韓国 経済 ピンチ。 サムスン半導体需要を奪われピンチ!?米国トランプ大統領が台湾TSMCを誘致!!韓国人「サムスン半導体倒産は時間の問題」【世界情勢】

必読!韓国経済、【韓国大ピンチ】米中閣僚級貿易交渉折り合わず 関税引き上げ 午後1時すぎに25%に引き上げる制裁強化に踏み切った│韓国経済危機&崩壊特集

韓国 経済 ピンチ

『韓国ロッテ大ピンチ!? セルフ制裁で業績悪化!?』 昨年、韓国ロッテは親日企業だという事で不買の対象とされ、 そこに文政権の最低賃金引き上げも重なり、 韓国お得意「セルフ制裁」のフルコースを味わう事になったようです。 韓国ロッテ、業績悪化で構造調整…200店以上整理 業績悪化に陥ったロッテショッピングが刀を構えた。 今後5年間に百貨店、マート、スーパー、ロブスなどロッテショッピングが運営する 718店舗のうち収益性が劣る200店以上を整理する。 増える損失と激しくなる競争に根本的な変化が必要と判断したためだ。 1970年の会社設立後で最大規模の店舗構造調整になる見通しだ。 ロッテショッピングは13日、こうした内容の「2020年運営戦略」を発表し、 昨年業績を公示した。 業績は市場予想値より悪い。 連結基準で前年比1.1%減った売り上げ17兆6328億ウォンを記録した。 営業利益は4279億ウォンで前年より28.3%減少し、 純損失は8536億ウォンに拡大した。 特に10~12月期には変更された会計基準に基づき赤字店舗の 未来損失9353億ウォンを反映して赤字規模が1兆ウォンを超えた。 日本と韓国で同じ名前で経営をしているせいで、 直接の繋がりは薄いけれど、双方の影響だけはダイレクトに受けるという、 一番悲惨な企業になったのではないでしょうか? 夏ごろに、「日本のロッテは関係ない!」と叫んでいたのが思い出されます。 しかし、これほど見事に全てのブーメランを直撃した企業は 他に無いでしょうね。 韓国のコメントでは全て文政権のせいだとしていますが、 その口車に乗って不買を行った実行犯は、あなた達なんですよ? 「結局一番影響を受けているのは韓国企業ではないか?」とありますが、 今更気付いても手遅れで、今後ボディブローのように 韓国経済の体力を、過去の自分達の行いが削り取っていく事でしょう。

次の

文在寅大統領大ピンチ!弱体化した経済に、自らとどめを刺す?!追い込まれた挙句の対日挑発に要注意!

韓国 経済 ピンチ

〔PHOTO〕iStock 「財閥依存」がアダとなる 韓国では、財閥系企業をはじめとする大企業と政府が一体となって経済の運営が進められてきた。 この基盤整備に大きな役割を果たしたのが、故朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領だ。 朴氏は財閥企業などを重用し、国家主導で重工業化の推進にとり組んだ。 朴政権下で形作られた韓国経済の特徴は、財閥系企業をはじめとする大企業が政府の支援を得つつ、大規模、かつ、迅速に設備投資を行い、製品を大量に生産することにある。 その上で韓国は製品を輸出して世界の市場を席巻し、経済成長を実現してきた。 この経済構造は、歴代政権が財閥企業を重視する大きな要因になったと考えられる。 その例の一つとして、サムスン電子の半導体事業があげられる。 1980年代から90年代、日米半導体摩擦が熾烈を極める中、サムスン電子はわが国の技術を取り込んだ。 同時に同社は、迅速に大規模な生産体制を整備した。 わが国がバブル崩壊の後遺症に苦しむ中、韓国は国全体で半導体などの生産能力を高め、世界のシェアを手に入れたのである。 2016年以降、世界的なIT先端分野への投資増加や、中国政府による景気刺激策の発動を受けて、半導体を中心に韓国の輸出は増え、景気が上向いた。 ただ、2018年以降、状況は大きく変わった。 中国経済の減速や世界的な半導体市況悪化、米中の貿易摩擦をうけたサプライチェーン混乱等から財閥企業の業績は急速に悪化し、景気減速懸念が高まっている。

次の

文在寅の大誤算…日本からの「報復ブーメラン」で韓国経済は大ピンチへ!(現代ビジネス)

韓国 経済 ピンチ

韓国・大邱地裁浦項支部は6月1日、韓国にある日本製鉄の資産差し押さえの公示通達を決定した。 韓国の裁判所は、資産を差し押さえたことを日本製鉄に伝達するよう日本の外務省に海外送達要請書を送っていた。 が、日本の外務省はこれを説明なく返送し、再度の送達手続きにも10か月間反応を示さなかったという。 そもそも「公示通達」とは、文書を受け取らず、裁判に応じなかったりする場合、裁判所での掲示や官報公告などにより内容が伝達されたとみなす手続きである。 8月4日に効力が発生するという。 日本政府外務省が、韓国の裁判所からの海外送達要請書に応じなかったのは、元徴用工に対する請求権の問題は、すでに日韓請求権協定によって解決済みであり、韓国大法院の判決は受け入れられないとの立場だからである。 韓国の裁判所がいかなる動きを示そうと、それに反対なのである。 そもそもの問題の発端は、2018年10月に韓国大法院 最高裁 によって新日鉄住金 現日本製鉄 に対し、元徴用工1人当たり1億ウォン 約900万円 の賠償を命じた判決がだされたことである。 これに基づき、日本製鉄の資産が押さえられており、これがさらに現金化されれば、日韓関係に甚大な影響があると日本政府は韓国政府に警告してきた。 韓国の文在寅政権は、大法院の判決は司法の独立による判断でこれに介入できないとして逃げているが、この判決が出た背後には文在寅大統領の意向が強く反映されている。 文大統領は、大統領として初めて元徴用工の個人の請求権は消滅してないと記者会見で述べており、大法院の判事には自分の意向を反映する人を次々に任命している。 昨年、日本政府はフォトレジスト、フッ化ポリイミド、高純度フッ化水素の3品目を個別許可対象にするとともに、韓国を輸出管理の優遇対象国 ホワイト国 から除外した。 これに対して韓国政府は、「日本側が対韓国輸出規制強化措置を取った際に指摘された3つの理由は全て解消された」として、先月12日、31日までに輸出規制に対する公式立場を明らかにするよう求めていた。 確かに韓国政府が過去1年近くにわたり、輸出管理に関する法規定、組織、人員、制度などの強化を図ったことは事実である。 これは、これまでの韓国政府の対応と比べれば、評価できるのかも知れない。 しかし、日本側にとってより重要なことは、韓国政府が制度の運用をいかに行うかである。 当初の3品目は、日本側として不適切な再輸出の疑いを持ったものである。 また、その他の戦略物資を「ホワイト国」から除外したのは、2015年から19年3月までに156件の不正輸出が韓国政府の資料によって判明した事実があったからである。 しかも、再輸出先には北朝鮮と親しい国が多く含まれており、北朝鮮への再輸出の疑いは晴れない。 韓国政府は日本が一方的に北朝鮮への再輸出の嫌疑をかけているというが、もともとは韓国側の資料に基づくものである。 嫌疑云々を言う前に韓国政府が疑いを晴らす努力をするのが本筋である。 韓国政府がこうした疑いを晴らす努力なくして、貿易管理体制を正しく運用するとの確証は持てず、韓国政府を貿易管理の優遇国として再度認めることはできないのは当然だろう。 日本が回答しなかった場合には、韓国政府は対抗措置を取ることを明らかにしていた。 韓国政府の対抗措置として考えられるのは、次の3点である。 第1に、WTOへの提訴の再開。 第2に、軍事情報包括保護協定 GSOMIA の終了。 第3に、元徴用工に関連する日本企業の資産現金化、である。

次の