みちのくあじさい園 しゃくなげまつり。 農林水産大臣賞 ― 私のエッセイ集

親類一同「2020新年会」 ― 私のエッセイ集

みちのくあじさい園 しゃくなげまつり

457. 親類一同「2020新年会」 2020年2月9日 昨夜、一関市樋渡の豊隆会館を会場に、我々近在に居を構える伊藤家22世帯の新年会があった。 伊藤家のルールでは、前年のお盆以降に親類のどこかで弔事があった場合、翌年の新年会は中止との決まりが以前からあった。 従って22世帯もあればどこかこっかで不幸がある可能性が高い。 5年連続で新年会が中止、なんて時も過去にはあった。 しかしながら幸いにもここ2年程続いている。 以前は温泉旅館に予約を入れ、泊まり掛けで遠慮なく飲んだものだが、最近は日帰りが多い。 私は仕事に戻る都合上、アルコール抜きの参加となったが、皆さんは美味しそうに飲みながら積もる話に盛り上がっていた。 今回の新年会の、話題の中心はなんと云っても我々伊藤家の総本家である伊藤達朗さんが昨秋、旭日章授与式の折、皇居を訪れた時の話などが一番盛り上がったようだ。 達朗さんは以前、一関地方森林組合の代表理事組合長として旧一関地方森林組合と東磐井地方森林組合の合併に尽力し、組織の基盤強化を図った。 また、自身が運営する「みちのくあじさい園」が、日本あじさい協会より日本一と認定されたことも、叙勲の要因となったのではないだろうか。 また一昨年には、東北農政局より2018年度「ディスカバリー農山漁村(むら)の宝」に選定され、岩手県知事からも表彰された。 それらのことから一昨年の秋、一関市の市勢功労者(産業功労)として表彰された。 当人及び家族は勿論だが、我々親類一同にとっても、大変名誉なことであり、親類一同一丸となって総本家を盛り上げていきたい。 追記 一関・文学の蔵発刊の『4号』に、みちのくあじさい園の紹介や苦労話など、よもやま話の原稿を達朗さんに依頼しており、来月下旬迄には原稿を貰うことになっている。 『ふみくら4号』の発売は6月上旬の予定。 また、では、今年5月に「しゃくなげまつり」、6月上旬から中旬にかけてカルミアまつりを開催の予定。 特にカルミアは、日本では非常に珍しく、詳しい文献もない。 みちのくあじさい園では15種類250株のカルミアを育てており、昨年の6月には日本初のカルミアまつりを開催した。 今年も6月上旬を目途に、開催したいとのことである。 尚、みちのくあじさい祭りについては、例年どおり6月下旬から7月下旬までの約1か月間開催される。 333. 2018年10月17日 129. 2015年4月23日 63. 2014年1月9日.

次の

岩手)シャクナゲ見ごろ 一関・みちのくあじさい園:朝日新聞デジタル

みちのくあじさい園 しゃくなげまつり

骨寺村荘園遺跡とは? 岩手県一関市厳美町本寺地区は、かつて「 骨寺村」と呼ばれた中尊寺の荘園で、奥州藤原氏にゆかりのある土地です。 骨寺村という珍しい名前の由来は、かつてあった骨寺というお寺の名前が由来となったと考えられています。 亡くなった方の骨の一部を特定の聖地に納める習慣があり、骨寺はそのため場所だったそうです。 また、鎌倉時代の「 撰集抄」に記された、「 髑髏伝説」も由来の一つと言われています。 骨寺村は、鎌倉時代の「 吾妻鏡」に村の範囲が記され、中尊寺に伝わる重要文化財「 陸奥国骨寺村絵図」の「 在家絵図」と「 仏神絵図」に描かれた景観がそのまま残る場所です。 絵図は鎌倉時代から南北朝時代に描かれたと言われ、その当時の歴史的景観をそのままの形で伝える貴重な遺産となっています。 2005年に「 骨寺村荘園遺跡」として国の史跡に指定され、2006年には伝統的な村落の景観が重要文化的景観に選定されました。 本寺地区は豊かな自然の山々に囲まれ、本寺川が流れ、その周りには水田が広がっています。 現在も人々の生活や農業が営まれており、日本の原風景を味わうことができます。 料金 2時間まで3,000円 15人まで 1時間を超える毎に1,000円加算 電話番号 0191-48-5888 FAX 0191-48-5889 骨寺村荘園遺跡には、豊かな田園風景が広がり栗駒山の姿も遠くに見ることができます。 これだけ開けた景色を見れる所は中々ないですよね。 それに自然に囲まれていて、とても空気が美味しい。 この景色は変化が激しい時代にあって、鎌倉時代からそのままの日本の原風景を現在まで残していると考えると、とても貴重なものだと実感します。 田園風景の中を散策していると普段の喧騒を忘れることができ、落ち着いた時間を過ごすことができます。 都会には都会の良さがあり、田舎には田舎の良さがある、それを最近強く感じ始めました。 散策コースにはこんな綺麗な沢もあります。 やっぱり水が綺麗な場所は良いですね。 爽やかな気分を味わえ、癒されます。 途中にある駒形根神社に立ち寄り、お参りをしました。 神社の境内の雰囲気って普通の場所と少し感じ方が違いますよね。 この厳かな雰囲気も好きです。 のんびりと骨寺村荘園遺跡の景色を眺めながら、約1時間ほど散策を楽しむことができました。 ガイドさんを頼むと見に行ける場所も増え、より骨寺村荘園遺跡を楽しめると思います。 ぜひ鎌倉時代の景観がそのまま残る「 骨寺村荘園遺跡」に訪れてみてください。 日本の原風景を味わうことができます。

次の

春光浴び鮮やか 舞川・あじさい園 シャクナゲ見頃【一関】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社

みちのくあじさい園 しゃくなげまつり

一関市舞川のみちのくあじさい園(伊藤達朗園主)で「シャクナゲまつり」が開かれ、見頃を迎えた色とりどりの花が来園者を迎えている。 20日まで。 同園は約15ヘクタールの敷地内に約400種、4万株のアジサイが植栽され、毎年6月下旬から7月下旬に開く「みちのくあじさいまつり」は多くの観光客でにぎわう。 アジサイ以外の花も楽しんでもらおうと園内に植え始めた2種類の花が来園者に満足してもらえる規模までそろったことから今年は新たなイベントを企画し、第1弾としてシャクナゲまつりを開催。 期間中は50種300株が来園者を楽しませる。 2日は昼ごろから晴れ間が広がり、杉林の間から差し込む陽光が赤や白、ピンク色に咲き誇るシャクナゲの花を一層輝かせた。 同市厳美町の佐藤京子さん(60)は「花が大きく色鮮やかで見事。 見ていてとても癒やされる」と語っていた。 開園時間は午前9時~午後5時(入園は4時30分まで)。 入園料は500円で小学生以下無料。 花苗の販売も行っている。 問い合わせは市観光協会=0191(23)2350=へ。

次の