世界 女王。 韓素希擠下宋慧喬、全智賢!笑納 2020 韓國最新「廣告女王」

韓素希擠下宋慧喬、全智賢!笑納 2020 韓國最新「廣告女王」

世界 女王

二月十五日台灣凌晨時間,柯亞毫無預警地接到了一通來自英國的越洋電話,她差點激動地在深夜裡大叫。 令人好奇的是,長年盛產大蒜、洋蔥的彰化伸港小鎮,怎麼孕育出將台灣水果推向國際的果醬女王? 一瓶失敗果醬成創業起點 彰化鄉下囡仔用味覺重新認識「水果王國」 柯亞創業的起點,竟是一瓶做失敗的草莓果醬! 辭去台北出版社編輯崗位的她,身心俱疲地返回彰化老家,原想著打發短暫待業期,從沒進廚房的柯亞,拿著草莓果醬的食譜嘗試著做,原本以為「依樣畫葫蘆」很簡單,但熬煮出來的人生第一瓶果醬,成果居然「慘不忍睹」。 從火侯控制到風味呈現,煮出了一瓶「果醬界的木乃伊」,讓當時的柯亞相當錯愕:「這是什麼東西?怎麼這果醬完全不行?」「完全糖化,顏色甚至深到幾乎侮辱了草莓…」因為當年的不服輸與好奇心,讓她一腳踩進果醬的世界探索。 從選材、烹調,到果醬(農產品加工)產業,柯亞猶如像是做學問般,抽絲剝繭地找出失敗的緣由,意外發現過熟的水果根本做不出好吃的果醬;再循線走訪農夫市集,她才驚艷到 —— 台灣水果居然擁有這麼多驚奇的可能性,嘉義的「香水草莓」酸度高、顏色鮮豔欲滴;苗栗大湖的「豐香草莓」香氣漂亮、口感軟實。 柯亞發揮中文系實事求是的精神,深入考察英國、法國、日本、美國,各個歐美國家製作果醬的口味與精神,英國善於使用柑橘類、法國愛用莓果類,多方比較之後,柯亞才發覺果醬有一個共通性——離不開跟土地的連結。 柯亞像是發現了新大陸,跟著全台各地小農走訪山間,從宜蘭的金棗、嘉義的草莓、台東的茂谷柑、台中的金桔,一個從鄉下長大的囡仔突然重新找回了對台灣土地、大自然的依戀。 「先前在台北工作,我幾乎忙碌到三餐都是在便利商店解決…但當我開始做果醬、用長時間攪拌著果醬時,靜下心來思考,我發現我把『吃』這件事情的主導權拿回來了!」 一頭栽進手工果醬領域,讓柯亞學會用謙卑的心情面對生長的土地,而推動她不斷投入果醬事業的動力,單純是想把這種心情,傳達給吃的人知曉。 無法被複製的「一萬小時」 果醬女王的創業心經 備料、熬煮、擺攤、出貨、客服,柯亞一人工作室儼然開張,潛心沉浸在果醬熬煮的興趣,還用寫論文的精神,前後出了《這才叫果醬!》、《臺灣好果食》,儼然成了世界上談論果醬最為詳盡的專書。 接著更遠赴產出最多台灣之光麵包師傅的八里穀類食品工業研究所接受培訓,直到經典口味《黃檸檬凝乳》問世,檸檬塔般的酸甜滋味,身邊親友嚐過後便「回不去」,主動開團訂購上百罐果醬,柯亞才發現,自己已被果醬推上創業的風口上。 從「桂花鳳梨黃檸檬」到「白酒伯爵金棗」,柯亞堅持使用無毒水果作為果醬原料,茶、酒、花成了最佳搭配良伴,漸漸地柯亞的手作果醬名氣打響,需求量大到她一人負荷不了。 上下游市集的店內還曾出現過一個情景,「媽媽,柯亞阿姨的黃檸檬果醬怎麼還沒有來?」小女童無心地在展示櫃前向媽媽喊著,顯示連孩子挑嘴的味蕾都被柯亞給收服。 長年配合的通路商上下游世市集店長賴良琪透露,和其他手作果醬比起來,柯亞的果醬很有記憶點,「她的手作果醬不知道為什麼看起來很鮮豔可口,味道鮮明,常常進貨沒多久就銷售一空。 」 從沒算過自己花了多少資金投入果醬事業,柯亞歪著頭遙想,銅鍋、冷凍櫃、冰箱到訂購農友產品,投入成本肯定破百萬元,但想不到一走就走了十年,三千多個日子,一步一腳印,用心熬煮出上萬罐擁有台灣特有風情的手作果醬。 倘若把十年的光陰濃縮成一個星期的縮影,柯亞大概有三天都是在廚房煮果醬,其餘時間就是在探訪產地、送貨,或是在匯款的路上。 積累了至少一萬小時的潛心努力,直到踏上英國《世界柑橘類果醬大賽》,拿到雙金大獎的肯定,才證明台灣職人實力站上顛峰,更是足以讓世界見證台灣水果的美好。 但沒人想到,每天觀察柯亞在廚房忙進忙出的父親,卻是當初最不看好的人。 「什麼時候要收?」「靠這個你哪有可能過活」「扮家家酒什麼時候才要結束?」這一句句看衰的話語,是當年柯亞父親最常的「問候語」,不認為果醬事業可以成氣候,直到一次幫忙送貨,看到果醬大受歡迎,才顛覆父親原本的看法;他願意用三個便當價錢,買下女兒的手作果醬,當場驚艷果醬的味道原來可以這麼多元,還能拿來配茶、佐餐。 世界冠軍的消息傳回台灣,成了柯亞父親與當地居民的大事。 彰化伸港地方的鄉長跟居民,還熱情地親自貼紅紙、送花圈到府,顯然「台灣之光」成了當地鄰里的驕傲。 (照片提供/好食光Keya Jam) 拔得全球果醬頭籌,柯亞並不因此而驕傲,她謙虛地說,是台灣水果的助攻才有機會站上世界舞台。 她內心真正想做的,是將台灣四季的水果滋味,運用果醬,把最完美的瞬間封存起來,突破保鮮的障礙,然後外銷國際,為台灣水果找到新出路。 這次獲獎果醬的宜蘭金棗小農供應商蔡玉美笑著說,由於宜蘭盛產金棗,自50年代就被製成蜜餞、柑仔餅,因為不要求鮮果的品質,價格相對低,但因為柯亞的果醬,使得金棗又有了新的可能,「價錢也不會這麼低,要不然現在已經越來越少人,投入種植金棗了。 」 透過果醬,柯亞要把金棗重新帶回現代人的飲食生活。 從一人單打獨鬥、到開始團體作戰,柯亞秉持著「創造自己風味」的精神,要將台灣島嶼的風味,征服全世界每個人的味蕾。 柯亞的果醬革命,現在才正要啟航。

次の

世界最奢華珠寶在這...英國女王「鍾愛4套」年輕戴到大 傳承200年皇冠美得不可方物

世界 女王

ハワイオープン初戦前にムグルサとの競演ショットに反響「素敵な写真」 テニスのハワイオープンに出場する世界ランク9位の錦織圭(日清食品)。 22日の初戦となるクリスチャン・ハリソン(米国)戦を前にハワイらしいアロハシャツで女子の元世界女王と競演した姿をマネジメントを務めるIMGのオリバー・バン・リンドック氏が画像付きで公開。 海外ファンに「このハワイアンガールは誰だい?」「素敵な写真」などと反響を呼んでいる。 ハワイ入り後もスポンサーのユニクロのイベントに登場するなど、常夏の島を盛り上げている錦織。 リンドック氏は21日にレアなショットを画像付きで公開した。 真ん中に立ったリンドック氏の左側でリラックスした表情を見せる錦織。 まとっているのは紺を基調したアロハシャツだ。 心なしか日焼けした顔によく映えている。 そして、右側には赤のワンピースをまとった元世界ランク1位ガルビネ・ムグルサ(スペイン)。 ハワイオープンに出場する男女トップ選手が競演している。 リンドック氏は「アロハ!」とづつって画像を公開すると、海外ファンも「このハワイアンガールは誰だい?」「素敵な写真」「とても美しいね」と錦織とムグルサのレアな姿が熱視線を集めていた。 その後、両者が一緒にトレーニングしたことをムグルサはツイッターで報告し、初戦に向けて備えていた。

次の

艾薩拉女王

世界 女王

『』では、自転車トラックナショナルチームのメンバーは新型コロナ感染拡大の影響下をどのように過ごしているのか?をお届けする。 第4弾は女子世界チャンピオンの選手。 梶原悠未選手は現役世界チャンピオンであると同時に、大学院で勉学に励む学生でもある。 畑作業のおじさんが「テレビで見たよ!」 Q:世界選手権から帰って、周りの反応に変化はありましたか?地元には戻れていないとは思いますが・・・ 帰国したら新型コロナウィルスが社会に大きな影響を与えていたため、あまり人には会えていませんが、友人たちがお祝いしてくれ、記事やテレビ番組へ取り上げてもらう機会がすごく増えました。 一般道で練習をする際も、畑作業をしているおじさんや、軽トラに乗った近隣の方、宅配便の方が「この間テレビで見たよ」とか「新聞に載ってたね」と声をかけてくださるようになりました。 が終わってから、新型コロナウイルスの影響もあって地元である和光市には戻っていないんです。 帰国以来ずっと静岡でトレーニングや授業を受けています。 友達から「池袋で電車を待っていたら、後ろの人たちが悠未ちゃんの話してて、すごくびっくりした!」ということを聞きました。 自分が知らない方々も、私のことを話してくれているというのは、メディアで取り上げてもらったからで、それも世界選手権で勝てた結果ですから、きちんと繋がっているなと思います。 Q:オリンピックは延期、その他の大会も軒並み中止。 宙ぶらりんな気持ちもあるのではないでしょうか。 今まで「大会で何秒出すか」のような目標を立て、そこから逆算してトレーニングを積んできました。 やはり「大会がない」というのは、モチベーションの維持や目標設定という点で難しい状況だとは思っています。 でもそのような状況下で「目標がない、モチベーションが上がらない」と悩んではいられないので、今は1年後に東京オリンピックが開催されると信じ「より一層強くなる」と心に決めて取り組んでいます。

次の