所有しているだけでもえらえます。 年会費751円で、毎年1,000マイルが必ずもらえる。 大きな魅了の一つです。 これも基本的には同じで、通常は 還元率0. 5%です。 ANAカードもJALカードも、ショッピング利用で100円=0. 5マイル相当のマイルがたまります。 ただし、 還元率1%にすることも可能です。 ANA一般カードは、 年会費5,000円(JCB)~6000円(VISA、MASTER)+税の10マイルコースに加入で還元率1%にアップ• JAL普通カードは、 年会費3,000円+税のショッピングマイルプレミアムに加入で還元率1%にアップ という方法も存在します。 というか、これは基本的に加入せざるを得ないとは思います。 還元率が 倍も違いますからね。 年間のカード決済額が100万円の人であれば、5,000マイル貯まるのか、10,000マイル貯まるのかという差になります。 毎年10マイルコースの費用や、ショッピングマイルプレミアムの費用を払っても価値があるケースが大半でしょう。 (注)もともと10マイルコースに設定済み、ショッピングマイルプレミアムに設定済みのカードもあります。 ANAカードのゴールドカード以上(アメックスは一般カードも)、JALカードのCLUB-Aゴールドカード以上のカードはもともと還元率が1%に設定されています。 年間3,000円のショッピングマイルプレミアムの方が安い??• ANAカードの10マイルコース• JALカードのショッピングマイルプレミアム パッと見た目では、JALマイルのショッピングマイルプレミアムの方が年会費3,000円+税で安くない?って思いますよ。 先ほど、ANAカードの一部は年会費の割引があると書きましたが、それを加味してもJALカードの方が安く見えますよね。 ただし、1つ注意点があります。 ANAカードは貯まったクレジットカードポイントをANAマイルに移行する• JALカードは直接JALマイルが貯まる という違いがあります。 これで何が変わって来るのかというと、JALカードは初めからショッピングマイルプレミアムに加入していないと、還元率が0. 5%でマイルが貯まってしますのですが、ANAカードは初めは10マイルコースに加入しなくてもいいんです。 クレジットカードポイント(VISA・MASTERなら、JCBならOkiDokiポイント)を ANAマイルに移行する瞬間に10マイルコースに加入すればいんです。 実は、クレジットカードポイントの有効期限が2年なので、2年に1回だけ10マイルコースに加入すれば、還元率1%でANAマイルを貯めることが可能です。 少し手間はかかりますが、年間の経費に大きな差はありません。 さて、還元率は基本的に変わらない。 5%か1%だと書きましたが、実は年会費に追加してANAカードのVISA・MASTERに関しては、 ボーナスポイントの付与というものがあります。 最大限活用すると、• ANA VISA 一般カードで 還元率1. 5265%• ANA VISA ワイドゴールドカードで 還元率1. 648% までアップさせることが可能です。 これはけっこう強烈です。 年間300万円のカード決済の人だと、還元率1. 648%だと約5万マイル貯まります。 還元率1%だと3万マイルです。 2万マイルの差が出ます。 2万マイルあれば、毎年沖縄行きの特典航空券が発券できますからね。 現状だと、ANAカードのVISA・MASTERが還元率に関しては一歩リードです。 ANA VISAカードでボーナスポイントを獲得して、還元率を最大限上げる方法は下記に整理しているので、気になる人は参考にしてください。 (注)ANA JCBカードの極極わずかですが、ボーナスポイントもあります。 詳細は。 が、 フライトマイルが貯まり安いのはJALでしょう。 なぜかというと、JALカードには 「ツアープレミアム(年会費2,000円+税)」というのもが存在します。 これに加入すると、フライトマイル加算率が上昇します。 実は、正規運賃の航空券を購入してハワイに行く場合と、ツアーでハワイに行く場合では、もらえる搭乗マイルが全然違います。 正規運賃のエコノミークラスは片道で3,831マイル• ツアー運賃のエコノミークラスは往復で1,916マイル と決まっています。 これが、 JALカードの人気オプション「 ツアープレミアム」です。 先ほどのハワイの例だと、ツアープレミアムに加入すると、往復で3,830マイルも追加加算されることになるので、非常にお得です。 JALにツアーでの搭乗機会が多い人や、割引運賃での購入が多い人は、是非活用してマイルをうまく貯めてください。 JALカードだけの特権です。 詳しくはで。 JALマイルもANAマイルも、有効期限は基本的に3年です。 JALカードを利用すると、そのままJALマイルが加算されるので、本当に有効期限は3年しかありません。 が、ANAカードを利用すると、 いったんクレジットカードのポイントが付与されます。 そして、それをANAマイルに移行します。 実はクレジットカードのポイントそのものの有効期限が1~3年ある(カードにより異なる)ので、クレジットカードポイントで3年+ANAマイルで3年のあわせて6年間マイルを貯めることも可能になります。 ということで、 有効期限が気になる人はANAカードのほうがいいと思います。 (注)ANAカードもマイル自動移行コースにしておくと、クレジットカードポイントがどんどん勝手にANAマイルに移行されていくので注意してください。 特には、ポイント有効期限が無期限なんです。 ANAマイルに移行しない限り永遠にポイントが執行しません。 ANAマイルの有効期限&延長方法は、JALマイルの有効期限&延長方法はも参照してください。 すでにご存じの方も多いと思いますが、「 SPGアメックス」というクレジットカードがかなりの人気を誇っています。 主な特徴を整理すると、• 年会費は31,000円+税と高額• 100円=1スターポイント• スターポイントは20,000ポイント=25,000マイルで航空会社に移行可能• つまりマイル還元率は1. 25%• 移行先はANA・JALを含む世界30以上の航空会社• 継続ボーナスとして、2年目以降毎年SPGに1泊の無料宿泊特典• SPG&マリオットのゴールド会員 こんな特典のある超魅力的なカードです。 しかも、スターポイントは有効期限1年ですが、新たなポイントの獲得があると1年延長されるので、SPGアメックスを利用している限り ポイント有効期限は実質無期限です。 ANAカード、JALカードもいいカードですが、このカードも検討に値すると思いますので、まだ存在を知らない人は下記の記事も参考にしてください。 ANA VISA プラチナ プレミアム ANA JCB プレミアム ANA アメックス プレミアム ANA ダイナース プレミアム JAL JCB プラチナ JAL アメックス プラチナ 年会費(税抜) 80,000 70,000 150,000 155,000 31,000 31,000 家族カード年会費 4,320円 4,320円 無料(4枚まで) 無料 15,500 15,500 還元率 1. 何が一番違うかというと、 年会費です。 ものすごく差があるんですよね。 ANAのプラチナ(プレミアムカードと言います)とJALのプラチナ。 JALプラチナカードは年会費なんと 3万円台です。 これ、クレジットカードのプラチナカードの中では、ものすごくコスパいい部類に入ります。 対するANAプレミアムカードは年会費70,000~155,000円・・・・全然違う。 たしかに、ANAカードの方が、ショッピング時の還元率も高い、継続ボーナスマイルも多いし、フライトボーナスマイルも多いです。 家族カードの年会費も安いです。 入会キャンペーンが非常にお得なのはANAカードの方です。 JALカードの入会キャンペーンは、もらえるマイルも少ないのですが、すでに別のJALカードを保有している人、また退会後1年以内の人は、新規にカードを発行してもキャンペーンの適用がありません。 かなり厳しいんです。 が、ANAカードは入会キャンペーンで 数万マイルがもらえることも多い上に、 カードに加入する度に入会キャンペーンの適用があります。 ANAマイルは入会キャンペーンの利用で相当貯まります。 クレジットカードの入会キャンペーンでマイルを貯めるという方法は、アメリカのマイルサイトでもかなり注目されており、カード会社もキャンペーン合戦になっているようです。 現在、陸マイラーと呼ばれる飛行機にまったく乗らずにマイルを貯めて• 毎年沖縄に家族旅行• 人生初のハワイ往復ビジネスクラス• 念願のファーストクラス初体験• ついに悲願の世界一周旅行 こんな夢のような生活をマイルを貯めて特典航空券を利用して実現している人々が非常に増えています。 陸マイラーがどんな方法でANAマイルやJALマイルを貯めているのか下記に整理しています。 陸マイラーが年間30万ANAマイルを貯める方法は下記。 こんにちは。 これまで、アメリカやハワイ旅行にはカードで払ってゆくものだと思っていました。 マイルでチケットはなかなか取れないし難しいんじゃないの、と考えていましたが、このwebページで十分に行けるかもと少しワクワクしてきました。 さて、現在Sumi Trustプラチナvisaカードをメインに使い、ANAはVisa一般カードのみです。 先日ソラチカカードを申し込み通りましたので、いわゆるLineポイントを使った方法は有効だと思うのですが、新たにANA一般カードをワイドゴールドカードにした方が効率が良いのか、現在のままプラチナVisaのポイント移行で対応した方が良いでしょうか? なおプラチナカードの年会費はポイント払いです。 付帯のプライオリティーパスは捨てがたいとも考えています。 もう一つ質問なのですが、ハワイにはセントレア(デルタ航空)からゆくことが多く、デルタアメックスゴールドもしくは普通、も有効でサブとして申し込もうかとも考えました。 もし、すけすけさまのお考えはを頂戴できれば幸いです。 2つ質問させていただきまして恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

次の

ANAカード|クレジットカードの三井住友カード

クレジットカード ana

1. 2. 3. 4. 5. 6. 本当にお得にマイルが貯まるANAカードの選び方とは? 日本にはANAとJALと呼ばれている2大航空会社があります。 正式名称は、ANAが全日本空輸株式会社、JALが日本航空株式会社といい、よく使われているANAやJALといった呼び方は略称です。 飛行機に乗るとマイルというポイントがたまり、これは格安航空(LCC)などにはないサービスです。 使い道は大きく分けて3つあります。 1つ目は「 ショッピング」です。 ANAの場合ANAショッピングA-styleというサイトでポイントに変えて好きな商品に交換することが可能です。 1マイル=1ポイントとして交換することができるため、貯めた分だけポイントとして利用することができます。 ポイント充当分が足りなくても、クレジットカードなどで併用して決済できますので安心です。 2つ目は「 航空券の購入」です。 ANAでは一定のマイルを貯めることで特典航空券に交換することができます。 特典航空券は国内線と国際線の2種類に分かれており、好きな行先を選べます。 国内線の場合、1区間(片道)あたり5,000マイルから利用することが可能です。 往復にする場合は2区間にしなければならないのですが、必ずしも連続する2区間である必要はありません。 東京から大阪、大阪から沖縄など連続していない2区間を選択することも可能です。 その場合はその分のマイル数が必要になります。 国際線の場合、座席クラスを選ぶことができます。 必要なマイル数は異なってきますが、エコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスの3つから選べます。 なお、特典航空券の場合は座席数に限りがあります。 空席状況に空きがあっても特典航空券分が埋まっている場合は使えないこともあるので注意しましょう。 国際線の場合は往復1万2,000マイルから交換が可能です。 国内線と異なり必ず往復でなければなりませんが、発着地が同じでなければならないとは明記されていません。 例えば東京からホノルルに行き、大阪に帰るという方法も使えます。 ただし東京から出発しホノルルに行き、東京を経由して福岡に帰るなど出発地を経由するルートはできません。 また国内線・国際線ともに使えないシーズンも存在します。 使えないシーズンはANA公式サイトに表示されていますのでそちらで確認しておきましょう。 特典航空券を利用する場合、マイレージは付与されず、有効期限が設定されているという点に気をつけましょう。 有効期限内に未使用特典の払い戻し手続きをするとマイレージの払い戻しが受けられますが、有効期限が切れてしまうと無効となります。 3つ目は「 座席のアップグレード」です。 座席のアップグレードは国際線のみの扱いですが、片道1万2,000マイルから利用できます。 1区間あたりの区間基本マイレージによって座席のアップグレードに必要なマイル数が変わります。 またエコノミークラスからビジネスクラスにアップグレードするのに1万2,000マイル、ビジネスクラスからファーストクラスにアップグレードするには2万マイルが必要です。 ただし、エコノミークラスからファーストクラスにアップグレードすることはできません。 反対にダウングレードもできませんので注意が必要です。 区間基本マイレージ別の必要マイル数は から参照できます。 なお、区間基本マイレージは です。 その点は覚えておきましょう。

次の