ドリル おすすめ。 電動ドリルの選び方【電動ドライバー・インパクトとの使い分け】

[最新]安くて使いやすい電動ドリルおすすめ10選と選び方

ドリル おすすめ

ひらがなドリルの選び方 カラフルで可愛い表紙のドリルが多く、子供も興味津々でドリルを手に取るのですが、続けられないと意味がありません。 子供がドリルを楽しみながら 続けられるためのサポートはドリル選びから始まります。 子供の能力に合わせたドリルを選ぶ 初めての ドリルは簡単なものから選びましょう。 ウチでは年中さんの時に2歳向けの物から始めました。 「簡単じゃん!」「楽しいじゃん!」というところから始められる方が、子供もワクワクと始められます。 線を引く練習のものだったり、文字をなぞるものだったり、 その子のレベルに合わせて 一段階レベルの低いところからスタートして出来たらたくさん褒めてあげてください。 褒められて楽しくやれた方がやる気も出て、後々も楽しく続けられます。 楽しくないと子供は続かないですし、無理やり続けても身につかないです。 ドリルにある目安の「〇歳」というのはあまり気にしない方が良いです。 あくまで目安と捉えて、目安の年齢のレベルに届いていなくても焦らないことが大切です。 目安の年齢はドリルのレベルというくらいに考えましょう。 スポンサーリンク まずはここから!文字の基礎になるおすすめドリル 子供のレベルに応じた内容をコツコツこなしていかないと難しい練習を頑張ってもなかなか身につきません。 まずは線をしっかり引けるようになることが文字の練習のファーストステップだと思います。 そこでおすすめなのは、 めいろのドリルです。 めいろのドリルは文字の練習をこれから始める子にも、ある程度文字が書けるようになってきた子にもおすすめです。 しっかりとイメージ通りに線を引けないと文字にするのが難しいので、ひらがなを作ることがいっぱいいっぱいになってしまい覚えることがすんなりいきにくいと思います。 ある程度文字に慣れてからも、文字の精度をあげたり小さく書く為の運筆の練習にもなります。 めいろのドリルもレベル別でいろいろあるので是非取り入れてみてほしいです。 選ぶ時のポイントとして、 シリーズ化されていることも大事だったりします。 シリーズ化されていた方が種類が多く細かなステップアップを踏んでいることが多いので、次のステップにも移行しやすいです。 私がおすすめするのは、• うんこドリル• 学研のドリル• くもんのドリル もちろん他にもいいドリルはたくさんあるのですが、この三種類はどこの店舗でも見かけるのでステップアップなどの時に購入がしやすいです。 うんこドリル うんこドリルは話題になっているのは知っていたんですが、なんとなく勝手なイメージで下品な気がして子供がどんなに大うけしてもできれば買いたくないなと思っていたんです。 ですが、思った以上にしっかりした内容で、 止め跳ね払いと書き順はもちろん筆の運びまで丁寧に教えてくれていて一文字一文字をしっかりと学べるようになっています。 文字に変な癖がつく前に丁寧に覚えることが出来るのでとてもおすすめです。 そして子供には大うけで楽しそうです 笑 子供は本当にうんこ好きですね 笑 楽しいのが一番ですよね 笑 学研の幼児ワーク 前ページカラーで遊び心もあるので、重い雰囲気がないのが良いです。 絵柄も可愛くウチでは一番購入しています。 少しレベルが上がってくると、ひらがなの問題なのにはさみとのりを使ったり、しりとりふうであったりと 楽しく続けられる工夫が一番多いように感じます。 文字を書けるようになってくると「ことばのおけいこ」など、少しずつステップアップしやすいシリーズ展開も嬉しいポイントです。 くもん くもんのドリルは 繰り返し練習にもってこいで、すっきりとシンプルなデザインで集中して繰り返し練習ができます。 素朴な絵柄が多いので挿絵に気を取られるということがないのが良いところです。 くもんのドリルはとてもシンプルで良いのですが、子供からしたら飽きることもあるかもしれません。 なのでたまに違うものを取り入れてあげると続けやすいのではないでしょうか。 ドリルの大きさも大切 ドリルのサイズは写真の二冊のどちらかのサイズがほとんどです。 幼児向けのドリルなのでどちらも一ページ内に問題は大きく載っているのですが、そもそもの媒体が小さい方は一ページに乗っている問題が少なくなります。 一日〇ページやらせたいと思っていても、 この二冊では一ページの問題の量が変わってきます。 どのくらいの量をやらせたいのか考えて、どちらのサイズの物から選ぶかを決めるのもいいと思います。 収録されているひらがなの数も確認しよう まずはひらがなの45音から始めるのが良いと思います。 濁音や半濁音 がぎぐげご、ぱぴぷぺぽ等 は次のステップですので、 まずは焦らずに45音を練習するのがおすすめです。 繰り返し学習には、書いて消せるものが便利 何度でも繰り返し消して練習できるものもあります。 こちらのタイプはマーカーやクレヨンが向いています。 テッシュやボード用イレイザーで簡単に消すことができるので経済的です。 子供が楽しめるドリルを選ぼう ひらがなの習得にはどうしても繰り返し練習することが必要になってきます。 ですが、同じように 反復練習だけしていると飽きてしまってやらなくなってくることもあります。 苦手な文字に躓いたりしてやる気が出ないこともありました。 そういったときには、 ひらがなを取り入れためいろにや、しりとりになっているものなど、趣向を変えたものを取り入れると気分も変わって楽しんでくれました。 ちょっと一段階戻って簡単なものをやることで自信を取り戻すこともありました。 やらなくなってきたドリルは一度お休みにして違うものを始めてもいいと思います。 「しばらくたってから続きをやろう」くらい、無理なく進めた方が長く続くと思います。 楽しいのが結局一番の近道でした。 ひらがな練習にはあいうえお表も大活躍 わからない文字があった時に自分で探したり、練習以外にも目にすることで覚えが早くなったりと大活躍してくれます。 自分で探すことで教えてもらうよりも文字が身につきます。 男の子におすすめひらがなドリル KADOKAWA 男の子がさいごまでできる ひらがな 学研プラス でんしゃのひらがなれんしゅうちょう 小学館 ドラえもん はじめてのあいうえお 3・4・5歳 ポケットモンスター・ベストウイッシュ 知育ひらがな・カタカナあそび ふわぺたシールえほん (はじめての シール知育絵本 ふわぺたシールえほん) 女の子におすすめひらがなドリル 講談社 HUGっと! プリキュア あいうえお かけたよ! 一番大切なこと 子供は 楽しみながら取り組んでいるときが一番吸収します。 できないときややりたくないときは無理強いしない方が長く続くと思います。 どうしてもやる気が出ないときは違う分野に目を向けたり、やる気が出るような工夫をしてあげたいところです。 自分たちが練習をしているころにはきっと周りのお友達も練習していると思いますが、比べて焦らないようにしてください。 子供のペースで少しずつ進めるようにして ひらがな練習を楽しい時間にしてほしいです。 関連記事: 関連記事:.

次の

[最新]安くて使いやすい電動ドリルおすすめ10選と選び方

ドリル おすすめ

ストロークも長いし、ガイドとなるアタッチメントがねじ込み式で簡単に交換できることも良いですが、6ミリ8ミリ10ミリと主要のサイズがあるのも良いですね。 ただしダボ用の穴を開けたりするのは精度も低くなると思うので基本的に板の表面に穴を開けるといった前提になると思います。 あまり隅っこだと構造上乗らなくなることもあります。 まずは実際に10ミリのガイドを取り付け穴を開けてみます。 ドリルは振動があるのでガイド全体が動いてしまうのがわかります。 対策としてガイドの接地面に両面テープを貼ってみます。 バッチリ動かなくなりますが、テープの粘着力が強すぎて材にテープがくっついて剥がれなくなります。 なので手で触って粘着力を落としておきます。 若干振動で動きますが問題ない範囲ですね。 ただストロークが長いので短いドリルだと深い穴を開けることが出来ないので注意してください。 長いドリルビットもあると便利ですよ。 ガイドもガタがないわけではないので力の入れ具合で多少の2ミリ程度のズレは出ますので真っ直ぐ下ろすように心がけましょう。 40ミリ以上の厚みの材を貫通させましたが裏表で測ってみるとかなりの精度が出ていることがわかりますね。 これなら安心してオススメできそうです。

次の

2020おすすめの振動ドリル人気ランキング!【コンクリート用にも】 モノナビ

ドリル おすすめ

DIYの基本ツールの1つに「電気ドリル」があります。 木材や金属といった硬い場所に穴をあける工具です。 あけた穴はネジ止めやパーツの埋め込みなど、いろいろな使い方ができます。 ドリルが電動で高速回転し掘削してくれるので、使い手はほとんど力がいりません。 また、先端のドリルは取替式になっているので、いろいろな大きさや深さの穴をあけることもできます。 ただ、通常の電気ドリルには苦手分野があります。 コンクリートやレンガの穴あけです。 非常に硬いうえに割れやすく、電気ドリルではなかなかうまく穴があけられません。 振動ドリルは、電気ドリルに「振動」の機能を付け加えることで、コンクリートの穴あけをしやすくしたドリルです。 振動ドリルはコンクリートに穴が開けられるドリル 振動ドリルと間違えやすい工具として、ハンマードリルというものがあります。 ドリルを細かく振動させるのではなく、ダイナミックに上下に動かすことで、コンクリートに「打撃」を加えるドリルです。 工事現場でよく使われている、両手で持つ掘削ドリルを思い浮かべてみてください。 ハンマードリルはあの掘削ドリルに近い工具です。 コンクリートに大きな穴をあけるためのパワー重視の、プロ向けの工具といえるでしょう。 打撃機能を使ってコンクリートを砕いたりすることも可能。 振動ドリルにはできない技で、「はつり」といいます。 ハンマードリルは穴あけ機能でいえば振動ドリルの上位互換ですが、逆にいうと繊細な仕事には不向きなので、DIYならば振動ドリルのほうが使いやすいでしょう。 振動ドリルとインパクトドライバーの違い インパクトドライバーは木材へのネジ締めに使う 振動ドリルはそれぞれ、最大で直径何mmの穴をあけることができるかが決まっています。 最大穴あけ能力と呼ばれ、ドリルの性能をもっともわかりやすく表す数値のひとつです。 振動ドリルの製品スペックを見ると、必ず書いてありますのでチェックしましょう。 分かれ目になるのは最大穴あけ能力10mmのラインです。 10mmを超えるようなら比較的強力なドリル、と思っていいでしょう。 ただ、たとえば壁や天井に、軽いものを吊り下げたり家具が倒れないような支えを作る目的で穴をあけるなら、10mm以上の穴はあまり必要ではありません。 基本的に穴にはコンクリートプラグという、ネジ穴になるパーツを埋め込んでそこにネジを止める形になります。 さほど大きな重量を支えるのでなければ、直径6mm~10mm程度のプラグで十分です。 本格的な家の改造をしたいなら、穴あけ能力13mm以上のものを ちょっと家具や照明を取り付けたりするのではなく、庭や内装を根本的に改造してしまうような場合は、直径10mm以上の太いコンクリートプラグで重たい重量を支える必要もでてきます。 そういうときは、最大穴あけ能力13mm以上のものを選びましょう。 充電式でも13mm以上のスペックを持つものがありますが、最大穴あけ能力が高いわりに安く入手でき、そういった本格DIYで使いやすいのはAC電源式です。 そして最大穴あけ能力が20mmを超えるあたりからは、振動ドリルではなくハンマードリルの領域になってきます。 プロの内装業者が使っているような工具ですが、パワーがありすぎて日常的にはやや使いにくいのが難点ですね。 機能性の高さで選ぶ ネジやボルト締めにも使いたいなら3モードや4モードの多機能タイプ 多モードタイプの振動ドリルを買うときチェックしたいのが、状況にあわせて細かく回転速度を変えられる変速機能です。 というのも、ドリルとドライバーでは、求められる先端の回転速度が違うからです。 ネジ締めの場合、ネジ山が潰れたりしないよう、速すぎない回転で動かさないといけません。 モードが多い振動ドリルは、必ずレバーで無段階に回転をコントロールできるタイプを選びましょう。 それに加えて、即座に回転数を一定まで落としてくれるワンタッチ変速機能もついている製品なら、繊細なコントロールと簡単操作を使い分けられて理想的です。 振動ドリルのおすすめブランド・メーカー マキタ 日本最強の工具メーカーのドリルは多機能が自慢 ドイツに本社があるメーカーです。 ドイツでの正式名はロバート・ボッシュ。 世界最大手の自動車部品メーカーで、揺るぎない地位を築いている大企業ですが、電動工具の分野でも確固たるブランド力を持っています。 日本支社も80年以上の歴史を持っており、古くから日本に馴染んできたメーカーでもあります。 ボッシュの電動工具は一昔前まで、あこがれのプロ御用達ブランドでした。 洗練されたデザインと性能の高さで知られた舶来の高嶺の花だったわけです。 いまはDIY向けの手頃な工具もたくさん出していますが、カッコいいデザインと隙のない性能は昔と変わりません。 充電式振動ドライバードリルの分野で、マキタに対抗できる唯一といっていいメーカーでもあります。 振動ドリルではなく、その強力版といえるハンマードリルです。 価格のほうもプロ向けに近く、振動ドリルの倍近くします。 最大穴あけ能力は23mmと、振動ドリルより一段上のパワー。 しかし安易に、パワーがあるほうがいいだろう、というだけの理由でハンマードリルを買うのはやめたほうがいいでしょう。 電気ドリルや振動ドリルとは根本的なところで違うカテゴリーの工具です。 たとえば、先端のドリルの取付口の形状も違っているので、パーツの共有もできません。 それでもコンクリートに大きな穴をあけたい、または打撃でコンクリートを砕く「はつり」がしたい、という場合は、この製品あたりがお求めやすくてパフォーマンスも良好です。 なかでも消費電力の数値は素晴らしく、650wは下手な振動ドリルより優秀です。 重さも2. 3kgと、ハンマードリルとしては重くないほうです。 日本で充電式振動ドリルというとほぼマキタの独占市場ですが、そこに割って入る力のある数少ないメーカーがドイツのボッシュ。 こちらはボッシュの充電式ドリルのエントリーモデルといえる製品です。 最大穴あけ能力は6mm、回転数1300min-1とパワーはかなり控えめです。 振動ドリルというより、コンクリートに穴もあけられる電気ドライバー&電気ドリルと考えたほうがいいかもしれません。 しかし重量950gと非常に軽く、握りやすく、そしてなにより3モードのドリルとしては安価です。 無段変速もちゃんとついています。 ドライバー&電気ドリルの機能を主体に使いたいが、ときどきコンクリートにも穴をあける必要がある、という人に最適ではないでしょうか。 日本を代表する家電メーカーのひとつ、パナソニックは実は電動工具も出しています。 全ての分野でいえることですが、パナソニックの製品は信頼性、使いやすさ、耐久性を重視しているのが特長。 振動ドリルも例外ではありません。 摩耗しにくいプラシレスモーターをはじめ、全てがかっちり作られ長持ちするようになっています。 コンクリ穴あけは6. 5mm 回転数は1580min-1とパワーは控えめです。 価格と見比べても、コストパフォーマンスはいまひとつと思われるかもしれません。 が、18段クラッチを備えており回転数の制御がしやすい、電池の自由度が高く18vと14. 4vのどちらでも使える、など、他の製品にない工夫がされています。 扱いやすさと頑丈さを重視したい人にとっては有力候補になりえる振動ドリルです。 振動ドリル、電気ドリル、電気ドライバーに加えて、強力なネジ締め「インパクトドライバー」の機能も使える4モードの充電式ドリル。 振動ドリルとしてはもっとも万能な形です。 インパクトドライバー機能は、硬いネジも楽に開け締めできるためDIYの作業が格段に楽になる機能です。 おそらくこの製品も、実際は振動ドリルよりインパクトドライバーのほうが重宝するかもしれません。 ボルト数は14. 4vですが、最大穴あけ能力は8mm、回転数は2800min-1となかなかのポテンシャル。 4モードになると各モードでの適切な回転を設定するのがやや難しいのですが、この製品では打撃も回転もワンタッチで段階を変えられる有能なギアが完備されていて使いやすくなっています。 万能な工具が手頃な値段で欲しい、というかたにおすすめです。 マキタの充電式4モードドリルの、現在のところの集大成といえる製品です。 とはいえ、最大穴あけ能力は8mm、回転数は2700min-1という振動ドリルのスペックだけ見れば、14. 4vのものと変わらず損に見えるかもしれません。 しかしトータルで見れば、インパクトドライバー機能などそのほかの機能が大幅充実しています。 とくに注目したいのは高性能ブラシレスモーターを採用し、耐久性を大幅に高めていることです。 高い分、長く使える設計になっています。 またトルク低下を防ぐ機能や、かゆいところに手が届くクラッチ切り替え機能、ネジ頭を痛めないテクス用ネジ専用のドライバーモードなど、おいしい機能が盛りだくさん。 御値段はやや張りますが、これを買えばまず困ることはない、といえるでしょう。 ハンマードリルはハイパワーなぶん電気を食うので、ほとんどの製品はAC電源式です。 そんな中で、数少ない充電式のハンマードリルがこちら。 メーカーはさすがというべきか、安定のマキタです。 無段変速はもちろん完備。 振動ドリル同様回転オンリーにできるモードもついています。 最大穴あけ能力は16mmで、あれっ、それなら振動ドリルでいいじゃないか、と思われるかもしれません。 が、さすがコンクリート穴あけに特化しているだけあり、穴あけのスピードが段違いです。 10mmぐらいのコンクリート穴を、とにかくたくさんあけたい、というケースならばこのドリルは最強レベル。 1点特化型の製品ですが、ニーズが合うならば買う価値はあります。 紹介してきたように、振動ドリルという工具ははっきり2つに分けられます。 AC電源式はだいたいシングルタスクで、ドリル機能しか持っていませんがパワーがあり穴あけ能力が高く、そして比較的安価。 たいして充電式は、ドライバー機能がついているのが当たり前で、ちょっと高級品になるとインパクトドライバー機能まで備えた万能型ドリルになります。 そのかわり大きな穴をあけられる製品はほとんどなく、パワーは控えめで値段もやや高めです。 どちらが自分のニーズに合うかを考えて、まずは電源形式から選んでみましょう。 コンクリートの穴あけをけっこうな頻度でやる必要があり、スムーズに作業したいならAC電源式。 コンクリート穴あけはさほど頻度が高くなく、それよりドライバーを使う機会が多いようなら充電式。 自分のDIYプランを思い浮かべて、どちらかに決めたうえで選定をすすめるのが賢いやり方です。

次の