スティーブン ユニバース 映画。 a.bbi.com.tw: スティーブン・ユニバース: generic

【スティーブン・ユニバース】動画配信とDVD発売を徹底調査!│アメリカ info

スティーブン ユニバース 映画

スティーヴン・スピルバーグ - 2017 生年月日 1946-12-18 (73歳) 出生地 国籍 民族 職業 、 ジャンル 活動期間 - 活動内容 :テレビ脚本初執筆 :テレビ映画初監督 :劇場映画初監督 :『』でブレイク :アカデミー賞受賞 :アカデミー賞受賞 配偶者 1985 - 89 1991 - 著名な家族 1976 - 現妻の連子 マックス 1985 - 前妻との実子 セオ 1988 - 現妻の連子 1990 - 実子 サイヤー 1992 - 実子 ミカエラ 1996 - 養子 デストリー 1996 - 実子 主な作品 監督 『』 『』 『』 『』 『』 『』シリーズ 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 『』 製作・製作総指揮 『』 『』シリーズ 『』 『』 『』 『』シリーズ 『』 『』 『』 『』シリーズ 『』 『』 『』 『』 受賞 『』 『』 『』 1986年 映画界への貢献に対して 『』 黒澤明賞 1982年『』 1993年『シンドラーのリスト』 『E. 』 『プライベート・ライアン』 『プライベート・ライアン』 『』 AFI賞 1993年『シンドラーのリスト』 1993年『シンドラーのリスト』 アカデミー友愛賞 1985年 2002年『』 2003年『』 『』 アニメーション番組賞 1996年『』 『シンドラーのリスト』 『プライベート・ライアン』 『』 名誉賞 『E. 』 『』 『シンドラーのリスト』 外国語作品賞 『E. 』 『』 『ジュラシック・パーク』 その他の賞 備考 及びの共同創業者 スティーヴン・スピルバーグ( Steven Spielberg, - ) は、の、。 2位の人物である。 2018年には総興行収入が100億ドル(約1兆728億円)を超えた初めての映画監督となった。 経歴 [ ] 幼少時代 [ ] で の家庭に生まれ、に育つ。 古い資料では生まれとなっているが、これはスピルバーグが長年1947年生まれと偽ってきたためで、生まれが正しい。 Spielberg(シュピールベルク)というの姓は直訳すると「芝居山」という意味で、祖先が17世紀に居住していたの町の名前に由来する。 英語訳では「Playmount」となり、彼が若い頃の映画製作の社名にしていた。 父の仕事の都合上、引っ越しが多かったという。 であったほか、(失読症もしくは難読症、の一種)のために同級生より読み書きを修得する速度が遅く、このためも受けたこともあった。 また、両親は離婚しており、これらのことが後の作品に大きな影響を及ぼすことになる。 初めて観た映画は5歳の頃に鑑賞した『』。 幼い頃からカメラで自主的に映画を製作する。 きっかけは13歳の頃、家族旅行の際に父親から8ミリカメラを渡され撮影係を頼まれたためだという。 、、、、『』など様々な映画の影響をうけるが、特には初期の彼の作品にさまざまな影響を与えている。 彼自身、雑誌のインタビューで「こそ僕の生みの親で、テレビは育ての親だ」と語っている。 少年時代 [ ] 17歳の時、アリゾナに住んでいたスピルバーグはカリフォルニアに遊びに来た際、をバスで回るツアーに参加。 ツアーの途中でトイレに隠れてバスが去ってからスタジオ内を探索するという大胆な行動を行った。 スタジオで映像保管係をしていたスタッフと知り合うと、3日間の通行証を作ってもらったためその3日間で人脈を作り、スタジオには顔パスで入れるようになり、通行証なしで出入りできるようになったという。 この頃、映画監督のと出会う。 1965年からにて映画を専攻。 この頃になると、スピルバーグは大学に通う一方で休みになるとユニバーサルへ潜り込むようになり、ついには空き部屋だった掃除小屋を自分のオフィスとして使用してユニバーサルに居候を始め、ハリウッドを出入りするようになる。 その後、21歳のときに、オープニングタイトルとの会社を経営していると知り合い、映画製作資金を提供してもらうこととなり、最初の作品「アンブリン」を完成させる。 この映画がユニバーサルテレビ部門の責任者 ()の目に止まり、ユニバーサルと7年契約することとなる。 しかし、上記の契約のため大学の卒業は困難になり、1969年にカリフォルニア州立大学は中退した。 後に再度入学し卒業、2002年にB. ()を取得。 なお、1999年にから名誉博士号を授与されている。 職歴 [ ] 1970年代 [ ] 、『』の第3作目である「構想の死角」で監督を務めた。 同年、テレビ映画として撮った『』が評判を呼び、海外では劇場公開され、スピルバーグの名前が世界に知られるようになる。 に『』で、劇場用映画監督に進出。 1975年に公開された『』はそれまでの『』の記録を破り1977年に『』に抜かれるまで世界歴代興行収入1位を記録する大ヒットとなり一流監督の仲間入りを果たす。 1977年に公開された、人類と宇宙人のコンタクトを描いた『』も話題となった。 1980年代 [ ] 初期の頃は、娯楽映画で評価を得ていたが、やがて様々なジャンルの映画を手がけるようになる。 一作目が1981年、二作目が1984年、三作目が1989年に公開された、考古学教授でありトレジャーハンターの大冒険を描いた『』シリーズも大ヒットとなった。 1982年に公開された、不恰好だが愛くるしい宇宙人と子供たちとの交流を描いたファンタジー作品『』では、2度目の世界歴代興行収入1位を記録。 また、1980年頃より、自ら監督を務めない作品でも、プロデューサーとして名を連ねることが多くなった。 ただし、必ずしも製作指揮をとっていたわけではなく、製作資金を確保するために名前を貸したケースも多く、その中には興行的に失敗した作品も少なくない(詳細は を参照)。 1990年代 [ ] には『』を大ヒットさせ、3度目の世界歴代興行収入1位を記録。 1997年に『』に破られるまで続いた。 同年のでは『』で、を受賞する。 スピルバーグは、この作品の製作に意欲的で報酬を断っている。 また映画製作と並行し、ホロコーストの生存者が存命のうちに証言を映像で記録し、収集保管を趣旨とする「Survivors of the Shoah Visual History Foundation」()の創設準備に取りかかり、5万人の証言を集めることを当初目標にかかげる。 にを設立。 に『プライベート・ライアン』で、2度目のアカデミー監督賞を受賞する。 1999年4月に南カリフォルニア大学のロバート・ゼメキス・センターに50万ドルを寄付した。 2000年代 [ ] に()より、爵を授与された。 ホロコーストの生存者・目撃者の証言映像作成と収集活動をスピルバーグが評議員を務めたに移管、非営利団体「南カリフォルニア大学財団映像歴史教育研究所」としてカリフォルニア州で法人登記が行われる。 ドリームワークスの経営者としての活動が多くなり、監督作品を出すペースもやや遅くなりつつある一方でプロデューサー(製作総指揮)としての活動が盛んになり、『』や『』で大ヒットを飛ばす。 3年ぶりの監督作であり19年ぶりの続編となる『』では興行的には成功したものの、でを受賞する不名誉な結果となった。 近年の活躍 [ ] 近年では、との関係が悪化するなどで契約上のトラブルが多くなり、長年温めている企画であるの映画も制作に取り掛かるまでに時間を要したが、2011年秋にようやく撮影開始となった。 その後は2年間で監督作3作品を公開し、その内2作品が2年連続でにノミネートされるなどの活躍を見せている。 2013年2月にはの審査委員長に就任し、5月15日から26日の間で審査員長を務めた。 「映画が世界共通の言語であることを長年に渡って証明し続けてきた、最も権威ある映画祭の審査委員長を務めることを大変光栄に思っている」と語っている。 2012年1月にはに記される古代イスラエルのを描く映画『』の監督にほぼ決定したと報じられたが 、2013年3月に降板が決定した。 2013年5月にはアメリカの狙撃手の実話を映画化する『』の監督に就任したと報じられたが、8月に降板したと、Deadlineで報じられた。 2015年、を受章。 2015年12月、新映画会社 アンブリン・パートナーズを設立。 、インドの、カナダのメディア企業エンターテイメント・ワンと共同で創設し、、ドリームワークス、パーティシパント・メディアの3つのレーベルを用いて映画やテレビ、デジタルコンテンツを製作する予定。 受勲・名誉賞 [ ] 元アメリカ合衆国大統領から ()を授けられる。 (2009年) スピルバーグが創設した賞 [ ] スピルバーグは自身がで経験したことから、のバッジ制度に映画製作の創設を支援し、身を立てる技術として映画制作を促進した。 このバッジは1989年9月にで初の授与式が行われ、出席したスピルバーグは、バッジの審査条件である映像作品を持ち寄った少年たちの相談に応じた。 同じ1989年には「」が公開、映画冒頭のシーンには ()を身につけた10代のインディアナ・ジョーンズが登場し、よく見ると ()記章を身に付けている。 スピルバーグはスカウト時代の自分の経験を尊び、インディアナ・ジョーンズをボーイ・スカウトに仕立てたと回想している。 アメリカ連盟は職業人として成し遂げたスピルバーグの功績を認め、他者への奉仕ならびに新しいメリットバッジ創設に献身したことを称えて ()を授与した。 映画賞 [ ] スピルバーグはアカデミー賞を3回受賞した。 は7回ノミネートされ受賞2回(『』と『』)、は『シンドラーのリスト』で受賞したほか、ノミネート作は10本を数える。 1987年には創作プロデューサーとしてを受けた。 ()を受賞したのは1995年である。 2006年には夏季映画祭(Summer Gala)から7月15日に ()を授与されている。 2007年11月、スピルバーグの ()受賞が決定、2009年2月に第6回表彰式で授与されると発表があった。 2008年1月には受賞の報道がありながら、があったため授賞式のプログラムが大幅に縮小されてしまい、は授与を翌2009年の表彰式に延期した。 叙勲 [ ] 1998年、 () []および () []を受章している。 大統領が章を授け、映画「シンドラーのリスト」と設立の功績を称えた。 2001年、のエンターテインメント業界への貢献に対し、()より爵を授与され、イギリス国籍がないため名誉爵位の扱いである。 2004年、大統領より勲章シュヴァリエ(第5の階級)に迎えられる。 の叙勲は2008年である。 から2011年10月22日に贈られた勲章は ()コマンダー章である。 赤い綬にさげた勲章を授けたのはベルギー経済相 ()であり、同コマンダー章は同国勲章第3位の高位に当たる。 また2013年審査委員長を務めた。 名誉学位 [ ] 名誉学位を各校から贈られており、1999年にから、には第136回卒業式(2009年5月17日)において、同年10月には ()を前アメリカ合衆国大統領から授けられる。 授与式の出席者には、州知事 ()および ()市長が顔をそろえた。 は2016年5月26日付で名誉芸術博士号を授与。 2008年6月よりヒュー・ダウンズ優秀コミュニケーション賞 Hugh Downs Award for Communication Excellence を受ける。 アメリカの各章 [ ] 1999年8月11日に「プライベートライアン」という映画を称え、 () をで国防長官(当時)から贈られた。 また2006年12月3日に受賞。 俳優のの祝辞、のより映画「プライベートライアン」に寄せる謝意のメッセージが発表されると、作「」(指揮はスピルバーグ作品で多くの主題歌を振った)の上演で授賞式はお開きとなった [ ]。 は2013年11月19日、功労賞(Records of Achievement Award)を贈り、副賞としての1861年に議会で可決しながら批准されなかった版と、1865年に大統領が署名して成立した改正案の合計2点の複製品が添えられた。 改正案ならびにその批准の過程はスピルバーグの映画作品「」の主題である。 2015年11月24日、アメリカ大統領はでスピルバーグにを贈る。 名誉の殿堂入り [ ] ()入りを果たすのは2005年であり、文学作品以外として初の事例だった。 視聴者賞 [ ] テレビの視聴者が選ぶ賞として、2016年7月、テレビの児童番組「 ()」より ()金章を受けている。 作風 [ ] (の翻訳転載)• 暗いシーンの中で強烈な懐中電灯の光を使う。 それはしばしば、空気中の埃や霧などで輪郭のはっきりしたビームとして描かれる。 (『』『』『』)• 画面上の人物が、画面外の何かを凝視する。 (『ジュラシック・パーク』のグラント博士がブラキオサウルスをはじめて見るシーンなど)• 太陽の映像(『』『』『』『』)• 子供を何らかの危機に陥らせる。 (『ジュラシック・パーク』など。 に言及、引用する。 (『ジョーズ』の巡洋艦インディアナポリスに関する話など。 の映画、音楽、テーマパークに言及、引用する。 高い頻度でピアノが重要なシーンを際立たせる要素として使われる(『』『プライベート・ライアン』『』)• 車のバックミラー越しに重要なことが描写される。 (『激突』、『ジュラシック・パーク』など)• 特殊視覚効果を多用する。 一見気づかれない部分に使っていることもある。 例外的に『ターミナル』のみデジタル・イメージワークスが担当した。 を使わず、で撮影する(同様のスタイルの監督は、やなど。 近年では『』など例外もある)。 作中の家庭は離婚家庭であることが多く、父親は不在であるか、無責任なもののように描写される。 「離れ離れになった家族」という構図が頻繁に登場する。 これはスピルバーグ自身の両親が離婚していた体験が反映されていて、「私の映画は、両親が離婚した子供たちに向けられたものだ」と語ったこともある。 子供部屋が汚く、物が溢れており、あちこちに玩具や服が散乱しているのは、スピルバーグの幼少期の子供部屋を参考にしている。 やを先天的に持つ子供は片付けが苦手である。 また、スピルバーグの両親はしょっちゅう喧嘩していた。 スピルバーグは両親の不仲を悲しむよりも「 うるさい」と感じていたため、スピルバーグは子供部屋へ籠り、ドアの隙間には布団を詰めて防音していた。 あまりズームを使用しない(の影響だと本人は語っている)。 ただし、『E. 』と『』では流の「」を使用している。 異文化の登場人物間のコミュニケーション(『未知との遭遇』『』『E. 』『カラーパープル』『』) 監督作品はアクション、ロマンス、サスペンス、コメディ等様々な要素を盛り込まれ、視覚効果も駆使したヒット作が多い。 1980年代半ばからよりドラマ性の強い作風に変化している。 先に正解をバラしておいて、周囲が隠してじらす方法を取り入れている。 これは、スピルバーグが子供の頃に悪い事をして教師に登校してすぐに「放課後、話がある」と言われてずっと一日中「先生に放課後何を言われるんだろう」という恐怖を味わった経験から来ている。 脚本の検討に時間がかかるとして『』続篇の映画化にはタッチせず、高い収益を上げた『』は(利益が見込める)続篇を求められても拒否した。 監督作『』はですでにあまり乗り気ではなく、は監督せずプロデュースにまわった。 プロデュース作品はシリーズ化されたものも多くあり、テレビでも『』が10年以上続くなど成功しているが、目下監督を手がけるシリーズは『』だけ。 人物 [ ] 監督としての功績 [ ] 監督としては、世界最高のヒットメーカーの一人として挙げられる。 監督作品の全米生涯興行収入は2018年現在で計46億3660万ドル(約4974億円)に達しており、歴代1位を記録している。 また、プロデュース作品の同興行収入は計77億3330万ドル(約8297億円)を記録していて長年歴代1位であったが、2018年にが1位となり、現在は歴代2位。 撮影においてリハーサルをほとんど行わないなど、凄まじいほどの早撮りで、3時間近くある自身渾身の大作『』は2か月で撮影を終えたという。 また、このために多作である。 製作費を安く抑えることでも知られ、製作費が1億ドルを越えたのは『』、『』、『』、『』。 このことに関しては、ルーカスの助言が影響している。 撮影機材に精通した監督としても知られている。 また、多くの監督がデジタルで撮影を行っている中、彼は未だにを使用している。 『』はによるアニメーションという形となったため、監督としては初となるデジタル撮影かつ3Dでの公開となった。 『』でもフィルム撮影でありながら、編集はAvidを用いてデジタル作業で行われた。 が『』で受賞するまで、監督作の出演者は演技部門ではノミネートにとどまり受賞には恵まれなかった。 その一方で『』のや、『』のなど、駆け出しの頃にスピルバーグ作品に出演して注目された例もある。 友人 [ ] 同業のは長年の親友かつ一番のであり、ルーカスの学生時代の作品『』を観た当時は「彼が大嫌いだった、私よりずっとうまく映画を撮るから」と、純粋な対抗心を持っていたことを打ち明けている。 ルーカスとは『』シリーズを一緒に製作しているほか、『』でも一部を手伝ったことがある。 『レイダース』を生んだ1977年、ハワイでの休暇で、新作『スター・ウォーズ』の失敗を確信していたルーカスは自身が受け取る『スター・ウォーズ』の収益歩合と、スピルバーグが受け取る『未知との遭遇』の収益歩合を交換しようと持ち掛けスピルバーグも了承(正確には印税の2. 5%を交換)。 『スター・ウォーズ』は『未知との遭遇』を超える大ヒットとなり、現在になってもスピルバーグに利益をもたらしている。 また、この『スター・ウォーズ』の収益のお陰では破産を免れたという。 その他にも、、といった監督と長年の交友があり、、、、などの俳優陣と親交が深く自身の監督作にも頻繁に起用している。 『』で長男マックスが2015年の世界で『ジョーズ19』(小説版では『ジョーズ14』)を監督しているジョークがあったが、現実ではゲームソフト『』製作に一部関わったり、『』に端役で出演したりしている。 『ターミナル』にはサーシャも出演。 この後『』と『』にも出演した。 トム・ハンクス主演の『』で脚本を書いたアンは実妹。 もう一人の妹ナンシーと学生時代のスピルバーグ作品に参加した。 また父が『』メイキングに出演している。 常連スタッフ [ ] スピルバーグ自身が監督する作品の製作総指揮は、初期からとの連名になっており、キャストのオーディションなどにも同席する。 その他、自らの監督作品には作曲家の、編集のら、多くのスタッフを継続して起用する傾向がある(製作に名を連ねているだけの場合は、現場の監督らに人選を任せる)。 それは、気心が知れたスタッフなら、簡単な指示を出すだけで自分の意向に沿った仕事をしてくれるため、時間と資金の節約になるからである。 カーンは、ビデオで編集したくないというスピルバーグの意向から、を使わず極力フィルムによる編集を心がけているという。 2013年には(ACE)より第63回ACEエディ賞授賞式にて、監督と編集者の関係を数10年にわたって維持してきた功績を称えられ、特別賞にあたる「ACE Golden Eddie Filmmaker of the Year賞」を授与された。 撮影監督は1990年代からのとの作品が続いている。 初期作品を支えた撮影監督はであり、また2作で組んだから受けた影響の大きさも語っている。 新技術に対する姿勢 [ ] この節のが望まれています。 が新として登場した際、監督、プロデューサー、俳優らによるの録音が盛んに行われるようになったが、スピルバーグは「コメンタリー嫌い」と公言し、自身の監督作品のDVDにコメンタリーを吹き込むことは一切なく、他のスタッフやキャストによるコメンタリーも入れさせない。 その代わりに、特典映像を豊富に提供するという姿勢を取っている。 ジョージ・ルーカスが『』で全編デジタル撮影を行ったのをきっかけに、ハリウッド業界の大勢は安価で増産もしやすいデジタル化に傾いたが、スピルバーグは慎重な態度を示した。 2002年末の『』公開時点で全米に36000以上あった劇場映画用スクリーンのうち、デジタル・スクリーンがわずか100以下しか存在しなかったというのが主な理由だが、35ミリのセルロイド・フィルムの絵を好むことでも知られるスピルバーグは、自身をにたとえて「デジタル映像化は進歩とはいえない。 キズなどが付かない綺麗な映像は作れても、映画製作における芸術性を損なう」「映画というのは、1人でノートパソコンで見るより、知らない者同士が映画館に集まって、一緒にチカチカする映像を見るものだ」ともコメントした。 (当時の「次世代DVD」)規格をめぐってとが競合した際、スピルバーグ作品の配給元・販売元である社は後者を支持したが、スピルバーグ自身は規格争いが終息するまで待つという構えを崩さなかった。 そのため、スピルバーグ監督作品は一切、HD DVD化されなかった。 アカデミー賞とヒットメーカー [ ] 1981年に「私はアカデミー賞を獲れないだろう」と発言したスピルバーグだが、1998年の『プライベート・ライアン』でアカデミー監督賞(2度目の)受賞スピーチでは「どうしても欲しかった」と語った。 『』と『』で、『E. 』で監督賞とにノミネートされたが受賞は出来ず、『』では作品、、を含む10部門にノミネートされながら全て逃し、自身は監督賞にノミネートもされないという苦い思いを味わった。 1980年代はスピルバーグにとって娯楽性の高い作風からシリアス路線へと移行した時期だが、を1987年に40歳という異例の若さで受賞した際には「が獲れないのはヒット連発に対する嫉み」という噂が立つことになった。 『』を大ヒットさせた同じ年に『』でアカデミー監督・作品賞をダブル受賞。 『』と『』(2002年)、『』と『』(2005年)とシリアスな作品とより娯楽性の高い作品が同じ年に作られたが、3度目の受賞には至っていない。 逸話 [ ] 親日家 親日家としても有名で、『』の日本限定のCMを公開したり、自らの作品及び製作に携わった作品の予告編の前振りに出演することがある。 『1941』の日本版サントラの解説によると食べ物の中で寿司が好物とのこと。 ウナギの蒲焼きが大好物 [ ]とも言われる。 自宅の門には日本語で「スチーブン スピルバーグ」と彫られた木製の表札が掛かっており、これは三船敏郎が『1941』に出演した際にプレゼントしたものである。 2001年に『』と『』の類似性について尋ねられた際、「日本のテレビ局のインタビューを受けるまで、『鉄腕アトム』という作品の存在すら知らなかった」と答えた。 ただし手塚治虫とは一時親交があった。 手塚治虫はテレビのインタビューで、スビルバーグ監督からもらった色紙を披露しており、そこにはサインとともに監督直筆のETが描いてあった。 また手塚治虫は、自分とスピルバーグとの共通点は黒澤明監督から影響を受けていることだと述べている。 自ら監督・製作した映画への出演 通行人などとして、数秒することがある。 影響を受けた作品 スピルバーグが影響を受けた映画は数多く、本人曰く103本くらいあるという。 また、テレビやラジオ、家族から聞いたお伽話からも影響を受けている、と語っている。 映画の撮影前や製作に行き詰まったときに、もの作りの原点に立ち戻るために必ず観る映画として、『』『』『』『』を挙げている。 特に『アラビアのロレンス』は、彼を最も映画監督になりたいと思わせた映画であると語っている。 また、この映画は1962年に、ロイヤル・プレミアで公開された際には222分の上映時間であったが、その1か月後には約20分カットされ、以後も上映効率のためなどで次々と短くなっていった。 しかし、スピルバーグやの働きかけにより、欠落部分を探し出し、監督の自身が最終的に216分にまでに編集し、1989年に〈完全版〉として再上映させることに成功した(復元には2年を費やし、費用が掛かりすぎたため、一時は完成も危ぶまれた)。 その後、2001年にリリースされたDVDには、特典としてスピルバーグ自身が『アラビアのロレンス』を語るという映像を収録し、「 A miracle of a film」という賛辞をDVDパッケージにコメントしている。 ロレンスはインディにとっても、考古学者としての先輩であり、旧友であったという。 2012年にはEmpire Magazineにて「世界の映画監督が選ぶ好きな映画ベスト10」にて、以下の10作を挙げている。 『』 - 後に『』としてリメイク。 『』 - 1972年、『ジョーズ』公開前に観賞した際「監督になるのを諦めた」という。 『ジョーと呼ばれた男』 - 後に『』としてリメイク。 私生活 [ ] 妻と子供 [ ] 1985年から89年までは女優のと結婚していた。 1989年の離婚調停で、裁判官が弁護士無しでナプキンに書かれたを無効としたため、アーヴィングはスピルバーグから1億ドルを受け取った。 彼らの離婚は史上3番目に高額なセレブ離婚と報じられている。 離婚後もスピルバーグとアーヴィングは息子のマックスの親権を共有している。 その後スピルバーグは『』に出演した女優のとの関係を深めていった。 1991年10月12日に2人は結婚し、キャプショーはユダヤ教に改宗した。 スピルバーグとキャプショーの子供は以下の7名:• (Jessica Capshaw, 1976年8月9日 - ) - 娘。 ケイト・キャプショーとその前夫ロバート・キャプショーとの子。 マックス・サミュエル・スピルバーグ(Max Samuel Spielberg, 1985年6月7日 - ) - 息子。 スピルバーグとその前妻との子。 セオ・スピルバーグ(Theo Spielberg, 1988年 - ) - 息子。 キャプショーが結婚前に出産。 (Sasha Rebecca Spielberg, 1990年5月4日 - ) - ロサンゼルスで生まれる。 ソーヤー・アヴェリー・スピルバーグ(Sawyer Avery Spielberg, 1992年3月10日 - )。 ミカエラ・ジョージ(Mikaela George, 1996年2月28日 - ) - 養子。 デストリー・アリーン・スピルバーグ(Destry Allyn Spielberg, 1996年12月1日 - ) 資産 [ ] 『』誌によると、2009年時点でのスピルバーグの個人資産は30億ドルである。 2010年2月、『ヴァニティ・フェア』誌が「2009年に最も稼いだハリウッドの稼ぎ手」のランキングを発表し、8,500万ドルを稼いで2位にランクインした。 この収入はユニバーサルスタジオからの著作権料や今までの作品のDVDのロイヤリティの額が半分以上を占めている。 同年12月、『フォーブス』誌による「エンターテインメント業界で最も稼いだ人物」では、1億ドルを稼いで7位にランクインした。 2011年2月、『ヴァニティ・フェア』誌が「2010年にハリウッドで最も稼いだ人たち」のランキングを発表し、2010年のギャラが推定8,000万ドルになることがわかった。 認識 [ ] 2002年、で行われたの開会式ではオリンピック旗手の8人のうち1人を務めた。 2006年、『』は ()で最も影響力のある人物の一人としてスピルバーグを挙げた。 また『』では ()の一人に選ばれた。 20世紀末、『』は彼の世代で最も影響力のある人物としてスピルバーグの名を挙げた。 政治的言動 [ ]• スピルバーグはの候補者を支援しており、党と候補者に80万ドル以上の寄付を行っている。 元大統領とは友人であり、合衆国のミレニアムの祭典の際には協力している。 彼は作曲で、『 The American Journey』という題の18分の映画を監督、1999年12月31日、のので行われた米国ミレニアム祝祭で上映された。 スピルバーグと国防長官(当時)• 2001年、が反同性愛の立場を取っていることを理由に、同団体の全国諮問委員を辞任した。 ハリウッドでの友人でもあるののカリフォルニア州知事再選の際にはやと共に支持した。 の間、イスラエルに100万ドルの寄付をしたため、翌2007年にがスピルバーグの映画をボイコットすることとなった。 2007年2月20日、スピルバーグ、カッツェンバーグ、はの基金パーティに民主党員を招待した。 しかしながら2007年6月14日、スピルバーグは大統領選ではを支援した(カッツェンバーグとゲフィンはオバマを支持し続けた)。 だが2008年8月、スピルバーグはオバマのためのビデオを監督し、にも出席した。 2008年2月、での中国政府の対応に不満を持ったスピルバーグはの芸術顧問を降板した。 スピルバーグは「これ以上この仕事を続けるのは私の良心が耐えられない」という声明を発表した。 また、「スーダン政府には継続しているこれら犯罪行為の責任があるが、国際社会、特に中国はもっと手を打つべきだ」とも述べた。 (IOC)はスピルバーグの決断を尊重したが、IOC会長のはインタビューで「(スピルバーグは)確かに創造性の面で開幕式へ多くものを提供しただろう。 」と認めた。 スピルバーグの声明は中国当局と国営メディアから「不公平」であると批判された。 2008年9月、スピルバーグ夫妻はを支持するため、「 ()反対」 No on Proposition 8 キャンペーン基金へ10万ドルの寄付を行った。 これはと同額である。 趣味 [ ] スピルバーグは熱心な映画ファンとして知られており、撮影を行っていない時期には「映画パーティ」を行っている。 熱心なとしても知られ、1974年に『』を撮っていた頃にはで遊んでいた。 、、、を所有しており、『』や『』といったを楽しんでいる。 ゲームにを使うことに関しては批判的であり、ゲームプレイ中に自然に話の流れを作ることが今後のゲーム開発者の課題だと考えている。 『』を高く評価したことで知られ、ディレクターであるにサインを求めたことがある。 また、2006年5月10日から12日にかけて開催されたE3では、ゲームデザイナーのと『』のテニス対決をし、この模様は、が伝え、全世界に配信された。 犯罪被害 [ ] 2001年、スピルバーグはで元ソーシャル・ワーカーの女から被害を受けた。 女は洗脳攻撃を受けていると主張し、スピルバーグとを非難していた。 女はストーキングの罪を認める前に精神病院にされ、その後スピルバーグとヒューイットに近づかないという条件で釈放された。 ()では攻撃対象の一人にされていた。 また、ジョナサン・ノーマンが1997年6月と7月の2度にわたってパシフィック・パリセーズのスピルバーグの自宅に侵入を試みたとして逮捕された。 ノーマンはカリフォルニア州で25年の懲役刑に処された。 スピルバーグは裁判で「ノーマンがもし実際に私に遭遇していたら、彼は私をレイプするか殺していただろう」と証言した。 発達障害 [ ] 2012年10月、であることを明かした。 その際の記事によると過去にはとの診断も受けたらしい。 フィルモグラフィー [ ] メジャースタジオのうち、版権分割以後の(MGM。 旧時代を含む)とは全く仕事をしていない。 版権分割以前のMGMについても『』の1作品のみ。 the Extra-Terrestrial 1983 Twilight Zone: The Movie (監督4名によるオムニバス作品。 スピルバーグは第2話を監督) 1984 Indiana Jones and the Temple of Doom 1985 Amazing Stories The Color Purple 1987 Empire of the Sun 1989 Indiana Jones and the Last Crusade Always 1991 Hook 1993 Jurassic Park Schindler's List 1997 The Lost World: Jurassic Park Amistad 1998 Saving Private Ryan 2001 Artificial Intelligence: AI 2002 Minority Report Catch Me If You Can 2004 The Terminal 2005 War of the Worlds (原作の再映画化) Munich 2008 Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull 2011 The Adventures of Tintin: Secret of the Unicorn War Horse 2012 Lincoln 2015 Bridge of Spies 2016 The BFG 2017 The Post 2018 Ready Player One 2020 West Side Story 2021 Indiana Jones 5 未定 It's What I Do 製作作品 [ ] 公開年 邦題 原題 備考 1982 Poltergeist 1991 An American Tail: Fievel Goes West 2005 Memoirs of a Geisha 2006 Flags of Our Fathers Letters from Iwo Jima 2011 Super 8 2014 The Hundred-Foot Journey 2016 The Adventures of Tintin: Prisoners of the Sun 未定 シカゴ7裁判 The Trial of the Chicago 7 未定 When Worlds Collide 製作総指揮作品 [ ] スピルバーグは多くの監督作品を手掛けているが、実際には製作総指揮作品の方が圧倒的に多い。 「製作総指揮」の明確な仕事の内容は決まってはおらず、スピルバーグやジョージ・ルーカスは製作総指揮作品でも制作に参加することがある。 例として、『トランスフォーマー』では主演のを始めとして、ほとんどのキャスティングを行い、監督をに頼んだのも彼自身である。 特に、自ら経営するアンブリンやドリームワークスの制作作品は多数プロデュースしている。 また、クレジットに名前は載っていないが、『』の監督にを選んだのもスピルバーグである。 ( I Wanna Hold Your Hand, 1978年)• ( Used Cars, 1980年)• ( Continental Divide, 1981年)• ( Gremlins, 1984年)• ( Young Sherlock Holmes Pyramid of Fear, 1985年)• ( Fandango, 1985年)- クレジットなし• ( Back to the Future, 1985年)• ( The Goonies, 1985年)脚本原案• ( Amazing Stories, 1986年)• ( The Money Pit, 1986年)• ( An American Tail, 1986年)• ( Harry and the Hendersons, 1987年) - クレジットなし• ( Inner Space, 1987年)• ( Three O'Clock High, 1987年)• ( Who Framed Roger Rabbit, 1988年)• ( The Land Before Time, 1988年)• ( Dad, 1989年)• ( Back to the Future Part II, 1989年)• ( Back to the Future Part III, 1990年)• ( Joe Versus The Volcano, 1990年)• ( Gremlins 2: The New Batch, 1990年)• ( Arachnophobia, 1990年)• ( Roller Coaster Rabbit, 1990年)• A Wish for Wings That Work (1991年)• ( Cape Fear, 1991年) - クレジットなし• A Brief History of Time (1991年)• ( WE're BACK! A DINOSAUR's STORY, 1994年)• ( Balto, 1995年)• ( Casper, 1995年)• ( Twister, 1996年)• ( Men in Black, 1997年)• ( Deep Impact, 1998年)• ( The Mask of Zorro, 1998年)• ( Chicken Run, 2000年)• ( Meet The Parents, 2000年)• ( The Legend of Bagger Vance, 2000年)• ( The Flintstones In Viva Rock Vegas, 2000年)• ( Shrek, 2001年)• ( Jurassic Park III, 2001年)• ( Men in Black II, 2002年)• ( The Legend of Zorro, 2005年)• ( Monster House, 2006年)• ( Transformers, 2007年)• ( Eagle Eye, 2008年)• ( Transformers: Revenge of the Fallen, 2009年)• ( The Lovely Bones, 2009年)• ( Hereafter, 2010年)• ( True Grit, 2010年)• ( Transformers: Dark of the Moon, 2011年)• ( Real Steel, 2011年)• ( Men in Black III, 2012年)• ( Transformers: Age of Extinction、2014年)• ( Jurassic World、2015年)• ( Transformers: The Last Knight、2017年)• ( Jurassic World: Fallen Kingdom、2018年)• ( First Man、2018年)• ( Bumblebee、2018年)• (Men In Black: International、2019年)• (Cats、2019年)• Real Steel 2 (未定) テレビシリーズ [ ] 製作総指揮を担当したテレビシリーズ作品。 ( Amazing Stories, 1985 - 1987年)(監督, 脚本も担当したエピソードもある)• ( Tiny Toon Adventures, 1990年 - 1992年, 1994年, 1995年)(アニメ)• ( Fievel's American Tails, 1992年)(アニメ, クレジットなし)• ( SeaQuest DSV, 1993年 - 1995年)• ( Animaniacs, 1993年 - 1999年)(アニメ)• ( Pinky and the Brain, 1995年 - 2000年)(アニメ)• (1995 - 1997年)(アニメ)• High Incident (1996 - 1997年)• ( Toonsylvania, 1998年)(アニメ)• ( Band of Brothers, 2001年)• ( Taken, 2002年)• ( Into the West, 2005年)• ( United States of Tara, 2009 - 2011年)• ( Falling Skies, 2011 - 2015年)• ( Terra Nova, 2011年)• ( The Pacific, 2010年)• ( Smash, 2012年)• ( The River, 2012年)• ( Under the Dome, 2013年)• ( , 2014年-)• () ( Red Band Society, 2014 - 2015年)• () ( , 2015年)• (BULL、2016-2019年)• (未定) 脚本作品 [ ] スピルバーグは多くの作品を監督・プロデュースしているが、その一方で、脚本を行った作品は非常に少ない。 また、『A. しかし、クレジットされていなくとも脚本の作業に参加することはあるという。 ( Close Encounters of the Third Kind, 1977年)• ( Poltergeist, 1982年)• ( Artificial Intelligence: AI, 2001年) カメオ出演 [ ]• The Blues Brothers (1980年) - 納税課職員• Indiana Jones and the Temple of Doom (1984年)• Gremlins (1984年)• Vanilla Sky (2001年)• Austin Powers in Goldmember (2002年)• (2009年) - インタビュー出演• Paul (2011年) - 声の出演 ドキュメンタリーへの出演 [ ]• 』 ノミネート 1985年 長編映画監督賞 『カラーパープル』 受賞 1987年 長編映画監督賞 『太陽の帝国』 ノミネート 1993年 長編映画監督賞 『シンドラーのリスト』 受賞 1997年 長編映画監督賞 『アミスタッド』 ノミネート 1998年 長編映画監督賞 『プライベート・ライアン』 受賞 1999年 生涯功労賞 - 受賞 2005年 長編映画監督賞 『ミュンヘン』 ノミネート 2012年 長編映画監督賞 『リンカーン』 ノミネート 1977年 作品賞 『未知との遭遇』 3位 2位 1982年 作品賞 『E. 』 2位 監督賞 受賞 1993年 作品賞 『シンドラーのリスト』 受賞 監督賞 受賞 1998年 作品賞 『プライベート・ライアン』 3位 監督賞 2位 1977年 作品賞 『未知との遭遇』 次点 次点 1982年 作品賞 『E. 』 受賞 1993年 SF映画賞 『シンドラーのリスト』 受賞 監督賞 受賞 1998年 『プライベート・ライアン』 受賞 2001年 SF映画賞 『A. 』 受賞 受賞 2002年 SF映画賞 『』 受賞 監督賞 受賞 1978年 外国映画賞 『未知との遭遇』 受賞 1983年 外国監督賞 『E. 』 受賞 監督賞 受賞 1993年 作品賞 『シンドラーのリスト』 受賞 監督賞 受賞 1998年 作品賞 『プライベート・ライアン』 3位 監督賞 2位 2005年 作品賞 『ミュンヘン』 次点 監督賞 次点 1982年 作品賞 『E. 』 ノミネート 1995年 外国映画賞 『シンドラーのリスト』 ノミネート 名誉賞 - 受賞 1999年 外国映画賞 『プライベート・ライアン』 ノミネート 2003年 外国映画賞 『マイノリティ・リポート』 ノミネート 1982年 外国語映画賞 『E. 』 受賞 1982年 外国映画ベスト・テン 『E. 1998年:• 2001年:• 2004年:シュヴァリエ• 2006年:• 2008年:レジオンドヌール勲章オフィシエ• 2015年: 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• スピルバーグが学習障害であると診断されたのは60歳になってからのことである。 2012年10月3日. 2012年10月3日閲覧。 スピルバーグは () KBE に叙せられた。 雑誌『メンズプライスマガジン How Much』掲載記事 に加筆訂正。 『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』や『ターミナル』ではエンドロールに"edited on moviola"(ムヴィオラで編集=ノンリニア編集は使用せず)と明記している。 (2002年12月19日付)を参照。 なお、同記事では、デジタル映画は安価で、かつ輸送・増産しやすいかわりに違法コピーも簡単に作れると指摘し、また『』や『』は、技術的変化に懐疑的な視線で描かれているとも分析している。 あからさまに「彼(スピルバーグ)は充分成功しているから受賞の必要なし」と発言するの例もある。 コロンボ・シリーズでは「愛情の計算」で犯行解明に一役買う天才少年の名前が「スティーヴン・スペルバーグ」になっていたり、「予期せぬシナリオ」(「狂ったシナリオ」とも)では若い頃のスピルバーグそっくりの映画少年が事件にかかわる。 出典 [ ]• filmreference. com. 2008年1月15日閲覧。 「映像の魔術師 スピルバーグ自作を語る」• USC Shoah Foundation. 2018年12月5日閲覧。 IRS 2005年11月20日. 2018年12月3日閲覧。 2015年11月17日. 2015年11月17日閲覧。 Boys' Life—A magazine for boys. Irving, Texas: Boy Scouts of America. National Capital Area Council — アメリカボーイスカウト連盟. 2006年10月5日時点のよりアーカイブ。 2006年10月21日閲覧。 シカゴ国際映画祭. 2006年7月17日. の2006年10月16日時点におけるアーカイブ。 2006年10月21日閲覧。 ComingSoon. net. 2007年11月14日. 2007年11月14日閲覧。 BBC News. 2008年1月9日. Berlin Online 1998年9月11日. 2008年12月19日閲覧。 ニュースダイジェスト社 2010年2月4日. 2018年12月5日閲覧。 BBC News. 2001年1月30日. 2018年12月5日閲覧。 フランス語. 2004年9月5日. の2007年12月6日時点におけるアーカイブ。 2007年9月29日閲覧。 2008年5月21日. の2012年3月9日時点におけるアーカイブ。 2008年5月22日閲覧。 [ ]• BBC News. 2013年2月28日. 2013年2月28日閲覧。 Newswise. 2008年6月22日閲覧。 Johnson, Ted 2013年11月21日. Variety. 2015年11月16日閲覧。 The White House 2015年11月16日. 2015年11月16日閲覧。 Science Fiction Museum sfhomeworld. org 2005年3月24日. 2013年3月22日閲覧。 Mid American Science Fiction and Fantasy Conventions, Inc. 2013年5月21日時点のよりアーカイブ。 2013年4月7日閲覧。 2004年に改称するまで殿堂の公式ページだった。 Burns, Catherine July 22, 2016 英語. BBC (); ウィリアム・コーエン公式サイト. の2016-07-24時点におけるアーカイブ。 2016年7月22日閲覧。. メンズプライスマガジン How Much グリーン アロー出版社 1 1. 1999年4月. の2012-01-15時点におけるアーカイブ。 2018年12月14日閲覧。. (2001年6月19日、帝国ホテルにて)• FilmMakers. BBC NEWS. 2007年4月13日. Pogrebin, Abigail October 2005. Stars of David: Prominent Jews Talk about Being Jewish. Bantam Dell Pub Group. Funtrivia. com. 2010年3月2日閲覧。 Familytreelegends. com 1990年5月14日. 2011年1月31日閲覧。 Familytreelegends. com. 2011年1月31日閲覧。 2009年9月30日. 2009年10月20日閲覧。 シネマトゥデイ. 2010年2月5日. 2011年12月27日閲覧。 シネマトゥデイ. 2010年12月28日. 2011年12月27日閲覧。 シネマトゥデイ. 2011年2月6日. 2011年12月27日閲覧。 Life. com. 2005年12月23日時点のよりアーカイブ。 2006年10月21日閲覧。 BBC News. 2000年1月1日. 2006年10月21日閲覧。 BBC. 2001年4月17日. 2006年10月30日閲覧。 Hollywood. com. 2013年1月3日時点のよりアーカイブ。 2006年3月10日閲覧。 , 18 December 2010. The Age. Associated Press Melbourne. 2006年8月10日. 2010年12月18日閲覧。 [ ] By JOCELYN NOVECK, AP National Writer• Rachel Abramowitz 2008年. Los Angeles Times. 2007年2月13日閲覧。 [ ]• BBC. 2008年2月13日. 2008年5月16日閲覧。 BBC. 2008年2月15日. 2008年5月16日閲覧。 Bristow, Michael 2008年2月20日. BBC. 2008年5月16日閲覧。 eonline. com 2008年9月23日. 2010年3月2日閲覧。 1994年1月31日• Tom Chick 2008年12月8日. の2008年12月11日時点におけるアーカイブ。 2008年12月11日閲覧。 2002年10月23日. MacKenzie, D 2002年10月22日. Sauer, M 2002年12月31日. 2008年10月30日閲覧。 De Young, Mary 2004. The day care ritual abuse moral panic. Jefferson, N. C: McFarland. 234—5. Haskell, Dave 2002年7月26日. 2009年6月10日閲覧。 BBC Online 1998年6月17日. 2011年12月11日閲覧。 Sylvester, Sherri 1998年2月26日. 2011年12月11日閲覧。 2012年10月3日閲覧。 2013年8月3日閲覧。 『ディスタービア』DVDの特典映像より• 』DVD特典• 2014年2月3日中日新聞朝刊27面• 2007年12月6日時点のよりアーカイブ。 2010年4月18日閲覧。 関連文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2010年8月)• 猪狩哲郎著『スピルバーグ ハリウッド魔宮の伝説』、1986年5月、• フランク・サネッロ著、中俣真知子訳 『はじめて書かれたスピルバーグの秘密』 、1996年11月、• 原著: Frank Sanello, Spielberg: the Man, the Movies, the Mythology, Taylor Publishing Co. , Mar 1996, , Sep 2002,• ジョン・バクスター著、野中邦子訳 『地球に落ちてきた男 スティーブン・スピルバーグ伝』 、1998年1月、• 原著: John Baxter, Steven Spielberg: The Unauthorized Biography, HarperCollins, May 1997, , Trafalgar Square, Feb 1998• 橋本勝著『スピルバーグ』(『For beginnersシリーズ』88)、、2000年2月、• 年譜あり• 筈見有弘著『スピルバーグ』()、、1987年11月、• スピルバーグ関係ブックガイド・フィルモグラフィ: p202 - 208• ダグラス・ブロード著、栗山微笑子訳『スティーブン・スピルバーグ シネマの天才』(『シネマ・スター・ライブラリー』)、、1995年11月、• 原著: Douglas Brode, The films of Steven Spielberg, Citadel Trade, Jan 1995, , Oct 2000,• アンドリュー・ユール著、高橋千尋訳『スティーブン・スピルバーグ 人生の果実』プロデュース・センター出版局、1999年10月、• スピルバーグのスピーチ収録 関連項目 [ ]• () 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• (英語)• 1937• 1938• 1939• 1941• 1942• 1943• 1944• 1946• 1948• 1950• 1951• 1952• 1953• 1956• 1958• 1961• 1963• 1965• 1966• 1967• 1970• 1973• 1975• 1976• 1977• 1979• 1981• 1986• 1988• 1991• 1994• 1996• 1998• 1999• 2000• 2009• 2010• 1966• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の

『スティーブン・ユニバース』まつり第2弾 7月 日本初《シーズン5》前半戦 24時間ぶっ続け配信!ブーメラン(dTVチャンネル®)で日本独占配信!

スティーブン ユニバース 映画

人間とジェムの間に生まれた男の子で、お腹のジェム 宝石 は母親のローズ・クォーツから受け継いだもの。 フルネームはスティーブン・クォーツ・ユニバース。 年齢は14歳だが、ジェムと人間のハーフなので成長のスピードはゆっくり。 一人称は「僕」。 ダークブラウンの天然パーマと背が低くて小太りな体、マゼンタレッドの星柄Tシャツが特徴。 思いやりが深く素直で優しい心の持ち主で、敵であっても傷ついた相手には手を差し伸べずにいられない。 有機物・無機質を問わずに友達のように話しかけ、大切に扱っている。 ホラー映画やオニオンに見せられた本物の出産ビデオ等は苦手。 父親のグレッグの影響でやが弾ける。 即興で歌を作るのも得意。 神殿で同居しているガーネットたちにとっては弟のような存在。 ある時期を境にジェムストーンからローズの盾を出せるようになり、クリスタルジェムズの見習いとして戦いに参加できるようになった。 最初はヒーローへの憧れから仲間を困らせる事も多かったが、次第にチームの精神的な支柱として成長していき、みんなを支えて生きていきたいと思う様になる。 ローズの盾による強力な防御能力の他には、他のジェムズ同様にバブルを作り、ジェムの状態に戻したジェムモンスターや危険なアイテムを閉じ込めて神殿内の保管庫に転送することができる。 スティーブンのバブルを作る力は通常よりも強いらしく、巨大なバブルを作って自分や仲間の身を守ることができる。 エピソードの進行と同時に様々な魔法に目覚めていき、唾液による治癒能力(ローズは涙だった)をはじめ、植物に命を吹き込む、他人の夢や意識とシンクロする、長時間の空中浮遊、人間のコニーとステボニーに合体できるなど能力は未知数。 まだ完全に能力をコントロールできる訳ではなく、特に変身能力に関しては未熟。 猫に変身しようとした結果猫の指に飲み込まれかけたり、成長し続けたあまりに老衰で死にかけたり、背を伸ばし続けた結果反動で赤ん坊に戻ったことがある。 ローズの盾をフリスビーの様に飛ばして攻撃できる他、アメジストとの特訓を境に、巨大バブルにトゲを出して攻撃する技も覚えた。 人間社会に疎いジェムズが学校の事を理解しておらず一度も学校に行っていないが、一定の教育は受けており読書好き。 グレッグは大学に行って欲しいと思っているが、スティーブンはビーチシティから離れることを嫌っている。 ビーチシティの住人とはご近所感覚で仲良くしており、年の近い友達は常連の食べ物屋で働くピーディーやセイディくらいだったが、後にコニーというガールフレンド未満の親友ができた。 自分と家族を置いて消えたローズに複雑な思いを抱えており、自分がローズの息子であると同時に彼女の化身であることや、ホームワールドのジェムには自分がローズ本人ではないと理解されず憎まれること、自分が普通の人間でも普通のジェムでもないことに思い悩んでいる。 常に気高く冷静沈着で、何事にも真剣・大胆に取り組むタイプ。 口数は少ないが意外と寛容で茶目っ気があり、厳しそうに見えても結局スティーブンには甘い。 一人称は「わたし」。 ジェムズで一番パワーが強い。 本体のジェムは両掌にある(右手と左手でカットが異なる)で、左右一対の巨大なを召喚できる。 常に装着しているバイザーを外すと額に第3の目がある。 額の目には未来予知の能力があり、他者の額に口付けをして一時的に予知能力を付与できる。 正体はルビーとサファイアが合体した合体ジェム。 相思相愛の仲であるルビーとサファイアの愛の化身と言うべき存在で、二人の愛の深さによって半永久的に合体を保つことができ、ありのままの自分でいられる地球を守るために戦っている。 クリスタルジェムズで合体に一番詳しく、そして一番大切に思っている。 自分を受け入れてくれたローズを尊敬しており、彼女や地球を侮辱したペリドットに激怒したことがある。 本体のジェムは左の手のひらにある。 筋肉質な赤い体と頭のハチマキが特徴。 短気で自分の感情を持て余しがちだが、サファイアのことが大好き。 サファイアの判断に従い、彼女を守っている。 サファイア同様に身長はスティーブンと同じくらい。 武器のガントレットはひとつだけ出せる。 興奮すると炎を作り出してしまう。 ルビーはホームワールドで兵士用に大量生産されるジェムズ。 元々はサファイアの護衛で、右肩にジェムがあるルビーと右手の甲にジェムがあるルビーと合体を前提にチームを組んでいた(ルビー同士の合体は巨大化するだけで、見た目や人格に大きな変化はない)。 反逆したばかりのローズとパールへの対策で地球を訪れたサファイアに同行した際、パールの襲撃で仲間の二人は倒され、自分はサファイアをかばった時に彼女と合体してしまう。 当時異種同士のジェムの合体は前代未聞であり、貴族と合体したことを咎められて粛清されそうになるが、サファイアに手を引かれて脱走した。 二人でしばらく地球の自然を見て回った後、再びガーネットに合体した。 その後パールとローズに出会い、ローズに合体を受け入れられてクリスタルジェムズに加入した。 ルビーたちとの野球対決では合体を解いてルビーチームに加わるが、試合そっちのけでサファイアとイチャイチャしていた。 本体のジェムは右の手の平にある。 ドレスを着ていて、水色の長い髪に隠れた目は1つ。 穏やかで冷静沈着な性格で、決断力と行動力がある。 ルビーのことが大好き。 空中浮遊のほかに未来予知ができ、興奮すると氷を作り出してしまう。 ルビーチームとの野球対決では人間のソフィーを名乗った。 元々はホームワールドの貴族のジェムズで、予知能力を使ってブルー・ダイヤモンドに仕えており、地球の美しさが植民地化で失われることを残念がっていた。 自分がパールに倒された後にクリスタルジェムズが制圧される未来を予知していたが、ルビーがそれをよしとしなかったので予知とは全く違う未来が訪れることとなった。 ホームワールドでは貴族で、ラピスやアメジストよりも地位が高い存在。 希少種ということだが、ブルーダイヤモンドによれば、彼女以外の他にもサファイアは何体かいるらしい。 綺麗好きで完璧主義な自慢屋だが、失敗には極端に臆病な面も。 スティーブンに対しては特に過保護で母親のように接する。 人間の文化に馴れていないのか学校や出入り禁止の意味をあまり分かっていない。 一人称は「あたし」。 ルビー達との野球対決では人間のアールを名乗った。 本体のジェムは額ので、過去の記憶や練習用の分身をとして映し出したり、物を収納したり、光の刃がついた白い槍を召喚できる。 剣を武器にすることもある。 のような優雅なダンスを好み、優れた戦闘技術を持つ。 科学知識が豊富でメカニックが得意。 ローズを敬愛すると同時に恋愛感情を抱いており、彼女を守りたくて故郷を捨てた。 今はローズの理想のために地球を守っているが、ローズへの失恋や彼女を失った悲しみから今でも立ち直れていない。 ローズとは特別な関係で彼女の秘密の全てを知っていると自負するため、自分が存在を知らないライオンがローズの剣を持っていた事に半狂乱になり、「パールを守りたかった」と言うスティーブンに八つ当たりしてしまった事があるが、和解後に「時々ローズがスティーブンを通して自分を見ている気がする」と打ち明けている。 実は地球を捨ててローズと宇宙を旅したいという願望があったらしく、納屋のガラクタで作った宇宙船にスティーブンを乗せ、「50年後に戻ってくるから」とグレッグの反対を押し切って宇宙に行こうとするが宇宙船は壊れてしまい、スティーブンの説得で諦めて脱出した。 恋敵であるグレッグとはお互い気まずい関係だが彼を憎んでいる訳ではなく、スティーブンに誘われたエンパイアシティへの旅をきっかけに和解した。 ペリドットによるとパールは身分があるジェムの召使い用に作られているジェムズであり、自己主張をしない「見栄えのいい荷物持ち」とのこと。 実際にイエローダイヤモンドとブルーダイヤモンドの召使いとして別個体のパールが登場している。 彼女も元はダイヤモンドに仕える身だった。 元々戦闘用ではないらしく、ローズに剣を習って戦い方を覚えた。 コニーに剣を教える際、コニーに自分を投影してスティーブンへの忠誠心を教え込もうとした。 ビスマスの様子では、昔は今ほど積極的ではなかったらしい。 パールの身分は故郷で最も低かったためか、自信に満ちた普段の言動とは裏腹に実際は自分に自信がなく、常に受け身で他者のリーダーシップに依存してきた。 深い愛で満たされたガーネットとサードニクスに合体できる事に喜びを覚え、繰り返し合体したいが為に通信センターを勝手に修復して自作自演をし、それを知ったガーネットに厳しく叱責された事がある。 その際丸2日間口を利いてもらえなかったが、ペリドットの罠にガーネットと閉じ込められた際、合体にこだわる理由を告白して謝罪し、それを受け入れたガーネットの申し出で再度サードニクスに合体し脱出した。 薄紫の長い髪と紫色のぽっちゃりした体が特徴のジェムで、身長はスティーブンと同じくらい。 がさつでおおざっぱな性格で部屋はゴミだらけ。 好戦的で自由と楽しいことを好み、ジェムなので特に必要はないが食べることや寝ることが大好き。 一人称は「あたい」。 語尾に「~だぜ」。 スティーブンとは気の合う姉弟のような関係。 ルビーたちとの野球対決では人間のエイミーを名乗った。 本体のジェムは胸にあるで、エネルギー製の鞭を召喚できる。 体を丸めてスピン攻撃も可能。 変身能力を頻繁に使っており、変身のバリエーションが最も多い。 せっかちなためジェムの中にこもっていられる期間がガーネットやパールよりも短く、回復が不十分な状態で復活して異形の姿になってしまったことがある。 アメジストは地球にあった「幼稚園」で作られたジェムズで、ペリドットによると「クォーツ」という高い身分の戦士らしい。 他のアメジストよりも500年ほど遅れて生まれたために只一人「幼稚園」襲撃の被害を免れ、生まれてからローズ達に発見されるまで廃墟と化した「幼稚園」に取り残されていた。 実は明るい性格の裏で、普通よりも背が低くパワーも弱い状態で生まれたことに強い劣等感を抱いており、自分の能力を持てないペリドットに共感していた。 ガーネットやパールの小言に対するストレス発散のため、密かに覆面レスラーのパープル・ピューマに扮して活躍しており、偶然スティーブンに見つかってしまった。 昔からパールとはガサツな生活態度を注意されて反りが合わず、自分の出生のせいで嫌われていると思っていたが、実際はそうではなく「今のままのアメジストが一番」と言ってもらえた。 それからはパールとの関係は改善していき、彼女に褒められたり相談に乗ることも増えた。 グレッグとローズが出会ったばかりの頃は子供の姿で髪の毛も短かったが、グレッグの髪型に憧れて髪を伸ばした。 ローズは姉のような存在であり、普段は表に出さないがグレッグに複雑な心境を抱いている。 ペリドットの加入後は何かと世話を焼いたりしていたが、ジャスパーと対峙した際に「遅生まれの出来損ない」と嘲笑われて敗北してしまい、更に自分がジェムに戻っている間にジャスパーを撃退したステボニーを見て自信を失ってしまう。 自分の弱さと比較してスティーブンは凄いと称賛するが、アメジストの方が凄いと主張するスティーブンとどちらがダメなジェムかを競い、スティーブンがローズと同一視されて悩んでいることを知った。 再度ジャスパーとモンスタージェムの兵隊を発見して1人で戦おうとするが歯が立たず、諦め掛けた時に「誰にも似ていないダメなジェム」同士であるスティーブンの言葉に救われ、スモーキー・クォーツへの合体を遂げる。 サワークリームとオニオンの母親である画家のヴィダリアとは昔からの友人で、がさつな言葉使いや破壊活動等を通してお互いに影響し合っている。 ヴィダリアの自宅のガレージに保管された沢山の絵のほとんどが、アメジスト本人をモデルにしている。 このガレージの絵を初めて見たスティーブンは、アメジストのファンかストーカーがいると勘違いした。 クリスタルジェムズの創設者で元リーダー。 ピンク色の長く豊かな巻き毛とベージュ色のふくよかな体を持ち、袖なしの白いドレスを着た美しいジェム。 グレッグやガーネットよりも背が高い。 スティーブンが生まれた時に姿を消し、現在はスティーブンの一部になっている。 スティーブンの誕生により自分が消える事が分かっていたようで、スティーブンに宛てたビデオレターをライオンのたてがみの中に残していた。 本体のジェムはドレスの腹部に空いた星型の穴からのぞく。 武器はバラの意匠が施されたピンク色の剣と盾で、盾はスティーブンに引き継がれ、剣はライオンのたてがみにしまわれていたがコニーに貸し出された。 涙によってジェムや生き物の怪我を治癒する能力があり、レーザー砲等の兵器も多数所持していた。 リーダーシップが強く、穏やかで母性的な一面と少女らしい一面を持つ人物で、あらゆる可能性を秘めた命が生きる地球への慈しみからクリスタルジェムズを創設、ホームワールド・ジェム史上初めての反乱を起こした。 永遠の命を持つジェムとは異なり、短い命でも成長ができて独自の文化を形成した人間に憧れを持つ節も見られる。 パールによるとローズに恋する人間の男は時々現れていたが、ローズが応えたのはグレッグただ一人だったらしい。 ガーネットによるとたくさんの秘密を持っていたようで、あらゆる面で謎が多い。 かつてはピンク・ダイヤモンドにジャスパーと共に仕えており、反乱の際にピンク・ダイヤモンドを殺害したとされるが詳しいことは分かっていない。 ビスマスをバブルに閉じ込めた事をパール達に隠していたりと、問題のある一面もあった。 素朴で懐の深い優しい人物で、スティーブンにとっては自慢の父親。 かつて大スターを目指し、大学を中退して国中を旅したロックミュージシャンで、今でも愛用のをよく弾いている。 歌手になるために改名しており、本名はグレッグ・デ・メイヨ。 スティーブンを物心がつくまで育てた後、神殿のクリスタルジェムズに預けている。 ジェムズから戦いに関わらないよう警告されており、傍観的な立場を取っている(ただしアプリゲームではプレイアブルキャラの1人)。 ジェムズからローズを奪ってしまったことに負い目があり、居心地の悪さを自覚しているがスティーブンの傍から離れることはなく、いつかジェムズの力になりたいと願っている。 若い頃はスティーブンを精悍にしたような青年で、耳にピアスをつけていた。 興行に訪れたビーチシティでただ1人の観客だったローズと相思相愛になり、ローズの傍にいるために歌手をやめてビーチシティに留まった。 それからはサワークリームのベビーシッターをしてお金を稼いだが、もともと金儲けには興味がなく、芸能活動には未練がない模様。 ローズと出会って数ヶ月後、ローズとレインボー・クォーツに合体したパールに対抗し、ローズと踊って最後にキスをし合体しようとしたができなかった。 ローズが「人間とジェムは合体できない」と大笑いし、「私は人間が大好きで、あなたは人間だから何の問題もない」と言ったことに決定的な価値観の違いを悟り、自分と対等に話して欲しいと訴える。 ローズとの話し合いを通じ、相手のことが「分からない」という気持ちを理解し合うことで初めて心が通い、彼女との距離は急速に縮まった(ガーネット曰く、合体に成功した)。 こうした経緯もあり、ジェムの合体を見るのは苦手。 とてもマイペースな性格。 元々はローズのペットでローズ同様に謎が多く、パールですら存在を知らなかった。 初登場回では砂漠におり、アメジストが持ち帰ったジェムを追っていた。 雄叫びによる攻撃や、瞬間移動と水上・亜空間での移動も可能。 たてがみの中が草原のような異空間になっており、スティーブンはたてがみの中から自由に物を出し入れできる。 異空間の中には空気が無い様で、スティーブンは息を止めながら行動している。 ローズの剣をたてがみから出したことがあり、ローズの剣のさやをイチゴ畑の中から見つけ出したこともある。 虹色のドレッドヘアと大きな青い体の持ち主で、陽気で姉御肌の武器職人。 本体のジェムは胸にある。 友達を大切にする性格で、環境の変化やスティーブンの存在をすぐに受け入れてくれた。 手をハンマーやギロチンなどの武器に変化させられる。 ジェムズの武器はすべて彼女が作ったもので、神殿とローズの剣も作っており、復活時にはガーネットらの武器を強化した。 地球を守るという意思はローズと一致していたが、殺生を許さないというローズに対し、守るためには破壊も必要と唱え、ジェムを復活不可能なほどに粉砕する武器「ジェムクラッシャー」を作り出したビスマスは対立し、ローズにバブル化されて5000年以上も存在を隠されていた。 ローズと同じようにジェムクラッシャーを否定したスティーブンをローズと同一視して攻撃し、自分にジェムクラッシャーを使うよう迫るがローズの剣に貫かれる。 友達に真実を伝えず全てを無かったことにしたローズへの憤りや悲しみをスティーブンにぶつけるが、真実を知らせる意志を見せたスティーブンに「それが本当なら、あんたはローズよりもずっといい」と泣きながらジェムに戻った。 ビスマスのジェムはバブル化されて神殿に保管され、ことの顛末をスティーブンから聞いたガーネットらは強化された武器の本当の用途(破壊)を知り、それらの使用を控えている。 かつてのクリスタルジェムズの仲間と思われる。 スティーブンに解放された後は、故郷に帰りたくてもジェムが傷ついて力を出せず、地球の海を吸い上げて操ろうとしたが、スティーブンの癒しのツバで癒やされ地球を去る。 スティーブンには友好的だが、自分の存在を気にもかけなかった他のクリスタルジェムズには恨みを持つ。 青い華奢な体とワンピースに素足の姿が特徴で、ジェムは背中にある。 他のジェムのように武器は召喚せず、水を操って攻撃したり、水の翼を作って空を飛ぶこともできる。 ジェムたちの中でもずば抜けて力が強く、ジェムが傷ついていてもガーネットですら歯が立たない。 しかし争いは好まず、率先して戦ったりはしない。 後に通信でクリスタルジェムズに自分の仲間が来ること、そして自分達と戦わないように警告した。 情報提供者として半ば強制的にジャスパー達の宇宙船に連れてこられたようで、クリスタルジェムズが捕まった時は囚われの身となっていたが、ホームワールドとの敵対を恐れてスティーブンの助けを拒否した。 墜落後に脱出を図るもジャスパーに捕らえられ、地球やクリスタルジェムズへの憎しみを理由に合体を唆されて了承するが、これは身を呈したラピスの作戦であり、マラカイトになった直後にジャスパーもろとも海中へと引きずり込んでいった。 その後、スイカの島にマラカイトの状態で現れ、アレクサンドライトとスイカのスティーブン、スイカの島の住民達の協力で合体を解かれ、クリスタルジェムズに救出された。 マラカイトから離れたあと、スティーブンのおじの納屋で休んでいたが、故郷に帰りたくても帰ることが出来ず、様子を見に来たスティーブンを背中に乗せて居場所を探してもらう最中、転送装置を見て過去を思い出す。 数千年前地球に立ち寄った際にジェム達の戦いに巻き込まれ、クリスタルジェムズ(ビスマスと似ている)の攻撃でジェムに戻り、ホームワールド軍にはクリスタル・ジェムズと間違えられて鏡に閉じ込められ、引き上げの際に鏡のジェムを踏まれて放置されてしまい、パールに発見されて持ち帰られた。 その後スティーブンの勧めで地球に留まることになり、納屋でペリドットと同居する。 当初は自分を利用したペリドットを嫌っており、プレゼントに渡されたテープレコーダーを壊してしまったが、それを反省してペリドットの追っ手であるルビー・スカッドの宇宙船を撃墜した。 ジャスパーとの合体がトラウマで水を嫌うが、「ジャスパーが恋しい」とも発言している。 グレッグがレンタルした船にスティーブンに乗せてもらった途中でジャスパーが現れ、再び合体を申し込まれるが拒否し、水で作った拳で吹っ飛ばした。 ペリドットと同居するようになってからは、スティーブンと話す時以外では気怠げでやさぐれた様子であり、髪もボサボサになっている。 ルビーチームとの野球対決ではボブを名乗った。 小型メカ・ロボノイドが修理した転送装置から現れた。 緑色の肌にひし形の黄色い髪と透明のバイザーが特徴。 ジェムは額にある。 エネルギーが枯渇したホームワールドで量産された第2世代型ペリドットで、正規のジェムのような能力を持たない代わりに、最新テクノロジーを搭載した強化パーツ を手足に装着している。 強化パーツを付けた状態だとパールくらいの長身だが、外すとスティーブンと同じくらいの大きさになる。 地球に調査ロボットのレッド・アイを送り込んだが通信が途絶えたため、ロボノイドに転送装置を修理させて地球を訪れた。 幼稚園の地下に隠していた基地に忍び込んだスティーブンに出会い、彼を助けようとしたクリスタルジェムズの妨害を受け、報告に反して地球のジェムが生き残っていたことに驚く。 転送装置を破壊されたため、ジャスパーと情報提供者のラピスと共に宇宙船に乗ってくるが、操縦室に侵入したクリスタルジェムズに宇宙船を墜落させられ、地球のビーチシティ付近に脱出した。 ホームワールドと連絡をつけようとするがクリスタルジェムズに妨害され、宇宙船の跡地ではスティーブンから逃げるために左足のパーツを切り離す。 初登場時は冷酷で無表情だったが、次第に感情をむき出しにする偉そうで子供じみた性格に変わっていった。 地中に埋めたクラスターが地球を破壊する予定だったため、慌ててスティーブンを拉致して転送装置を修復させようとするが、修復に失敗してしまう。 追ってきたジェムズと戦闘になり、いくつかの警告とクラスターという存在について言いかけたところでジェムに戻され、アメジストに装備を海に捨てられた。 ペリドットのジェムはバブル化されて神殿に送られるが、ペリドットの言葉が気になったスティーブンに解放される。 装備を外されてバブル化されたことに怒って逃げ出した所をガーネットたちに見つかってしまい、バスルームに立てこもった。 スティーブンには友好の証として左足のパーツを返してもらい、ジェムズの捕虜としてクラスター阻止に協力することとなった。 雷鳴をクラスターの音と勘違いしてスティーブンに雷や雨について教わり、初めての雨に感銘を受ける。 ダイヤモンド直通のコミュニケーターを手に入れると脱走し、イエローダイヤモンドに通信してクラスターの完成を命じられるが、地球の生命体の可能性を挙げて「この星には守るべきものがある」と拒否する。 話を聞かずに地球を壊したがるイエローダイヤモンドに「マヌケ」と言い放ち通信を切ってしまい、すぐに後悔して卒倒したが、影で見ていたジェムズによって仲間に迎え入れられた。 クリスタルジェムズになってからは、スティーブンのおじの納屋でラピスラズリと同居している。 ツイッターの肩書は「クリスタルジェムズのリーダー。 幼稚園の公式管理者。 ビーチシティに座礁中」(当然ながらリーダーは自称)。 他のジェムたちのような固有の能力を使えなかったが、スティーブンとアメジストの協力で手を動かさずに金属を操るメタルパワーを開花させた。 宇宙人のマスコットキャラがお気に入り。 感じたことや思いの丈を録音するテープレコーダーが宝物で、ラピスに仲直りの印としてプレゼントするが壊されてしまう。 それからはスティーブンにプレゼントされた端末を宝物にしている。 ホームワールドにいた頃の身分や常識にとらわれがちで、合体に対して拒否感がある。 ジェムは鼻にある。 ジェムをヘルメットに変形させ、頭突きとスピン攻撃を行う。 兵士たちの中でも強いパワーを持ち、合体を弱いジェムが強くなる行為だと蔑視していた。 傲慢で高圧的な自信家で、地球を嫌っている。 イエロー・ダイヤモンドに仕えており、ローズとスティーブンを同一人物とみなして激しく敵視する。 アメジスト同様「幼稚園」出身で、生まれつき巨大な体を持つ。 アメジストと同じく兵士階級で量産型ジェムであるが、体の大きさ故か扱いは全く違い、そのパワーはジェムの中でも最強クラスだった。 アメジストを「遅生まれの出来損ない」と嘲笑っている。 本来はペリドットの報告を受けてクラスターを回収しに地球を訪れたが、ペリドットとラピスがクリスタルジェムズの存在を漏らしたためビーチシティに停泊した。 そこでローズの力をもつスティーブンを見つけ、ガーネットたちクリスタルジェムズを倒して一緒に宇宙船に捕らえた。 脱走したガーネットと再戦して敗北するが、宇宙船の墜落後にがれきから現れた。 ガーネットに習ってラピスと無理矢理合体しマラカイトになるものの、ラピスの意思で海中に引きずり込まれた。 その後、スイカの島にマラカイトの状態で現れ、アレクサンドライトとスイカのスティーブンとスイカの島の住民により合体を解かれ、クラスターの影響で発生した地割れに飲み込まれてしまう。 その後は海の中で暮らしていたようで、マラカイトへの合体を経験して合体への考えを改め、スティーブン親子とラピスが乗っている船に現れてラピスに再度合体を申し込む。 しかしもはや合体を必要としないラピスに拒絶され、ラピスが水で作った拳に吹っ飛ばされた。 このことからスティーブンを逆恨みし、さらに暴走した。 モンスター化した兵士のジェムたちを捕らえて兵隊を作ろうとしたが、スティーブンたちに妨害される。 スティーブンとアメジストがスモーキークォーツに合体すると、自らも対抗してモンスタージェムと合体してしまった。 助けようとするスティーブンに「全てを失ったジェムに生きがいを与えて手駒を増やしている」と指摘し、自分が本来仕えていたピンク・ダイヤモンドを砕いたローズへの憎しみを叫びながらモンスター化した。 ペリドットの攻撃でジェムに戻りバブル化され、神殿に送られる。 ルビー・スカッド(Ruby squad) イエローダイヤモンドの命令でペリドットを連れ戻しに来た5人のルビー達。 それぞれ個性はバラバラだが、スティーブンの口車に乗せられる単純な性格。 それぞれ性格とジェムの位置が異なり、リーダー格のスキャナーを付けて胸にジェムがあるドク、左目にジェムがあるアイボール、左肩にジェムがあるアーミー、お腹にジェムがあるネイビー、左足にジェムがあるレギーで構成されている。 合体しても姿は変わらず、ジェムが増えて体が大きくなるだけ。 スティーブンと人間のふりをしたジェムたちの人間チームとルビーチームで野球対決をするが、スパイとして加わったクリスタル・ジェムズのルビーがサファイアと合体したため、自分たちも合体してペリドットにジャスパーの居場所を問いただすが、スティーブンに嘘の居場所を教えられ海王星へと去っていった。 その後地球に戻っており、ラピスに水に閉じ込められていた。 話を聞くためスティーブンに解放され、ジャスパーが見つからなかったことでこれを問いただすが、ジャスパーに変身したアメジストに騙され、クリスタルジェムズを人質にしたふりをしたアメジストを宇宙船に乗せ、月の基地に案内する。 帰還する際にアメジストの変身が解けたため騙されたことを知り合体する。 スティーブンにドアを開けられて外に放り出されそうになったところをサードニクスのハンマー攻撃で合体を解かれるが、その際スティーブンを掴み宇宙に放り出された。 宇宙に放り出されたあとはそれぞれ宇宙をさまよっていたが、バブルの中に入っていたスティーブンにアイボールが張り付く。 その後は言い争いながらも宇宙を漂っていたが、アイボールのジェムに隕石が当たり吹き飛んだところでスティーブンに助けられる。 ジェムにヒビが入ったためスティーブンに治されるが、これによりアイボールはスティーブンをローズと認識。 ジェムから小型のナイフを取り出し彼を倒そうとするが、バブルの外に放り出され、再び宇宙をさまよう事となった。 ブルー・ダイヤモンドの部下。 ジェムは後頭部にある。 電撃を放つムチが武器。 施設の管理者であり、大勢のアメジストやジャスパー達を従えている。 部下や人間達には尊大な態度を取るが、上の立場であるサファイアやダイヤモンド等には徹底的に礼を尽くす。 人間動物園の警備及び飼育員の様な立場で、園内の人間達のカウンセリングのような事もしている。 クリスタルジェムズのアメジストとは同じ幼稚園で生まれた仲間であり、彼女との再会をとても喜んでいた。 ホーリーブルーから役立たずの手駒扱いされている事に不満があったらしく、クリスタルジェムズが脱出する際にはパールに言い負かされたホーリーブルーに大笑いし、彼女を押さえ付けつつクリスタルジェムズを見送った。 クリスタルジェムズのアメジストに似た小柄な姿で、彼女と出会って「一番小柄なのは私じゃなかった!」と喜んでいた。 ジェムは左目の下にある。 妖精に似た翼を生やして空を飛ぶことができ、リボンを杖に変えてアレキサンドライトのように大きさを問わず対象を閉じ込めて投げ飛ばす。 スティーブンが幼稚園の地下でペリドットに初めて会った時に言っていた情報を元にパパ、コニー、ラース、セイディ、ジェイミー、オニオンを捕らえるべくイエロー・ダイヤモンドの命を受けて地球に現れた。 ジェムはそれぞれ左耳と右耳にある。 武器はメイス。 お互いに合体して人間を体に閉じ込める。 合体しても姿は変わらない。 自分をパパだと偽ったスティーブンを捕らえるが、スティーブンが中でバブルを出したため合体を解かれて閉じ込めていた人間も放してしまった。 初めは無口だが、しばらくすると感傷的で共感的な一面を出す。 ペリドットとジャスパーのダイヤモンド。 他のどんな種類のジェムよりも巨大な体で、ジェムは胸にあるイエローダイヤモンド。 側近はイエローパール。 宝塚を思わせる男装の麗人のような姿で、厳しそうに見えるが部下への待遇は厚い。 地球やクリスタルジェムズを憎んでいるような発言をしている。 ペリドットの通信を受けた際にクラスターの完成を改めて命じるが、地球の素晴らしさを知ったペリドットから折衷案を提言される。 これを良しとしなかった為、言い争いの末にマヌケと言われてしまった。 ピンク・ダイヤモンドを忘れられずに悲しむブルー・ダイヤモンドを心配し、ジェムズの忠誠に報いるためにも裏切り者のローズ・クォーツ族と人間動物園を廃棄し、ダイヤモンドの使命を果たすよう説得した。 側近はブルーパール。 濃紺のドレスを身につけ、深く被ったフードの下には目の隈がある物憂げな美女に似た姿が隠れている。 ジェムは胸にあるブルーダイヤモンド。 5000年前のローズとパールの襲撃の際、「自分が倒された後に反乱者は倒される」というサファイアの予知に従った。 しかし実際にはサファイアとルビーが合体した混乱でパールとローズに逃げられてしまい、怒ってルビーを砕こうとした。 ピンク・ダイヤモンドを忍んで地球の韓国を訪れた際、観光に来ていて知り合ったグレッグが愛するものを亡くした悲しみを理解することに驚き、ピンクの最後のレガシーとして人間動物園に入れようと連れ去った。 ピンク・ダイヤモンドとは親しかったようで、今でも彼女を亡くした悲しみに沈んでいる。 周囲のジェムズの気持ちを悲しみでいっぱいにし、涙を流させる力を持つ。 ピンク・ダイヤモンドの配下だったローズ・クォーツのジェムを全てバブル化して安置したり、ピンクの施設だった人間動物園を引き取って維持している。 合体ジェム ガーネット、巨大ルビー、トパーズ、クラスターも含まれるがここでは割愛する。 スティーブン曰く「ジャイアント・ウーマン」。 エキゾチックな美しい姿で、凛々しく物静かだが非常に忘れっぽい性格。 アメジストとパールの気が合わないので合体できる時間は短いが、二人の意思が一致している間は強い力を発揮できる。 武器はパールの剣とアメジストの鞭を合体させた弓で、矢を分散させて一度に多数の標的を射抜く事が出来る。 腕は4本。 ジェムはパールとアメジストのジェムが色を変えたもの。 わがままで破天荒な暴れん坊で、合体を解くのを嫌って大暴れした。 身長はオパールをはるかに超える。 武器はアメジストの鞭とガーネットのガントレットを合体させた。 厳ついパンクロッカーのような外見で、サングラスの上には額の目が露出し、肘から枝分かれした手は4本。 ジェムは両手のひらと胸にある、ガーネットとアメジストのジェムが色を変えたもの。 スギライトより身長が高い。 合体が解ける際、ルビーとサファイアが一瞬だけ現れている。 日本の特撮ものに出てくるような巨大ヒーローを思わせる姿だが、顎の下からは獣そっくりの口が裂けて炎を吐く。 サードニクスとオパール、スギライトの武器を使いこなす。 腕は6本。 ジェムは額と胸と両手のひらにある、ガーネットとアメジストとパールのジェムが色を変えたもの。 武器はローズの盾と剣。 中性的で凛々しい雰囲気を持つ。 外見は十代後半くらいの人間の少女だが、男性と女性両方の特徴を持った。 スティーブンとコニーの愛によって合体した時は男女を魅了する美しさを見せる。 人間とジェムの全く新しい種類の合体であり、その可能性がクリスタルジェムズから注目されている。 6本の腕のうち2本を手、4本を足として使う半獣半人めいた姿を持つ。 目は4つ。 水を氷の壁や棘に変形させたり、水の羽で飛行できる。 ジェムは背中と鼻にある、ジャスパーとラピスのジェムが色を変えたもの。 ジャスパーがガーネットに対抗して合体し、肉体の主導権は主にジャスパーが握っている。 スティーブンを想うラピスとスティーブンを憎むジャスパーの意思がせめぎ合っている。 海の水を操ってクリスタルジェムズを攻撃しようとしたが、ラピスの意思で水の鎖に拘束され、海中に引きずり込まれた。 その後ジャスパーの意思が鎖を壊して脱出し、「合体ジェムは二人もいらない」とアレキサンドライトを倒そうとするが、アレクサンドライトやスティーブンとスイカの島の住民によって敗北した。 80〜90年代のダンサーを思わせる華麗な姿で、目が4つある。 ジェムはお腹と額にある、ローズとパールのジェムが色を変えたもの。 グレッグとローズの仲に嫉妬したパールが、グレッグに見せつけるようにローズと合体した。 レインボー・クォーツ2. 0 Rainbow Quartz 2. 0 声:アラステア・ジェームズ スティーブンとパールが合体した姿。 服装はスティーブンの服装がサイズそのままのような感じで、目は四つ。 ピンク色の傘が武器。 ジェムは上と同様だが髪型は女とも男ともとれる。 タキシード風レオタードを着た陽気で気取ったエンターティナーで、TVショーの司会者になりきって行動する。 腰と回転可能な上半身に4本の腕があり、目が4つある。 武器はガーネットのガントレットとパールの槍を合体させたドリルに変形するハンマーで、解除時に白いトンボが飛ぶ。 ジェムは両手のひらと額にある、ガーネットとパールのジェムが色を変えたもの。 まんまるとした体のカントリーガールで、左腕の肘が枝分かれした3本腕のジェム。 武器はスティーブンの盾とアメジストの鞭が合体した。 ヨーヨーは3つまで同時に出すことができ、ロープのように扱ったり、回転させて巨大な竜巻を起こせる。 ジェムは胸とお腹にある、スティーブンとアメジストのジェムが色を変えたもの。 2本の手と6足歩行の足を持ち、武器は持たない。 スモーキー・クォーツを引っ掻こうとするが避けられ、ヨーヨーで起こした竜巻に飲み込まれて合体を解かれた。 クールぶった無愛想な青年で、店に来るスティーブンを邪険にしている。 ピアスホールを空けた大きな耳がドーナツのように垂れている。 やや屈折した性格でサボり癖があり、何かと仮病等の理由を付けてセイディに仕事を押し付ける。 セイディは唯一自然体で接することが出来る相手で、セイディからの好意には気付いていて本人も満更ではないが、素直になれず冷たくしてしまうことも多い。 ロナルドは幼馴染で子供の頃は親友だったが、ある出来事が原因で絶交してしまった。 町のイケてる三人組と友達になりたがっているが話しかけられず、スティーブンを介して仲良くなったおかげで一緒にドライブに行けるようになったが、無理に合わせようとして空回りしてしまった。 誰にでも好かれるスティーブンに嫉妬しているが、いつも自分を助けてくれる彼に友情も感じている。 実は製菓が得意で、様々なケーキを作る事が出来る。 同じシフトのラースとは対照的に勤務態度は真面目で、スティーブンにも親切に接してくれる。 ラースのことが好きで、自己中心的なラースに振り回されつつも付かず離れずの微妙な関係を保っている。 郵便配達人のバーブが母親。 セイディの歌が上手いことを知ったスティーブンが、バーブと協力してビーチ・フェスタへのゲスト出演を進めるが、プレッシャーから出られなくなってしまった(第69話「セイディの歌」参照)。 スティーブンよりも少し背が高く、ふわふわしたダークブラウンの髪のインド系の12歳の女の子。 読書が好きでとても頭が良く、色々なことを知っている。 父親の仕事の都合で転勤が多いため友達ができず、いつも1人で過ごしてきた。 過保護で厳格な両親の教育方針でジャンクフードは食べない。 1年前にお祭りで落としたブレスレットをスティーブンが拾っており、ブレスレットを返そうとした彼とバブルの中に閉じ込められてから仲良くなった。 第23話ではスティーブンとの「間接キス」でメガネが要らなくなるほど視力が上がり、普段は両親を心配させないようにレンズを外した伊達メガネをかけている。 スティーブンが自分よりも長生きすることを知ってショックを受けるが、スティーブンを守ろうとパールに剣術と格闘術を教わり、身体能力を飛躍的に向上させる。 同時にパールからスティーブンへの忠誠心を植え付けられかけたが、対等な関係を望むスティーブンに阻止される。 スティーブンからローズの剣を預かり、戦いに参加するようになった。 スティーブンのことが大好きで、彼の人生の一部になりたいと願っている。 しかし、全てを助けようとして自分を頼ってくれないスティーブンに傷ついてもいる。 最初は内向的で自分に自信を持てなかったが、スティーブンとの冒険を通して前向きで逞しい性格になり、母親に自分の意見を伝えられるようになってきている。 両親にはジェムズの存在を隠していてスティーブンの家庭はだと話していた。 しかしスティーブンの家族との食事会を約束させられてしまい、ジェムズの振る舞いやコニーの嘘に怒った両親にスティーブンと会うことを禁止されるが、スティーブンに対するパールとガーネットのしつけを気に入った両親に付き合いを許された。 母親が勤務する病院にモンスタージェムが現れた際、ローズの剣を母親に見つかって没収されてしまう。 混乱する母親に自分がスティーブンと共にモンスターと戦っていることと、メガネにレンズがないことを打ち明けてモンスターを倒し、母親の理解を得ることができた。 フライマン(Mr. フライマン家は全員フライドポテト型の髪形である。 スティーブンはこの店のはじっこポテトがお気に入り。 ロナルドよりも遙かにしっかりしているが、たまには店番の仕事を投げ出して遊びたいという子供らしい一面もある。 メガネをかけた太めのオタク青年で、自分はヒーローに選ばれた特別な存在だと思っている。 店の手伝いもせずにビーチシティの超常現象を追いかけており、「ビーチシティの不思議」というブログを開設している(実際にや、調査資料を書籍化したという設定の公式ファンブックが存在する)。 その結論自体は間違っているものの、ジェムについての考察には幾つか的を射ているものもあり、あなどれない。 町の灯台の中に部屋を持っている。 よくヘッドホンで音楽を聴いている。 画家のヴィダリアの長男で、オニオンとは異父兄弟に当たる。 子供の頃のベビーシッターがグレッグだった。 将来の夢はDJ。 複数の携帯ゲーム機を改造したオーディオ機器を持つ。 口うるさい義父のイエローテイルに反発しており、自分のレイブの日にビーチシティを訪れた実父マーティに憧れ、本格的な設備を準備してもらう。 ところがグアコーラの宣伝に利用されたと知って失望し、イエローテイルが持ってきた機材でレイブを開くことができた。 オニオンやイエローテイルの話す独特の言葉を理解している様で、マーティの裏切りに腹を立てたサワークリームは彼等の言葉でまくし立てている。 常にサングラスをかけたクールな青年で、見た目や性格がガーネットに似ている。 デューイ市長の息子で、選挙や体面ばかりで父親らしい行為をした事がない彼に失望している。 スティーブンが作ったグレッグのギター教室の広告ポスターを見て宣伝用のTシャツ作りを提案するが、実はスティーブンの下手な絵で父親思いの彼をこき下ろすつもりだったと明かす。 市長の選挙演説では昔父親のために作った応援広告のTシャツをスティーブンがばらまき、人々が嘲笑する中でTシャツの柄をなぞるデューイ市長に涙を流した。 その後はスティーブンに謝罪し、ギター教室に通うようになった。 デューイ市長がウィリアムの劇の脚本を書いた際(実際はウィリアム本人を知るパールに修正されている)、ウィリアムを欠点だらけな人物にしたことを評価した。 金色の耳飾りをつけたおしゃれな女の子。 車の運転ができる。 おさかなピザ屋さんというピザ店の娘で、キキという双子の妹がいる。 奔放な性格で、よく店番をキキに押し付け配達用の車で遊びに行ってしまう。 奔放な姉とは対照的に真面目で、よく店の手伝いを押し付けられている。 その事が少なからずストレスになっており、スティーブンは無意識に彼女の夢にシンクロした事がある。 一見しっかり者な様だが、宿題をジェニーにやって貰ったりしている。 ジェムズが戦闘中に店の看板を破壊した事に腹を立て彼等を出入り禁止にするが、スティーブンが企画したビーチパーティーを経て和解した。 フライマンとは「お互いの店のメニューを侵害しない」という不可侵条約を結んでいる。 とてもしたたかで頭の回転が早く、スティーブン達は彼女の立てた作戦でモンスターを撃破した事がある。 ビーチシティの災害発生率の高さに頭を悩ませており、自分の権威やキャリアばかり心配している。 ビーチシティの発見者は祖先のウィリアム・デューイ。 モンスタージェムに襲われたウィリアムをビーチシティとなる土地に運んだのがクリスタルジェムズであり、ウィリアムはクリスタルジェムズのよき友人だった。 ラピスが海を奪って町中がパニックに陥った際、事態を解決したスティーブンを英雄として讃えた。 パールに憧れている。 何度かジェムたちに遊園地やゲームセンターのものを壊されており、災難によく遭う人物である。 昔は俳優兼コメディアンだった。 ひょうたんのような頭にマヨネーズそっくりな髪の毛が乗った少年。 声を発するシーンは殆どなく、スティーブンとはジェスチャーでやり取りしている。 イタズラ好きで盗み癖があり、ジェットコースターに放火しようとしたり、道端でバイクを乗り回して爆発炎上させるなど問題行動が多いが、本心は寂しがり。 スティーブンの事は彼なりに友達だと思っている。 「オニオン・ギャング」という仲間達が居るが、夏休みの間だけ遠くから遊びに来ている為、基本的にはいつも一人で奇妙な遊びをしている。 スティーブンが苦手な蛇を飼っていたり、自分の出産ビデオを保管している。 食べ物が大嫌いだが、グアコーラは気に入って飲んでいた。 物体を複製するジェムズの装置「レプリケーター」を悪用し、町をパニックに陥れた事がある。 ヴィダリアの次男であり、父親は漁師のイエローテイル。 父親同様の独特な言語を喋る。 漁師をしていてヴィダリアの絵のモデルにもなっていた。 独特な言語を喋り、ヴィダリアやサワークリームは意味を理解できている。 妻の連れ子であるサワークリームにも父親として真摯に接し、漁師を継いで欲しい様だが実はDJの夢も応援している。 マネージャー時代はグレッグの車を運転しており、グレッグとビーチシティを訪れた。 グレッグの才能に惚れ込んでいたようだが、名声や金儲けにしか興味がなく、大スターの卵であるグレッグがローズひとりに夢中になったことをバカにしたが、愛想を尽かしたグレッグに解雇された。 その後はプロデュース業で成功を収めたらしく、突然ビーチシティを訪れてサワークリームのレイブを手伝うと見せかけ、グアコーラというソーダの新製品を宣伝し、あまりのまずさに会場をパニックに陥れた。 サワークリームの怒りを買い撤収するが、本当の目的はグレッグの歌をCMのバーガーソングに使用した印税を渡すことで、かなりの金額にグレッグを驚かせた。 グレッグとは元夫マーティと付き合っていた頃からの知り合いで、アメジストとは昔からの友人である。 グレッグを一時期家に住まわせていた。 マーティを嫌っているらしく、アメジストとの写真の中には老いぼれたマーティに変身したアメジストを見て笑っているものがある。 スティーブン達の家に手紙や荷物を届けに来る。 カンザスで舞台俳優になる夢を諦めてビーチシティに戻って来た。 ガーネットに一目惚れしてラブレターを書いたものの玉砕するが、ガーネットに俳優を続けるよう勧められる。 後にウィリアム・デューイの劇に出演した。 ケヴィン(Kevin) 声:米田基裕 スティーブンとコニーがステボニーになって参加したダンスパーティーに現れたリッチでイケメンな青年。 嫌味な性格のナルシストで、他の住民達を見下している。 一目惚れしたステボニーをダンスのパートナーに誘うが、強引な態度を取った為ステボニー 特にスティーブン に嫌われた。 誰にでも良い所を見つけるスティーブンから嫌われるという珍しい人物。 アンディ(Andy) 声: グレッグのいとこ。 小型飛行機で世界中を旅しており、時々ビーチシティに帰ってくる。 伝統を重んじ変化を嫌う頑固な性格。 ラピスとペリドットが暮らす納屋の本来の持ち主で、勝手に納屋を貸したグレッグや住み着いたジェムズに腹を立てていたが、最終的に和解した。 その他 スイカスティーブン Watermelon Steven 声: スティーブンがジェムの力で育てたスイカ。 スティーブンそっくりの姿を持ち、言葉は喋れないが意思を持っている。 ビーチシティでのトラブルの後は海を渡って南の島で集団生活をしており、独自の文明を築いている。 島にはスイカスティーブン達の他に犬型のスイカも存在する。 カボチャ Pumpkin 声: ラピスとペリドットが畑で育てたカボチャに、スティーブンが命を吹き込んだ生物。 鳴き声や行動は犬に近い。 とても人懐っこいが、スティーブンが他のカボチャを彫った時は怯えた。 登場以降はラピスとペリドットのペットになり、マスコット的な存在となっている。 盾が出せないスティーブンを助けるために現れた。 クリスタルジェムズの3人からは敵視された。 (1996年 - 2003年) - (1997年 - 2004年) - (1997年 - 1999年) - (1999年 - 2005年) - (1999年 - 2009年) - (2000年 - 2002年) - (2001年 - 2004年) - (2001年 - 2007年) - (2003年 - 2008年) - (2004年 - 2005年) - (2004年 - 2009年) - (2005年 - 2006年) - (2005年 - 2008年) - (2006年 - 2008年) - (2006年 - 2008年) - (2007年 - 2008年) - (2008年 - 2010年) - (2008年 - 2009年) - (2008年 - 2010年) - (2010年 - 2018年) - (2010年 - 2012年) - (2010年 - 2013年) - (2010年 - 2017年) - (2011年 - 現在) - (2012年 - 2014年) - ブレイベスト・ウォリアーズ(2013年 - 2018年) - (2013年 - 2017年) - (2014年 - 2020年) - (2014年 - 現在) - (2014年 - 2018年) - (2015年) - (2015年 - 現在) - (2015年 - 現在) - (2016年 - 現在) - (2016年 - 2019年) - (2017年 - 現在) - (2017年 - 2019年) - サマーキャンプ・アイランド(2018年 - 現在) - (2019年 - 現在) - (2019年 - 現在) 映画• OLeary, Shannon 2013年7月24日. The Beat. 2013年8月12日閲覧。 The Beat. 2016年10月5日. 2018年4月19日閲覧。 Zach Callison: The Official Website 2013年. 2013年8月11日閲覧。 Cartoon Network. 2014年11月6日放送. 32回,シーズン1. かなり高性能なようで、広げた指パーツにタッチ式の映像を投影したり、指パーツから光球を発射し、対象を閉じ込めて動かしたり、電気を流したり、指パーツをプロペラにして浮遊したり、足パーツで壁を走ったりもできる。

次の

a.bbi.com.tw: スティーブン・ユニバース: generic

スティーブン ユニバース 映画

スティーブン・ユニバースとは? 『スティーブン・ユニバース』の監督は、カートゥーンネットワークでは初めてという 女性監督のレベッカ・シュガーさん。 日本でもちょっと異色な、『少女革命ウテナ』や『輪るピングドラム』というアニメのファンというから驚きです。 そのせいでしょうか、世界観はちょっと変わっていて、出てくる人達は、 ジェムズ(宝石)です。 jpの視聴サイトに飛びます 絵はこんなです。 地球を守るにしてはお気楽なイメージですよね? はい、基本、コメディです。 スティーブンの服が変わって(黒い服に黄色い星!)、ちょっと大人になってる(難しいお年頃!)。 このまま続くのかな、と思っていたら、2020年3月27日、4エピソードをまとめて公開し、 最終回となりました。 全20エピソードでした。 最後まで愛に溢れた作品でした。 最後に、グッズの入手方法についてご紹介いたします。 スティーブン・ユニバースのグッズ スティーブン・ユニバースのグッズは、アメリカの カートゥーンネットワークのショップにたくさん出ています。 バックパック、フィギュア、縫いぐるみ、衣類、マグカップ、ブランケット、携帯ケース、トートバッグなどなど リンク: また、こちらは 非公式になりますが、世界中のデザイナーやアーティストによるグッズを扱っているサイトです。 デザインも良く、高品質、娘も愛用しています。 ちょっと人と違うのを探している方にはオススメです。 リンク: まとめ スティーブン・ユニバース大ファンの娘に協力を得ながらの今回の記事、いかがでしたでしょうか。 主人公はスティーブン、ジェムと人間のハーフ• ガーネット、アメジスト、パールの3人がスティーブンを守っている• 愛が溢れているアニメ、日本には似たアニメはないかも• 歌が素晴らしい!• ムービーが2019年秋に公開、『Steven Universe Future』に続き、2020年3月に最終回を迎えた• グッズもたくさん発売されている でした。 いろいろ調べているうちに、日本にも熱心なファンがたくさんいると分かって、なんだか嬉しかったです。 ずっと追ってきましたが、遂に 最終回。

次の