蜂蜜 と 遠雷 あらすじ。 蜜蜂と遠雷ネタバレ結末!優勝者より風間塵が主役のタイトルの意味

蜜蜂と遠雷のネタバレ

蜂蜜 と 遠雷 あらすじ

恩田陸の直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」あらすじネタバレ!受賞歴・経歴が凄かった 恩田陸の直木賞受賞作「蜜蜂と遠雷」あらすじネタバレ! 恩田陸は、第156回直木賞(2017年)を受賞した人気作家です。 直木賞受賞作「蜂蜜と遠雷」のあらすじをご紹介。 芳ケ江国際ピアノコンクールは、優勝者が、世界屈指のSコンクールで優勝するというジンクスがあるほど評価の高い大会でした。 コンクールの予選、本選でしのぎを削りあったのは、元天才少女や、正確無比な演奏を誇るエリート、年齢制限ぎりぎりでラストチャンスにかける青年、自身のピアノも持たない謎の天才少年……と個性あふれる4つの才能でした。 タイトル「蜂蜜と遠雷」絡みのネタバレをすると、主人公の1人、16歳の風間塵は、養蜂家の父と移動生活を送り、音楽教育を受けていないという異色の経歴の持ち主です。 その演奏は、好悪が極端に分かれ、時に「劇薬」とも呼ばれるほどの個性を持つなど、物語のキーを握る魅力あふれるキャラクターとして描かれています。 恩田陸が6度目の正直で直木賞を受賞!受賞歴・経歴が凄かった 恩田陸は、実は、これまで直木賞には6度もノミネートされてきました。 それだけではなく、吉川英治文学新人賞(「夜のピクニック」)、日本推理作家協会賞(「ユージニア」)、山本周五郎賞(「中庭の出来事」)と、名だたる文学賞を受賞している凄い実力の持ち主。 しかも、作家になる前は、保険会社の社員として働き、ハードワークをこなしていたのだとか。 あまりの激務に、身体を壊して入院したこともあるといいます。 その後、夢をかなえて作家デビューしますが、しばらくは収入を得るために、不動産会社の派遣社員として二足の草鞋を履いていたといいますから驚きです。 恩田陸のおすすめ作品「ライオンハート」あらすじネタバレ!ドラマ化作品も多数 恩田陸のおすすめ作品「ライオンハート」あらすじネタバレ 恩田陸のおすすめ作品の中でも、ちょっと変わったテイストの物語もあります。 タイトルは、あのSMAPの名曲と同じ「ライオンハート」ですが、内容は無関係です。 物語の始まりは、17世紀のロンドン。 「ライオンハート」のあらすじは、2人の男女の魂が、輪廻転生を繰り返し、何度も出会い、ひかれあうというものです。 ネタバレすると、2人の転生のタイミングはいつも同じとは限らず、時には、20代半ばの美女と66歳の老人という時もあれば、12歳の少女と多額の借金を抱えて絶望の淵にある青年だったりもします。 惹かれあいながら、決して結ばれない運命にある2人ですが、「いつもあなたを見つけるたびに、ああ、あなたに会えて良かったと思う」というセリフにある通り、ロマンチックな気持ちに浸れる小説です。 恩田陸のおすすめ作品はたくさんありすぎる!?ドラマ化作品も多数 恩田陸の作品は、これまで多数が映像化されています。 恩田陸が描くジャンルは多彩ですが、少年少女が登場する青春小説が特に人気があり、映像化も多いようです。 デビュー作である「六番目の小夜子」も学園もので、NHKでドラマ化されています。 また、男子校の学生寮を舞台に描いた「ネバーランド」は、今井翼、三宅健、生田斗真、村上信五といったジャニーズ事務所の人気者が多数出演したドラマとして話題になりました。 実際にある高校の歩行大会をモデルに描かれた「夜のピクニック」は、多部未華子、貫地谷しほり、柄本佑、池松壮亮といった演技派を揃えて映画化されています。 恩田陸は作家をも魅了する作家!朝井リョウも激押し! 恩田陸が直木賞を受賞した作品「蜂蜜と遠雷」は、2段組みで500ページをこえる大作。 さらに、扱っているテーマは、文章で表現するのが非常に難しいと思われる音楽や才能です。 しかし、それらをすぐれた描写と類まれな構成力でまとめた恩田陸「蜂蜜と遠雷」は、長大さを感じさせないほど、一気に読める面白さにあふれたエンターテイメント作品になっています。 作家の間でも評価が高い恩田陸は、「何者」で直木賞を受賞している朝井リョウが、「絶対この作品が(直木賞を)獲る」と予想していたほどでした。 直木賞の選考委員である作家の浅田次郎も、「恩田さんの作品は、個人的には昔からのファンです。 面白いです。 次から次へと違うものを用意してくれる」と語っていることからも、恩田陸が、作家からも愛される作家であることが分かります。 しかし、そんな恩田陸でも、直木賞に落選すること5回。 今回6度目のノミネートで受賞に至ったわけですから、直木賞受賞への道はなかなかに険しいもののようです。 恩田陸自身は、過去5回のノミネートに対しては、「候補にしてもらえると第一線にいるんだって実感できるという意味で、(ノミネートを)すごく励みにしたことはあった」と前向きにとらえてきたといいます。 とはいえ、「これでまたなんか『残念でした』ってなると大変なことになるので、ホッとしました」と複雑な胸のうちも明かしています。 恩田陸が作家として、デビューしたのは1992年ですから、直木賞受賞は、デビュー25周年という記念すべき年に成し遂げた快挙ともなりました。 デビュー前は、会社員として働いていた恩田陸ですが、「いつか作家になりたい」という思いを胸に秘めてはいたそうです。 しかし、1987年に早稲田大学卒業後に就職した生命保険会社は、バブル華やかなりし頃だったこともあり、仕事が山積みで多忙を極め、就職2年目には体調を崩し、休職を迫られるほどでした。 そんな恩田陸は、復職後に、忙しい勤務のかたわらに読んだ酒見賢一の「後宮小説」に衝撃を受けます。 以後、勤務のかたわら、小説の執筆に取り組みだしました。 就職から4年たち、作家への夢を諦めず、保険会社を退職した恩田陸が書き上げたのが、「六番目の小夜子」です。 この作品でデビューをつかみとったものの、奥田陸は、生活が安定するまでは派遣社員として不動産会社で働きながら、作家活動を続けていきます。 その間、初期の代表作となる「常野物語」(とこのものがたり)をはじめ、かなりの数の作品を生み出していたのですから驚かされます。 ちなみに、恩田陸は、専業作家となるため、1997年に退職していますが、会社には作家活動については明かしていなかったため、独立して不動産会社を立ち上げるのだと思われていたのだとか。 周囲に明かすこともなく、仕事をこなしながら小説を書き続けてきた恩田陸のバイタリティには頭が下がります。 それだけの意気込みがなければ、直木賞をとれる作家にはなれないということなのでしょう。

次の

恩田陸は女だった!直木賞「蜜蜂と遠雷」ネタバレあらすじ・感想評価レビュー

蜂蜜 と 遠雷 あらすじ

結構前に原作を読んで世界観に魅了されており、つい4ヶ月ほど前にドイツから日本に帰る飛行機の中で映画を観ていたのですが、やはり原作とは程遠い作品になってしまったと思います……。 単行本でも500ページほどある超長編の本作は、それぞれの登場人物(主のコンテスタントであるマサル・亜夜・風間塵・高島明石のみならず、審査員の三枝子や、明石をずっと追いかける雅美も含めて)の機微の変遷こそが最も魅力的で美しいものと思っております。 映画でも是非このポイントを強調して制作してもらいたかったな、という思いはあります。 もちろんそうなると、2時間では到底収まりきらないのはわかっていますので、やはり映画化が難しい作品だったのかなと思います。 ちなみにストーリーは薄っぺらく感じた俺は原作未読。 もっと群像劇的な内容を期待してたんだけど、主人公の亜夜が少女時代のトラウマを乗り越えるドラマに過ぎなかった。 で、周りの人物との絡みでどんな心の変化があったのか、その辺りの描写が物足りなかった感が否めない。 きっと原作ではもっと深いテーマが描かれてるんだろうなぁって勝手に想像してる。 あ、ただ仮に原作を読んでたとしても、映画と原作を比べて優劣つけるようなナンセンスなレビューはしたくない派です。 キャスト全体の演技は良かった。

次の

蜂蜜と天才|恩田陸『蜜蜂と遠雷』あらすじと感想

蜂蜜 と 遠雷 あらすじ

Sponsored Link 2017『本屋大賞』に輝いた、恩田陸の 『蜜蜂と遠雷』(読み方は、みつばちとえんらい)について、私なりに、コンクールの結果(優勝者)と、著書のタイトルの意味を考察してみました。 ( ネタバレになるので、未だ読んでいない人は注意!) 優勝者は著書の中で 『マサル』と確定しているので、あまり議論の余地は無いかもしれませんが、 一方で、蜂蜜と遠雷という タイトルの(真の)意味に関しては、読者によって、捉え方が各々に転びそうな作品だと思いました。 恩田陸の蜜蜂と遠雷は、 『夜のピクニック』に続き、本作が2回目の本屋大賞です。。 また、蜜蜂と遠雷は『直木賞』も受賞ということで、名実ともに素晴らしい作品内容になったと思います。 (恩田陸って、直木賞まだだったんですね。 直木賞を獲得したことではなく、直木賞を取ってなかったことのほうが驚きでした) 本屋大賞受賞『蜜蜂と遠雷』の感想(ネタバレあり) 蜜蜂と遠雷を読んで、私が抱いた感想は、 まず、何よりも、 表現力が素晴らしいということです。 この点は、どの読者の方も口にしています。 もはや規定事項といっていいでしょう。 ピアノの音色そのものを言葉にするという作業は、 まさに、 言葉にならないものを言葉で表現する作業といえ、作家冥利に尽きると思います。 恩田陸も インタビューにて、 演奏シーンは最初から最後まで苦しみました。 特に、一次、二次とコンクールの予選が進むにつれて、一度使った表現はもう使えませんから、どんどんバリエーションが少なくなってきて、三次の辺りがいちばんつらかった。 もう本選は書かなくていいんじゃないかと泣き言を言った<以下省略> 引用元:本の話WEB と、いかに音を文字に起こす作業が困難だったかを語っています。 以上の他、 読書後に私が考えたのは、 本当の優勝者は誰か? ということと、 『蜜蜂と遠雷』のタイトルに込められた意味は? この二つです。 皆さん、どう思われたか分かりませんが、私なりに、考察してみました。 簡単なあらすじ あらすじを、超簡単に記すと、 話の舞台となるのは、芳ヶ江国際ピアノコンクール。 つまり音楽の物語です。 各々に特徴的なバックボーンを抱えた4人の出場者が、ピアノコンクールを通して、互いに感化し合い、成長していくという過程を描いています。 音楽(ピアノの音色)を文字に起こして言葉で表現する という点を除けば、話そのものは。 特に複雑な内容ではなく、言ってしまえば、王道的な 青春ストーリーです。 登場人物 物語の中心となる登場人物は、• 風間塵• 栄伝亜夜• 高島明石• マサル・カルロス・レヴィ・アナトール の4人です。 風間塵 『蜜蜂王子』の愛称で親しまれる、15歳の少年。 亡き天才ピアニストのホフマンから推薦を受けてコンクールに参加。 栄伝亜夜 輝かしい実績とともに、かつては天才と謳われた少女。 母が亡くなったことをキッカケに、ピアノを離れていた。 指導教官から無理やり背中を押されるかたちで、しぶしぶ参加。 高島明石 28歳と、参加者の中では最も高齢。 音楽家の夢を捨てきれずにいるサラリーマン。 子どものため、という大義名分を掲げて参加。 マサル・カルロス・レヴィ・アナトール 名門音楽院に通う19歳。 容姿も性格も音楽の才能も、全てが同居する、いわゆる天才。 『恩田陸』が考えるコンクールの優勝者 優勝者は、物語の中で明らかになっています。 コンクールの 優勝者は マサルです。 しかし、恩田陸はインタビューにて以下のように答えています。 作者自身、本当に最後まで順位を決められず、正直、もう誰が優勝でもいいんじゃないかと(笑)。 最後の最後に結果は決めましたけど、ああ、私が書きたかったのは、同じステージに立つ演奏家たちが互いにインスパイアされて、どんどん成長する、そこが書きたかったんだと気付きました。 そういう意味では、書き尽くしたと思います 引用元:本の話WEB この内容からするに、要は、結果ではなく過程を描きたかった、だから(一応、決めはしたけど、真の)優勝者は 誰でもいい、といったふうに読み取れます。 「そういう意味では、書き尽くしたと思います」 という部分を、ちょっと ひねくれた解釈をするならば、 登場人物が成長する過程を描くという点では書き尽くすことができた。 しかし一方で、誰が真の優勝者なのか? つまり、才能とはいったい何をもって才能とするべきなのか? この点については、 書き尽くすことができなかった、 こんなふうに、私は読み取りました。 (性格悪いですね、すみません) 優勝者は、本当にマサルでいいの? と、読んだあとに、そういった疑問を感じましたが、恩田陸のインタビューを参考にする限り、あながち的はずれな疑問ではなかったと思います。 粗くまとめるならば、 恩田陸のように才能に恵まれた逸材であっても、才能とは何か?という問に答えるのは難しいということになるかと思います。 あと、考えようによってはですが、読者が一番 共感できた登場人物が『優勝者』とも結論付けることもできます。 その意味では、私の中の優勝者は 『栄伝亜夜』かな。 タイトル『蜜蜂と遠雷』の意味 Sponsored Link 『蜜蜂と遠雷』というタイトルの意味も意味深です。 まず、読んだ人なら、誰でも思いつくのが、 蜜蜂=風間塵(蜜蜂王子の愛称で親しまれている) 遠雷=風間塵の師匠で、天国にいる ホフマン という関係です。 蜜蜂王子と呼ばれる風間塵が、三次予選の直前に、遠雷の響く音を耳にする。 そこにホフマンの存在を強く意識し、覚醒していくという、物語において重要なシーンがありますが、 素直に考えれば、この場面にタイトルの意味を見出すのが素直かと思います。 タイトル 表向きの意味として、 蜜蜂と遠雷は、風間塵とホフマンの関係を示しているのは間違いありません。 しかし、私は、これとは 別の意味が、タイトルには含まれていると考えます(あくまでも個人的な感想です)。 冒頭にこのような文面があります。 明るい野山を群れ飛ぶ無数の蜜蜂は、世界を祝福する音符であると。 もはや、ダンサー・イン・ザ・ダークの世界です(昔、ヒットした映画です)。 以上のことを、もう少し、ストレートに表現している部分もあります。 ああ、本当に、この世界は音楽に満ちている。 ドアの開閉音、ホールの窓を叩く風、人々の足音、会話。 私なりに、上記の表現を少し補うと、 この世界は音楽に満ちている。 ホールの窓を叩く風、人々の足音、会話、そして、遠くで響く 遠雷 といったふうになります。 先程の蜜蜂の部分とつなげて解釈するならば、 野山を飛び交う軽やかな 蜜蜂の羽音、遠くの空で鈍い音を立てる 遠雷、そのいずれもが 音楽である。 となり、 つまり、 世の中のあらゆることが音楽である、その事実を 例えて、 『蜜蜂と遠雷』というタイトルになったと解釈します。 恩田陸が名付けた『蜜蜂と遠雷』というタイトルには、そのような意味も込められているのではないかと、私なりに感想を持ちました。 さすが、本屋大賞受賞作、楽しむだけではなく、あれこれと考えさせてくれますね(笑).

次の