法事 お金 相場。 法事 香典の金額相場は? 香典袋の包み方・表書きなどについて

四十九日法要にかかる費用はいくら? 食事代やお寺への費用の目安

法事 お金 相場

一周忌法要のお布施の金額 相場 法事・法要の御布施は通夜〜葬儀告別式の御布施とは違い、戒名料が含まれません。 そのためそれほど高額になることはありません。 お布施の金額(料金・値段)については、お寺に予約する際に確認しておくと安心です。 一周忌の法要では戒名料が不要なため、中心となる金額は3万円程度です(お車代、お食事代は別途)。 事務局で調べたところ、一周忌法要のお布施の金額は北海道、東北、中国、四国、九州では基本的に3万円(金額の幅は1万円〜5万円。 ただしお車代、お食事代は別途)。 名古屋を中心とした東海、関東、関西では基本的に3万円〜5万円(金額の幅としては3万円〜10万円まで。 ただしお車代、お食事代は別途)。 お布施の金額を予約時にお寺に確認しておくと安心です。 (予約時に金額を尋ねることはマナー違反ではありません) ・お車代の金額 相場は? お車代は、5千円〜1万円くらい。 (自宅での法要など、お寺以外の場所で一周忌法要を行う場合に渡します。 ) ・御膳料の金額 相場は?[御膳料とは食事代のことです。 読み方=おぜんりょう] 御膳料は、5千円〜2万円くらい (会場の格・ランク・クラスによって異なります) (法要のあと会食を設け、その席の出席を僧侶が辞退した場合に渡します。 現金の御膳料を渡す代わりに、会食の席を設けずにお弁当やお酒をお渡しすることもあります。 このケースではお弁当とお酒は僧侶も含めた全員にお持ち帰りいただきます) ・納骨について 一周忌までの間に納骨を済ませていなかった場合、納骨式もこの日に合わせて行うことがあります。 別途謝礼を包む必要があり、金額は3万円〜10万円です (一周忌法要に合わせて同日に納骨式を行う場合の謝礼の 最も一般的な価格帯は3万円程度です)表書きは法要の謝礼と同じく御布施とするか、一周忌の御布施と区別するために「御納骨式御礼」と書くと良いでしょう。

次の

お葬式と法事で違う?香典の金額相場を知ろう

法事 お金 相場

それでは、実際に法事の時にお渡しする お布施の金額はいくらぐらいなのでしょうか。 ここでは、法事のお布施の金額相場について、法要ごとに解説していきます。 忌日法要 まずは 忌日法要について解説していきます。 初七日 初七日は、命日から数えて七日目に行う法要のことです。 故人の魂が三途の川の川岸にたどり着く日とされています。 最近では、日を改めて初七日法要だけを行うところは少なく、葬儀後に初七日法要をするところが増えています。 葬儀と初七日法要を同日に行う場合、お布施はまとめてお渡しすることが多いです。 ですが、地域によっては別々に包む場合もあるので、お住まいの地域の慣習に合わせて用意されるとよいでしょう。 初七日のお布施の金額は 3万円~5万円が相場です。 もし、葬儀後に初七日も行う場合は、葬儀のお布施も必要になります。 葬儀のお布施の金額は 20万円~50万円が相場です。 葬儀と初七日を同日に行う場合は、それぞれのお布施を合計した額を包みます。 法要の1つである初七日に参列する場合、持参する香典の表書きはご存知でしょうか?こちらの記事で解説しております。 是非ご覧ください。 二七日ー六七日 仏教では、故人が亡くなられてから四十九日間を「中陰(ちゅういん)」といいます。 中陰は、亡くなった御霊が生まれ変わって次の世界(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上)に行くまでの期間とされており、その間、七日間ごとに審判を受けます。 生まれ変わった場所がよりよい世界であるようにと願って、七日間ごとに法要を行うのです。 最近では、初七日と四十九日だけの法要をするところが多く、二七日(ふたなのか)・三七日(みなのか)・四七日(よなのか)・五七日(いつなのか)・六七日(むなのか)の法要を行うところは減ってきています。 ですが、地域によっては、七日ごとにきちんと法要を行うところもありますので、お住まいの地域の風習に合わせるとよいでしょう。 二七日~六七日に法要を行う際、包むお布施の金額はそれぞれ 3万円~5万円が相場です。 四十九日 四十九日は「満中陰(まんちゅういん)」とも呼ばれ、御霊が極楽浄土に行くことができるかどうかの審判が下る日とされています。 また、仏式では四十九日が 喪に服する期間が終わる日(忌明け)となります。 ですから、忌日法要の中でも大切なものとされているのです。 さらに、四十九日法要の時には、• 納骨法要 四十九日に納骨を行うことが一般的であるため行われる。 開眼法要 お墓を新たに建てたり、仏壇を新しく購入した場合に行われる。 といった法要が一緒に行われる場合もあります。 四十九日と納骨法要などが同日に行われるときは、お布施は1つの袋に一緒に包んでもよいです。 その場合、それぞれの法要分を合わせた金額のお布施を入れておきましょう。 四十九日のお布施の金額は 3万円~5万円が相場です。 また、納骨法要や開眼法要のお布施の金額相場も3万円~5万円ほどです。 もし、四十九日と納骨法要を同日に行う場合は、 6万円~10万円ほど包みます。 さらに、開眼法要も行う場合は、10万円~15万円ほど包みます。 下記の記事では四十九日法要についての基礎知識を全て解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。 年忌法要 つづいて、年忌法要について解説していきます。 1周忌 1周忌法要は、故人が亡くなられた1年後に行われる法要です。 本来は御命日に法要を行うのが望ましいですが、週末などの集まりやすい時に行われることが多いです。 その場合、御命日よりも前に行うことが一般的です。 1周忌には、家族・親族以外にも、友人・知人なども招いて行われます。 以後の回忌法要と比べると参列者が多いです。 1周忌のお布施の金額相場は 3万円~5万円になります。 また、四十九日で納骨されなかった場合は、1周忌に合わせて納骨を行うことが多いです。 もし1周忌の時に納骨法要を同日に行う時は、お布施は1周忌法要分と納骨法要分とを合わせた金額を包みましょう。 その場合、 6万円~10万円ほどのお布施になります。 開眼法要も行う場合は、10万円~15万円ほどになります。 3回忌 3回忌とは、故人が亡くなられてから数えで3年(満2年)後に行われる法要のことです。 なぜ、亡くなられてから「満2年」なのに「3回忌」というかというと、仏教ではなくなった当日を1回目の忌日と捉えるためです。 ですから、2回忌は「2回目の忌日」ということで、1周忌のことを指します。 そのように数えていくと、2年目が「3回忌」ということになるのです。 3回忌ごろまでは、法要は家族・親族以外の親しい友人なども招いて行われる場合があります。 3回忌のお布施の金額相場は 1万円~5万円になります。 7回忌 7回忌とは、故人が亡くなられてから数えで7年(満6年)後に行われる法要のことです。 この頃になると、法要の規模も小さくなり、家族・親族だけで行われる場合が多いです。 3回忌のあとになぜ7回忌になるのかということですが、• 毎年親族が集まることは大変だから 遠方に住んでいる親族もおられるので、親族が多ければ多いほど集まることが困難になってきます。 仏教では「3」と「7」の数字が大切にされているから 「3」は、極端に偏った「2」つの考え(有無や損得など)を超えて、中正な立場に立つという意味があります。 「7」は、「6」を超える、すなわち「六道(ろくどう・りくどう)」を超えた世界に辿りつけるようにという意味があります。 などといった理由で毎年法要を行わないのです。 7回忌のお布施の金額相場は 1万円~5万円になります。 13回忌 13回忌とは、故人が亡くなられてから数えで13年(満12年)後に行われる法要のことです。 13回忌のお布施の金額相場は 1万円~5万円になります。 17回忌 17回忌とは、故人が亡くなられてから数えで17年(満16年)後に行われる法要のことです。 17回忌のお布施の金額相場は 1万円~5万円になります。 23回忌 23回忌とは、故人が亡くなられてから数えで23年(満22年)後に行われる法要のことです。 この頃になると、ごく身内のみで法要を行うか、場合によっては法要を行わないところもあります。 23回忌のお布施の金額相場は 1万円~5万円になります。 27回忌 27回忌とは、故人が亡くなられてから数えで27年(満26年)後に行われる法要のことです。 23回忌同様、ごく身内での法要を行うか、もしくは法要を行わないというところもあります。 27回忌のお布施の金額相場は 1万円~5万円になります。 33回忌 33回忌とは、故人が亡くなられてから数えで33年(満32年)後に行われる法要のことです。 33回忌法要をもって、「弔い上げ(とむらいあげ)」とし、以降の年忌法要を行わないところが多いです。 なぜかというと、• 家族・親族が高齢になり、法要を行うことが難しくなる• 故人に縁のある人々がいなくなる• 仏教では、どんなに生前悪いことをした魂でも、33回忌を過ぎれば極楽浄土へ行けるという教えがあるから などといった理由からです。 弔い上げを行う場合は、通常の法要よりも盛大に行われます。 33回忌のお布施の金額相場は1万円~5万円になります。 ですが、弔い上げを行う場合、相場は 5万円~10万円になります。 50回忌 50回忌とは、故人が亡くなられてから数えで50年(満49年)後に行われる法要のことです。 33回忌で弔い上げをしなかった場合は、この50回忌で弔い上げを行います。 33回忌以降、50回忌までの間の法要(37回忌、43回忌、47回忌)は、執り行われない場合も多いです。 また、まれに100回忌まで行い、50回忌でも弔い上げを行わない場合もあります。 50回忌のお布施の金額相場は1万円~5万円になります。 弔い上げを行う場合は、相場は 5万円~10万円にです。 その他の法要 その他の法要についても解説していきます。 初盆 初盆は、故人の忌明け(四十九日)後、初めて迎えるお盆のことです。 通常のお盆の時に比べて、お布施は多めに包みます。 初盆のお布施の金額相場は、 3万円~5万円です。 初盆のお布施については、下記の記事に詳しく書いてありますので、よろしければご参考にしてください。 お布施とは、法要や行事の時などにお礼の気持ちとして僧侶の方にお渡しするお金のことである。 お寺以外の場所で法要を行うときには、お布施とは別に御車料と御膳料が必要になり、それぞれ5千円~1万円が相場である。 初七日のお布施の金額相場は3万円~5万円である。 ただし、葬儀と同日に行う場合は、葬儀のお布施(20万円~50万円)との合計金額を包む。 二七日~六七日までのお布施の金額相場は3万円~5万円である。 四十九日や1周忌のお布施の金額相場は3万円~5万円である。 ただし、納骨法要や開眼法要などと同日に行う場合は、その分のお布施(1法要につき3万円~5万円)との合計金額を包む。 3回忌以降の年忌法要のお布施の金額相場は1万円~5万円である。 33回忌もしくは50回忌で弔い上げを行う場合は、お布施の金額相場は5万円~10万円ほどになる。 お盆のお布施は、初盆は3万円~5万円、通常のお盆は5千円~2万円が相場である。 お彼岸のお布施は、個別法要の場合は3万円~5万円、合同法要の場合は5千円~1万円が相場である。 法事のお布施は、奉書紙に包むか無地の白封筒に入れ、表に「御布施」「お布施」と書き、下段に施主の姓もしくはフルネームを書く。 法事のお布施は、お盆にのせて渡すのがマナーである。 お盆がない場合は袱紗に包んで渡すのがよい。 といったことが分かりました。 法事を行うときには、準備することが多く、慌ただしくなる場合が多いですよね。 あらかじめ お布施のことを知っておくだけでも安心感につながると思います。 法事はたいていの家で営まれる行事です。 時間のある時に、どのようにして行うとよいのか、どこに連絡をすればよいのか、などを考えてみるのも良いのではないでしょうか。 最後までお読み下さりありがとうございました。

次の

法事の香典金額!親の相場はいくらくらい?年忌でも変わるの?

法事 お金 相場

お布施に定価はない お布施とは、仏式の葬儀や法事で読経などの供養をしてくれる僧侶に渡すお金のことで、葬儀社への支払いとは別にかかるものです。 仏教で「布施」とは施しを与えることを意味しており、ご本尊へ供えるという宗教的な性格を持っています。 ですから本来はできる範囲での志を包むものであり、定価は存在しません。 目安額を確認 できる範囲でと言われても、目安になる額は知りたいものです。 菩提寺へのお布施なら、檀家総代の方に聞くのも一つの方法ですが、あまり付き合いがなくて聞きづらければ、寺に直接問い合わせても問題はありません。 とはいえ「お気持ちで」と言われることも多いでしょう。 その場合は「初めてのことで全く分かりませんので、失礼かと存じますが他の方がどれくらい包まれているのか教えていただけると大変助かります」と、聞いてみるとよいでしょう。 どちらの場合も、通夜・葬儀での読経や供養だけなのか、戒名(浄土真宗では法名)まで含まれるのかは確認しておいたほうがいいでしょう。 通夜・葬儀は15万円〜50万円の心づもりで お布施は葬儀、法事・法要のほかに納骨式(3万円前後)やお盆(5000円〜1万円前後)に僧侶に来ていただく時にも渡します。 お布施を渡すタイミングや渡し方は下記の通りです。 タイミング 通夜・葬儀の場合 葬儀社ではなく、僧侶に直接渡します。 通夜が始まる前、葬儀が始まる前に僧侶に挨拶する時がよいでしょう。 もしくは終わった後の挨拶時でも構いません。 法事・法要の場合 事前にお寺に持参するのが最も丁寧ですが、今は当日渡すことがほとんどです。 法事・法要が始まる前の挨拶の時か、終わった後に渡します。 渡し方 手渡ししたり、直接床に置いたりせず、小さなお盆(切手盆、祝儀盆などの黒いお盆か、ない場合は普通のお盆)にのせて渡します。 お盆は葬儀社で借りられることもありますが、なければ袱紗に包み、渡す時に取り出して袱紗の上にのせて渡します。 表書き 薄墨でなく、黒墨で「御布施」「お布施」とし、下に施主の名前を書きます。 お札は半紙の中包みに入れ、奉書紙で包むのが正式ですが、封筒でも大丈夫です。 封筒なら、白無地で一重のものを用意します。 キリスト教式、神式にも「お布施」がある キリスト教式や神式にも「お布施」にあたるものはあります。 キリスト教式の場合は、葬儀を執り行う教会に確認することをおすすめします。 目安としては前夜式・葬儀の2日間でトータル10〜20万円程度と考えておけばよいでしょう。 神式の場合も、神職に確認することをおすすめしますが、斎主(神職)一人ではなく、副斎主、楽員など複数での葬儀になる場合もあるので、その際は、斎主に10万円前後、斎主以外に3〜5万円前後を用意します。 表書き キリスト教式 教会へは「献金」、神父や牧師には「謝礼」または「御礼」。 オルガン奏者には「謝礼」または「御礼」。 神式 御祈祷料」「御祭祀料」など。 どちらも白い封筒に入れます。 渡し方 キリスト教式 特に決まりはありませんが、前夜式や葬儀が始まる前、もしくは終わってから挨拶をする時に、渡します。 神式 通夜式や葬場祭が始まる前、もしくは終わってから挨拶をする時に、渡します。

次の