ヨーグルトメーカー ローストビーフ。 アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー(IYM

ヨーグルトメーカーで低温調理は考えないほうが良いと思う│Dabo's life in KL, Malaysia

ヨーグルトメーカー ローストビーフ

Contents• 思い立ったがローストビーフ ランチで美味しいローストビーフ丼を食べました。 そしてふと思いました。 家でも美味しいローストビーフを食べたい! 出来れば思いっきり生っぽいやつ!(下の画像くらいの) と、いうことで早速帰り道にお肉を買って ローストビーフ作りに挑戦してみることにしました。 メインの調理器具はヨーグルトメーカー ちょうど家には ヨーグルトメーカーがったので、ヨーグルトメーカーでローストビーフを作ってみることにしました。 今回使用したヨーグルトメーカーはこちら。 「 アイリスオーヤマ KYM-013」です。 参考にしたサイト こちらのサイトのローストビーフが非常によく出来ていたので、こちらのサイトを参考に作ってみました! では早速調理開始! 手順1.肉を用意する 買ってきたお肉がこちら! オーストラリア産牛ももブロック!100gあたり228円! 333gのぞろ目です。 手順2.肉にガーリックパウダーと粗引き胡椒をふる S&Bの「キッチンガーリック(ガーリックパウダー)」と「あらびきコショー」。 これを全体的にまんべんなくふりかけます。 手順3.肉の表面を焼く 強火で表面を焼きます。 焼き上がりはこんな感じ。 焼き具合はこんな感じ。 多少ムラが歩けどまぁまぁいい感じです! 手順4.肉をZiplockにしまう 空気をしっかり抜くことがポイントみたいです! 手順5.ヨーグルトメーカーの容器にZiplockを入れる すっぽり入りました! もうちょいでかい肉でもいけますね。 手順6.ヨーグルトメーカーの容器に熱湯を注ぐ 参考にしたサイト「ピリリンク」さんによると「 熱湯がいいかも」ということなので、沸騰したお湯を入れました! しっかり肉がつかりました! 手順7.ヨーグルトメーカーを開始する 容器をヨーグルトメーカーにセットして調理開始です。 手順8.肉を取り出す ヨーグルトメーカーの調理が完了したら肉を取り出します。 今回、熱しすぎたことによって肉に火が通り過ぎてしまいました。 手順6にて 熱湯を入れたのが間違いだったと思います。 参考にしたピリリンクさんの記事2016年のものでした。 それは 肉の焼き方です。 料理を心得ている方ならありえないミスなのかもしれませんが、 肉の側面を焼く ことをすっかり忘れてしまっていました。 ローストビーフ作りにおいて、最初に肉の表面を焼く目的のひとつに、 肉のうまみを閉じ込めることがあります。 今回は一面、それを忘れてしまった結果、以下のように肉汁が大量に溢れ出てしまいました。 (前面焼いても多少の肉汁はでると思いますが、ここまでは出ないのかなと思います。 ) 因みに、味付けはガーリックパウダーと胡椒だけで十分美味しく仕上がりました。 次回、反省点を踏まえリトライしてみます!.

次の

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー(IYM

ヨーグルトメーカー ローストビーフ

低温調理には「おいしい理由」がある そもそもローストビーフや低温チャーシューを始めとした「低温調理」がなぜおいしいのかと言いますと、 タンパク質の変性の特徴をうま〜く利用しているからなんですよね。 肉のタンパク質には大きく分けて ミオシン・アクチンの2つあり、それぞれ以下の特徴があります。 変性する温度 特徴 ミオシン 50度〜 変性前だと肉は「グニャッ」という食感。 変性後は歯切れがよく人が噛み切りやすい食感となり、旨味も感じやすくなる。 アクチン 66度〜 変性すると肉の水分が抜け、色が茶色くなり硬くパサつきがでる。 その点、低温調理であれば、旨味が出るうえに食感も柔らかくなるため、 安いお肉でも十分おいしく仕上がるのが嬉しいですね。 もりっちは面倒くさがりなので、洗い物が増えないよう牛乳パックを使用しています。 笑 これで準備完了。 エムケー精工のヨーグルトメーカーは1時間単位でしか設定できないため、とりあえず3時間に設定し、キッチンタイマーやスマホのアラームを「2時間30分」にセットしておきましょう。 もりっちはあくまで面倒くさがりなので、容器ごと(中のお湯は捨ててください!)冷蔵庫へINしています。 もともとはヨーグルトのためだけに購入しましたが、低温調理もできてしまうなんて、まさに 嬉しい誤算…! あなたもぜひ、ヨーグルトメーカーで低温調理に挑戦してみてはいかがでしょうか。 それでは今日はこのへんで。

次の

ヨーグルトメーカーで低温調理は考えないほうが良いと思う│Dabo's life in KL, Malaysia

ヨーグルトメーカー ローストビーフ

ヨーグルトを作るには、「牛乳」と「ヨーグルト」を混ぜます。 そして、それを一定の時間保温して発酵させます。 この中途半端な温度設定をキープさせるためにヨーグルトメーカーが必要なんです。 これを「植え継ぎ」といいます。 植え継ぎをすれば、牛乳だけ買えばヨーグルトを増やせるのです。 植え継ぎを繰り返すほどコスパが良くなります。 私も甘酒メーカーを買ってから、このことを知りました。 いろんな料理が作れます。 例えば ・甘酒 ・ローストビーフ ・ローストチキン ・納豆 ・温泉玉子 ・味噌 など。 料理好きの人は料理の幅を広げることができます。 なので、手軽に買うことができます。 3000円以下のヨーグルトメーカーも売っています。 どれも機能はほぼ同じです。 価格重視で選べば良いでしょう。 続きましてヨーグルトメーカーのデメリットを紹介します。 日常的に作る料理ではありませんよね。 これらは、ヨーグルトメーカーがあるから作れる料理です。 ヨーグルメーカーを買った直後は、これらの料理を作るかもしれません。 でも、ほとんどの人が面倒くさくなって、ヨーグルトメーカーを使わなくなるような気がします。 それに、「ヨーグルト以外の料理も作らない」となるとヨーグルトメーカーを買ったお金が無駄になります。 あまり使わないとスペースの邪魔になります。

次の