玄関 飾り 花。 【お正月の花】床の間や玄関に飾りたい♪新春を祝う生け花アレンジ9選

玄関に飾る花は造花もOK?金運アップする風水おすすめ玄関の飾り方!

玄関 飾り 花

玄関にいつも花を飾っている方ってどれくらいいるのでしょうか?花瓶に花を飾る習慣のある人ってすごくステキですよね! 花を生けるって生活必需項目ではないので、普段の生活に花を生けることを取入れようと花屋さんをのぞくと、「なんて花って高いの?!」って思いませんか? プレゼントやお祝いに惜しまないものの、生活の一部に取入れるとなると、ちょっと二の足を踏みますよね。 ですが、花や花ほど手間のかからない観葉植物には、やはり自然のエネルギーが満ちあふれているため、その存在自体でわたしたちのこころに癒やしや安らぎをプレゼントしてくれる存在。 今回は、 玄関に飾る花や植物で心を満たしながら金運アップする方法ご紹介します! 玄関に飾る花は生花・造花・ドライフラワー・プリザーブドフラワーどれが良いの? 玄関に飾るものとして、花は風水的に非常に良いです。 悪い気を吸収し、良い気を発するもの。 何より見た目的に「花」は「華やかさ」を場に添えてくれるものですよね。 花にも種類が色々あるので、種類別にメリット・デメリットをご紹介しましょう。 参考: 生花 生花はそのものの自然エネルギーで満たされています。 ぱっと見ただけで元気になりますし、気分が上がります。 色が鮮やかだと、思わず笑顔になってしまいます。 しかし、デメリットとして、軒先の庭に自生しているもの以外は、お花屋さんで買う生の花って結構高いですよね。 鉢植えも切り花も、手入れをしてあげないとすぐ枯れてしまいますし、切り花の水なんかすぐ汚れてしまいます。 その点、観葉植物は、育てるのが易しいものだと、かなりほったらかしにしていてもそうすぐに枯れることはありません。 ただ、比較的簡単な手入れで済む分、葉にホコリが溜まりやすいもの。 風水的にこのホコリは良くないので、面倒ですが霧吹きで葉水を与えつつ、まめに拭くようにしましょう。 生花は良い気を高め、悪い気を吸収してくれるので、玄関に置く花としては最適です。 参考: 造花 造花は、造られたものなので、非常に扱いやすいです。 今は100円ショップにも質が高くバリエーション豊富に造花がありますね。 手芸屋さんの造花コーナーなんかでは、本物と間違ってしまうほどに上質でそっくりな造花がたくさんあります。 しかし、これは結構値が張ります。 腐ったり痛んだりしない分、多少値が張っても、扱いやすさが続くのはメリットです。 ただ、 生のエネルギーがないので風水的に「気」の流れを循環させることは出来ません。 生花のエネルギーには劣りますが、視覚的効果は十分にあるので、その点を理解して玄関に取入れる分には十分ありでしょう。 参考: ドライフラワー ドライフラワーは、完全に乾燥しているので、痛んだり腐ったりすることはないので扱いやすいですが、エネルギーを持っていません。 色味も彩度は落ちているので、ぱっと華やぐ気持ちになることはないですが、その分アロマを垂らしたりして香りを足すことが出来るので、芳香剤や消臭剤の役割を担うことが出来ます。 ですが、風水的には、 「木が枯れる」=「気枯れ」=「けがれ」 と言われ、気のエネルギーを上げることはないですし、逆にマイナスに働くことの方が多いのです。 なので、 風水で運気アップにはNG、あまりおすすめできません。 参考: プリザーブドフラワー プリザーブドフラワーは、比較的高価ですが、生の花とさほど見た目も劣らず、半永久的に持ちますので、手間いらずでいいのがメリットですね。 お誕生日やお祝い事で頂くことも多いものなので、玄関に飾っている人も多いかもしれません。 ですが、 プリザーブドフラワーはやはり、生のエネルギーがなくなっているので、良いエネルギーを循環させることは出来ない状態になっています。 逆にマイナスエネルギーを吸収しやすい状態に。 見た目的には鮮やかで美しいものなので、視覚効果的には良いのですが、風水的に気を上げたい場所に置くのはNG。 頂き物って処分しにくいので、趣味として持つときには風水と関係ないところに置くと良いでしょう。 参考: 金運アップする玄関の花の飾り方で抑えておきたいポイントとは! 玄関に飾る花でおすすめはやはり生花か観葉植物です。 切り花であれば、白い花器に鮮やかな黄色い花を入れると金運アップにもってこいです。 観葉植物であれば、葉が上に伸びていくモンステラがおすすめです。 日当たりが悪い玄関でも枯れずに育っていってくれるたくましい観葉植物は、風水的に非常に良いです。 ここで、風水的に玄関のある方角別に向いている花の種類を見ていきましょう。 玄関が東の家 東にある玄関は幸運の玄関といわれ、ラッキーカラーはブルー。 家の入り口であるため、ラッキーカラーのブルーの花をアクセントに、白やガラスの花器のほか、ブルーの同系統の少し濃いめの色味の陶器の花器に飾ると、おしゃれな落着いた玄関を演出できることまちがいなしです。 トルコキキョウやカンパニュラ、デルフィニウムやアイリスといったブルーの花で東玄関を彩ってみましょう。 玄関が西 西は金運や恋愛運を上げるのにもってこいの方角なのですが、西が玄関となると、動きの激しい運気の方角なので注意が必要です。 金運を上げるには黄色、恋愛運を上げるにはピンクと言われますが、家全体の運気の入り口である玄関にはビビッドカラーはアクセントとして調和をもたらしながら取り込むには白で中和をすることをおすすめします。 チューリップやバラ、スイートピーやポピーは色のバリエーションが豊富なため、単色ではなく黄色やピンクを混ぜて飾ると玄関から家全体の運気を上げてくれるのに一役買います。 ですが、インテリアとして調和しやすいように花器はシンプルなガラスや白い物がおすすめです。 玄関が南 南は人目を意識するような華やかな方角ですが、ラッキーカラーは落着いた緑。 なので、花というより観葉植物がおすすめです。 玄関という場所柄、南側でも内部は陰になることが多い場所柄、耐久性のある種類で、なおかつ葉が丸みを帯びた柔らかい印象の観葉植物がおすすめです。 床に大きめの物を置く場合にはパキラやモンステラ、靴だなの上などにはポトスやガジュマルといった葉の形が柔らかめのものが向いています。 玄関が北 北は家のどの方角よりも温度が低めの寒い場所になりますが、家をしっかり守ってくれる方角にもなります。 なので、明るいピンクやオレンジの暖色カラーで明るく暖かく飾っていきましょう。 チューリップやバラやスイートピーといった暖色カラーのバリエーションが豊富な花に合わせて、インテリアとしても玄関マットを明るい雰囲気にする工夫をすることをおすすめします。 このように、色鮮やかな花をたくさん飾りたいけど、やはり手間を省きたい方は、造花もOK。 抑えたいポイントは、安っぽく見えないもの。 玄関に飾るお花として相応しいか、是非目をこらして選んでみましょう。 ただやはり、造花で金運アップを狙うのは「気」が流れにくいので、他のアイテムで補足すれば全く問題ありません。 玄関左側に鏡を置いたり、玄関マットをきちんと置いて悪い気を吸収したりするといいでしょう。 参考: 花を玄関に飾ることで新しい発見が! 私の飽きっぽい友人の話なのですが、彼女は何に対しても飽きっぽいところがあり、それが自分の嫌いな部分だったとも言っていました。 数年前に、3年ほど暮らした住居に飽き、引っ越しを考えたようですが、経費等の問題があり、引っ越しを出来なかったので、気分転換に玄関に花を飾ることにしたそうです。 すると、自然のものに対しては全く飽きない自分を発見したといいます。 自然って春夏秋冬移りゆき、また春が訪れるけど、決して昨年と同じ春ではないことに気づき、飽きっぽいのは変わらない自分自身が原因だと感じたと。 極端な例かもしれませんが、私たちは生活をしていると、色んなネガティブな考えに陥ってしまうことがありますよね。 そんな時に、流れを変えたい、開運したいと風水を取入れ気の流れを変えようと試みます。 そこで、家の入り口である玄関を整えるのはものすごく効率的な方法。 実はこれ、あなたの持つ気も開運に向いているから風水が有効的にはたらいてくるというところが大きいのです。 あなた自身が変化したいと流れる気に自然のエネルギーを乗せているから、風水も効いてくるというもの。 だったら、もっと新しい発見にチャレンジしてみるのも楽しいかもしれません。 わたしのおすすめは、。 国内最大級のファッションレンタルサービスなのですが、プロのスタイリストによるコーデをとてもリーズナブルに楽しめるというサービスです。 自分で選んでいる服は、選ぶ基準って考えて選んでますか?買った服はすべてフル活用出来ていますか?似たようなものばかりになっていたり、組み合わせにくいものばかりになっていたりしませんか? なら、業界で活躍するプロのセンスでコーデしてもらい、気に入ったら買い取りも出来るサービスもあるから、非常に効率的。 風水で家の気の流れを変えつつ、新しいあなたの発見でさらにあたらしいあなたの魅力に出会えると、わくわく開運のイメージが湧きませんか! 参考: まとめ いかがでしたでしょうか。 主婦って、出来れば理想は、「いつでも花を飾る余裕を持っていたい!」って思うのはわたしだけではないはず。 生花のエネルギーは視覚的にも心にもステキなエネルギーを運んでくれるものなので、比較的簡単なお手入れで大丈夫な観葉植物から始めてみてはいかがでしょう。 ポイントは、葉にホコリを溜めないこと。 葉水も重要なので、是非気をつけてみてください。 植物のエネルギーを取入れた家の顔である玄関は、近々金運の神様が近づいてきそうですね!.

次の

【お正月の花】床の間や玄関に飾りたい♪新春を祝う生け花アレンジ9選

玄関 飾り 花

編集スタッフ 齋藤 とある性格からはじまった、とある習慣。 我が家の玄関には、いつも花が飾ってあります。 春は哲翁桜からミモザに紫陽花、バラにスズラン、ヒヤシンス。 ただ「きれいだから」だけではなく、これには理由がありまして、私のとある性格が発端で始めたことでした。 私は幼い頃から、ひどく飽きっぽい性格なのです。 例えば小学生の頃のこと。 習い始めた習字は早々に嫌になり、ピアノも始めたものの長続きしませんでした。 それなら代わりにと、ピアノの先生に勧められて鉄琴を習ったことも。 (ピアノの発表会で、なぜか鉄琴を披露した記憶があります……) でも、それでも続かない。 一時期は本当に悩んだこの癖。 継続することでしか培われない力を知っていればこそ、このままでいいのだろうかと、落ち込んだ時もありました。 続けるためには、どうしたらいいのだろう……。 例えば住んでいる場所にしても、ある一定の期間いると飽きてしまう。 現在住んでいる場所は3年半ほどになりますが、何度か引越しを考え、けれどタイミングが合わず(仕事や金銭面など)見送ってきました。 「同じところに住む」というのも「継続する」ということのひとつ。 要は新鮮味が感じられなくなっているから、退屈し、飽きてしまうわけです。 だったら新しい何かを生活に取り入れてみてはどうだろう、単純にそう考えました。 花を飾るようになって、気付けたこと。 遠慮なくこんもり。 解決策として「花を家に飾ろう」と思ったのは、約1年半ほど前だったと記憶しています。 花は以前から好きだったのですが、生活に絶対必要なものではないですし、値段もちょっと割高な気がしていてずっと贅沢なのではないかと躊躇していました。 でも毎日を楽しめるきっかけになるかもと思い立ち、そしてやってみた結果、とても良い効果をもたらしてくれたのです。 家の空気が新鮮で瑞々しくなったのもそうですが、何よりもある気付きを得られたように思います。 花もそうですが、川も空も、自然のものに飽きたことは一度もない。 それはなぜなのだろう。 季節の巡りに飽きたことも、ただの一度もないなぁと思いました。 毎年「春、夏、秋、冬」と、同じ季節が巡ってくるから飽きやすい私ならば飽きてしまってもおかしくない。 けれど実際は「名称」が変化していないだけで、実は2015年の「春」と2016年の「春」は全く違うものなんだなと、花を眺めていたら、ふと思ったのです。 意識していないどこかでその変化を感じているから、「飽きた」という感覚に到らなかったのかもしれません。 中身の変化に、目を留めてみる。 花が家にやってきてからというもの、いつも新鮮なその姿と対比するように、家の中の古いものや変わらないものを意識するようになりました。 そして家にあるものの中には「私自身も含まれる」と、ある時気付いたのです。 「私は変化できているだろうか」と考えたら、なんとも自信がありませんでした。 名前がそのままでも実は変化している「春」と同様に、場所や家といった同じ枠組みの中に何年いようと、私自身が変わっていれば「飽きる」という感覚にはならないのかもしれない。 ふと、そんなことを思いました。 けれど実際、別の視点で物事を見たり自分を変えたりすることは、とても難しかったりするんですよね……。 「きっかけ」があれば変わってゆける。 意識を変えてゆくためにはどうしたら良いのか、それには「きっかけ」があればしやすいのかも、と思いました。 例えば髪を切ったり、新しい靴を履いたとたんにふわりと意識が変化して、なんだか新しいことがやれそうな気がする。 いつも見ていた景色が違って見える。 その「きっかけ」もまた、お花を飾り続けることで得られるようになりました。 切り花って、当り前なのですがある一定の期間飾ったら入れ替えなければなりません。 そのため新しい花を飾るたびに、日々の暮らしに節目ができて、変化を意識する「きっかけ」になってくれるのです。 例えば嫌なことがあって頭の中でずっとネガティブな記憶がぐるぐるしてしまっている時も、新しい花が我が家にやってきたら、切り替えのサイン。 花の変化にそっと手を引かれるように、私の感情も自然と移ろってゆけるように感じます。 なんだか愛らしくて思わず撮ってしまいました。 いつも新鮮な自分で居られるようにと願いながら、今日はどんな花があるかなと、花屋に立ち寄ることがいつしか日々の楽しみになりました。 そして飽きっぽい私の習慣に。 今のところはまだ、順調に続けられています。 本日の編集部recommends! お家の中でゆったり楽しむアイテム集めました。 よく吸って早く乾くコットンリネンタオルや白くま貯金箱など人気アイテムが続々入荷中です。 増えるおもちゃ、収納どうしてる? 3姉妹の子供部屋。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

春のおしゃれな玄関ディスプレイ画像お花の飾り方

玄関 飾り 花

玄関はお家の顔とも言える場所。 家族の出入りの他にもいろいろな方をお迎えして会話をしたりする場所なのでいつもきれいにしておきたいですよね!そしてできればセンス良くコーディネートしたいところだと思います。 そんな時寄せ植えはとってもおススメです!ステキな寄せ植えを一つ置くだけですごく華やかになります。 きっと用事がなくても玄関に出たくなります!!! 花うるるで寄せ植えをご購入いただいたお客様には玄関に飾っていただくことも多く、 「毎日仕事から帰って来るのが楽しみになった」「毎朝お花を見に外に出るのが習慣になった」「癒される」「近所の人にお花がきれいだねと声をかけられ会話がはずんだ」など喜びの声がたくさん届いています。 ガーデニングを始めてみたいけど枯らしちゃいそうだしとか、興味はあるけどなかなか始められないという方にも玄関に寄せ植えを置くことをおススメしたいです。 私自身もそうでしたが、玄関はよく通る場所なので通るたびにお花に目が行き、ちょっとした成長がうれしく日に日に可愛さが増していきます。 通ったついでに花がらを摘んだり、水やりのタイミングを気にしたり、よく目にする場所だからこそお手入れが習慣化し、きれいな状態を保て、どんどんお花に興味がわきました。 そうするとステキは玄関どころかお手入れが行き届かず汚い印象の玄関になってしまいます。 確かにお花がたくさん飾ってある玄関に憧れますが、玄関は出入りも多くスペースも限られているので、掃除しやすいなど清潔感を保つ点でもとっておきの寄せ植えを飾ることをおススメします。 鉢植えやプランターは簡単に移動できるためお掃除も簡単ですし、一つ飾るだけで十分に華やかで素敵な玄関になります!!! ステキな寄せ植えを飾っても枯れたらどうしようって心配になりますよね。 寄せ植えは切り花などと違い長く楽しませてくれます。 しかしずっと咲き続けるわけではなく花うるるで寄せ植えに植えているお花は一年草(いちねんそう)と呼ばれる草花たちで、数か月から半年で枯れる、「寿命」のあるお花です。 ですから枯れるのはあなたのせいではなく「自然現象」なのです。 枯れてしまうのではないかという心配の他にも成長していく過程で全体的なバランスが崩れてきてお手入れの難しさを感じ、やっぱり花を育てるの向いてないのかなと時間の経過とともに不安な気持ちになるかもしれません。 しかし本来2~3ヵ月で交換するものです!「花束よりは長持ちして、外でも飾れるフラワーアレンジ」の感覚で、どうぞ数か月の間、気軽にお楽しみください。 私は玄関の寄せ植えのバランスから崩れてきて気になりだしたらベランダ等に場所を移し、思い切って選定してみたり、研究しています 笑 お花が弱ってきたら、最後は花を摘んで花瓶などに挿して最後の最後まで楽しまれるのもいいと思います。 花うるるでは管理の仕方をご紹介しています。 またお花の元気がない場合は画像から診断しアドバイスもしています。 少しでもお客様の不安を取り除けたらと思っています。

次の